アイドルマスター ミリオンライブ! 4巻

kage

2016/07/17 (Sun)

新しい未来が生まれる



第15話 素敵なキセキ
第16話 同じ歩幅でどこまでいこう
第17話 今日と明日の狭間で
第18話 もっと届きますように
第19話 Believe our change!


ミリオンコミカライズの第4巻は新章突入。
表紙通りの「メイントリオ」の関係性や、それぞれの成長について描かれ、
クライマックスの近さを否が応でも感じさせる展開となっていきます。


第15話 素敵なキセキ

CDデビューが決まった未来がそのレコーディングに挑む、という話。
当然のごとく最初からうまくはいかない未来に対し、アイドルとして一歩先輩である
静香の姿が対照的にも見られるように描かれますが、
静香がまるでプロデューサーかのような手腕を発揮する、というシーンも…。
それを受けてのレコーディングシーンも非常に印象的に描かれ、
未来のアイドルとしての大きな一歩を感じられるものとなっています。


第16話 同じ歩幅でどこまでいこう

未来静香の共通の新衣装が用意され、ユニット結成かとはしゃぐ3人。
琴葉恵美エレナの先輩トリオの話も聞き、ますますモチベーションが上がる三人でしたが、
プロデューサーからの発表は…。特に未来にはショックなものでしたが、
静香の励ましもあり、それぞれが新たな一歩を踏み出します



第17話 今日と明日の狭間で

アイドルフェスに新ユニットで挑むことになり、寝る間も惜しんで準備する静香ですが、
ユニット内では能力にばらつきがあり…と劇場版を髣髴とさせる展開
それでも、今度は静香が逆に未来からのエールを受けたり、星梨花
自分なりに追いつこうという姿勢を見せるなど、それぞれのステップアップを見せます。
そんな彼女たちの激しいレッスンシーンを目撃した未来は…。


第18話 もっと届きますように

アイドルフェスには参加しない未来は、同じく新人アイドルである美也エミリー
ともにCDの手渡しイベントに参加することに。初々しさの溢れる4人ですが、
それぞれがそれぞれにアイドルとしての目標があったりなかったり…という事もあり、
「アイドルとは」という本質的な部分について触れるシーンともなっています。
そして迎えたお渡し会当日、やたらとキレイなファン層…なのはともかくとして、
見事に成功をおさめ、そしてさらに次のステップへと挑むことを決めます。


第19話 Believe our change!

小さな遊園地でのイベントに挑む未来ら新人4人と、アイドルフェスに挑む静香達、
それぞれの挑戦が描かれる話。舞台の大きさが違えども、それぞれにとって大きな一歩として、
その心境や丁寧に描かれます。また、3巻での逞しさとは全く逆のジュリアの姿等、
他のアイドル達の魅力も描かれるシーンも。そしてアイドルフェスでは、野外フェスお約束の
雨がポツポツと降りはじめる中、いよいよ静香達がステージへ…



この4巻で中心として描かれるのは未来静香の3人ですが、とりわけ未来静香
クローズアップされており、その成長物語としての完成度は非常に高いです。
しかしそれだけでなく、志保恵美ジュリアエミリーなど、37人という視点で見れば
限られてはいますが、個性がしっかりと見て取れる描写があるメンバーも複数おり、
万人が満足できずとも、ミリオンのメディア展開の一角としては十分な描写となっています。

限定版には、表紙通りの「クレシェンドブルー」の5人の新曲「Flooding」と、ら5人の
「Vault That Borderline!」が収録。「Flooding」は「Shooting Stars」同様のカッコいい系の
ハード曲、ということで新鮮味は薄い
ですが、ストーリー的にはぴったりの一曲で、
5巻への期待を高めてくれるものとなっています。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック