「アイドルマスター MUST SONGS」発売!

kage

2015/12/10 (Thu)

本日こちらのゲームが発売になりましたので、それについて簡単に。






「アイドルマスター MUST SONGS」とは

アイマス10周年を記念して、10年間の楽曲(主に765プロ曲)を題材にした
PSVITA用太鼓の達人ゲームで、10年分を2パッケージに分けて本日発売になります。

…という定義はまぁそれなりに悪いものではないのですが、
「アイマス10周年記念」を大々的に謳うにしては物足りないというか、
「それがこのゲームなの?」という印象はどう足掻いても拭えないのが正直なところ
です。

それこそ「10周年ライブ」が西武ドームだったのは「それ相応」だったわけで、
それと比べてアイマスの基幹たるゲームがこれ、というのはなんとも寂しい話。
これがOFAの様な本格プロデュースゲームなら印象は全く違ったはずです。

まぁ所詮は「記念タイトル」に過ぎない、お祭り的なソフト、という感じなんでしょうが、
記念の10周年目ながらロクな展開のない765において、1発1発に重みがある中で、
ゲームとしてはこれ、というのはどうしても万々歳、とはいかないわけであります。

この記事を書いている時点では、私はまだプレーしていないので、実際にやれば
万に一つ、いや億に一つくらいの確率で、「10周年記念作品として文句なし!」
という印象を持つのかもしれません。しかし実際に「太鼓の達人」というゲームの中で、
その可能性が出てくるとはどうしても思えない、というか、底は見えてしまっているわけです。

「太鼓の達人」がゲームとして悪いとか、アイマス要素が薄いとか
そういう意味でなく、「太鼓の達人」である以上、その枠はどうやっても超えないのは
確実で、その中でアイマス10年の重みをダイレクトに感じるのは無理でしょ
、という話。

その意味でこの作品は非常に残念な存在、と言わざるを得ないわけですが、
その観点を完全に度外視すれば、一つのゲームとして楽しむことはできるはずですし、
それをしたいと、そういう思いでこれからプレーを始めようと思っています。
このゲームのためにVITAを買い、当然このゲーム自体も赤青両方買っていますしね。

まぁ音ゲーはSF(とSTVと一応L4U)くらいしか経験もなく、私としては苦手な分野で、
どこまで楽しむことが出来るのか、というのは不安はあるのも確かなんですが、
自分の力量の中でストレスなく楽しめればいいな、と思います。

ちなみにこのゲームの進捗等については、当ブログの記事にする予定はありませんが、
一通りやった後に総括的に記事を書くことはあるかもしれません。


「アイマス10周年」

ということで「アイマス10周年」としてのこのMSは不満、という話なんですが、
先日のニコ生にて、10周年記念として年末のアイマスの展開についての発表がありました。
大きくは以下の3つになります。

12/26 「MEMORIES OF IDOL WORLD!!」:TOKYO MXほか
12/29 「ゆくM@S くるM@S 2015」:ニコニコ生放送
12/31 「劇場版アイドルマスター」:TOKYO MXほか


いずれの放送も恐らくリアルタイムで観ることはできるはずですが、
優先度としてはどうしても映画は低くなります。一体何十回観たことやら…。
ただ、放送終了後に何かの告知、とかもあるのかもしれず、要チェックですが。

とは言え告知関係については普通に考えれば29日にあるはず。
ほぼ確定と言えそうなのは10thBDなんでしょうが、11thやPS4版の可能性も
なくはないはずです。765冬ライブは存在自体がもはや期待できませんが…。
他はMA3FINALE的なものや、ミリオンのLV会場情報、とかでしょうが、どうでしょうか。

ただ、その前の26日は地上波の放送があることになっているわけであり、
この番組では10thライブが中心になっているようなので、
ここで10thBDの可能性、というのも十分あるんじゃないかと思います。


といった感じで、10周年最後の最後に色々と詰め込んできた感じではありますが、
MS含め、年末はそれなりにアイマスP生活が充実しそうな感じでもあります。

それに乗じて、でもないですが、当ブログも年内ラストスパート、と行きたいところ。
まぁアイドル個別記事は残念ながら年内にはサッパリ終わりそうにないんですが、
それ以外で色々と記事をアップしていきたいと思いますし、
当然年末に新発表があればそれについても触れたいと思っています。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック