ラブライブとアイドルマスター その3 後編

kage

2016/04/10 (Sun)

ラブライブとアイマスの「世代交代」

先日の東京ドームでの「ファイナルライブ」をもってしてμ'sの6年間の物語は完結し、
既に始動している「サンシャイン」というタイトル、そのユニットである「Aqours」へと
世代交代する、というのがラブライブの流れになっています。

その物語のつなげ方は、アイマスでいえば「765⇒ミリオン」というよりは
「765⇒シンデレラ」のような形で、直接的なものではない、ということになっているようで、
「μ'sだからこそのラブライブで、Aqoursなんて…」という「μ's原理主義」がどれくらいいるのか、
というのを含めて、Aqoursの先行きに不安も当然のことながらあったようですが、
少なくともCDの売り上げ的には問題なし、という立ち上がりのようではあります

(もっとも、この先は後述する問題も含めてそう簡単ではないでしょうが…)

もちろんそうした世代交代がうまくいきそう、という背景には、μ'sが「ファイナル」と銘打ち、
誰が見ても明らかな「世代交代」の宣言をしたからこそ
、というのがあるはずです。

μ'sは紅白出場、東京ドームライブという、二次元アイドルコンテンツでは他の何者も
到達できなかった高みに上り詰めた、まさに人気絶頂のタイミングで「ファイナル」となりました。
ここで「ファイナル」とする具体的な理由は明示されてはいませんが、
この引き際というのは、成績が低下する前に、ピークのまま現役を引退するような、
スポーツ選手的な一つの「引き際の美学」と言えるものである
のも確かです。

一方でアイマスは、「765PROALLSTARS」と称される、初期メンバーを含む13人の物語が
タイトル開始から10年を過ぎても未だ健在で、その「世代交代先」になりうる
後輩である「シンデレラガールズ」「ミリオンスターズ」が始動、どころか飛躍しながらも、
私を含む一部のPが危惧している「世代交代」そのものは依然として発生していない

という状態が数年続いている、というのが現状になっています。

もちろんこの事態については、私のような立場の人間にとっては望ましい限りです。
ですが、これが永遠に続くわけではない、という事実も受け止めないといけません。

「プラチナスターズ」という新規タイトルを控えている765プロですが、それと同時に
「それしかない」という状況に追い込まれている現状で、果たしてどれだけ続けられるのか


一つの区切りになると思われた10thライブを超え、明確な「世代交代宣言」はないまま、
徐々に各展開が閉じられていく現状、真綿で首を絞められるような状況は
気分が良いわけもなく、765の今後、先行きへの不安は拭えないままです。

もちろんプラチナスターズ、そして11thライブを含め、「765REST@RT」が華々しく打ち出され、
「これからまた5年10年、このメンバーで頑張ります」という宣言もあるかもしれません。
しかしそんなものはなく、プラチナスターズこそが最後の打ち上げ花火になるかもしれません。

結局765がどうなるか、は予想というか妄想しかしようもないのですが、
「引き際の美学」として、「ラブライブみたいな形で765も終わらせられなかったのか」と後で
思うような、そんな形にだけは絶対にしてほしくないし、なんとかうまくやって欲しい
わけです。

いずれにしても、ある意味理想的とも思える形で物語を終えたμ'sが羨ましい、
という気持ちもあるのは確かですし、「良かったね」と心の底から思えてもいます



声優のスキャンダルについて

ということでその引き際には「良かったね」と思えていたんですが、
その一言では片づけられない事態が残念ながら発生してしまったのが現状のラブライブです。

当然この項についは記事の検討当初は考えてもいなかったわけなんですが、
このタイミングで書く以上、触れないわけにもいかないので、取り上げたいと思います。


「μ's」の物語が完結したことについて、「良かったね」という気持ちは前述の通り嘘偽りはなく、
感情的には引き際が見事だったと感じるわけですが、ビジネス的な視点で考えれば、
「こんなドル箱を簡単に閉じるのか」という気持ちもあるのは確か
です。

しかしその疑問に対しても、このスキャンダルというのが事実であり、
それが事前にわかっていたからこそ、このピークの状態でファイナルにせざるを得なかった、
というのが真実という可能性も否定はできない
し、真相は闇、という話になってきます。

そもそもスキャンダル自体が、いくら周囲から「確実」と言われようとも、
本人側からそれを認める発言が出ない限りは「疑惑」のままであるわけですが、
なんにしても極めて大きな問題がファイナル直後に発生したということだけは確かです。

この問題がどう収束するのか、「サンシャイン」の展開にどう影響するのか、
ということまでは当然わかりませんが、ここで私が考えておきたいのは、こうした事態は
全く他人事ではなく、アイマスにも同様のことは起こりうる
、ということについてです。

もちろん今回の件は誰もが想定できなかったレベルではあるし、そんなに頻繁に
起こり得ない、と信じたいところですが、単に「スキャンダル」ならばいくらでも発生します。

というかアイマスだって所属事務所の問題や一部メンバーについてのアレコレ、
というのは既に通った道であり、何を今更、という話でもあるんですが、
しかし人数が膨張している現状、それに比例してリスクも拡大している

ということは客観的な事実としてある、ということは踏まえておかねばなりません。

ではスキャンダルとして何が具体的に考えられるか、となると、
別名義でのアダルトゲームへの出演なんてレベルならばとっくに発生している、
というかスキャンダルでもなんでもないのでお話にならないとしても、
声優のスキャンダルとして真っ先に思い浮かぶ「彼氏バレ」についても
その声優個人の人気はさておいて、コンテンツには影響ない、と捉えられます。
まぁそもそもこれもスキャンダルなのか、というレベルの話でもあるわけですが、
道義的に問題があるレベルである場合だって想定でき、そうなると声優個人はおろか、
演じるキャラ、そしてコンテンツにも泥を塗る可能性は否定できない
、という事はあるでしょう。

何より、スキャンダルとしてもっと大きな、それこそ刑法にかかるような犯罪行為、
あるいはそこまでいかなくとも倫理的、道義的に問題のある行為は、間違いなく
声優個人を超えてキャラ、コンテンツにも悪影響をもたらす
、というのは想定できます。

もちろん普通に考えればそんなことはしないだろう、というのが前提でアイマスというコンテンツ、
あるいは声優とキャラが繋がるコンテンツは、というか世の中は成り立っているのも確かです。

しかしその「普通」こそ疑ってかからねばならない、と思えてしまうのが
今回のラブライブの「スキャンダル」であり、声優業界という「普通」では恐らくない業界の
抱える問題、そしてコンテンツにも繋がるリスクなんだと考えておく必要があるわけです


あるいは、スキャンダルでは全くない形、たとえば病気などで声優が続けられない、
キャラが演じられない、となったときに、どのような対処がなされるのか
、という話もあります。

病気ではありませんが、雪歩という前例があるのがアイマスでもあるわけですが、
あれはあのタイミングで、あの雰囲気だからこそ成立した話で、今は事情が異なります

仮にまた765の声優が誰か降りるとして、その後任がポッと出の新人声優となったとして、
どれほどの人が今受け入れられるでしょうか。あるいはベテランや人気声優であったとしても、
どう足掻いても風当たりは当時の雪歩の時以上で、うまくいくとは思えません。
そしてこれはシンデレラやミリオンにおいても、出番の多いメンバーについては
ほとんど同じようなことは言えるはずで、「交代」が極めてリスキーな状態なのは確か
でしょう。

逆にミリオンやシンデレラでロクに出番のないメンバーが声優交代となったならば、
前任者に対し「なんだったのあの人は」みたいな妙な空気感が出てくることも考えられます。

いずれにしても、「声優の人数が増えた」という事態はその声優の責任であろうがなかろうが、
「リスクを増やす」ことにもつながったわけで、こちらとしてはそれを覚悟する必要が以前より
求められているのです
。極端な話、数字の上ではラブライブの9人に対して、
765+ミリオンだけに限っても50人いる以上、リスクは本来5~6倍ある、という話ですからね。

誰もかれもが身が潔白な「聖人」であり、なおかつ無病息災の「健康」であると考えるほうが
難しいレベルの話でもあって、いつどのタイミングで何が起きても何らおかしくない

と身構えていたほうが良いくらいにも思えてきます。

もちろん事態が起きようものなら、その対処自体は「アイマス公式」がやる話なんですが、
それをどのように受け止めるのか、というのは我々ファン、Pに委ねられるわけですからね。

こんなことは今回の件が発生する前から想定することはできたし、
かといって想定したところで何がどうなるわけでもないんですが、
心の片隅にでも残しておいたほうがいい、ということを認識する良い機会だと思います。


最後に

まぁ色々と長い話になってしまったのですが、なんにしてもラブライブというコンテンツは、
アイマスにとって「良きライバル」であったと思いますし、
これからもそうであってほしい
、というくらいに思っています。

アイマスが成しえていない「紅白出演」、そして「東京ドームライブ」という夢、
それを先に達成されたことに対して、100%心の底から祝福できるかと言えば、
どうしても気持ちの上で難しい部分があるのも否定はしませんが、
それでも同じ二次元アイドルとして、そのルートを見出してくれたことには感謝したいです。

「二次元アイドル」を開拓したのは間違いなくアイマスだと思いますが、
それを一般層まで巻き込むに至ったのはラブライブ、それもまた事実だと思いますしね。

だからこれから先が茨の道にもなったかのようになった「サンシャイン」がどのように
歩むのか、ということについては引き続き注目はしていきたい
ですし、
今回のスキャンダルの件も決して他人事だと思わず、キャラクターだけではない、
生身の人間である声優を推しだしたコンテンツの宿命として受け止めたい
とも思います。


このラブライブの記事をまた書くかどうか、あるいはこの「その3」が3年近くぶりに
なったように、書くとしてもいつになるかもわかりません。「その4」を書く可能性、
それは全てはラブライブ、そしてアイマスの今後次第、というお話です。
関連記事

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です

ラブライブとアイマスの関係性については、何故ラブライブの人気が出たのか、なぜアイマスはこのレベルで爆発的な人気を得られないのか、という事を中心に私もここ2年ほど考察していました。
このテーマを考察する事により、アイマスの新しい道が見えてくるのではないか?と思えたからです。

私はラブライブのヒット要因に3つの要素があり、かつそれがシナジーを生んでいたという事が大きいと考えています。
若干トリプルデイPさんの考察とも内容が重なりますが...

・アニメ化時点での歴史の浅さ(手垢が殆どついていない)
・アニメの面白さ
・アニメ放送直後に完成度の高いスマートフォン向けゲームがリリースされた

アニメが面白いという事はコンテンツのヒット要因として最低限必要だったと思いますが、既にアイマスという二次元アイドルコンテンツがあるのに何故ラブライブに人が集中したかというと、「今からファンになっても間に合う・出遅れない」「アニメ以前の事をしる必要がほとんど無い」という感情を皆が持っていたからではないかと思います。
更にはメインとなるアニメが十分に面白い物であった上、アニメ終了後もファンを取りこぼさない様にゲーム性の高い基本無料ゲームをリリースするという隙の無さ。そのゲームも楽曲を知る事に大いに貢献しています。
恐らくこのシナジーにより、二次元アイドルに興味はあるがアイマスは知らなければならない事が多すぎるが故に参加に二の足を踏んでいた人達 (私は潜在的Pと命名してますが) は殆どラブライブに流れてしまったと思います。
そして居場所を見つけた人が多い以上、潜在的Pは既に少数なのではないかと思われます。

しかし765の場合はアニメは相当ヒットしたものの、ゲームは家庭用ゲーム機を所持している前提で、且つ、ソフトは8000円程という安くはない金額を払って初めてゲームがプレイ出来る状態。
当時はスマートフォン向けゲームが発展途上だったこともありますが、ゲームへ参入する敷居の高さ故に「アニメを見て終わり」という人が多かったのだと思います。

シンデレラガールズはラブライブと相当状況が似通っており、アニメの放送途中にしっかりとした基本無料ゲームをリリースしましたが、アニメの出来の優劣は置いておくとしてもラブライブ程アニメがヒットしなかった為にそこまでファンが着かなかったのではないかと思います。
勿論アニメが爆発的にヒットしなかったのは潜在的Pが既に少数であった事も理由の一つだと思われます。

となるとヒットさせる必要があるかどうかは置いておいて、ヒットするとしたらミリオンライブかSideMしか無いのですが、ミリオンライブはアニメ化したとしてもコンテンツ上どうしても765が絡む事で新規が入りにくく、アニメから入ったファンをガッチリ取り込むゲームがまだ存在していない以上やはり厳しそうです。
SideMは女性向けですので私はあまり知識がなくあまり語ることが出来ません...

私は既存の展開全てが消滅しても構わないから、アイマスという「概念」を100年後も残していく為にとにかく新規層に向けた展開を行っていって欲しいと考えていますが、その為にどうすれば良いのかというのをラブライブから学べればと思っています。
(ここに関してはトリプルデイPさんとは思想が異なりそうですね)

ま、現在の状況を含め、アクアがどういう未来を見せてくれるのかを楽しみにしたいと思います。

Posted at 00:43:56 2016/04/11 by 龍五P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

龍五Pさん

コメントありがとうございます。

ラブライブのヒット要因、そしてアイマスの伸び悩みについて、
私も今回の記事でも、あるいは「その2」でも書いていましたが、
やはり「潜在層」をラブライブが上手く拾いあげることができたのが大きいのでしょうね。

もちろん作品自体の良さ、展開のうまさあってのものだとも思いますが、
同時に運が良かったとも言えるし、「良いとこどり」をした、
なんて観方もできちゃいますけど。

なんにしてもμ'sが一応の終わりを見せた一方、
一方のアイマスは765が未だ健在、というのが現状ですし、
どちらもここから先どうしていくか、というのは当然大きなポイントですね。

アイマスという概念が100年続く、というのが理想かどうかは難しいですが、
「アイドルとプロデューサー」というフォーマットは汎用性も高いわけですし、
それだけ続く可能性もゼロではないのかもしれない、とは思います。

Posted at 22:19:56 2016/04/11 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

ラブライブヒットの要因は敷居の低さじゃないですかね
手の出しやすさってのはかなり重要。その点アイマスはかなり不利かなと。
それからスクフェス。
1期放送後に開始してアニメを見てない層も大量に取り込んでからの2期で爆発した感じですかね。

あと龍五Pさんへ
デレマスはラブライブ程ではないけどアニメ新規かなり入ってきてますよ
モバマスのアクティブが全盛期20万人だったのに対して
デレステは最大80万人、アニメ終わった今でも50万人以上います。
30万人以上新規が入ってきているし、BD、CD、特にデレステの売り上げは凄いです。
ビジネスで見ればデレアニは大成功かと

Posted at 20:30:38 2016/04/15 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

3番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

ラブライブがヒットしたのは、敷居が低いうちに認知が広がった、
ということもあるでしょうね。

アニメとスクフェスのタイミング(ともちろんクオリティも)が
非常に良かった、ということは間違いないと思います。

Posted at 00:13:23 2016/04/16 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

初めまして。興味深い内容だったのでコメントさせていただきたいと思います。
それはアニメの曲についてなのですが、以前からアイマスとラブライブにはスタンスに違いがあるなと感じていました。
あくまでどちらもアニメ曲での比較です。

まずOPについてですが、アイマスは歌詞に「マイク・衣装・グラビア・CM・リハーサル」等、アイドルに関連したワードが多く、歌っているのは”私”です。
対してラブライブははっきりとしない何かを目指していて、歌っているのは”僕ら”です。
まとめると、「アイドルの私が頑張ろうという歌」がアイマスで、「僕たちが頑張ろう」というのがラブライブだと思います。

EDや挿入歌についてはまとめ辛いですが、「等身大の私」がアイマスだと思います。この中にはアイドルである私や、恋愛関係もあります。また曲調も様々です。
ラブライブは「僕たちと青春」といったところでしょうか。アニメ曲は応援歌系が多く、恋愛系や尖った曲調のものはほぼありません。

総括すると”私”がいくつもの限定的な場面を様々に歌っているのがアイマスで、”僕ら”が青春の中で普遍的な何かを目指す応援歌がラブライブなのかと思います。
あくまで曲についてではありますが、ラブライブの歌詞が青春を匂わせながらも限定的では無かったからこそ、多くの人の共感を得たのでは無いでしょうか。

Posted at 22:59:57 2016/04/16 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

5番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

なるほど、歌詞の違いですか。そこはあまり考えていませんでした。
アニメ曲だけに限ってしまうと限定的な比較にも思えますが、
コンテンツとしてのスタンス、ということに直結する部分かもしれませんね。

ラブライブについては詳しく知りませんが、少なくともアイマスは代表曲として
「アイドルとしての私」という立場からの歌詞は少なからずありますし、
そのあたりの視聴者とアイドルの距離感が何かしら関係あるのかもしれません。

Posted at 23:57:29 2016/04/16 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

アイマスは純粋にアイドルの歌を歌っての新規の取り込みをしなかったんだと思います
それこそ歌詞の中に仕事についてのワードが入るということはプロデューサー目線の曲をアイドルに歌わせていると言う事です
これって一般的な三次で当てはめて考える秋元康がAKBに自分がしている仕事はこうなんだと歌わせているようなもので
そう考えると気持ち悪い部分じゃないでしょうか?
もちろんファン各々がプロデューサーという目線があるから成り立ってるしターゲットがプロデューサーだと明確なんですけど
それは初見で純粋にアイドルアニメに触れようと思った新規層に対しては余計なもので内輪のノリ全面に出してる感じで疎外感を受ける場合もある
アニメでのスタンスはアニマスからも言われてたように新規を取り込める作りじゃないというのは表題曲から見ても汲み取れる部分かもしれません
もちろん最初からプロデューサー目線になれる人もいてその目線は普通のファンより身内に思えるのですから全く失敗ではないですが

Posted at 18:46:08 2016/04/18 by

この記事へのコメント

kage

興味深い記事でした

私はラブライブ!については、楽曲をラジオでいくつか聞いたのとサブカルチャー関連のニュースを少々読んだくらいの知識しかありません。キャラの一部の名前がわかる程度です。(本文中のスキャンダルが何のことか実は知りません…。)
そのサブカル界隈でしばしば比較されるこれらのコンテンツについて、アイマスPであり自分の考えを丁寧に述べるトリプルデイPさんの意見は大変興味深いものでした。他のコンテンツでも良くできた部分はしっかり称賛し、愛するコンテンツでも問題点と思う箇所ははっきり批判するところがこのブログの素晴らしいところです。
ラブライブ!の展開・売り方が(おそらくアイマスより)上手であること、ご新規さんに優しいことがよくわかりました。またコンテンツの抱えるリスクの指摘はアイマス愛が特に伝わってきました。
自分がこの1年数ヶ月で(新規にあまり優しくない?)アイマスにハマったことが奇跡的だと改めて認識しました。もしラブライブ!に先に興味を持っていたら、そちらにはまっていたかも、と思わせる記事でした。
もし余裕あれば、アイマスと他コンテンツとの比較、もっと書いていただきたいと思います。
ちなみに私はけいおん!との比較妄想を個人的に行っています。けいおん!は原作漫画本編全4冊読んだ程度ですけど。

Posted at 23:21:37 2016/04/18 by アイマス知って1年以上

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

7番目のコメントの方

アイドルコンテンツにおいて歌は大事で、歌詞も大事ですが、
とはいえそれだけで新規が云々、
というのはごくごく限定的な話ではないかと思います。

まぁ私はもはや完全にアイマスの「内輪」に入り過ぎていて
客観性が消滅しているのでなんとも言い難いですが…。

Posted at 00:40:12 2016/04/19 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: 興味深い記事でした

アイマス知って1年以上さん

コメントありがとうございます。

スキャンダルそのものについてご存じないならそのままでいいと思いますが、
まぁ本文に書いているとおり、声優という生身の人間が大きな役割を担うコンテンツは、
ラブライブもアイマスもリスクは高い、という事だけは
頭の片隅に置いておいても損はない話なんじゃないかと思います。

そして仰る通り、このタイミングでアイマスにハマる方は決して多くないと思いますが、
そういう方にはもっとアイマスの色々を楽しんでいただけると嬉しい、
と先輩ヅラしたコメントになりますが、させていだきます…。

他コンテンツとの比較も、できるならばやるつもりはありますが、
けいおん!は私には難しいですね…一応アニメは2期とも観ましたけども…。

Posted at 00:45:45 2016/04/19 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。
非常に興味深い考察だと思いました。

私自身、時間、体力、財力などのリソースが限界だったことと、キャラクターの目がフランス人形みたいで怖かった事もあり敢えて興味を持たないようにしていました。
ラブライブは高校野球、アイマスはプロ野球的なものだと言う印象があり、通勤途中に見かけるデレステをやっている年齢層とスクフェスをやっている年齢層もきれいに別れているように思えます。
#スクフェスは高校生から20代、デレステは20代以降がメイン

ただ、最後のスキャンダルは解散には影響無いと思いますよ?
根拠は有りませんが。

本人が否定してるんだからそれでいいと思うのですがねえ…

Posted at 14:18:46 2016/04/19 by シンデレラからの新参P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

シンデレラからの新参Pさん

コメントありがとうございます。

もちろん二つのコンテンツを掛け持ちで応援している人もいるでしょうけど、
実際にはそれこそリソースの関係で両方を余すところなく、
というのは限りなく難しい話なのは確かでしょうね。
というかアイマスだけでもそれはもう不可能に近い話ですし。

スキャンダルについては、美少女コンテンツというのは
イメージ産業の権化みたいなものなので、極めて大事だと思います。
解散に影響があったかどうかは知りませんが。

「本人が否定」したところで周囲が騒いでしまったらもうアウトで、
残念ながら「それでいい」にはならないのが現実でしょう。

Posted at 00:08:10 2016/04/20 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

レスポンスありがとうございます

つも※にお返事ありがとうございます。
例のスキャンダル、ニュースで見てしまいました。本人が否定してもイメージ低下が避けられないこの業界の怖さを知りました。
私がけいおん!を比較対象とするのは単に、私が興味を持った(そしてハマらなかった)美少女コンテンツだからです。
なぜ私はけいおん!にハマらずアイマスにハマったか?考察した結果「コンテンツは出会い方も大事」の結論を得ました。
自称漫画通の私は、原作漫画だけ読んで、けいおん!をそれほどでもない作品と断じ、アニメやCDに手を出すことはありませんでした。この作品が、アニメ化され楽曲が付加されたことで大人気になったということが当時の私には理解できませんでした。
一方アイマスは初めに触れたのがアニメであり、キャラと楽曲の両方の魅力を初めから知ることができました。
もしアイマスに興味持った時点で最初に触れたのがぷちます!やアンソロジーコミックであったらアイマスにこんなにもハマることはなかったかもしれません。
個人的な比較妄想をすることで、アイマスに会えた喜びを噛みしめています。

Posted at 00:55:08 2016/04/28 by アイマス知って1年以上

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック