ミリオン3rdライブ 幕張公演1日目 ライブレポート その3

kage

2016/04/21 (Thu)

24.HELLO, YOUR ANGEL
諏訪小岩井

オリジナルの2人は「天使と女神」という印象ですが、この2人になると「姫と女王」になる
という構成で、これはこれで面白い構成だとも思いましたし、その見せ方を
しっかりと感じられたのは二人のパフォーマンスあってこそ、だとも思います。


25.HOME, SWEET FRIENDSHIP
渡部浜崎渡部

このツアーでここまで未披露で、だからこそ「リコッタ」の5人のうち3人が揃うここで
なんとしてでも、と期待していたわけで、それがそのままきて良かった、というのがまずあります。

そしてそれ以上に良かったのが、渡部さんがセンターとして他の二人を
引っ張るかのような力強いパフォーマンスを魅せてくれたことでした。

LTPでの初ステージ、私が見た全てのアイマス声優の中で最も緊張を感じさせた彼女が、
経験を重ね、ここでこれほどのパフォーマンスを、という姿には感無量としか言えません



26.Smiling Crescent
山崎麻倉

この曲もこのツアーで何度も披露されてきましたが、トロッコのおかげで新鮮味は
ありましたし、投げキッスで照れを見せる麻倉さんと余裕を感じさせる
山崎さん、という二人の違いを見せてくれたのも良かった
と思います。


27.Eternal Harmony
諏訪愛美

この曲もこのツアーでお預けを食らっていただけに、ここで「エターナルハーモニー」の
オリジナルの二人で、という形で良かったと思います。キャラとしては全く別のタイプの
二人ですが、だからこそのハーモニー、そこも見せ方として良かった
と思います。


28.Shooting Stars
雨宮藤井斉藤

福岡で「クレシェンドブルー」の4人で披露して圧巻のステージをやってしまった以上、
それを超えるには5人で、しかないわけで、どうするのやらと思っていたら、
平山さん抜きの3人で、というダウングレードではなく、解体して別のトリオで披露されました。

どうしても物足りなさを感じるダウングレードを避け、ソロ曲が爽やか系だった
斉藤さんにカッコいい系を、という試みも良かった
ですし、
それに見合ったパフォーマンスで、新鮮な凄み、というものを感じられて良かったです。


29.深層マーメイド
Machico渡部

名古屋では渡部さんとで披露されていた曲ですが、ここでは渡部さんと、ということで、
同じ苗字の二人をあえて掛けたのか…というのは定かではありませんが、
やはりまた違ったパフォーマンスとして仕上がっていたのは確かで、良かったとも思います。


30.Dreamscape
斉藤浜崎

LTDシリーズ最後の曲は、爽やかさ溢れ、前向きな良い意味で「ファイナル」を感じる曲。
周年ライブ初登場の二人が、花道を駆けてその世界観を表現、という形で、
「これまで」と「これから」を感じさせてくれる、素晴らしいステージだったと思います。


次が1日目のラストです。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック