「アイドルマスター プラチナスターズ」情報解禁!

kage

2016/01/28 (Thu)

本日のファミ通発売、そしてニコニコ生放送によってついに正体が明かされた
「PS4版アイマス」こと「アイドルマスター プラチナスターズ」について今回は取り上げます。




「アイドルマスター プラチナスターズ」とは

ps4_1.jpg

PS4発売前の2013年9月9日に「SCEJAプレスカンファレンス 2013」にて発表され、
その後は情報がほとんど公開されてこなかった「PS4版アイマス」、まさにそれです。
このブログでも当時記事を書きましたが、今となっては「何言ってんだ…」的な内容ですね。

「PS4で発売決定」以降の情報としては、10thライブでPVが公開された、
ということがありましたが、そのPVはネットで公開されるようなこともなく、
事実上情報ゼロに近い形でここまで来ましたが、いよいよ大々的に発表されたわけです。

2年半近い歳月をかけてついにその姿を見せた今作なわけですが、
何はなくともまず一番大きいのは「765プロ13人プロデュースゲーム」のはず、
ということです。OFAが出たときに私は「次も13人を、というのは現実的でない」と考えて
きたわけですが、これを良い意味で裏切ってくる形になったわけです。

ps4_3.jpg

こうなるとさすがのバンナムも「765の13人のプロデュースゲームを」という需要を
しっかりと把握し、そこはブラさない、ということを徹底しているように思えます。
まぁ9.18なんてことがあった以上、それを考えるのは当然の事ですが、
多様化し、肥大化した「アイドルマスター」の大黒柱としてこの13人の物語を、
という、全体のバランスとブランディングを考えて、ということもあるのでは
と思います。

まぁ、とは言えバンナムなので、発売されるまでは本当に「13人プロデュースゲーム」か
どうか確定することはできませんし、油断大敵、という心持ちは大事だと思います。
流石にこれだけ「13人」を連呼して、そうではないパターンはあり得ないと思いますけどね…。

また、「プラチナスターズ」という名称については、数年前に商標登録されて
話題にもなっていましたが、あまりに前過ぎて、私も完全に想定外だった名称です。
こうなると「ドレッシングスイート」とか「アイマスサテライト」とかもまだ可能性が…
とも思えますが、後者はともかく前者は果たして…と、これは余談ですね。

ともあれ、「ワンフォーオール」に続いて「非ナンバリング」なわけですが、
そもそも「2」時点で本当はナンバリングにしたくなかった、
という話も出ていて、今回もそれに倣った、という形
でしょう。

しかしPS4になり、グラフィックもガラリと変わったわけで、「2」⇒「OFA」の変化とは
またベクトルが全く異なるはず、というのもまた確かだとは思います。


3Dモデルについて

ps4_2.jpg

10thでのPV時点で私は「劣化している」と感じた今回のキャラクターモデルですが、
今回発表された正式版を見ると若干認識は変わることとなりました。
端的に言えば「仕方のない変化」ということです。

「アニメ絵寄り」というのは10th時点でも感じたことではありますが、
改めて考えるならば、そもそも「2」のモデルを更に正当進化、というのは
難しいのでは、ということがまずあげられます。
つまりは、あのモデルの完成度が極めて高かったが故、その方向ではもう進化できず、
別のベクトルに活路を見出したのでは
、というところです。

あるいは、現状のアニメからのPの多さを踏まえて、その層のニーズに応える
ためにアニメに寄せた
、という判断もあったのではと考えられます。

いずれにしても、「次世代ハード」で出す以上、モデルの変化はあって当然で、
そのためのこの変化は「仕方のないこと」と、そう考えるしかないんだと思います。

ただ、元々3Dモデルに対するストライクゾーンが極めて狭く、アイマス以外の多くの
3Dモデルに対して「気持ち悪さ」を感じてしまう私としては、やはり嬉しい変化ではありません。
そもそも私がアイマスにハマった理由として、360のモデルが奇跡的にジャストミートだった
ということがあるために、今回はやはり残念、と言わざるを得ません。
360モデルに衝撃を受け、2のモデルに驚嘆したあの感動は残念ながら得られなかったわけです。

とは言え、これが「新スタンダード」ならば受け入れるしかないし、
今後何度となく画像を、動画を見ることで「慣れる」ということだって十分にありうるはず。
そもそも、モデルよりなによりも大事なのは、プロデュースできるアイドルなはずですしね。


アイドルについて

ps4_5.jpg

今回もアイドルの年齢が上がるようなことはなく、基本的には「2ndVISION」のまま、
という感じですが、趣味が微妙に変わっていたりはする、というのがポイントです。
特に真美の「ぼんさい」って…また(いい意味で)しょうもない理由なんでしょうけど。

ps4_9.jpg

また、モデルは変われどポーズは変わらず、といったこともあるようで、
これまでの彼女たちらしさをそこから感じ取ることもできるんじゃないのかな、とも
思いますし、それでもやっぱり「変わった部分」もあるでしょうから、
そのあたりをしっかりと見せてくれるならば文句なし
、といった感じでしょうか。
ちなみに真美に手を出すことにしたっていうのはホントです。


世界観について

ps4_6.jpg

今回も例によってパラレル、ということはいつもの事なので良いのですが、
「合宿所」という設定は果たしてどうなのか、というところが気になります。

アニメやOFAではずっと同じ事務所だったように、たるき亭上のあの事務所が
「765プロ」と限定されてしまう世界観を打破した、という意味ではいいと思う
のですが、
これまで通り年間単位でトップアイドルを目指す、という話ならば
ずっと合宿所で、というのはどうなのよ、という気がどうしてもしてしまうのですが…。

やよいの家族やの家族(ペット)、雪歩の父親など処理すべき問題は多々あるはず
なんですが、このあたりをどのような設定で処理するんでしょうかね…。
アイマスで合宿(というか共同生活)と言えば「ブレイク」が思い当たるんですが、
この期に及んであの設定が少しは活かされる可能性も出てきた、とも言えそうです。

ps4_8.jpg

また、Pについては完全新人、ということで、またアイドルと「初めまして」から、
という設定の様ですが、「今更『初めまして』はないだろ」というところからだった
OFA設定に見事に逆行する、という形になっているのもポイントです。

ただ、グラフィックの変化がなかったOFAと、大きく変わった今回とは事情が違うし、
11年目、「REST@RT」という意味合いではこれでも全く問題ないとも思います。


ps4_10.jpg

そして目標となるのは「エクストリームライブ」ということで、「アイドルアルティメイト」とも
「アイドルエクストリーム」とも違うものになるようです。まぁあ名前は後者と被ってますけど。
「ライブ」というものにとにかくこだわっているらしい今作、対決形式ではない感じですが…。

OFAでも発売直前に玲音について公開されたように、今回もサプライズはあるでしょうし、
そもそも今回の報は第一弾。どんな世界が待っているのか、これから徐々に見えてくるでしょう。


システムについて

ps4_7.jpg

とりあえず「シミュレーションゲーム」であるとは明示してありますし、根本的な部分が
これまでと変わるという事はないでしょう。ただ、アイドルの能力がViDaVoではなくて
「APPEAL」「BURST」「OMOIDE」であらわされている点
がどうなるのか、といったことや、
ライブが完全に音ゲー化しているっぽいのもどうなることやら、という感じも。

ps4_4.jpg

ライブシーンと言えば、「ステージフォーユー」も搭載されるようで、それは嬉しいのですが、
そもそもステージに立てる人数は何人になるのか、というのも気になるところ。
「1人・2人・3人・(曲によって)5人」というのがOFAのパターンでしたが、
最低でもこれプラス「4人」、「5人」も全曲で、というのになっていてほしいですし、
もっといえば1~13人、13パターンを全曲対応可能、というのくらいやってほしいところ。
現実的にそれが出来るとは考えにくいですが、「次世代機」の凄みを
そういう形で表現してくれるのならば、モデルに対する不満も軽減されると思います。

ps4_11.jpg

また、関連して、プロデュース形式として、OFAのような「全員同時」になるのか、
それともそれ以前のような「一人(ユニット)ずつ」形式になるのか
、これは極めて大事なところ。
それと同時に、「エンドレス」なのか「別れ」のある物語なのか、ということも、ですね。

OFAやソシャゲなど、「別れ」と別れたかのように思える現在のアイマスの展開ですが、
かつて「3大テーマ」として掲げられたそれは果たして健在なのか否か
シナリオともシステムとも密接にかかわる部分で、極めて大事なポイントでしょう。


きらめきのウェーブを巻き起こせ!

とにもかくにも「PS4版」が765プロ13人のプロデュースゲームであったこと、これが一番。
モデルには不満というか不安もあるし、他の諸々についてどうなることやら、
ということも多々あります。それでも、それら全ての不安を吹き飛ばせるのがこの13人です。

ファミ通の坂上さんのインタビュー記事に「PS4の『アイドルマスター第1弾』」という
フレーズがあることを踏まえれば、シンデレラやミリオンもPS4で…という未来すら
見えてきます
が、それはまた別の話のはずで、とりあえずは置いときましょう

発売も「2016年予定」と明記されており、これが実現するならば、やはり11年目、
「REST@RT」がここから始まるのだと、そういう物語にもなるはず。

「2ndVISION」に続く「3rdVISION」、これもまた以前商標登録されていましたが、
今回もその表記はどこにも出てこない、という状況にはなっています。
ただ、「PS4第1弾」というフレーズも含めて、アイマス全体が「次のステージへ」、
という話になる
、そう捉えるのが自然なのではないか、と捉えられるのも確か。

いずれにしても、この新たなる世界に、またこの13人と歩き出せる、
新たなるウェーブを、またこの13人と巻き起こせる。これ以上はないでしょう。

私にとっての「アイマスの理想像」であった「ONE FOR ALL」さえも超えるような、
新世界を見せてくれると願い、その幕開けの日が来ることを待つとします。


ps4_12.jpg
関連記事

この記事へのコメント

kage

いよいよPS4の新作ということで、デレPながら自分も非常に昂ぶっています
据え置きのゲームという形で765のアイドルをプロデュースする(まだ発売していませんが、絶対買います!)のはこれが初めてになるわけなのですが、アニメやCDといった様々なコンテンツを通して春香たちを知った今、先輩Pの方々と一緒にプラチナスターズを待っているこの状況がとても心地良いです
今作のキャラデザは個人的にはアニメ寄りというより杏仁豆腐さんとchisatoのデザインを上手く合わせたような素敵なデザインに思えました
いずれにしろ続報次第ですが、彼女達に会えるのが楽しみです

Posted at 23:51:31 2016/01/28 by H1T0SH1

この記事へのコメント

kage

本体同梱版欲しいね
2つは買うのに

Posted at 00:06:26 2016/01/29 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

H1T0SH1さん

コメントありがとうございます。
このPSから765に、あるいはアイマスに入るという人たちも少なからずいるのでしょうね。
ゲーム発売前のワクワクというのはいつだっていいものだと私も思います。
とりあえずは続報に期待ですね。

Posted at 00:31:00 2016/01/29 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

2番目のコメントの方

2つはいらないですが同梱版は確かにあってもいいですね。

Posted at 00:31:44 2016/01/29 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様さまです。
やはりステージの指示パートが気になりますねえ。なんだか単純というか…ただの音ゲーに見えて。実際どうなるかはまだわからないですけれど。

あと、ちょうどOFAのゲストや楽曲を買ってみようかなと思っていたところだったので、50%値下げはありがたいですね笑

Posted at 00:38:31 2016/01/29 by 不十分SP

この記事へのコメント

kage

ついに来ましたね PS4 の PV。
スクリーンショットで見た時にはあまりグラフィックの違いが分からなかったのですが、PV で見ると「お、結構変わったな」と思えます。
光と影の強調や光の反射でリアルな雰囲気を出しつつ、モデリングはアニメに寄せてきた感じですかね?
ハードスペック的にリアルタイムレンダリングで 13人を描画するのも余裕でしょう。

そして PS4 一作目にも関わらずナンバリングがされていない事を考えると、今後はもう二度とナンバリングをしない...
というより特定のシリーズをマザーシップ扱いするのを止めたのでは?と推察出来そうです。
シンデレラは既に 765 と同等...もしかするとそれ以上の人気があるでしょうし、ミリオンと SideM も 765 と同程度の人気まで引き上げ
て 4つの柱を並列で展開していくのかもしれません。

アイマスの原点であるゲームに新たな地平が開かれた今、トリプルデイP さんの言うとおり新たな 1年目が始まるのだと思いますが、これ
からシリーズ全体がどうなるのか非常に楽しみです。

Posted at 04:06:45 2016/01/29 by 龍五P

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です
早速バナーを変えましたね、PSのメインヴィジュアルに。
ここにコメントを書くのは10th以来です、もう半年ぶりになりすね
私の日本語はあの頃と比べたらそんなに成長してない気もするけど、今回の件について言いたい事がある

やっぱりトリプルデイP(と大数のPたち)には嬉しい発表でしたね。でも実は私は今の時点ではプラチナスターズというゲームにがっかりした。

なぜかと言うとPS4になってもモデリングが変わっても解像度が上げっても進化を感じないからです。
今回も皆のモデルのベースが同じで、アニメーションとボーンもまた使い回しで、シェーダーと空気感もいつもの(あんまり良くない)感じで、やっぱりゲームのエンジンそのものは使い回しだっと思います。

ライブの衣装ならトゥインクルスター以外バリエーションもないのは残念、どれもExtendの衣装かもしれないけど。それよりライブ以外の時の服も皆同じで色違いだけですよね、個性はどこへ?
服とか衣装とかに判断するのは流石に早過ぎるかもしれない

でもやっぱり一番不安なのはプラチナスターズのゲーム性です、スクリーンショットとPVのライブパートの音ゲーを見てまた劣化を感じました、2→OFAの時のゲーム性の劣化も感じた、シミュレーションゲームに必要な決断が要る立場がどんどん減りました、もはやシミュレーションと呼んでいいのかのくらいにね。

DLCの事なら不安もある、OFAの追加シナリオみたいになって欲しくない、値段的な意味で。今の50%OFFキャンペーンでも全シナリオで¥12,000とか頭可笑しくない?

OFAは「ゲーム」として退屈だと思いましたが「アイドルマスターの作品」として面白かったので今回のプラチナスターズもそうになると思います。

ネガティヴな意見だけではないけど
合宿という場面は気に入りました、BRE@Kを読んだ事ないので新鮮で楽しみです

無理に3rdVisionに変化する事もないのは良いと思う

最初にプラチナスターズ読んだ時、プラチナスターライブの繋がりで新作はやっと50人のゲームになるの?ヤッター!と思い込んではしゃいだね、PSの生放送とミリラジの放送時間が被る事を知ってた後直ぐ目を覚ましたけど
そもそもなんで被せた?PSの生放送ではシンデレラのBDの紹介もあったのにミリオンの名すら聞かなかった、LTD05の発売日近がったのにね。何ででしょう。
とりあえず3rdに期待、行ける事出来ないが。

トリプルデイPのブログはいつも楽しく読んでいます、ライブレポートが一番お気に入りです。今度もよろしくお願いします

Posted at 06:07:40 2016/01/29 by ドイツからのP

この記事へのコメント

kage

機械的なバーチャルアイドルからアニメっぽい柔らかな雰囲気になりましたね。
勿論良い点だけでなく悪くなった点もあるとは思いますが、PVで動くアイドルたちからキラキラしたものを私は感じました。
アイマスのゲームで重要なのはずっとやっていても飽きないことですから、表情や動作がどれほどのものか楽しみです。

Posted at 13:36:46 2016/01/29 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

不十分SPさん

コメントありがとうございます。

ライブパートで単純な音ゲー、というのは正直勘弁してほしいですね。
ここにある程度の戦略性があるのがアイマスの醍醐味でもあったと思うので、
ただ合わせて押せばいい、というのならばそれこそ「劣化」と言わざるを得なくなってしまいます…。
とりあえずは速報待ちですね。

Posted at 22:12:04 2016/01/29 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

龍五Pさん

コメントありがとうございます。

リアルタイムで本当に13人やってくれるならいいんですけど、
今回のPVだと5人がデフォっぽいのが気になるんですよね…。
できるけどまだ伏せてるだけ、ならいいんですけども。

ナンバリングは今後もたぶんない感じでしょうね。
そして4作をできるだけ並列で、というのも私も感じます。
「3rdVISION」とはつけずとも、そう言えるような次のステージが
そういった世界なのかな、とも思えますね。

Posted at 22:18:25 2016/01/29 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ドイツからのPさん

コメントありがとうございます。
日本語は非常にお上手なので大丈夫ですよ。

モデルについてはこれまでとは全く違う画期的なモノ、
というのはPS4でも難しいんじゃないのかな、と私は思います。
生身の人間みたいな路線は可能かもしれませんが、それは望まれていないでしょう…。

衣装については当然今回発表されているものだけじゃないでしょうし、
ジャージも単なる色違いになっていますが、これまでのシリーズ同様、
自由に変えられたりするんじゃないのかな、と思います。
今回はあくまで1stPVですし、団結感を出すためにこれを推してるんじゃないかなと。

ゲーム性については確かに不安もありますね。
戦略性がどんどん失われているのは確かにあると思いますし、
それととっつきやすさのバランスをどうとってくるのか、というのは気になります。

DLCについてはアイマスなので今回も当然えげつなくとってくるでしょうし、
頭おかしいのは残念ながらデフォ、と諦めるしかないと思います…。

ミリオンについては、確かに今回の生放送で3rdの話すらしなかったのは不自然でしたね。
裏番組でモロに被っていたとはいえ、別に敵対しているわけでも何でもないですし、
シンデレラを発表するくらいなら、するのが当然だったと思います。

今回のプラチナスターズが「PS4第1弾」であるのなら、ミリオンもPS4で、
の可能性も十分あるでしょうし、50人で、というのもゼロではないんじゃないかなと思います。
とはいえ現実的にはPS4で出ても37人で、となりそうな気もしますけどね…。

ライブについては、参加が難しい方に対して、
私のレポートが少しでもお役にたてているのなら幸いです。
いよいよ迎える3rdについても、これまで通りやる予定なので、よろしくお願いします。

今後あなたもライブに参加できる機会が来ると良いですね。

Posted at 22:33:49 2016/01/29 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

8番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

確かにふんわり感、やわらかさというのは増した感じがします。
このモデルだと表情なんかは特に色々と付けられそうですし、
その辺で今までなかったものをうまく見せてくれると良いですね。

Posted at 22:39:26 2016/01/29 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

記事更新おつかれさまです!
いつも楽しく見ています。
やっと、続報の出たPS4アイマス。
非常に楽しみで、購入確実ではあるのですが気になるところが

それはキャラの掘り下げというか、ストーリーについてです。
PSが初めてになるプロデューサーさんには新鮮なことの連続なのでしょうが、既存の、それこそアケ時代からのPからしたらどこかで見た展開やキャラの掛け合いばかりになってしまう気がします。
公式以外にもSSや同人等で見たような……ということもあるかもしれません。
マンネリ化、飽きが来てしまうような展開だけにはならないで欲しいですね。

ただ、いつもの765プロを見たいのも事実自分の中にはあります(笑)
その辺のすり合わせをどうしていくのかが気になりつつも楽しみです。

トリプルデイP氏はどう思われますか?

Posted at 23:31:06 2016/01/29 by うどんP

この記事へのコメント

kage

私は今回のモデル、かなり衝撃を受けましたね。

アーケードから箱の変化が衝撃、箱から2への変化が納得という感じで、今回はアーケードから箱ぐらいの衝撃ですねぇ。
私自身は箱からなんで当時の衝撃をリアルには知らないですが、比較だったり当時のPの反応だったりで感じたものではありますが、家庭用移植のモデル変化の衝撃はこんな感じだったのかなと思うレベルで、まあ今から楽しみで仕方ないですねぇ(笑)。


プロフィールについてはまだ3rdvisionにはなかなかいけないって感じでしょうか。まあ3rdにしたから変えなきゃいけないってこともないんですが。やはり簡単に移行出来なくなった感じですかねぇ。
千早の写真とかは劇場版やコミックスとリンクしてていいですね。
それに真美のぼ ん さ い……。一体どんなものなのか気になって仕方ないですよ(笑)。
あとりっちゃんの髪は次はなんと言われますかねー(笑)。


システムはまあまた情報出てからですかね。いいものにしてくれるといいんですが。ただまさか今年中とは……予想外の嬉しさで、残り40%とのことですが最後まで突っ切って欲しいですよ~。

Posted at 20:46:22 2016/01/30 by 五和P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

うどんPさん

コメントありがとうございます。

確かにストーリー面においてはこれまで10年間いろいろと描かれてきましたし、
マンネリ感が拭えない、というところは出てくるのかなと思います。

でも、だからこそ今回合宿という別のフィールドで、
これまでとは違った見せ方をしようとしているのだと思いますし、
その状況ならではのものをうまく見せてくれればな、と。

「パラレル」の言葉通り、アイドルたち自身の芯は変わらずとも、
色々な状況、世界=パラレルワールドでその場に応じた活躍をする、
そんな感じに捉えられるものになるんじゃないかと期待します。

Posted at 22:27:43 2016/01/30 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

五和Pさん

コメントありがとうございます。

360から2のモデルチェンジはマイナーチェンジという感じで、
根本的なところの変化ってわけでもなかったですしね。
私も360からなので、その意味では初めての大型チェンジですし、
そこにやっぱり戸惑っている部分もあります。

3rdVISIONは本当に移行する気があるのかも不明ですね。
ここでやらずにどこでやるのか、と思える変化ですけれども…。

発表から2年半で60%なのに、年内に残り40%って大丈夫なのか、
って気もしますけど、発表=開発開始ってわけでもないでしょうし、
まぁ発売の早さよりもクオリティを大事に作ってほしいですね。

Posted at 22:35:09 2016/01/30 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

私はそこまで熱心なPというわけではありませんし、他のコンテンツも兼任してる者ですが、モデリングの変化にやや戸惑いがあるのは管理人さんとほぼ同じ印象です。
取り分け目の変化はアニマスの方に寄せてきた感じですかね。
当方がやや気になったのは前作から等身が大きくなって手足が長く体格が少し大人びている点ですね。時系列の変化もあるのかもしれませんが元の3~4等身くらいのリアル性に欠けた大きさに慣れているのでちょっと驚きはありますし、いわゆる「不気味の谷」に近づいている原因の1つかもしれません。
まあPS4は既に持っているので買うには買うんですけどね。
旧モデリングが好きな自分としては当分PS3との併用になりそうです。
他の面子、特にアニメ化が控えているミリマス勢をどのような形で盛り込んでいくのか関心が尽きない所ではありますね。

Posted at 16:29:24 2016/01/31 by MMDm@ster勢

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

MMDm@ster勢さん

コメントありがとうございます。

アーケードから360のモデルの変化は誰がどう見ても進化していたし、
(後追いの私が言うのもなんですが)称賛の声だけだったと思います。
2のモデルについても360からの正統進化で、評価はすこぶる良かったです。

しかし今回は賛否両論、というあたりで、どうなんでしょうかね…。
「不気味の谷」は仰る通りで、私も少し感じています。

開発中とはいえこれから大きく変わるとは思えませんし、
とにかくこのモデルに慣れるしかない、とはわかってるんですけどね…。

Posted at 22:48:40 2016/01/31 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック