「MASTER ARTSIT 3」シリーズ完結!

kage

2015/11/13 (Fri)

先日MA3の「12 双海亜美」、「13 秋月律子」が無事発売され、
「MA3シリーズがこれにて完結となりました!」…とタイトル通り言いたいところですが、
OFA完全新曲である「Destiny」「アルティメットアイズ」の他、太鼓の達人用新曲である
「マジで・・・!?」が依然としてCD未収録のため、恐らくは「FINALE」的なモノが
発売されるはず、というか発売してくれなきゃ困る
、というくらいの状況ではありますが、
とりあえずは13人分は無事完結しましたので、これについてザックリと。







オリジナル楽曲について

言うまでもなく今シリーズの目玉となっているのがこのオリジナル新曲(「ステキハピネス」等)で
あるわけですが、元はOFAのDLCシナリオ用新曲として作られたものであり、
そのシナリオの中で各々の物語性が付与された楽曲、ということもできるものとなっています。

よってその意味で、元々の曲の質の上に、物語の重みというものが加わるわけで、
アイマスの楽曲史の中でも非常に重要な曲、という表現ができるものでもあります。
ただ、個人的には、大前提となる「曲の質」にやや疑問というか、物足りなさがありました

「MASTER ARTIST」というアイマス楽曲CDの看板シリーズであり、しかもOFAのシナリオ楽曲、
ということを考えれば、アイドルごとの個性が際立つ楽曲でなければならないし、
実際そこ自体が大きくズレている、とは思いませんが、今一つパっとしなく感じるのです。

もちろん全てが全てそうだというわけではありませんし、中にはそのアイドルにとって
最高クラスの曲ではないか、と感じるものもありましたが、概ね「MA1」(便宜名)で
受けた衝撃はどうしても感じられなかったし、「MS」「MA2」と比べても…という感じでした。

アイマスには無数の楽曲があり、765メンバーにおいては、一人一人に多数の個人曲が
多数ありもするわけで、その中の一つのバリエーションと考えれば全く問題ないのですが、
看板たる「MA3」と考えればどうしても物足りなさが拭えない、そういう感じです。

まぁこれについては聴き込みであり、あるいは9th、10thでも一部しか披露されていないように、
今後ライブなどで物語性が付与されれば向上はしていくとは思いもしますけれども。

とにかく、もう一つパンチが足りなかった、というのが全体的な印象となりました。


カバー曲について

MA恒例の企画で、今回は通常カバー+季節カバーの2曲が一人ずつに、という
贅沢な構成は嬉しく思いました。このカバーについては私も出していましたが、
当然のごとく空振り
。まぁこれは仕方ないとしか言いようがないんですが…。

実際選ばれたものに関しては、これまでも沢山カバーはされていたのに、
まだこんなのが残っていたのか、と感じられるものがある一方、
少し違うんじゃないかというか、物足りない、と感じられるものもチラホラ


まぁこれこそバリエーションの一つ、と捉えられますし、
今後またカバー曲がある、リクエストを出せる機会はあるものと期待しています。


既存曲について

春香の「Honey Heartbeat」等、基本的にはユニット曲だったものの
ソロカット、という形で既存曲が1曲ずつ収録されました。
比較的最近の曲が多いような印象もありますが、ライブで声優がソロで歌いつつも、
CDとしてのソロ音源がなかったものもあり、待望のソロバージョン
、とも言えそうです。

そんな中、一曲だけ異彩を放つのが雪歩の「Kosmos,Cosmos」
言わずもがな、MAでの雪歩のソロ曲ではありますが、当時は長谷さん、というか落合さんが
担当していた時代であり、浅倉さん版は満を持して初、という形です。
まぁ正確にはゲームでは2で早々にお披露目され、9thライブでもお披露目していたわけですが…。

ともあれCDとしては初音源であり、このMA3というタイミングだからこそ、
嬉しい選曲であったことは確かだと思います。


共通曲について

OFAのテーマ曲とも言える「ONLY MY NOTE」については、「Prologue」に全員版が収録されて
おり、ここでソロが収録されても、ややありがたみに欠ける感もありました。
しかしながら、OFADLC曲である「キミ*チャンネル」「99 Nights」「静かな夜に願いを」
「Good-Byes」については今回がCD初収録であり、まさに待望の楽曲で嬉しい限り。

また、それぞれソロ曲として収録されましたが、同時発売全CD購入特典で
トリオ(カルテット)版をダウンロード可、というこれまでにない形式なのも良かったです。
曲自体、ソロよりもユニットのほうが映えるタイプの4曲でもありますしね。

各々明確に「季節曲」とは銘打ってはいないものの、曲調などからはそれを感じさせる、
という仕上がりだったのも、今回のMA3シリーズの構成においては良かったと思います。


トークについて

本来ならばこの項目をウキウキで書き込みたかったのにそれができない、ということ自体が
今シリーズ最大の欠点、というか欠陥
であり、MAシリーズの名を汚したとすら感じます。
単に曲を聴かせるだけでなく、トークも含めての「ARTIST」である、というコンセプトに感じた
構成は完全に破綻しており、楽曲の質がどうこうとは根本的に次元が違っています。

これについては、OFAでシナリオがきちんとあったから、という言い訳もできるのかも
しれませんが、ゲームとCDでは表現できるものが全く違うはずですし、
これまでのシリーズ通り、同時発売メンバーでの掛け合いならばやはり話は全然違ったはず。

何より、彼女たちが10年経ってたどり着いた「トップアイドル」の輝きを、ここに確かな
足跡として残してほしかった
、というのが大きくあります。LTD02のトークでサラッと
春香をトップアイドルと称する暇があるなら、ここでその輝きを見せてくれよと。
…世界線も発売元も違うのはわかっていますが、そういう問題ではなく、ですね。

2015年の今年、このアイマス10周年、765プロ10周年も「10年目」「通過点」に過ぎない、
特別なものではない、というのはしきりに公式側も喧伝してはいますが、
それでも大きな区切りなのは確かで、だからドームライブだって実施されたはず。
その記念すべき年を、もっと盛り上げるためには、最低限「トップアイドルとして」の
トークくらい、この「MASTER ARTIST」最新作には収録して欲しかったです。


765楽曲10周年記念

とまぁ書いてみれば不満も大きなシリーズではあるんですが、せっかくの10周年目に
765のまともなトピックスがロクにない現状においては、これでも十分と捉えるしかありません。

また、同時進行的に「アイマスステーション」のほうに声優が複数ゲスト出演しており、
レア度の高い釘宮さん、たかはしさんに加え、妊娠中だった長谷川さん、
出産後初めてアイマス表舞台に出てきた若林さんなどが登場してくれ、
こういう形であっても10周年に相応しい盛り上げ方をしてくれたのはありがたい限りです。
とは言え、ここ最近動向が不透明な仁後さんはここでも出演せず、
透明性の高い下田さんもどういうわけか出演していない、というネックがあるのも事実。
滝田さんも含め、変則的でも年内に13人揃い踏み、となればこれ以上はありませんが…
それは流石に高望み、となってしまうのでしょうか。だとすればやはり残念な限りです。

ともあれ、CDシリーズについてはここでひと段落、という事になったのも事実。
それも踏まえて、また、アイマス10周年、つまり765楽曲10周年、という事も踏まえて、
それ相応の企画を私自らこのブログでやっちゃおうと思います。

ということでそれについては次回の記事へと続きます。
関連記事

この記事へのコメント

kage

MA3はジャケットが凄い良かった。まあ好みもあるでしょうが…他のシリーズももっと気合い入れて欲しいですねぇ。
個人的にジャケットはランティスよりコロムビアの方が好きですね~。

あとやっぱりCHUが終わったから音沙汰ないのが…(笑)。
配信元だったり既婚組の私生活とかも含めて、タイミング的なものもあったんでしょうかねぇ。
あさぽんは同世代と飲みに言ったりよろしく楽しんでるみたいですけど(笑)。

正直今はキングが一番怖いですねぇ。つい先日(Aice5関連かな?)もアキレスやっちゃったとか…元々膝も痛めていたし、今後にもかなり響いてきそうで。
あまり体を酷使しないでーって心配ですよ。

Posted at 23:43:14 2015/11/14 by 五和P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

五和Pさん

コメントありがとうございます。

私もジャケットは良かったと思います。一部否定的な声もあったようですが、
十分魅力的な絵なんじゃないのかな、と感じています。
特にLTD(02~)のやっつけ感なんかと比べると、なおさらです。

たかはしさんの状態は心配ですね。単純計算上は11thに支障はなさそうですが、
そういう問題でもなく、今後諸々どうするかって長期的な話にもなりそうですしね…。
今はお大事に、としか言いようもありません。

Posted at 22:55:07 2015/11/15 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

今年発表した765ASの新曲は「アイ MUST GO!!」と「マジで!?...」の二曲のみ
ここ10年の中だと過去最低レベルじゃないですかね
PS4なんてまだまだ先で12月にマストソングス出し終わったら他の予定は何もないし、2016年の765ASはどうなるんだろう
アニプレックスの広報のゆまが前言ってたけど今年も「ゆくM@SくるM@S」ってニコ生やるらしいです
でも振りかえることってシンデレラ以外にないような気が...
たしか今年10周年のはずなんですがねえ

Posted at 22:48:28 2015/11/17 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

3番目のコメントの方

コメントありがとうございます。
今年は本当に10周年なのか疑わしいくらい765展開が弱かったですよね。
昨年が映画SSAぷちますOFA9thと充実していたのに比べると特に酷い有様です。

ニコ生で今年を振り返るってのは10thの話で誤魔化すんでしょうけど、
このままで来年もどうするのやら、という話ですね。
PS4版以外に何か柱がないといよいよどうしようもないと思います。

Posted at 00:26:51 2015/11/18 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック