アニメ「シンデレラガールズ」についてのアンケート クロス集計編 後編

kage

2015/11/06 (Fri)

アンケートのクロス集計編、後編になります。

Q9.アニメの【アイドル達の描き方・扱い方】の満足度をお答えください

e9_9c.jpg

この設問についてはシンデレラPのほうが非Pよりも厳しくなるのかな、と思っていたら
そんなこともなく、他設問同様にシンデレラPのほうが高評価、という結果になっています。
「非常に不満」層はそれほど変わらない、というあたりはポイントかもしれませんね。


Q10.アイドル達の中で、【好印象】だったキャラクターを【何人でも】お答えください

e9_10c.jpg

全体的にシンデレラPのほうが…というのはここも同じなのですが、その中でも
特に差が大きいのが卯月、杏、ありすの3人。頑張りますマシンの裏の姿を見せた卯月、
意外な面倒見を見せた杏、あたりはなんとなく納得ですが、ありすは…なんでしょうか。
非シンデレラPの立場の私からするとそもそも印象に残らない存在でしたが…。

少ないながら非シンデレラPのほうが評価の高いアイドルもいて、それが夏樹、
莉嘉、友紀
となるわけですが…この理由というのもちょっとよくわかりません。


Q12.アイドル達の中で、【悪印象】だったキャラクターを【何人でも】お答えください

9_12cc.jpg


ここもこれまで同様、シンデレラPのほうが甘い、ということになるわけですが、
特に凛、卯月、アナスタシアについては非シンデレラPの高さが際立っています
彼女らはどうしても厳しく受け止めてしまいがちなシーンがあったキャラであり、
「そんなキャラじゃない」という受け止め方ができたシンデレラPと
それができなかった非Pの差、ということが言えるかもしれません。

逆にシンデレラPのほうが高いのは文香、みく、愛梨、莉嘉ですが…。
元の値も小さく、誤差レベル、と見たほうが良いのかもしれません。


Q14.プロデューサーというキャラクターについてどのような印象でしたか

e9_14c.jpg

ここも他の設問同様に…ですが、シンデレラPこそ「黒子」ではなくアイデンティティを持った
Pの存在を嫌うかと思ったらそんなことは特になかった
、という結果ですね。
むしろ非シンデレラPのほうがかなり綺麗にバラつく結果となっています。


Q15.美城常務というキャラクターについてどのような印象でしたか

e9_15c.jpg

ここも他のry)ということですが、「良かった」比率の差がかなり小さく、シンデレラPでも
「どちらとも言えない」が最多
になっています。まぁ非シンデレラPにおいては
「非常に悪かった」が最多で、「悪かった」含め6割に迫る結果なわけですが…。
まさに「誰得」の存在だったわけですが、この常務をどう描いたつもりなんでしょうね、制作陣は。


Q17.楽曲の中で、特に【印象的】だった曲を【何曲でも】お答えください

e9_17c.jpg

ここもry)ですが、全曲においてシンデレラPが非Pを上回る結果になっています。
これはシンデレラPはCDも購入して印象がより強まっている、ということがありそうです。

その中でも「お願い!シンデレラ」「M@GIC☆」「TOKIMEKIエスカレート」「Memories」
「流れ星キラリ」の差が大きくなっていますが、ライブシーンの影響がここもありそうですね。
比較的差が小さい曲は「Trancing Pulse」「夕映えプレゼント」「We're the friends!」
「Rockin' Emotion」「私色ギフト」ですが…、まぁ特に有意な理由があるようにも思えません。


ということで各設問を「シンデレラP」「非シンデレラP」で見てきましたが、
全てにおいてシンデレラPのほうが評価が高かった、ということで、
このアニメは明確に「既存層向け」であった、というべきなんでしょう。
もちろん自身のプロデュースアイドルのメディア進出自体が喜ばしく、
評価が甘くなっている、という見方もできるとは思いますが、
それ自体を含めて「既存向け」であったと、そう結論付けても良いかと思います。


さて最後は自由回答についてまとめたいと思います。
関連記事

この記事へのコメント

kage

集計お疲れ様です。
当方モバマスPですが、アンケートの結果を見ててアニメを見ていた時と同じく「どうしてこうなった…」と感じてしまいます。

確かにモバマスPの評価のほうが高いですが、厳しい目線で見るなら

「もっとも評価が甘いであろうメンバーでも評価点が平均で10点中ギリギリ7点に届かない程度で
キャラの扱いに関して素直に満足したのは5割しかいない」

と言えるわけで正直1アニメとしては相当きつい評価が出てるように感じます。
もっとも自分もモバマスPでありながらアニメを見終わって「終わっちゃたな」って虚無感より、「やっと終わった」っていう開放感を感じた人間ではあるのですが……。

Posted at 09:04:39 2015/11/07 by

この記事へのコメント

kage

記事お疲れ様です。

ありすに関しては、完全な私見ですが、役者さんの演技が思いの外よかったからでは…かと。

以前その時期にコメした記憶があるんですが、ありすの声付きは結構特殊な経緯を経ていて…。

ありすの声はシンデレラでは初めて(というか唯一)声を付ける目的の選挙で一位になり声がついたんですよね(今まではシンデレラマスターシリーズで歌唱もしくは新CD選出からのシンデレラマスターシリーズで声がつき歌唱と言う流れ)。
でその時、実は中間では2位で、後にまた声がつく塩見周子が一位だったんです。が、最終的にありすが一位になるという流れがあったんですね(全然おかしくもないですし、他にも未だに声がない有力候補の響子などもいましたが、やはり逆転って意味で驚いたPも多かったでしょう)。

で、また声がついた時のあれこれがあって、(P的にも、また運営的にもある程度どの子が付きそうってのも分かっていたでしょうし、夏樹役の安野さんがアイマスは何回も受けたと言っていたので、デレミリ含めかなりの人数オーディションやってたみたいですし、しぼりこんではいたとは思いますが…)ありす役に選ばれた佐藤さんというのが、まあぶっちゃけて言うと元AKBの方だったんですね。
彼女自身実はアーケードからのPだったり、事務所も大手だったりとって感じで普通だったんですが、やはり「元AKB」というのが思うところあったPが少なからずいたんじゃないですかねぇ。
(話はずれますが、私は三次元関係全く分かりませんが(笑)、私的にはAKB自体、モー娘。などのアイドルだったり、芸事の足掛かりの地下的な活動が当初のコンセプトだったのかな?…なら佐藤さんの経た経緯は分かりますし、いくらネームバリューが多少あろうとそれだけで大沢事務所は所属させないでしょうし、それなりのレッスンはさせるでしょう…勿論本人の努力才能ありきですが。ただ、昨今の音楽業界だったり、AKB自体になることが目的みたいな変遷の今の空気感から、「AKB」という単語にすら色々思う感覚は分からなくもないですが……(笑))

で、ここからまた特殊で、今までも、新CD選出(アナスタシアしかり、鷺沢文香、姫川友紀しかり)で先に声がついて、結果的に後の個別のシンデレラマスターシリーズにって流れが今まではあったんですが、ありすの場合その後なかなか音沙汰がなく(これはアニメ化の流れだったり、コロムビアの問題でもあるとは思いますが…似たような不遇に櫻井桃華がいたりとかもありますが(笑))、結局後発の周子と同じシンデレラマスター8弾に選ばれるまで、長い間宙ぶらりんの状態だったわけですねぇ。
勿論、カードに声がついてますが、持ってなけりゃ聴けないし、コンシューマと違って聴こうとしなければ聴けないんですよね。これで、イベなりラジオなり色々触れ方あれば、…最悪別アニメとかでバリバリ出てれば接点出来るんですが、佐藤さん自身そこまでバカバカ出てるわけではないみたいですし(これは私が無知なだけかもしれませんが)、なかなか声付きありすと重ねてふわふわした感じだったと思うのですが…、それがいざアニメにおいてありすというアイドルをよく演じていて、声優としても申し分なかったために、いわゆるギャップ的な感じで良いなぁとなったのでは…と。私も、当初よりつかめてるやん、とは思いましたね。知らなけりゃクローネの一人、でしょうが。

私見込み込みで参考になるか分かりませんが、ありすの謎についての一助になれば。


あと、既存向けというのは時代の流れでしょうね。今の時代狙って新規を得られるほど、甘くないですから。既存向け路線は当然の選択ですねぇ。円盤爆死ほど怖いものはない(笑)。
それでいて、デレステのような新規の窓口みたいなものも出してる分、上手いことやってますねぇ。

Posted at 21:34:15 2015/11/07 by 五和P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

1番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

確かにニコニコのアンケートなどを見ての通り、
アイマスPは評価が基本的には甘いですし、
そう考えれば今回のこの結果はかなり厳しいものですね。

「やっと終わった」と既存Pに思わせてしまっているのは
もうどうしようもないな、と改めて思います。

Posted at 22:31:57 2015/11/07 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

五和Pさん

コメントありがとうございます。

ありすの印象が強いのは、その背景が特殊だったからなんですね。
声がきちんと合っていればそれでいい…とはアイマス声優の性質上言えませんが、
その経歴がそんなに大事なものかな、とは思ってしまいますけどね。

既存層向け、ということについてはもちろん間違いないとは思うのですが、
その層からも高評価は得られなかった、というのがこのアニメの苦境を
あらわしているんじゃないかと思えますね。

Posted at 22:47:30 2015/11/07 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

すみません、二度目の投稿になります。
トリプルデイさんの感想に関して個人の感想なのでまったく問題ないのですが、批判的な意見の方のサイトでのアンケート結果で結論を断定するのは流石に問題ではないかと。
あくまで参考にしかならないかと思った次第です。

Posted at 10:01:54 2015/11/13 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

5番目のコメントの方

結論を真に断定できるのは公式側だけであり、
いかなる指標を使おうとも一般ユーザーがそれを断定することはできない、
ということがまず大前提であり、よってそれそのものが
私の感想に過ぎないのは当たり前、というのがまずあります。

そのうえで、指標として使った今回のアンケートについては、
確かに私のブログという事で偏りはあるでしょうし、
それについては記事の最初に記載もしております。
ただ、にもかかわらず「シンデレラP」が75%程度おり、
かつ、自由回答を見ていただければわかる通り、
決して適当ではない真摯な姿勢の方が多数回答してくださっています。
そしてその中にはもちろん批判的な意見もありますが、
肯定的な意見も多数ある、という結果になっています。

よって今回のアンケートの回答結果は十分に信頼性のあるもので、
それを基に作品の客観的評価を論じるのは間違いではないと思っています。
そして繰り返しになりますが、その評価を「断定」できるのは
公式側だけであり、私は私なりの視点から判断しているに過ぎません。

だから「参考にしかならない」というのは当然で、それ以上でもそれ以下でもありません。

Posted at 22:50:14 2015/11/13 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック