「アイドルマスター プラチナスターズ」 発売直前!

kage

2016/07/27 (Wed)

さて、いよいよ「アイドルマスター プラチナスターズ」の発売が明日となりました。
先日のニコ生で発表された情報と、最後まで発表されなかった情報、
そして私のプレー、つまりはプロデュース方針を記したいと思います。


ダウンロードコンテンツについて

DLC自体については前々から発表されていましたが、先日のニコ生において、
追加情報として「DLライブ」なるイベントについて発表されました。



設定された条件を大成功でクリアすると次のライブへと進むことができ、
全ライブを大成功でクリアするとDLライブ専用の新衣装をGETする事が出来る、
とのことなんですが、要はソシャゲ等での「イベント」的な扱いなんでしょう。
まぁ期間限定配信でもないようで、どちらかというと、有料無料の違いはあれど、
アイマスチャンネル(もはや懐かしい)的なものなのかもしれませんが…。

まぁこれによってゲーム自体が長く楽しめるならそれに越したことはないでしょうが、
「やることは結局一緒(ライブ=音ゲー)じゃん」と、いう「マンネリ化」だけは
避けてほしいところ。
…まぁそれも避けられそうになさそうですが…。


「発表されなかった情報」について

もう発売は明日に迫っているわけですが、今一つのその実感がないのは、
発表されている情報の薄さ、というものも無関係ではないのかもしれません。

OFAのときは「13人」であることとともに、大々的に「エンドレス」であることが
打ち出されていましたが、今作はそのあたりについて全く触れられておらず、
ゲームとしての実態がまるでつかめない
、ということになっているからです。

ただ、「L4U+SF」とも言われている通り、「本格プロデュースゲーム」ではなく、
「言うまでもなくエンドレス」なタイプのゲームと考えるべきなのかもしれません。

とは言え、「週」の概念はあるようで、また「レベル」「ランク」「ステータス」があるため、
「本格~」と同様に考えてしまいがちなんですが…この辺りのバランス感はいかに、ですね。

まぁ、発売前に発表されてた情報としては「薄い」としか思えないんですが、
ペラッペラだったL4UやMSの二の舞…なんてことだけはないと願いたいものです。


私のプロデュース方針

結局のところ、どういうゲームなのか実態がつかめていないため、
真美からプロデュースするんだ!」と意気込んだOFAのように「どうする」というのは
何も言うことができない、というのが現状になってきます。

「同時にプロデュース」ができるゲームではあるようですし、レベルの概念もあるようなので、
OFA同様に「皆バランス良く」という風にやるようにはなるのかな、とは思いますが…。

まぁなにはともあれ、OFAから約2年ぶりとなる「完全新作」(MSなんてなかった)
新ハード、「PS4」という新たな舞台での彼女たちの活躍に胸躍る事に変わりはあません。

結局PVをいくら見てもモデルの違和感は拭えず、特に顔の造形については
相当厳しく感じていますが、大事なのはグラフィックではなくて彼女たち自身
です。

一昨年から続く「765不足」が一時的なものであるのかどうかは未だに判然としませんが、
どうあれ久々のビッグタイトル、新たな物語、これ以上のものは望みようもありません。

数多の物語を経てもなお、新たな、プラチナのような輝きを彼女達なら魅せてくれるはず。
やっと当たり前のようになってくれた「13人」の物語であることを改めて噛みしめつつ、
彼女たちの輝きをさらに眩くするために、私も全力でこのゲームでプロデュースします。

関連記事

この記事へのコメント

kage

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 22:20:44 2016/07/31 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

SSAPさん

確かにコミュは薄いですが、最初からそういうゲームだと発表はされていたわけで、
私としてはむしろ思っていたよりは厚く感じたくらいでした。

その他諸々私の印象は次の記事にまとめていますので、
よろしければそちらもどうぞよろしくお願いします。

Posted at 22:49:27 2016/07/31 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック