アイドルマスター プラチナスターズ 総括 前編

kage

2016/09/08 (Thu)

今回はプラチナスターズについていくつかの観点から総括的にまとめます。


ゲーム概要

ps4_1.jpg

「PS4版アイマス」として数年前からその発売だけは予告されていたものが、
同じく数年前に商標登録されていた「プラチナスターズ」のタイトルを引っ提げて発売、
となった今作。OFAに続いての「765プロの13人」の物語はもう望めまい、
と思っていたところを良い意味で裏切ってくれた作品
でもありました。

しかしその実態は「L4U」+「SF」と予告されていた通り、中身は相当に薄く、
それでいてガワだけは「進化」しており、かつUIや構成がOFAに近い、ということから
悪い意味で勘違いを引き起こしやすい作品
になってしまった、ということもあります。

それこそL4Uのような、見るからにチンケな構成になっていれば逆に良かったものの、
半端に「本格プロデュース感」を煽るゲームデザインになっているのが仇となった、
という感じ。要するに、中身があまりにも薄すぎる、というのが今作の致命的な点であり、
そしてそれが全て
、と言えてしまう、そんな作品と私は感じてしまいました。


グラフィック

ps4_2.jpg

10thでのPV時点からずっと違和感があって、それが発売直前まで続いていましたが、
実際にゲームをプレーしてみればその違和感は解消されて…というのは「雑感その1」
書いた通り。結局のところ「慣れ」が非常に大事なんだと思います。

だからといって今作のヴァリアブルトゥーンが、2やOFAのセンシティブトゥーンより
魅力的、とは全く思えない
、というのが実際のところで、要はやっぱり「慣れ」ただけです。

また、せっかくの新ビジュアルも、ステージ・私服ともに衣装のバリエーションが
異様に少ないことで全く生かせていない、というのもあり、残念極まりない話。

モーションによる「いつもの」感を感じられたのは良かった半面、
せっかく新モーションはしょうもない営業でだけ見られ…というのも含め、
魅せ方が絶望的に下手、ということが今作のモデルの評価を上げるに至らなかった
ことにつながっている、ということもあるかもしれません。


システム

ps4_7.jpg

前述の通り、UIや構成はOFAにかなり近く、12週で1シーズン、4シーズンで1年、
という時間軸で、それでいてエンドレスに、自分のペースで自由にスケジュールを
組み、レッスンや営業を重ねてランクアップイベントに挑んでトップアイドルを目指す、
という作りになっていて、その意味で「やりやすさ」は間違いなくあると思えました。

OFAでは一時的なドーピングの効果しかなかったレッスンに恒常的な効果を持たせたのも
良かったと思いますし、「いつもの」でしかないミニゲームも、まぁこんなものでしょう。

しかし営業はコミュ自体が形骸化しただけに飽き足らず、全くもって意味不明な
サイコロ転がし、という機能を搭載したことで評価は地の底
、と言わざるを得ません。

この営業におけるコミュの薄さもそうですが、OFAではあった突発コミュもほぼなく、
それによって「作業ゲー」感がより増した
、というのは全く大げさではないでしょう。

また、エンドレスな時間軸における自由度、というのも一見いいような気もしますが、
あまりにも自由過ぎて目標を見失いやすい、というのもネックになってきます。

そして肝心のライブパートですが、まさに「ただの音ゲー」であり、戦略性は一切なく、
とにかく上手く押すことだけが求められる
、という非常に面白みのないつくり。
ここに一定の戦略性があったのが、最初期から「作業ゲー」であったアイマスにおける
面白みの一つだったはずなのですが、それすら失われてしまったわけです。

そしてその楽曲についても「音ゲー」を謳うにしてはあまりにも絶対数が少なく…
というのは次の項に譲りますが、とにもかくにも「薄っぺら」と感じてしまう一因となりました。

それ以外だと、「仕立て屋」という新システムもありましたが、料金が高い割には
ステータスアップ幅も小さく、結局低レベルアクセなんか何の役にも立たない、
という有様で、ありがたみが全くないシステムになっていたのは残念極まりません。

アイテムと言えば今作はライブ後のドロップによって入手、が基本になりましたが、
これもライブ毎の固定以外はランダム性があまりにも高すぎて…。
パイン飴ことPドロップを買わせるためのバランスなんでしょうが、酷いものです。

結局のところ、まともに評価できるのはUIの使いやすさくらいであって、
あとは「いつも通り」のレッスンだけ。それ以外は惨憺たるもの、
それが今作のシステムに対する評価、という事になってしまいます。


楽曲

ps4_4.jpg

「音ゲー」要素が強い今作、MS程ではないかもしれませんが、さぞ多数の楽曲が
収録されているのだろう…と思って蓋を開けてみれば、デフォルト搭載は僅か18曲のみ

しかも使える曲はPランクに応じて、ということで、自分で好きな曲を順に選んでいけるとは
言え、最後の3曲なんかは「やりこみ」の領域に入らないと使えない、というのは…

「音ゲー」という観点から見ても、楽曲によって譜面の難易度に差があるのはまだしも、
フルコンボしたとしても得点に差が出ることで、「使える曲」「使えない曲」が
出てきてしまう、というのも、重大な問題点
と言えるでしょう。

それに加え、楽曲自体に使い込むことによる「レベルアップ」の概念があることで、
新規の曲を入手しても使いにくく、同じ曲ばかり使いがちになる、という事もあり、
PランクアップやDLCによる曲入手のありがたみすらなくなる、という欠点もあります。

また、今作の目玉と思われた「メドレー」も、固定なのはまだしも僅か2メドレーのみ、
という絶望的なまでのバリエーションのなさであり、もはや定番化してきたとも思えた
「オールスターライブ」も、これまた2曲だけ、という惨状。

もちろん、新モデルになったことで、楽曲モーションの「使いまわし」が効かなくなった、
ということもあるのでしょうが、しかしそんな言い訳では済まされない絶望的なボリュームの
なさで、楽曲自体のクオリティ以外何一つ評価すべき点はない、と言わざるを得ません。


衣装

ps_24.jpg

ボリュームのなさと言えば衣装もそうでした。全く同じデザインの衣装を、
名前と能力だけ変えての使いまわし、というのも大概
で、それならもっと「仕立て屋」の
使いやすさをあげ、低ランク衣装も磨けば高ランクにできる、くらいにすれば
良かったのに…としか思えない仕様となっています。

アイマスの一つの強みであったはずの「ネタ衣装」もその姿を消し、
「ガチ」ばかりに寄ったのはまだ許容できても、結局バリエーションの少なさ、
という絶対的な問題がある以上、やはり評価のしようはありません。

バリエーションの少なさ、と言えば私服もそうで、ジャージがデフォルトで
パジャマがあって…というのはともかく、「それだけ」だったのがあまりにも酷い話


幾度となくメール(有料)で送られてくる「海辺の写真」もジャージばかり、
何度アイドルと一緒に海に行こうとも絶対に肌は見せない、鉄壁のジャージばかり。
なぜ水着を搭載しなかったのか、理解に苦しむレベルです。

また、普通の私服がないことで数少ないコミュの中でも違和感を覚える場面もあり、
一体いつの時代のゲームをプレーしているのだろう、とすら思わされる、
それくらいの整合性のなさをこの期に及んで味合わせられるとは思ってもみませんでした。

この衣装というのはグラフィックとも直結する話であり、次世代機の強みであり、
ソシャゲとの大きな差異にもなるはずなのですが、これではもはやどうしようもない
でしょう。


ストーリー

ps4_9.jpg

「L4U」+「SF」と宣言されていましたし、だからこそ私はストーリーには
全く期待をしていなかったので、蓋を開けてみればランクアップを軸に、一人ひとり、
物語はきちんと描かれていて…という点では評価はプラス
になります。

そのクオリティについては良くも悪くもいつも通り、ということで特段評価すべき点は
ありませんが、他が酷すぎるだけに、相対的には良くすら思えてきます。

11年も続いた765プロの物語で、各々の個性を生かしつつ、マンネリ化を避けつつ…
というバランスを、合宿所という舞台でそれなりのレベルで描いてはいます
しね。

とは言え、そのストーリーもランクアップに基づく部分だけであり、
突発コミュもほぼなく、営業コミュもなく、というところを含めて考えれば、
チープなゲーム性に「いつもの」ストーリーがただベタ塗されているだけ、
という感じで、シュールにすら感じてくる始末でもありますが…。


次回はこのストーリーについて一人ひとり見ていくこととします。
関連記事

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。
プラチナスターズはジャンルが「アイドル育成ライブゲーム」だそうでOFAのコミュありきのプロデュースゲームではないみたいです。
なので個人的にはプラチナスターズでPS4に移行して何年後かにアイマス3とも呼べるものが出るんじゃないかと勝手に想像してます。

Posted at 07:12:04 2016/09/10 by わたあめ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

わたあめさん

今作についてはジャンル名からも「本格プロデュースゲーム」ではないことは示されていますね。
公式的にも今作は「PS4アイマス第一弾」的な発言も出ていますし、
今作をバネに、「本格プロデュースゲーム」を次は出してくれることを私も期待しています。

Posted at 23:28:30 2016/09/10 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック