ミリオン3rdライブツアー総括 声優編 後編

kage

2016/04/30 (Sat)

田所あずささん

「メイントリオ」の一角にしてミリオンの歌姫的立ち位置ですが、
今回のツアーにおいては登場がやや遅め、という事になりました。

パフォーマンスにおいてはその経験もあってか完成度が高く、
クオリティの高いものを今回も魅せてくれましたが、やはりその完成度ゆえの…
という物足りなさも大阪公演においては感じられたのも確かです。

しかし福岡の「Precious Grain」や幕張の「アライブファクター」などで
一皮むけた、という印象を確かに与えてくれ、非常に嬉しい限り

それでもまだ上はあるし、もっとやれると、そう期待もしています。

ベストステージ:アライブファクター(幕張2日目)


大関英里さん

私にとって「絶対無敵の№1」であることは揺るぎようもない事実。
今回のツアーにおいてもその存在は唯一無二であり、
パフォーマンスとしても素晴らしいものを魅せてくれたと、そうも思います。

けれども、彼女の無敵性が相対的には揺らぎかねない程に
他のメンバー達の存在も私の中で確立されてきた、という事実もまたあります。
しかしそこを突き放すくらいのものを彼女は持っているとも思いますし、
それを必ず魅せてくれると、心の底から信じています


ベストステージ:スマイルいちばん(大阪1日目)


山口立花子さん

セクシーさとキュートさ、その両面をキャラからも個人からも感じられる山口さんですが、
今ツアーにおいてその魅力をフルに感じる機会があったかというと中々難しいところに。

2ndで初めて見た時の刺激を超えるには及ばなかった、というのが率直な感想ですが、
しかしそれが一度出来たのならばまたできるはず、そう期待もしています。

ベストステージ:Sentimental Venus(幕張2日目)


上田麗奈さん

パワフルに、エネルギッシュに、それでいて可愛らしく、と隙無しにも思える上田さんですが、
今回はMCまで含めて、これまで以上に魅力的な姿を魅せてくれたと思います。

ソロ曲2曲がいずれも私の好みのタイプ、ということもあるのですが、
それを差し引いてもなおワクワクさせてくれる力がある曲、そしてパフォーマンスなのは
確かなはずで、それを今回も存分に魅せてくれた、という話です。

しかしこれが全てではないだろうし、また別の姿を、ということも期待していますし、
その期待に必ず応えてくれると、そう思える姿をこのツアーで魅せてくれました。

ベストステージ:ココロ☆エクササイズ(福岡)


角元明日香さん

周年ライブ初登場で、私も今回初めて観ることになった角元さん。
キュートでいて、それでいて力強い、というのが第一印象でしたが、
ソロ曲においてはまた別の側面を…ということも良かったと思います。

ただ、ポテンシャル的にはこんなものではないとも感じられましたし、
今回披露されなかったもう一曲のソロ等、更なる魅力を必ずどこかで、と期待しています。

ベストステージ:想いはCarnaval(大阪1日目)


駒形友梨さん

2ndで高い歌唱力で驚嘆させてくれた駒形さんですが、今回もその力量は変わらず。
やや緊張を感じさせつつも、それがプラスに働いていると、そうも感じるくらいです。

ただ一方で、綺麗にまとまり過ぎている感もなくはない、とも思えてしまいました。
「ファイナリスト」としての最後の公演に立った今回の経験を糧に、
そうした壁をぶち抜いてほしいですし、そう感じられるタイプの曲でも観てみたいものです。

ベストステージ:vivid color(幕張2日目)


野村香菜子さん

彼女も周年ライブ初登場、私も今回が初めて、となりましたが、千鶴さながらの
堂々たるパフォーマンスで、1公演の出演ながら強い印象を残してくれました。

しかし、だからこそもっと観たい、と物足りなさを感じてしまいましたし、
彼女自身のMCでの言葉が、願いが叶う、次なるステージでの活躍も期待しています

ベストステージ:恋心マスカレード(大阪1日目)


小笠原早紀さん

彼女もまた周年ライブ初登場…でしたが、直前のLTDイベントですでに観てはいました。
ただ、それでもやっぱり初っ端からの涙等、強烈なインパクトを残してくれたのは確かで、
本来は好きになれないタイプのソロ曲も、キャラ自身も、この日ばかりは印象が違いました

そしてこれまでのステージに立てなかった分を、これからのステージで取り返してほしい。
その機会さえあれば、この涙の先のパフォーマンスを、必ず見せてくれると思います。

ベストステージ:プリティ~~~ッ→ニャンニャンッ!(大阪2日目)


末柄里恵さん

今回のツアーでは1公演限りでしたが、彼女は2ndから既に登場済み、でもあります。
そしてその2ndでは「Sentimental Venus」で…となりましたが、そのリベンジの機会を
他の2人は得られたにもかかわらず彼女はここで得られなかった、それは残念極まりません。

しかしその機会がなくとも、彼女は彼女で、与えられた楽曲を完璧なまでに
魅せてくれましたし、こうなるとリベンジはいらない…とは言いませんが、
それとはまた別に、全く別のタイプの曲もぜひ
、と期待してやみません。

ベストステージ:Blue Symphony(大阪2日目)


戸田めぐみさん

2ndにも出演し、この3rdでは1公演だけ、というのは彼女も同様です。
「ダンサブルなキャラ」という属性が存在することは、最初から本人の力量が
考慮されているであろう「歌が上手い」よりも厳しいハードルかもしれませんし、
それを実際のパフォーマンスで表現する、というのは困難だとも思います。

けれども戸田さんは、飛び抜けてダンサブルなパフォーマンスはなくとも、
飛び抜けてパワフルで力強い歌声、という形でそれを最大限に表現してくれました


そしてそのパワーはもっと色々な曲でも映えると思うし、
それを魅せて、聴かせて欲しいと、そうも思いました。

ベストステージ:Melody in scape(大阪2日目)


種田梨沙さん

1st以来の周年ライブとなりましたが、琴葉さながらの凛とした
美しい姿は今回も変わらず、ということで、綺麗なパフォーマンスを魅せてくれました。

しかしそれだけでなく、もっと突き抜けた姿を魅せても欲しかったし、
それには1公演だけではやっぱり物足りなかった…
ということで、
次なる機会に、更なるパフォーマンスを、と期待しています。

ベストステージ:Understand? Understand!(福岡)


田村奈央さん

周年ライブ初登場ですが、私としてはLTPとLTHのイベントで…という田村さん。
LTHきっての名曲だと思っている「りんごのマーチ」が来なかったのは残念ですが、
私にとって大きかったLTPイベント以来の「あのね、聞いてほしいことがあるんだ」を
ここで再び、というのはそれはそれで嬉しかったですし、涙を含めてのパフォーマンスも、
ここはこれで良かった
と、そう思っています。

けれどもこれは最初の一歩。ここから先、涙を超えてのパフォーマンス、
きっともっといいもになるし、それが観てみたいと、そう思っています。

ベストステージ:あのね、聞いてほしいことがあるんだ(福岡)


中村温姫さん

彼女も周年ライブ初登場ですが、私としては直近のLTDで…という形になりました。
独特のワードセンスのキャラで、それを生かしてのソロ曲、という事で難しいところも
あったかと思いますが、それを見事に表現して見せたのは流石、とも思えました。

しかし彼女にはそれ以上のポテンシャルがあるようにも感じたし、
更なるステージで、更なる飛躍を、と期待しています。

ベストステージ:STEREOPHONIC ISOTONIC(福岡)


平山笑美さん

彼女もまた周年ライブ初登場、のはずなのですが、
まるで1stからずっと出演しているかのような堂々たるパフォーマンスで、
その力量にはただただ圧倒されるばかりでした。

その力がダイレクトに感じられるソロ曲も素晴らしかったですが、
何より強者揃いのはずの「Shooting Stars」において他のメンバーを
引っ張るかのような凄みさえ感じられたのは衝撃的
でした。

今後どれほどのものを魅せてくれるのか、楽しみでなりません。

ベストステージ:Shooting Stars(福岡)


阿部里果さん

彼女もまた周年ライブ初登場、でしたが、「乙女ストーム」の最後の一人として、
そしてアイルのトリオの一角として、幕張1日目、どころかツアー全体のキモとも呼べた
楽曲のキーパーソンとして活躍を見せ、素晴らしいの一言しかありません


その分ソロのパンチがやや欠けてしまったとも感じましたが、
しかしそれほどまでに他でのインパクトが強かったわけです。
ならば次はソロで…とも期待しています。

ベストステージ:アイル(幕張1日目)


小岩井ことりさん

2ndの初登場ソロステージがあまりにも衝撃的だった彼女ですが、
今回はその衝撃的なパフォーマンスに加え、よりバリエーション豊かな姿を
魅せてくれ、非常に嬉しくも感じられました。

独特の世界観で他を圧倒するオーラはまさに朋花そのもので、
この世界をもっと観てみたい、感じさせてほしい、そう期待しています。

ベストステージ:鳥籠スクリプチュア(幕張1日目)


斉藤佑圭さん

周年ライブ初登場でしたが、緊張というものも特に感じさせず、さながらの
爽やかさ溢れるパフォーマンスをしっかりと魅せてくれ、非常に良いステージだったと思います。

ただ、曲者揃いの幕張1日目においてはその爽やかさ故、パンチが欠けてしまった感も
ありましたし、次の機会にはぜひとも豪快なホームランを放つような活躍を
魅せてほしい
し、それはできるはず、と今回のステージからはそうも思えました。

ベストステージ:Dreamscape(幕張1日目)


浜崎奈々さん

周年ライブが初などころか、LTイベントすら出演無し、で最後の一人となった浜崎さん。
いかなる姿を魅せてくれるのか、と思っていたら「求ム VS マイ・フューチャー」で
とんでもないものを魅せてくれ、良い意味で衝撃を与えてくれました。

これが最初の一歩なら、これから先はどうなってしまうのか…と思えるくらいに
素晴らしかった最後の、最初のステージ


これまで出番がなかった分を、これから取り返してくれること、
そしてそこで更なる輝きを魅せてくれること、多大に期待しています。

ベストステージ:求ム VS マイ・フューチャー(幕張1日目)


ということで37人分書くとやっぱりとんでもなく長くなってしまいました。
基本的には経験豊富なメンバーに厳しく、浅いメンバーには緩く、
となるのは当然というか必然にもなってしまうのですが、
これほどまでに経験差が生まれてしまったミリオンでは仕方のない事でしょう。

ここでやっと37人が揃ったとはいえ、その差が埋まったわけでもなんでもないのが
実情ですが、それぞれが、それぞれの立場から、次のステージへ、
具体的には、4thライブへ、更なるステップアップをしてくれると期待しています


ということで次回はその4thも含めての新情報についてです。
関連記事

この記事へのコメント

kage

当方北上さん担当なのですが、平山さんが福岡のみと知った時残念でした
もっと色々なプロデューサーさん達に平山さんの凄さ(ついでに北上さんの魅力にも)を知ってもらえるチャンスと思っていただけにです

しかし当日は圧倒的なパフォーマンスを見せてくれて、トリプルデイさんもかかれているように、SSsの他の名だたる経験豊富なメンバーを引っ張るかのような姿は、何故か自分が誇らしくなったものでした
欲を言えばFIND YOUR WIND!を聴きたかったのですが、それは贅沢というものでしょう

是非とも武道館では完成型で更に進化したSSsを観たいものです

Posted at 00:04:26 2016/05/01 by まるとP

この記事へのコメント

kage

総括お疲れ様です。
各個人に向けたそれぞれの感想と期待参考になります。私も全て褒めるスタイルは好ましくないので、いい総括だと思います。

まず個人的に贔屓の小岩井さんですが、前回から緊張が大分抜け色んなひょうじを魅せてくれて現地でうるっときました。たしかな成長を感じました。

初参加組とツアー経験者(非常連)では、
二番目に贔屓の平山さん。ソロ一番目やshooting starsを見て、キャラ同然の高いパフォーマンスを魅せてもらいました。他では、被りますが稲川さん、渡部さん、野村さんが初参加組で印象です。
ライブ経験者組は、前出の小岩井さんに加え上田さんや大関さんが変わったなと感じました。

さて常連組について、新しい楽曲とともに一皮敗れたmachicoさんが印象でした。いわゆる信号機組は、今回同様にいわゆるプッシュがあるはずで、その機会がある面かなり有利で、彼女たちならまたレベルアップすると思います。
心配なのは、アイマス以外のライブを多く経験し、いわゆる完成されている方ですかね。
管理人さんと大分被りますが、信号機組みたいに多分大きなプッシュ要素はないので、いわゆるどこでインパクトを出せるかがという風に感じました。

Posted at 11:36:13 2016/05/01 by 花火P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

まるとPさん

コメントありがとうございます。

平山さんは本当に周年ライブ初登場とは思えないくらい凄かったですね。
1公演だけの出演が本当に惜しいと思います。

武道館で5人揃っての「Shooting Stars」、是非とも期待したいですね。

Posted at 21:17:17 2016/05/01 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

花火Pさん

コメントありがとうございます。

初参加メンバーと常連メンバーでは前提が違うわけですし、
私としても求めるものはやっぱり変わってきちゃいますね。

特に常連メンバーは既に完成度が高くなっているために、
伸びしろがどれだけあるのか、というのがポイントになってきますが、
ソロ新曲とかがあればまた変わってくるはず、とも期待しています。

Posted at 21:20:09 2016/05/01 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック