アイドルマスター ミリオンライブ! 3巻

kage

2016/01/19 (Tue)

勝算なんてなくたって構わない



第11話 オーバーマスター
第12話 Yes/No
第13話 プラリネ
第14話 アイル
特別編① …In The Name Of。 …?
特別編② Make me ハッピ~エフェクト!


ミリオンコミカライズの3巻は、2巻で話がひと段落したことを受けて、
表紙通りの編突入、という形になります。自由奔放なが表紙で肩を並べる
ジュリア瑞希と物語を紡いでいくこの3巻ですが、特別篇も収録されています。


第11話 オーバーマスター

美希貴音の3人がトリオでの全国ツアーを開催することになり、
そのバックダンサーをシアター組からオーディションで決める、という話に。
タイトル通り、まんま「プロジェクトフェアリー」の3人ですが、その名称は使われません。

オーディションでは美希に憧れるがやる気満々で挑み、静香だけでなく、
貴音の評価も上々なものの…思わぬ、というか物語的には想定内の展開に。

亜利沙のアイドルオタクっぷりや、貴音の先輩としての振る舞いなど、
美希への憧れが具体的に語られることなんかも含めて、
新編突入、というメインストーリー以外にも見どころがたっぷりの内容です。


第12話 Yes/No

オーディションを受けて悩む静香に対し、少しお姉さんである奈緒美奈子が…
という流れに。話的にメインから外れた未来は要所でのアホっぽさをより感じます…。

一方は、それほど深くはなさそうだけれども、それなりに悩む形に。
そんな折、ジュリアのバックコーラスを瑞希と務めることになりましたが、
のマイペースっぷりは変わらず…瑞希が良いバランサーとして活躍しますが、
肝心な時にやはりは、ということに…。


第13話 プラリネ

瑞希の助言もあり、成り行きでジュリアが二人で街で遊ぶことに。
そんな中で「の夢」「アイドルとは」「ジュリアの過去」といった話が描かれ、
そして二人の絆は「カラオケよりハマるアソビ」によって深まることに…。
決して誰かを貶めることなく、シリアス展開を丁寧に描いた流れは秀逸です。


第14話 アイル

いよいよライブ本番、ジュリア達のステージに。美希たちも見守る中、
披露された曲「アイル」はジュリアではなくてがメインで…。
のポテンシャルもですが、ここでも瑞希の存在の大きさをひしひしと感じます。

ライブ後の美希の会話では、はまだまだ発展途上、ということと、
美希のアイドルとしての、先輩としての風格を感じられるもの。
最後のわちゃわちゃ感含め、綺麗に物語はまとまり、編は見事に完結します。


特別編① …In The Name Of。 …?

ゲッサン紙上で行われた総選挙の結果を受けて、上位メンバーをピックアップした
特別篇の1話目。タイトル通り主役は瑞希、となるわけですが、その瑞希
「恋の歌」に悩み様々なメンバーから色々な助言を受けることに…。
選挙上位メンバーの美奈子可奈も出番はありますが、
あくまでも主役は瑞希、といった感じで、本編では諸々完璧で超人にすら感じた
その姿とは別の、等身大のアイドルとしての姿を見せてくれます



特別編② Make me ハッピ~エフェクト!

特別篇の2話はタイトル通り、恵美美也の二人がメインの話。
とはいえ①とは違って静香目線で描かれる、ということで少し違う構成です。
話としてはシアターの大掃除をそこにいたメンバーで行う事に、というもので、
選挙上位のまつり桃子も登場してそれぞれの個性を発揮します。

そんな中、メインの二人は遅れて登場し、それぞれのマイペースっぷりを
見せていくわけですが…ドタバタはありつつも、大掃除だけに、最後は綺麗に
次話、次巻からの新展開に期待させるラストにもなっています。


編、ということで見事にがメインを張り、その魅力をいかんなく発揮しますが、
同等以上にユニットを組んだジュリア瑞希の魅力も感じ取れて…という内容に。
作者が表紙裏コメントに書いている通り、「3人メンバーがいれば可能性は無限大」、
というものを見事に感じさせてくれる素晴らしい物語
になっていると思えます。

また、この3巻も1巻、2巻同様に限定版があり、物語中で描かれた完全新曲「アイル」と、
3人で歌う「my song」が収録
されています。名曲「my song」も秀逸ですが、
特に「アイル」はこのコミカライズのための完全新曲という事もあり、必聴と言えるでしょう。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック