765プロ楽曲 ユアフェイバリットランキング カバー曲編 前編

kage

2015/12/14 (Mon)

今回は765プロ楽曲に関するアンケートの第二弾、「カバー曲」編の
結果を今回はご報告させていただきます。

集計対象となるのは、12月12日24:00までにご回答いただいた86件になります。
ご回答くださったみなさま、本当にありがとうございました。

では早速見ていきたいと思いますが、例によって私のブログならびに
ツイッターで告知しているアンケートですので、
回答に偏りがでることをあらかじめご了承ください。

まずはアンケート回答者の属性から。


プロデューサー歴

e11_1.jpg

やはりここでも11年が最多となり、11年以降で2/3以上を占める結果となりましたが、
今回は特に09年が少ないことが気になります。これまでのアンケートではここも
ボリュームがあったのですが…たまたまなのか、どうなんでしょう。


プロデュース対象

e11_2.jpg

ここでもやはり765がダントツで、次いでミリオン、と妥当としか言えない結果に。
次いでプロデュース対象の組み合わせを単独化したのが以下の通り。

e11_3.jpg

今回は765/CG/MLが最多となり、765/MLや765単独を上回りました。
とはいえ、この3つで過半数を占める、という結果には変わりありません。


ここからアンケート結果の本編です。

天海春香
e11_4.jpg

私も1位にしましたが、やはり「世界でいちばん頑張ってる君に」がダントツ1位に。
次いで最初のカバー曲「大スキ!」が2位、MAの「悲しみよこんにちは」が3位と、
初期カバーの健闘が目立ちます。それ以下は大混戦、といったところ。


如月千早
e11_5.jpg

1位の「小さきもの」はタイトルでネタになりましたが、この結果はちゃんと曲が
評価されてのもののはず。2位3位もお得意のタイプの曲が続きますが、
4位の「ふたりのもじぴったん」は異色のカバー。もっとも、この曲の音源である
CD「Gratitude」は入手困難で、果たしてそれを持っている人はどれくらいいるのか…。


萩原雪歩
e11_6.jpg

「Agape」はMA3の最新カバーですが、過半数を超える票でダントツの1位に。
2位の「アムリタ」、3位の「夏影」とバラード系が続き、
明るいタイプの曲は下位に、という結果となっています。


高槻やよい
e11_7.jpg

私も1位にした「じゅもんをあげるよ」がここでも1位でしたが、「リルラ リルハ」、
「もじぴったん」という初期のカバーと三つ巴、という結果にもなりました。
独特の滑舌が光る曲がそもそも多いですが、その中でも特に印象的な曲でもあります。


秋月律子
e11_8.jpg

1位の「空色デイズ」、2位の「Brand New Wave Upper Ground」が抜けているように、
アップテンポな曲が上位を占める形になりましたが、その中では「1/6の夢旅人」が異色。
バラード系は全体的に厳しい評価となっています。


三浦あずさ
e11_9.jpg

私も1位にした「リフレクティア」がここでも1位に。2位は一種のネタ曲とも言える、
「ウイスキーが、お好きでしょ」が入りました。この2曲が抜けてはいますが、
下位まである程度票が入っているのがあずさの特徴となっています。


水瀬伊織
e11_10.jpg

私も(ry「ホウキ雲」が1位になりました。2位の「恋愛サーキュレーション」は
伊織の性質をフルに生かした曲ですが、3位、4位あたりは落ち着いたバラード系。
5位はまた王道アイドル曲、と様々なタイプの曲が上位に入る形になりました。


菊地真
e11_11.jpg

1位の「星間飛行」、2位の「未来予想図Ⅱ」と続きましたが、全体的に混戦模様。
曲調としても偏りなく様々なタイプが入り乱れる形となりました。
男性ボーカルが映える声質ではありますが、女性ボーカル曲が上位になっています。


双海亜美真美
e11_12.jpg

「夏色グラフィティ」が過半数となりダントツの1位に。2位から4位はほぼ横並びに。
ネタ曲よりもガチ曲が評価が高い、という結果になりました。


双海亜美
e11_13.jpg

1位2位はどちらも「生っすか」からの曲。やはりネタ系の曲よりもガチ系の
曲のほうが高評価ですが、6位の「贈る言葉」はやや厳しい評価となっています。


双海真美
e11_14.jpg

1位の「Yeah!めっちゃホリディ」が少し抜けて1位に。しかし曲数が少ないとはいえ
最下位でも1/4近く、と全体的に票はバラけました。


星井美希
e11_15.jpg

1位の「すいみん不足」が過半数で1位。2位の「涙のハリケーン」と合わせて、
MA曲でワンツーフィニッシュです。カッコいい系とかわいい系、入り乱れた結果になっています。


四条貴音
e11_16.jpg

1位の「月のワルツ」を筆頭に、得意とするバラード系が上位占める形に。
2位から6位までは大混戦、という結果となっています。


我那覇響
e11_17.jpg

1位の「涙そうそう」が過半数でダントツの結果に。2位の「ハッピー☆マテリアル」以下は
混戦ですが、様々なタイプの曲が入り乱れる、ということになっています。


音無小鳥
e11_18.jpg

そもそも3曲しかないので、単独回答という形にしましたが、「やさしさに包まれたなら」が
ダントツの1位。とは言え他2曲にもしっかりと票が入っています。


ユニット曲
e11_19.jpg

1位の「ゆりゆららららゆるゆり大事件」は私もry)ですが、2位の「サンタが町にやってくる」
とほぼ同数で、3位の「motto☆派手にね!」も含めて混戦模様の結果となりました。


ということで見てみましたが、1位が私と同じものもあれば、違うものもあるなど、
納得の結果もあれば意外な結果もある、といった形になりました。
票がバラけたメンバーもあれば固まったメンバーもありましたね。

ということでカバー曲についても後編でまた別の観点から見てみます。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック