MASTER ARTIST 04 菊地真

kage

2013/08/20 (Tue)

真王子、衝撃のCDデビュー!


THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 04 菊地真THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 04 菊地真
(2007/08/01)
平田宏美(菊地真)

商品詳細を見る


1.迷走Mind 歌:菊地真
2.トーク01
3.仮面舞踏会 歌:菊地真
4.トーク02
5.Swallowtail Butterfly ~あいのうた~ 歌:菊地真
6.トーク03
7.まっすぐ(M@STER VERSION) 歌:菊地真
8.トーク04
9.思い出をありがとう(M@STER VERSION) 歌:菊地真
10.トーク05
11.エージェント夜を往く(M@STER VERSION) 歌:菊地真
12.トーク06
13.i 歌:菊地真
14.トーク07
15.迷走Mind オリジナル・カラオケ
16.トーク08


自身の理想とファンの理想の葛藤を抱える、らしさの詰まった1枚。

新曲の「迷走Mind」はまさに正統派の曲、という感じで、他のメンバーでは
歌いこなすのは難しい感じの曲調になっています。
旧カバー曲の「仮面舞踏会」も同様ですが、一方の新カバー曲は少しテイストが違う
タイプのスロー曲。しかしながら、これはこれで力強さと優しさを兼ね備えた
ならではの曲として完成させています。

トークではゲストに美希が登場。流れとしては案の定というかなんというか、
真王子の一言」なるコーナーが始まります。
謎のBGMをバックにファンからの質問に答える、というものなのですが、
かなりノリノリでが質問に答えていき、美希もそれにメロメロ、という定番の流れに。

は普段「女の子らしく」と言い続けていますが、こういうパターンに入ると
絶対に断らず
、普段以上の男らしさを披露してくれます。
自分の理想とファンの期待がかけ離れている、というのはこのCDに限らず
に終始付いて回る課題なのですが、結局「ファンの理想」のほうに応えてみせる
という気概を見せてくれるのは流石のプロフェッショナリズム、といったところでしょうか。

既存曲は持ち歌2曲と非持ち歌1曲なのですが、非持ち歌である「思い出をありがとう」の
チョイスについては美希から疑問が入ります。これについては自分の悩みと
歌詞との関連性について語り、この選曲に対する明確な答えを出してくれます。

そして共通新曲の「i」なのですが、ここまで「アイドル菊地真」
ついてしっかり語ってきた構成だからこそ、映える楽曲になっています。
「アイドルとしての在り方」について他のメンバーの持たない悩みを抱えるだからこそ、ですね。

ボーナストラックの「みんなの口癖」で一番印象的なのは覚醒美希でしょうか。
本来のの理想は伊織が最も近いはずですが、ここでの口癖はアレなので、
消去法的にこの覚醒美希が最も理想形に近いことになりますからね。
ちなみに千早のセリフあたりは全く違和感がなく聴けてしまいます。


真王子というファンの理想と真姫という自身の理想。
このCDでも楽曲で言えば王子テイストがやはり強く出ていますが、
トークではきちんと姫も聴かせてくれる、そんな「みんなの理想に応えたCD」になっています。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック