MASTERWORK シリーズ総括

kage

2013/08/02 (Fri)

箱版準拠となったMASTERWORKシリーズは4作で完結です。

最大のポイントはもちろん美希の加入
全員と絡むトークパートこそありませんが、既存メンバーに埋もれない個性は
十分に発揮できており、「新センター」に相応しい輝きを見せています。

楽曲としては箱の新曲6曲、そしてオリジナルとなる「神様のBirthday」を加え、
バリエーションが豊かになったのは確かですが、アケからの曲もまだまだ
収録されており、新鮮味にやや欠けるのは否定できないところです。

しかしながら、MPでは見られなかった組み合わせでの構成であったり、
トークパートにおけるアイドル間の関係性の掘り下げであったり、
この時期、このシリーズならではの表現は十二分にされていると言えるでしょう。

箱版は家庭用ゲームということで、アケ時代以上に多くの人の目につきやすくなり、
さらに驚愕のビジュアルを引っ提げたことで注目度は大いに高まりました。
そうしたビジュアルを含めた点が、立ち上げ当初のニコニコ動画で大いに受け、
アイマスというコンテンツそのものの人気に直接つながったのです。

そういった状況の中、このCDシリーズが特別に注目された、ということはありませんでした。
しかしながら、MPというスタート地点からの流れを汲み、後のMASTER ARTISTという
人気シリーズへの橋渡しとしてこのシリーズがきっちりと「仕事」をした、
ということは確実に言えるのではないでしょうか。



THE IDOLM@STER MASTERWORK 01THE IDOLM@STER MASTERWORK 01
(2007/01/31)
ゲーム・ミュージック、天海春香(中村繪里子) 他

商品詳細を見る
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック