SideM 秋月涼の声優発表!

kage

2016/08/08 (Mon)

SideMについては過去3回記事を書いていて、1回目はゲーム自体が配信されたとき
2回目は声優やCD発売が発表されたとき、そして3回目は秋月涼の参加が発表されたときでした。

4回目となった今回は、3回目と直結する話であり、そしてSideM内だけではなく、
アイマスというコンテンツの根幹にも大きなインパクトを与えるトピック
である、
この「秋月涼の声優発表」というものについて触れることになります。


秋月涼とは



「アイドルマスターDS」にて登場したアイドルで、男性でありながら女性的な魅力を
持っており、「イケメンになりたい」との願いで876プロに入りますが、
社長の意向で女性アイドルとしてデビューすることになり…という物語が描かれました。

その特殊なキャラクター性は万人に好まれるものではなかったかもしれませんが、
DSにおいては良質な物語に恵まれたこともあり、「男性アイドル」という異質性を
持ちつつも、概ねプロデューサーたちからは受け入れられる存在でもありました。

しかし肝心の876の展開が短命に終わったことで、絵理ともども出番がなく…
という期間が長く続きましたが、SideMというアイマスの新展開によりその出番を得、
晴れて男性アイドルとして、「プロデュース可アイドル」として表舞台に返ってきたわけです。


声優発表決定について

ただ、そのSideMにおいては、アイドルの登場と声優の決定(発表)が同時に行われる
ものではなく、DS同様に、男性アイドルでありながら女性声優である三瓶由布子さんが務めるのか、
それとも別の男性声優が務めるのか、というのが不透明な状態が続いていました。

しかしこの度、DSからそのまま三瓶さんが続投、ということが発表され、
他のメンバーが全て男性声優である中で、紅一点として一人、男性アイドルを演じる女性声優として
今後活躍していく、ということが発表されたわけです。

のSideM参加からこの声優発表までのブランク、というのは、SideM内での声優決定(発表)を
順番に行っていた結果であり、彼(というべきか彼女と言うべきか)だけが特別扱いを受けた、
というわけではありません。しかし、このがSideMに参加する、ということが決定する時点では
三瓶さんでいく、ということは確定していたと考えるのが妥当だとは思いますし、
それこそ、途中参加であったではありますが、タイトル立ち上がり前から参加が内定していて、
その時点からこうなるところまで準備していた、としても驚くべきではないのかもしれません


最初は「ジュピター」というアドバルーンがあったわけで、そこにを被せるのは話題性としては
もったいないし、時期をずらして、インパクトをしっかりと残す、という役割が、彼には
タイトルの戦略上あったのかも
しれません。実際、その役割も実際担うことができたわけですしね。


男性アイドルを女性声優が務めるという意義

DS時点の話でいえば、「アイドル」=「女性アイドル」であったアイマスの世界においては、
が男性というイレギュラー性があったとしても、女性声優である三瓶さんが務めたのは
自然な事であったし、むしろそこで男性声優、なんて選択肢はなかったのは確かでしょう。

しかし言わずもがな、現在のSideMにおいては男性アイドルがいて、当然のごとくその声優は
男性が、ということになっているわけです。そしてそれは「ショタ系キャラ」においても
例外はない、という状況を続けていたわけですが、それをここでは覆す、ということになりました。

このこと自体については、不満らしい不満の声は私には少なくとも見えないし、
歓迎、称賛の声ばかりに感じられ、その公式の判断は「正解」でまず間違いはないのでしょう


「声優交代」という話はいかなるときでもネガティブなイメージがつくのは必至ですし、
実際にアイマスでの前例は「仕方のなかった」1例だけです。
今回も、その前例とは別の意味で「仕方のない」事態と考えることもできましたが、
しかしそうはならず、また別の「前例」を生み出すに至ることになったわけです。
アイドルと声優の性別が異なる、という前例を、ですね。

そしてその前例は、そのままアイマスにとって大きな展開の一つである「声優のライブ」にも
適応されることになり、三瓶さんはSideMの2ndライブへの参加も発表されました。

これについても歓迎、称賛の声ばかり…という状態であり、「失敗」となるイメージが
現状ではまったくできません。男性声優ファンである女性客たちは、イベントにおいて、
男性声優と共演する女性声優へ冷たい対応をする、というのが一般的に言われますが、
今回についてはそれが起きるとは全く思えない状況となっているわけです。

それはもちろん、秋月涼の声優は三瓶さんであるという事実はDS時点で生まれていたからで、
秋月涼」のこれまでの物語を背負ってきたのが彼女であるのならば、
それをそのまま適応させる、ということが最も妥当な形なのは当然だから
でもありますし、
SideMの女性P達もそれは当然了解済みであろうはずだから、ということでもあります。

また、三瓶さん個人のパーソナリティーというのも無関係ではないと思いますし、
あるいは彼女が既婚者で、子持ちである、という事実もまた無関係ではないかもしれません。

例えば、私にはこれが戸松さんや花澤さんでも全く同じ状況になったか、というと
そうとはあまり思えませんし、これは三瓶さんが三瓶さんであるからこそ実現した状況で、
公式側としても「いける」と判断出来る材料で、条件だった
とも考えられます。

もちろん、ライブにおいては他の男性声優と肩を並べるパフォーマンスが求められるわけで、
その難易度が低いとも思えませんが、それが「できる」と本人側も、公式側も判断したからこそ
この決断が下されているはずです。ならばそれを信じ、彼女の勇姿を2ndライブで括目する、
ということがSideMのPとしては求められる状況なんではないかと私は思います。
まぁ私はいずれにしても会場はもちろん、LVでも観覧する予定はないのですが。


合同ライブへの影響

ということで、SideM内で完結する話であるのならば、私には直接関係のない話なんですが、
そうとは言い切れない、というかそうとは思えない、というのが今回のトピックでもあります。

三瓶さんの2ndライブ参加という実績、前例が「女性アイドル(声優)と男性アイドル(声優)」
の共演、というこれまでは破られることがなかったハードルが崩される突破口になる、
と考えるのはごく自然な話
であり、むしろそれが狙いでをSideMに出した、
とすら考えてもおかしくはない
、そういう話になってくるからです。

その合同ライブは、少なくとも大型のものは2016年内に開かれる可能性は流石に事実上ゼロだと
思いますが、2017年には…と考えるのは不自然ではないと思えます。
765が17年1月に大型イベントを行うわけですが、その年のうちにまた765の大型ライブを…
というのには少し無理があり、むしろ夏場に2年ぶりの大型合同ライブを、という
形になるのが最もベーシックな形にすら思えるのが今のアイマスの状況でもあります。

そしてそこでの大きなトピックスとして、「初の合同」でも「10周年」でもないのならば、
「初の男女合同」が掲げられて、SideMも参戦…とするのもおかしくはなく思える
のです。

この「男女合同」については公式側も否定的な発言を以前はしていましたが、
SideM内において「前例」を作ることでそれはもう過去のものとして捨て去り、
ここで新たな話題作りに走る、ということは十分すぎるほどあり得るでしょう。

「混ぜるな危険」と抜かしながら結局「混ぜろかき回せ」にシフトしたシンデレラという
前例もあるわけで、公式の発言は短期的にはともかく中長期的には全く意味をなさない

というのがアイマスのお決まりにもなっていますからね。

もし実際それが実現したら、もちろん批判の声も上がるでしょうが、
恐らくはそれ以上に歓迎の声が上がる、それが現在のアイマスの状況
、私にはそう思えます。

そうなったのは公式側の巧みな戦略の賜物…と言えば聞こえはいいですが、
まぁ「盲目の狂信者」をうまいこと増やすことに成功したから、という言い方もできるでしょう。

それはさておき、私としては「男女混合」なんてものはNG、というのは前々から述べている通りで、
もしこれが実現するのならば、当然「批判の声」をあげる側につくことになります。

「見たいもの」を見るために「見たくないもの」も同時に見せられるという苦行を強いられる、
ということが喜ばしい事であるはずがないわけで、そこに対して声をあげるのは、
プロデューサーとして、ファンとして、消費者として当然の権利
だとも思うからです。

「最初から一緒」のミリオンはともかく、シンデレラも、SideMも、単独でやっていればいい話。
この「混ぜるな」という私のスタンスは一貫して変わることはありません。


別の可能性

ということで、の声優を三瓶さんが続投、というのは、一歩離れてみれば喜ばしい事で
あるものの、実際に自分に関係してくることを考えると、悩ましい問題にもなってしまうわけです。

しかし今回の発表が生んだ可能性はそれだけではない、そうも思っています。
その可能性というのは、「876プロの新展開」というものです。

315プロに所属することになったではありますが、876との兼任、という形でもあるようで、
やりようによっては、というかお得意のパラレルならいくらでも876の展開は描けるはずでしょう。

もちろん、DSの製作スタッフがバンナムから去った、という大きな問題は変わらないでしょうが、
今回のトピックによりDSが再注目を集めることにより、需要の声がかつてなく大きくなれば、
それに合わせてのなんらかの供給が行われる、という可能性は十分ある
からです。

となれば、それは私にとっては望ましい事であるし、歓迎すべきことでもあります。
765程ではありませんが、876については私は好意的に受け止め、楽しんできましたしね。

だから私としては、ネガティブな可能性ばかりを危惧するのではなくて、
こうしたポジティブな可能性をまずは期待したい、そう思っています。
ネガティブな可能性のほうが正直実現可能性が高い、そうも感じるのが実際ですが、
それはもうそれが来た時に対応するほかないわけです。

「可能性を生み出しただけでアウト」が特におかしいとも思いませんが、
「可能性を生み出したことがホープ」というのもまた一つの事実
、そうも私は思っています。
関連記事

この記事へのコメント

kage

声帯発表、ご存じだったんですか、てっきりsideMには興味ないと思っていたので知らないだろうなと思っていました

Posted at 23:36:32 2016/08/08 by

この記事へのコメント

kage

予想どおりですがやはり合同の心配しますよね。トリプルデイさんとしては…

ただ「タイトル立ち上がり前から参加が内定」というのは確実に無かったですよ。
なにしろたった3人で作り始めて、SideMのプロデューサーが「涼を出したい」と石原Pに提案して、「女性アイドルの中のオトコ」を涼を扱いかねていたこともあり、その先のストーリーを提供することができるならと送りだした……といういきさつですから
熱意と愛情が繋いでくれた糸であり、DSからのPである私はそれにとても感謝しています。まあ見ない人には「ふぅん」で終わってしまう話でしかないですが…ほんとにギリギリでやってきたんですよSideM。

その重みを感じて感謝できること、この感動と興奮がないまぜになった最高の気分を感じることができるのはSideMのPしか持てないものだったと胸を張れます

それこそ展開に涼の再起を含めるなら、ミリデレに愛、絵理を連動して出す、ぐらいのことはしたと思いますしね。

いや正直ワケ生でDS組の3人が映されたのはとてつもなくうれしかったです。シンデレラでもミリオンでも無く、SideMがそれをやったのです。ミリオンのやられ役としての背景キャラではなく、こうしたアイドル達がいてその延長線上にアイマスの展開があったと。
その歴史を語り、繋いでくれたのは誰であろう315プロダクションだったんです。
今アイマスの来し方と、その未来を示しているのはSideMだとそう思うほどでした。

私は最初は合同なんてしなくていい派でしたが、気持ちが変わってきています。
……「増やされた狂信者」と言われるかもしれませんが、デレミリエムと歩んできて、そこで生まれた情もあり、熱意と執念が生んだドラマのそのパワーも感じてきました。辛い時に彼・彼女らに心を助けてもらったことも確かにあります。
それを「盲目の狂信者」と呼ばれるなら、それで結構。本望です。
本当に感動させられた身でプロデューサーであることを冷ややかに否定するのは自分にはできません。決して。それはアイドル達、そこに限りない愛を注いでくれた演者さんへの裏切りだとも思いますから

そのアイドル達だったら。愛すべき演者さん達だったら。
私は合同には意を挟みません。信じられるからです。というか見たいのです。
よしんば批判するとなっても、みんなでやる合同なのですから、特定のコンテンツだけに敵意を向けるという破廉恥なことはしません。

叩くとしたら影響力・求心力の無くなった765のていたらくを、
新コンテンツの嚆矢となったシンデレラを、
765との癒着激しいミリオンを、
男という最大の不純物であるSideMを、
単独でライブの機会を持てない876を、
すべて叩きます。自分の中ではせめてフェアでありたいですから。(もちろん他の人にはこの主義を強制するつもりはないです)

……というか、そもそも情勢が変われば方針は変えるでしょう。そうしなきゃ企業として阿呆です。
逆説的に言えば、全合同をやるとなったら受け入れられる様にP達の感情が変わってきた時なんでしょうね。アウトも3回重ねればチェンジになるとどこかで見ましたが、言い得て妙ですね。

しかし声を上げるなら。その義憤の先が無辜のコンテンツそのものであるならば。私も反対意見を持つのPとして、反論を試みるだろうなと思います。
といっても、合同うんぬんは嫌悪感と恐怖感と不信感が先走ってる感がありますし、シンデレラ、765、SideM、ミリオンのライブラッシュが終わってから展開を読まなきゃ何とも言えない状況ですけれど…。

長々と大変失礼しました。なんにせよ世界が繋がる感動を今回の秋月涼の声帯実装からは与えられました。

ちなみに今回声帯が付いたのは涼だけでなく、F-LAGSみんなです。
いいユニットですよ。
心に秘密と影を抱えながら、自分の人生を歩み出そうとする人間のあがきがあります。
傷をなめ合うのでなく、手を取り合って足並みそろえて個々がちゃんとアイドルをひたむきにがんばる、気持ちのいい繋がりを持ったユニットなんです。
(黙殺されてるので秋月涼のユニットを少し知ってほしくて書きました)

Posted at 00:47:52 2016/08/09 by 秋夜

この記事へのコメント

kage

「見たくないもの」があると知りながら見に行って「見たくないものを見せられた!」というのはいささか御門違いではないでしょうか。

Posted at 12:10:42 2016/08/09 by

この記事へのコメント

kage

SideMのP目線でのコメント失礼します。
涼参戦時「合同にSideMをとなった時に三瓶さんが出れば解決する」といったようなことをおっしゃってて正直かなりもやもやしていました。
率直に言って「SideMには興味ないけど三瓶さんのステージは見たいからSideMを代表してきましたって言えばPも納得するし俺らも涼ちんだけ見れるしいいじゃん」という風な考えにしか見えなくて(申し訳ないです)今回合同に関して否定の姿勢で居て下さることが嬉しいです。
また、本当にごくわずかな人なんでしょうが今回に便乗して「愛を765、絵理をシンデレラにいれて全部で合同やって感動の再会うんぬん」「SideMがアニメ化したら涼ちん主役で」と315プロや他の作品を踏み台かなにかと思っている一部のPには若干ひいています。

声優を交代させなかったのは本当に正解だと思います。とはいえトリプルデイPさんのおっしゃったように「三瓶さんだからこそ」というのはあると思います。少なからず戸松さん、花澤さんだったら賛否両論だっただろうなと思います。

SideMでは踊らないという選択肢はありませんと声優側に伝えられているそうですが、どうなるのか今から楽しみです。一応補足しておくと出るか出ないかは別として2ndの前にお渡し会とリリイベがあるのでそこがSideMでの初舞台になるのでしょうか。
涼ちん自身の問題では全くないのですが、これで2ndの倍率があがるのかなと思うと少し怖いです…。

Posted at 16:14:10 2016/08/09 by A子

この記事へのコメント

kage

涼がsideMに行ったと言うことは、涼の曲はランティスから出ることになり、876を再起動させるとすればやはりコロンビアから曲を出すことになります。でも、私は876が単独で再起動するとは考えにくく、765もしくはシンデレラにくっつけるのでは無いかと考えています。

765にくっけるよりシンデレラにくっつけて、シンデレラ自体をチーム別けするのではないか?と考えています。発想が斜め過ぎると自分でも思いますが常に斜めに展開してきたのもアイマスですから。

チームをニュージェネを軸としたもの、ニューウェーブを軸にしたものそして、DSを軸にしたものに再編する。全体ではシンデレラガールズでありながらそれぞれのチームとしても活動する。その為に876を使うんじゃないですかね?

Posted at 18:54:37 2016/08/09 by

この記事へのコメント

kage

以前からちょくちょく読ませてはいただいてましたが、コメントを書き込むのは初めましてになります。

「可能性を生み出しただけでアウト」については(性別関係なく)複数のアイドルを1つのゲームに登場させた時点で成立してしまうのではと思っているので、いまだにふわふわして良くわからない物言いだな、という感じではあります。
特に私のような百合好きのPからするとそうなりますねw
「あなたが(おそらく男性の)Pですよ」というアーケード時代から続くゲームデザインの不快さと比べれば些細な話でしょ、という切り捨て方になってしまいます。

おそらく合同ライブ一般に対して最も忌避感があるのはシンデレラのPかもしれませんね。
10thでやたらと765を立てたことへの不満はちょくちょく目にします。(私はあの敬意の示し方で良かったんだと思ってますが、同時に「ヨイショ」に対する白けた気分も無いとは言えません)

涼の声については本当に良かったな、と思います。
「だったらショタっ子も女性で良かったのでは」みたいな意見も目にしましたし、女性であること自体への抵抗はそれほどないのかな、と期待しています。
いわゆる女性向けコンテンツは、ショタもの中心に女性声優の出番があるものもありますから、男性声優の出る幕がない男性向けコンテンツとは客の意識が多少違う、両者は対称の関係に無いんだろうな、という気はしています。
たまに百合を描く腐女子はいても、薔薇を描く百合厨はいませんからね・・・。(それは関係ない)

最後に「盲目の狂信者」という表現が藁人形叩きで無ければよいな、と願います。

Posted at 19:50:06 2016/08/09 by たいがー

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

秋夜さん

>SideMのプロデューサーが「涼を出したい」と石原Pに提案して
のくだりがどのタイミングだったかによっては「内定」でもおかしくはないと思いますが…
正式リリース後だったら「内定」ではないのは間違いないですね。

>みんなでやる合同なのですから、特定のコンテンツだけに敵意を向けるという破廉恥なこと
というのは良くわかりません。自分の好きなものは好き、嫌いなものは嫌い、ということが
破廉恥だとは全く思えませんし、一つ叩くなら全部叩く、ということの妥当性は見えません。
あなたにとってそれがフェアだというのならばあなたにとっては妥当なんだとは思いますが。

いずれにしても、合同なんてしなくていい派だったあなたの意思が変わった、
というのならば、まさにバンナムの戦略が上手くいっている証拠だと思いますし、
非常に参考になりました。ありがとうございます。

ちなみに「F-LAGS」の他メンバーに触れていないのは、
他ユニットについて触れていないのと同じなだけです、あくまでも。
涼だけが例外、ということですね。

Posted at 22:14:50 2016/08/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

3番目のコメントの方

見に行く前の、発表、ないし決定される前の話をしています。

Posted at 22:15:34 2016/08/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

A子さん

涼発表時の私のその記事については、私がそれが観たい、ということではなくて、
あの時点で公式がSideMを絡ませる形でやるのならばそれしかない、
という意味合いで書いたものでした。
うまく伝わっていなかったようですね…。

SideMのPからすれば、876のために踏み台に使われるのは面白くないのは
当然でしょうが、876のPからすればそれくらいしか希望が持てない、
というのも現状なわけで…難しいところだとは思います。

Posted at 22:23:47 2016/08/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

5番目のコメントの方

876をシンデレラに吸収させ、チーム分け、ですか…。
もちろん可能性はゼロではないと思いますが、
この期に及んでそんなことをするメリットもあまりないような気もします…。

まぁメリットとか度外視してるとしか思えない展開をするのが
バンナムでもあるのは確かだとも思いますけどね。

Posted at 22:26:10 2016/08/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

たいがーさん

「可能性を生み出しただけでアウト」は別に公式の発言でもないわけですし、
絶対的な意味のあるものでもなく、自由に受け取れるものだと私は考えています。
だからふわふわしていて当然かと。

「ショタキャラが女性声優でも」という声もあったようですが、
それこそそれは男性P(ファン)が快く思いはしないんじゃないかと思います。
あくまでも涼だけだから、三瓶さんだけだから、という条件だからこそ、
今回の発表は大多数が歓迎することになったのだと。

Posted at 22:32:50 2016/08/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

5番目のコメントのものです。
メリットと言うか、書き足らなかったのですが、あれは再アニメ化を前提に考えています。

シンデレラはアイドルの数が膨大で一回のアニメで終わらせるとアニメに出ていないもしくはアニメで喋らないアイドルが大量に出ます。
最低でも後2回はアニメ化が必要だとすると、その中心となるユニットが最低でも2つは必要なのではないか?と言う考えから来ています。
単独では動かしにくいから涼をsideMへ移籍させたんだとすれば、876としても移籍するのではないか?シンデレラなら中心ユニットとして活躍できる場があるし、以前トリプディ氏も言っていたようにシンデレラならライブに出ていない(多分でない)キャストもいますし765より活動しやすいとおもうのですが。

Posted at 23:15:46 2016/08/09 by

この記事へのコメント

kage

年少の男性キャラを女性が演じるのは一般的に良くあることだと思うので(実際男性が演じるのは大変ですよね。ニコ生を見る限り演者の方々は頑張ってましたがw)、男性Pが快く思わないというのは良くわからない話です。
気にする人がいるにしても「(先のコメントで述べたように実は少数ではないかと思っていますが)女性声優をステージで見なくちゃならなくなるような展開は勘弁して」な女性Pが主であるような気が・・・。
それとも男性キャラを女性が演じるということ自体が嫌なのだ、という人が実はたくさんいるということでしょうか。

運営に対して伝えたいこととしては「大事なのはsideMであって876は二の次である」という点をきっちり抑えてほしい、という一点に尽きますね。
876はあわよくば以上を望むべきではないだろう、と。
踏み台にされることを危惧する方の気持ちはわかるような気がします。

しつこくて申し訳ありません。

Posted at 01:34:15 2016/08/10 by たいがー

この記事へのコメント

kage

うまく伝わりませんでしたね。
嫌いだったら嫌いでいいんですよ。ただその発露である行為・言動が理不尽なものであれば、とばっちりで叩いているだけで、アンフェア極まりないことだと考えるのです。
「嫌いな合同ライブをやった」罪科は構造的に参加した全コンテンツにあるはずで、その場合コンテンツを批判するなら全てに責があるとしなければおかしいのですよ。あるいは、全コンテンツを許しバンナムの意向のみを叩くかです。

男女合同が万一決まった時、例えば765側は責めずにSideMだけ批判するのは理不尽でしかないので。そのような理不尽こそを破廉恥と申しました。
厳密に事実を見ず、不当な物言いをするのは客観的に不当かつアンフェアですから。
嫌いなものは嫌いでいいですが、その精神の自由を盾にどんな発言をしてもいいと考えるのが破廉恥ということですね。

いえ。トリプルデイさんがそんな言いがかりのようなことをするとは思いません。こちらも不安からくる発言です。
ただ、以前トリプルデイさんの、「混ぜるな危険を裸足でぶち抜いてきたシンデレラ」、というような物言いを拝見したことがありまして、「あれ? 混ぜたのは765側でもあるはずだろ?」と、と感じたことがあったので。牽制を兼ねて申しあげました。

涼については立ち上げ時点では内定はしてなかったみたいですね。ガミPは涼をどこかで出したいとずっと思っていたようですが…w

ただ東京ドームを埋めるとしたら、全合同くらいしかないんじゃないかと時々思います。

Posted at 12:53:37 2016/08/10 by 秋夜

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

12番目のコメントの方

再アニメ化、ですか。
なら尚の事876単独のほうが可能性があるような…。
まぁ妄想を膨らますのも楽しみ方の一つだと思いますし、
そういう考え方もあってもいいのかもしれませんね。

Posted at 22:17:39 2016/08/10 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

たいがーさん

男性Pが快く思わない、というのは、男女混合となること自体であったり、
「いやシンデレラに回せよ」だったり、という事です。
涼=三瓶さんはそんな声を上げさせない、例外中の例外だと私は思っています。

>「大事なのはsideMであって876は二の次である」
というのはSideMPの言い分にすぎず、876Pからは逆でしょう…。
876があわよくば以上を望むことが悪いとは私は思いません。

ただ今回の発表は、「SideMの涼」という話なので、
とにかくそちらをきちんとやってくれ、というのはわかりますけどね。

Posted at 22:23:34 2016/08/10 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

秋夜さん

嫌な「合同ライブ」を開催する責があるのはバンナムにほかならず、
だから責めるべきなのはバンナム、これは揺るぎない事実でしょう。

この事とタイトルの好き嫌いと言うのは別の話で、
「好きだけど合同をやったから叩く」なんて理不尽なことはしなくていいはずです。
「SideMが嫌いなのに大好きな765と一緒にしやがってバンナムの馬鹿野郎」というような話でいいでしょう。

>混ぜたのは765側でもあるはず
というのも物は言いようですが、先に765があったわけですから、
後付けで混ざってきたのはやっぱりシンデレラなわけです。
もちろん混ぜたのはバンナムなんですが。

Posted at 22:31:18 2016/08/10 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

すべてが好きだからこそ、一つだけに責を負わせるのはそれこそ理不尽になると言う話なんです。
自分が嫌いなものに全コンテンツが参加したのなら、その批判はどれか一つになすりつけられるものではありませんから。
幸いにして、私は合同を待ちわびる立場ですし、万一あれば全コンテンツをより好きになれるだろうと確信して期待していますが。

逆に…
あえて言わせていただくなら、バンナムに責があると知悉しておいて、なおシンデレラ側だけに暴言じみた言い草をなさる方が理不尽で、理があるとは到底思えません、私は。
嫌いであっても、そのことと「裸足でぶち抜いてきた」とシンデレラを悪しざまに評する妥当性とはまったく別の話ですからね。「混ぜろ掻き回せ」なんて直截的な言説自体がシンデレラ側からでた事実ももちろんないですし…

765の方に優位性があって無辜だとし、混ざってきたのはそっちだという意識であったとしても、バンナムに責があると分かっていたらこの場合シンデレラはとばっちりでしかないでしょう。
むしろ先行優位性があるなら決定権はどちらかと言えば765側なんじゃないかと思いもしますし…「シンデレラを入れた」んですから。
無論トリプルデイさんの中では正当性のある発言だと思われているのでしょうが、その文章は強く疑念を持たせるものでした。

それにトリプルデイさんはSideMを こちらが迷惑だと思うことはしないで 好きにやってくれという立場で、合同方針があった途端に嫌いになるということでした。
(その場合「嫌いなSideMといっしょにするな」という理屈は因果がずれていますが)
そもそもそれも「好きだけど合同をやったから叩く」のとまったく同じくらい傍から見たら理不尽なものだろうと思いますよ。
そんなんで嫌いになられても知らんがな…って感じでしょう。


合同があるにせよ、それは新年からの765のプロデューサーミーティングを待って、 これからのアイマスがどうなるか765側の言葉で推測していくしかないでしょうね…
そこでの765ファンの反応とその熱量は方針を測る一つの尺度ではあるはずですし、「見極める」だけではなく「こっちに動かしてやる!」ぐらいの気持ちが765Pには求められる状況なのかな、と思います。

盲目か。排他か。どちらがいいという問題でも無いのでしょうが、お互いに誇りを持てているのならばいいジャンルですね。アイマスは

Posted at 17:03:11 2016/08/12 by 秋夜

この記事へのコメント

kage

合同の部分ですが
一つだけ言うならばトリプルデイP氏が嫌いなのは致し方無いし
ここ(アイマスタジアムというブログ)はトリプルデイP氏のブログである以上嫌いだ嫌だとココで述べる事自体は勿論自由だと思います。
ただそれを歓迎している層を「盲目の狂信者」というレッテル貼りとも取りかねない表現をするのは非常に不快な思いを致しましたし撤回するべきと主張します。

その人達にはその人達なりに「これがアイマスだ!」という線があり、それに準じて評価を行ってます。
それは今回の秋月涼のキャスティング絶賛然り、プラチナスターズの酷評然りです。

もちろん氏がSideMは氏のアイマスの基準から外れたものでありアイマスと認めないというのであればそれは致し方無いでしょう。
貴方に無理やり迎合する人達のアイマスや私のアイマスを押し付けるのは間違いです。
それ自体を認めないと主張するのも(少なくとも氏のブログであるここでは)もちろん自由です。

しかしその迎合する人達を“盲信者”という暴言で括り嘲るのであれば私は貴方を見損ないましたし非難します。

Posted at 22:33:37 2016/08/13 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

秋夜さん

全てが好きで、合同が望ましいなら何も責めることはないでしょう。
全てが好きで、でも合同が嫌ならバンナムを責める、それだけのはずです。

そして合同を望まない私としては、「望まない主要因」であるシンデレラを
そのように扱うバンナムを責める、それだけの話です。

なにやら各タイトルとバンナムを切り離してお考えのようですが、
言うまでもなくタイトルとバンナムの関係は一蓮托生なんですよ。
私が「シンデレラが~」と単にいうときは、そのタイトルの性質を差すことも
ありますが(といかその場合のほうが多いとも思いますが)、
タイトルを扱うバンナムの事を指す場合もあるわけです。
「シンデレラガールズ」というタイトル自体に意志があるわけではないのですから。

また、SideMについては
>合同方針があった途端に嫌いになる
なんてことでは全くないので、もう一度過去の記事をご確認くださいね。

Posted at 22:56:34 2016/08/13 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

19番目のコメントの方

私は合同を歓迎している人すべてを「盲目の狂信者」とは呼んでいません。
また、私はSideMをアイマスの意順から外れたものだとも、
アイマスと認めないとも思っていません。

強い言葉を使っているのは確かですが、だからといって書いていないことを妄想され、
それを元に非難されるというのは、私としては心外ですね。

Posted at 23:03:07 2016/08/13 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

私も少し文章に引っ掛かりを覚えたので、書き込ませていただきます

>>もし実際それが実現したら、もちろん批判の声も上がるでしょうが、
>>恐らくはそれ以上に歓迎の声が上がる、それが現在のアイマスの状況、私にはそう思えます。

>>そうなったのは公式側の巧みな戦略の賜物…と言えば聞こえはいいですが、
>>まぁ「盲目の狂信者」をうまいこと増やすことに成功したから、という言い方もできるでしょう。

この前後の文と「盲目の狂信者」というワードに引っかかる人もいると思います
勿論トリプルデイ氏が「男女の合同ライブを望む層」全てが「盲目の狂信者」であると断定しているわけでないことはわかります。とはいえ実際公式の展開により男女の垣根を超えたアイマスの合流を望むPを揶揄した、悪く言えば挑発するような一文になっているのではないでしょうか
けん制する意図がないにしろ、せめて配慮した注釈があってもよろしいかと


個人的には合同にやや賛成、しかし実現にはまだ早すぎるという見解です
まだ公式による交流があまりにも少なすぎるが故の反発の声もあると思うので、ラジオなりイベントによるコラボ等で様子を見る必要があると思います
幸いにもsideMPであったり担当声優と親交のあるガールズも存在しているので、そうした人選から着手していくのではないかと

Posted at 14:56:54 2016/08/15 by rao

この記事へのコメント

kage

実は管理人さんと、近い考えと危惧がありましたのでコメントします。
箱マスからの765ミリPです。
合同はもういらない派で、2014はミリデレも仲間、2015は10周年お祝い兼ねましたが、次は男女合同?これは悪手しかないですね。

デレステやsideMから入った人の多くはバンナム公式が正と考える人が多いですが、まああんまり調子づかせてはいけないと思います。

シンデレラ、765、ミリオン、sideMとそれぞれ活動すればが理想です。個人的にはミリオンに765ゲストはあり(同じプロダクションですから)

バンナムの全方面から搾取しようとするために、みんなまとめてアイドルマスター という陳腐な文句にら乗せられてるのが危険な感じもします。
なんでもかんでも節操なく合同ライブ、イベントはさけるのが各コンテンツの意義を考えないといいなりのプロデューサーというお客さんになりさがります。

ゲームやCDもライブ特典つければ低品質でも売れる、みたいな図式の現実がらやや怖いと感じます。

Posted at 02:09:31 2016/08/16 by 花火

この記事へのコメント

kage

Twitterで涼ちんの三瓶さん続投についてブンケイさんも喜んでいらしたので個人的には876の新展開も少しだけ期待してたりしてます。

Posted at 02:27:48 2016/08/16 by 瑞菜

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

raoさん

「盲目の狂信者」というワードに引っかかる人というのは、
少なからず自覚症状がある人なのではないかと私は思っています。
「自分は違う」と完全に思えていたら引っかかりもしないわけですし。

その上で、そういう自覚症状がある人たちというのは、
私からすれば揶揄の対象にはなりうるわけです。

そういう人たちが多くいることは、私としては望ましい状態ではないわけですからね。

Posted at 21:46:00 2016/08/16 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

花火さん

バンナムからすれば当然全展開に全ての客が金を落とせるだけ落としてくれるのが
理想なわけですし、それを求めるのはビジネスとしては間違っていないとは思います。

ただ、その姿勢を隠そうともしないバンナムに嫌悪を感じるか否か、
というあたりでも「合同」に対する感触も変わってくるのかもしれませんね。

Posted at 21:50:29 2016/08/16 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

「SideMを混ぜることの良し悪し」を考えるなら

興味深い記事及び※です。
※欄の中にシンデレラPの中にも混ぜることをよく思わない人がいると書かれていて少し意外に思いました。シンデレラPで他の展開に興味ない人もわりといるのですね。
私は現時点では765以外はまだあまり知らないので混ぜることの可否は何とも言えませんが、私がアイドルマスターに興味湧くきっかけとなった事前情報の1つは「ライバル役のイケメンアイドルが登場すること」でした。もしこのことを知らなかったら2年弱前の私はアニマスに関心を持たなかったかもしれません。美少女コンテンツにイケメンの存在は必須と思っていた人間、女性アイドルと男性アイドルの絡みがあると聞いて釣られた者がここにいます。
トリプルデイP氏は765にSideMだけでなくミリデレを混ぜることにも反対ということは理解していますが、SideMだけ混ぜるの反対のひとに聞いてほしいなと思って※しました。

Posted at 23:46:34 2016/08/17 by アイマス知って1年半ちょい

この記事へのコメント

kage

返信ありがとうございます。
批判の対象はバンナムのみを指しているのですね。そんな気はしてましたが。ではやはり書き方が悪かろうと思います…
シンデレラ側のみに責があるような書き方(「裸足で踏みにじってきた」かのような主語をシンデレラに置いた暴言)は、バンナムではなくコンテンツそのものを批判しているようにしか見えないので…

過去記事を読んでみましたが、合同展開があったら批判の対象になる。とのことでした。これはSideMをそのように動かしたバンナムを批判してやるぜー!ということなのでしょうね
では「嫌いなSideMといっしょにするな」という言葉はどのタイミングの言葉なのか、トリプルデイさんそのものの意見ではなく単なる例なのか、この記事と返信を読む分には判断しようがありません。

あと…レッテルを張って揶揄するのは世界を恨んだ人の精神衛生管理法なので率直に、ちょっと危険に思います。
アイマスの展開に憤ることが多いのは事実だから、こうした忠言は聞けないと思われるかもしれませんが…私は合同を忌避する姿勢そのものを批判しませんし、そのような人を「狭量で無反省で自分の中で敵を大きくしすぎた病膏肓の原理主義者め」などと言うことはありません。
人それぞれでありながらの「団結」だとトリプルデイさん自身もおっしゃっていたのですから。そのそれぞれを否定するような揶揄の為に使うのは…初心を忘れてしまわれておられるのでは…
アイマスPでなく、765ファンの同志として懸念いたします。

Posted at 20:55:17 2016/08/19 by 秋夜

この記事へのコメント

kage

んー、私は別に合同はあればあるで盛り上がるだろうな、程度にしか思ってませんでしたが。「盲目の狂信者」なんて表現をするトリプルデイさんの方に嫌悪感が湧きました。
ひどい性格をしているな、と見えちゃいますよ。

>その上で、そういう自覚症状がある人たちというのは、
>私からすれば揶揄の対象にはなりうるわけです。

揶揄するんですね。“にはなりうる”、と大分幅を持たせた保身の手腕も見えますが……コメント欄を加味して考えると
これ反論者には「ほら、怒ったってことはお前にも狂信者の素質ありだ」って言う姿勢でしかないじゃないですか
単純化・矮小化し相手の真剣な意見を台無しにし、その説得力を薄めることができるこの方法は確かに最強で精神が安定しますが、これはあくまで紛議の技であって、誠実な受け答えではありませんよ!

本心で無いならやめるべきです。傍から見てそうした表現をする時は配慮も注釈も要ります。

理屈を後付けしても、言い草の端々から、自分と違う意見の人をバカにしても構わないという性根が見えるというか…なんだろう、この理屈で悪意ある思想を糊塗した感じ。修正……するのかな

Posted at 21:11:30 2016/08/19 by トロトロデイ

この記事へのコメント

kage

なんか卑怯なポジションだな、と思えてしました。いけないというわけではないけれど。自分はアイマスPでなく765ファンであるのでしょう、と過去公言した身でありながら合同賛成の空気が出てきたら狂信者が増えたなどと…
私はおおむね765・876・ミリデレM差はあれどぜんぶ触れてきています。765のみのファンではないという時点でトリプルデイさんとっては多少なりとも蔑視の対象となってしまうかもしれませんが…

触れてきた中でアイドル達のあるいは演者さん達の個性、それぞれの楽曲を披露した時の対比、興奮を自然に夢想する時があります。
合同があったとしても拝金主義のみのためであるわけはありませんからね。(ファンミで765はこれ以上単体ではやれないなんて宣言でもないかぎり…)
そもそもゲーム会社が単体収支では赤字確実のライブを開催してくれている、という点はもはやアイマスではシステムの一つとして組み込まれて自然なことになってしまっていますが、そこには善意と営為があることを忘れてはならないでしょう。展開にも人の愛や熱意があるのに、正直今回はオイオイと思ってしまいました。
腰が軽く、安易に思考停止で賛同してる人だけが賛成してるわけじゃありませんよ

あと、すいません! 確認させてください!
876ホントに好きですか? どれくらい好きですか? 印象的な営業はなんですか? 涼Bランクエンドを踏まえたうえでの315プロの再出発について感じるものはありますか?
876から入った身としては、876後のストーリーでもあるF-LAGSそのものに注目してないコトを含め、トリプルデイさん自信がどの程度好きなのかわからないです
今回876の展開には期待する、と言いつつ「あのストーリーが好きで今度はこういう展開が見たい!」といった熱が先だってないのが気になってしまいました。なんかアリバイ作りのように好きだと言われているような気がして、扱いにもやもやが…めんどくさいですがすいません、お願いします。
そこまで好きでもないというならそれでいいです。

Posted at 02:02:03 2016/08/20 by 876からのP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

秋夜さん

SideMについて私がアレコレこれまで言っていないのは、このタイトルがこれまでは
「アイマス」の名を冠しながらも、765等と直接的な絡みがないに等しかったが故、
実質別のシリーズ、として私の中では位置づけていたからになります。

例えば私が「けいおん」を嫌いだったとして(別に嫌いじゃないですが)、
それをこのブログでわざわざ取り上げて批判的な内容を書くかと言うと、
そんなことはしない、というのと同じくらい、「別モノ」と捉えていました。

しかし合同なんてやれば否が応でも「アイマス」として見る必要がでるわけで、
そしたらやっぱりそれについてこのブログで書こうと思うようになる、ということです。


また、私は「盲目の狂信者」という言葉を使ってはいますが、別にそれが悪い事だとは
言っていません。私からすればそう見える立ち位置の人たち、というだけですから。
人によって考え方が違うのは当たり前で、アイマスにおいてもそれは当然です。

Posted at 19:11:17 2016/08/20 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

トロトロデイさん

私はこのブログにおいては常に本心を書いております。
「単純化・矮小化し相手の真剣な意見を台無しに」も「理屈を後付け」もしていません。

勝手にもっともらしい妄想を膨らまし、誠実がどうこうともっともらしく諭そうとする
あなたこそ、私からすればひどい性格をしているな、と見えますよ。

Posted at 19:14:09 2016/08/20 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

876からのPさん

>765のみのファンではないという時点でトリプルデイさんとっては多少なりとも蔑視の対象となってしまうかもしれませんが…
いや全くなりませんけども。

>そもそもゲーム会社が単体収支では赤字確実のライブを開催してくれている
これのソースは何かあるんでしょうか?仮に単体収支で赤字だったとしてもやっているのは、
コンテンツ全体で見れば黒字になるからなんでしょうし、営為はあれど善意は関係ないでしょう。

876がどれくらい好きか、と言われても答えようのない質問となりますが、
過去の記事を見てください、というほかありません。
まぁ765未満であることは確かですね。

876についてはDSにおいて物語が完成され過ぎているので、何をどう期待する、
というのは非常に難しいところですが、3DSでリメイクという手もありますし、
それに伴ってCD新シリーズとかがあればそれは嬉しく思いますよ。

あと、「○○が好きなら××も好きなはず」みたいな発想は
非常に稚拙に私には思えます。876が好きでも、たとえそこから涼が移籍したとしても、
それですぐさまSideMが好きになんてならないんですよ。

Posted at 19:26:33 2016/08/20 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

返信ありがとうございます。

トリプルデイさんはバンナムの展開には善意は無いと断じてしまっているのですね。それは私の観点とは違うので、私から見ればもう感謝の気持ちを忘れてしまわれた人と評せざるを得ません。悪いこととは言ってませんよ。
あとDSについての過去の記事では概論のようで熱意そのものを測れなかったから質問いたしました。
あと
「○○が好きなら××も好きなはず」みたいな発想なんてまったくしてないし、それと涼が来たからすぐさまSideMを好きになるべきなどということは一切言ってないから、勝手に決めつけるようなねつ造は心外ですね。よくお読みください
あくまであなたがどれほど熱意を持った「好き」なのかが見えてこなかったという話ですので…

Posted at 15:41:19 2016/08/21 by 876からのP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

876からのPさん

バンナムは慈善事業をやっているのではなくてビジネスをやっているのですよ。
もちろん「ファンサービス」と呼べる部分がないとは言いませんが、
それも結局イメージ戦略の一環なわけですし、あくまでも利益が第一でしょう。
もしあなたがバンナムの役員で、「我々は慈善事業をやっている」と言い切るなら別ですが…。

「876後のストーリーでもあるF-LAGSそのものに注目してないコト」なんて仰っている時点で
「○○が好きなら××も好きなはず」という視点になっていると私には感じました。
「好き」の形なんていくらでもあるわけですが、私からすれば876、というか涼はそんな形での
「好き」な存在ではない、という事になります。

Posted at 20:44:37 2016/08/21 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

そのように感じられたのですか…なら、そうですか、と言うしかないですけども。
私は別にいろんな好きがあっていいと思ってますし、こうであるべきなどという押しつけはしていませんから悲しい勘違いをされたようです。
もしかしたら押しつけてくるに決まっているという先入観のようなものがあなたの中にはあり、それが今回の解釈に繋がった…ということもあるかもしれませんね

F-LAGSをどのように捉えているかで、876に対する熱量は測れる部分もあるので、そこが気になっただけですよ。
しかし返信とそのおっしゃりようを含め、今回の記事を書いたトリプルデイさんの876に対する熱意はどの程度か、その本当のところが大分わかったような気がします。ありがとうございました。

「我々は慈善事業をやっている」というのは極論を言われているな、と思いました。(あえてオーバーに言った自覚は無論おありだと思いますが)
企業だから利益を求めるのは当然でしょう。そしてまた、そこに愛や善意が介在しないかどうかというのは別論です。
アイマスを作ってくれていることへの感謝を持ち続けようと思うのですね、私は
違うところはそこでしょうか
いや、楽曲を発売と同時にDLCとかはアコギだと言いますよ
ただ文句を言い続けて公式を敵視しかできなくなるようにはなりたくないなと思ってます。
私にとってアイマスは敵視したくはないものということ、ですね。

Posted at 23:09:06 2016/08/22 by 876からのP

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 08:25:48 2016/10/14 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

管理人コメントの方

あなたが仰る通りのような意見もあるわけですし、
需要はあまりにも多岐に渡り過ぎて、全ての人が満足できる展開はもうないでしょう。

その状況下で、普通は多数派に合わせてくるはずですが、とはいえ必ずしもそうと言えないのが
バンナムでもあり、今後どうなるかはわかりませんね。

Posted at 22:44:40 2016/10/15 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック