アイステ公録イベント「アイステ!!! in WonderRadio」レポート 後編

kage

2015/11/24 (Tue)

1.ぜんぜんあいたい
浅倉沼倉

パンフレットで、そして動画でも着用していた衣装を身にまとい、3人がステージへ。
そこからの一曲目はもちろん3人そろってのこの曲。私としてはアイステ史上屈指の
名曲だと思っているこの曲が来てくれたのは嬉しいですし、明るく暖かな雰囲気で、
1曲目、スタートにも合ったこの曲。心地よい世界観を最初から作り上げてくれました。


2.きっと
浅倉

ソロコーナーのトップバッターは浅倉さん。1曲目とはうってかわっての
バラード曲でしたが、情感あふれる歌声が美しく、胸に響きました。


3.AVALON
沼倉

続いては沼倉さんが、幻想的な雰囲気漂うこの曲を披露。
とはまた違った沼倉さんだからこその歌を聴かせてくれました。


4.One Step


これまでの2曲とは雰囲気が大きく変わっての、さんのこの曲。
本人が「大好きな曲」と公言してきたこともあり、明るく軽やかな曲調の中、
楽しくパワフルなステージを展開してくれました。


5.HEART AND SOUL
浅倉沼倉

続いては再びトリオでこの曲へ、ハードなロック調の曲で、これまた雰囲気は一変。
ライブハウスのステージが映える、激しい世界を見せてくれました。


6.1,2,3
浅倉沼倉

続いてもトリオ曲ですが、今度はやはり明るくハイテンションなこの曲へ。
タイトル通りの「1、2、3」のコールが響く、楽しいステージとなりました。


7.in Wonder Radio
浅倉沼倉

最後はもちろん、今回の公録のタイトルにもなっているこの曲で締め。
賑やかで楽しい世界観はまさにこのラジオ番組そのもの。
バラエティ豊かなセットリストの締めとしても見事なものと感じました。


閉幕

ということで全7曲を披露してライブパート、そして公録自体も終了。
まぁ正直言うと、トークパートについては明らかに前回よりパワーダウンしており、
ライブパートについても、前回のソロ2曲ずつが1曲ずつのみに減少、
かろうじて全員曲こそ増加したものの…という感じで、物足りなさも残る感じに。
それに加えて会場の悪さ、自分の番号の悪さもあり、中々に厳しく感じました。

ただ、アイマスは、765はまだまだ続くし、このアイステもまだまだ続くはず。
その中の一つとして考えればこれはこれで決して悪いものでもありません。

毎回毎回が100点満点、文句なし!と言えればいいけれど、
そうは言えないという現実もまたある。そういった不完全さも含めてアイマスだし、
「もっともっと」という気持ちがあるから次がまた楽しみで、期待もできる


今回はそれが確認できた、という意味で価値のあるイベントだったと思うし、
「こんなもんじゃない」ものを次は魅せてくれると、そう期待しています。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック