MONACAフェス2016 ライブレポート 前編

kage

2016/05/04 (Wed)

先日こちらのイベントに参加してきたのでそのレポートを書きたいと思います。


「MONACAフェス」とは

多くのアニメソングを制作している有限会社MONACAによる音楽フェスで、
「2016」とタイトルがついていますが、今回初めて開催されたイベントです。

出演者としてMONACAのクリエイター、そしてゲストとして二次元アイドルコンテンツの
声優等が…ということで、その中にアイマス、765のメンバーも含まれていました。

具体的にはアイマスは765が4人、シンデレラが3人で、765の内訳は下田さん、
さん、沼倉さん、そして長谷川さん、というメンツとなっていて、
ここで長谷川さんがライブに復帰、というのがアイマス的には非常に大きなトピックスです。

アイマスも以前から単独ではない、アニメ系フェスイベントに参加はしていましたが、
私としてはそういったものには基本的に参加しておらず、今回もそれほど…
最初は思っていたのですが、長谷川さんの復帰という目玉があり、「765不足」にも苛まれて、
という形でダメ元で応募したら、見事に当選した
、という結果になったのです。

会場の「大宮ソニックシティ 大ホール」はキャパ2500と決して大きくはない…
というか出演メンバー的には明らかに不足、という感じだったのですが、
まぁ運が良かった、としか言いようがない結果で参加することができました。

参加にあたっての目当てはもちろん765、長谷川さんでしたが、
同じくゲストのアイカツとはどんなものなのか、WUGはどんな感じなのか、というのも
合わせて観られる、ということもあり、そこにも期待して臨む形になりました。


物販

とまぁそういう気持ちで臨みましたが、当日はニコニコ超会議もあり、
それを家で観ていた、ということもあって会場入りはかなり遅い時間になりました。

しかし昼から販売が開始していた物販は、そもそも種類が少ないとはいえ
全て残っている、という形で何も苦労することなく、パンフレットが購入できました


11年やっているコンテンツがあのザマで、初開催のイベントがこれ、というのは…
どちらかが極端に無能なのか、どちらかが極端に有能なのか…
恐らくその両方なんだと思いますが、ともかく何も問題はありませんでした。

ただ肝心のパンフレットの中身が…クリエイターの座談会がメインなのは当然としても、
ゲスト出演者のページが微妙過ぎる対談等が少しあるだけで、
そもそも今回の出演者が誰であるかすらちゃんと書いていない、という始末。
これをパンフレットと呼んでいいのか、決して安くない価格でこれなのか…
という感じで、物販在庫の「量」が良くても、その「質」がダメだった、という感じ。
量も質も、というのはそんなに両立が大変な事なんですかね…。


開場

とにかく、イベント自体はやや定刻より遅れながらも無事開場し、
アイマス同様にフラワースタンドが飾られた廊下を通って自分の席へ向かいました。

今回の席は、購入時点から「S席」「A席」とされていて、
倍率を考慮してA席を私は選んだのですが、まぁ案の定…という感じの席に。
ただ、会場のつくりが劇場型、ということでどこであってもきちんと見える
という形でしたし、自分の席からは遠いとはいえ全体がしっかり見えるので問題なしでした。

そしてそのステージには、告知されていた通り生バンドの機材が用意されていて…
という感じで、MONACO楽曲をBGMに、開幕を待つばかりになりました。


オープニング

1.READY!!
(アイドルマスター)

フェスという形式、どのように始まるのかと思っていたらトップバッターで
765プロが登場し、この曲を、という形になりました。

今回、衣装については「懐かしいもの」とされていましたが、
7thライブの共通衣装「プリマコンツェルト」を身にまとった4人が登場。

当然注目は長谷川さんになりましたが、欠場以前と何ら変わりない
キレのあるフリを魅せてくれ
、この曲で最高のオープニングを、という、
衣装同様の7th再現、とも呼べるものを魅せてくれて感無量でしたし、
テンションも一気に最高潮まであげていくことができました。


2.7 Girls War
(Wake Up, Girls!)

続いて連続でこの曲に、となったので

WUGについてはアニメを見てたりもするので、この曲は知っていましたし、
これがここで来るのは必然、というのもわかりました。

今回4人体制の765に比べると7人というのはやはり多く感じ、
またその7人での息の合った、動きの大きいパフォーマンスを、
というのはアイマスではない形で新鮮味は抜群
でした。


3.Star!!
(シンデレラガールズ)

この流れなら当然シンデレラもこの曲で、ということになりました。
今回の出演者は3人、と少数ながらも安定感のあるパフォーマンスだったと思います。


4.アイドル活動!
(アイカツ!)

今回出演の4作品の中で唯一全く何の知識もないのがこのアイカツ。
2ユニット合同で開幕曲、となりましたが、その2ユニットの関係もまるで知りません。
この曲で印象的だったのは、アイマス以上に「アイドル」そのものといえるキラキラ衣装、
舞台狭しと思える大人数でのパフォーマンスでのボリューム感
、でした。


挨拶

4曲、4チームのお披露目となるオープニングが終わったところで
MONACA代表の岡部氏が開幕宣言をし、ここから各作品ごとのコーナーに入りました。


続きます。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック