アイドルマスター プラチナスターズ 総括 後編

kage

2016/09/12 (Mon)

ダウンロードコンテンツ

psdlc.png

発売と同時にDLC第一号が配信され、その内容は新規・既存含めた楽曲に衣装、
マニー、そしてメール…ということで概ね「いつも通り」の内容となっています。

しかしその「いつも通り」は、デフォルトの楽曲数の少なさや、衣装の少なさが
相まって「物足りない」ということにもつながってしまう
、とも思えます。
既存曲はもちろん、新曲もデフォで入れとけよ、と思ってしまいますし、
ネタに走るでもない衣装もインパクトもありがたみも薄く…となりますし。

また、メールが有料、という問題は今作においても全くもって変更されず、
マニーをリアルマネーで売るという暴挙も続けられ、
そして「Pドロップ」というDLCとソシャゲの悪いところだけを合わせたような、
愚の骨頂としか思えないシロモノすら生まれてしまった
、というもこともあります。

アイマスの伝統であるこのDLC、今作もこの仕様を踏襲しただけ、
と言われればその通りなんでしょうが、それではインパクトももはやなく、
悪いところばかりが目立つ有様と言っていいでしょう。

OFAのときのようなアイドル自身や、L4UやSPのようなアイドラのような
何かしらのインパクトがあるモノが出ればもう少し話は違うんでしょうが、
それが今後あるかも当然のことながら不透明で…。

AランクからSランクへの果てしない道のりの中でのメリハリ、という意味で、
このDLCは今後も意味を持つのだとは思いますが、そもそもAからSまでが
果てしなさすぎる、という仕様自体がこのDLCを買わせるための構造、
とも思える始末であり、ますますありがたみは薄く感じてしまう状態


少なくとも第三号までは配信確定なんでしょうが、それから先、どれだけ出て、
どれだけインパクトのあるモノがあるというのか、不安でいっぱいです。


DLライブ

psdll.png

そのDLCとは別に、無料でダウンロードされるコンテンツとしてこちらがあります。
特別衣装がもらえるライブが無料配信、ということで今作の目玉の一つ、
のはずなのですが、第一号のライブ仕様が相当に酷く、多くのPのテンションを
落としたのではないかと、そう思えるのがこのDLライブ
であります。

タイプが重要となる今作のライブにおいて、初っ端からこのDLライブ自体を
クリアしないと出てこない新規タイプが求められる、という意味不明な仕様で、
「レベルを上げて物理で倒す」事を求めてくる、というつくりに何の意味があったのか。

第二号以降は一応改善されてはいますが、しかし第一印象は最悪で、
このDLライブ自体の印象も悪いまま、という層もいるのではないかと思えます。

また、目玉であるはずの「ゴールドプレゼント」も、確定で貰える衣装はともかく、
アクセの出現率が絶望的に悪く、結果パイン飴ことPドロップを「リアルマネーで」
大量に買わないとまるで集められない、というかそれすら所詮ランダム、
という最悪な構図
につながってしまっている有様。

アイドル一人一人をフィーチャーして配信している以上、「13号」までは確定でしょうが、
果たしてそのうちドロップ率は改善される日は来るのでしょうか…
まぁこの期に及んでそんなことするわけがない、としか思えませんけどね。


「プラチナスターズ」の意義



9周年目、2014年の盛り上がりの後、停滞期、というか衰退期にすら入ったと言えるくらい、
勢いを失い、展開を失ってきた765にとって、「切り札」であり「救い」であるはずだった今作。

蓋を開けてみればその中身は無様なもので、765というタイトルの求心力の低下を
象徴していると言っても過言ではない、それくらいの作品
、という評価しかしようがありません。

「本格プロデュースゲーム」はOFAで「完成形」とも呼べるものを作ってしまい、
ここでまた13人を、となると全く別の切り口が必要だった、という事は理解できますし、
それを音ゲーに寄せた、という事自体が間違っていたとは思えません。
しかしその中身がこれ、というのは「間違っていた」というのは間違いではないでしょう。

今更「L4Uよりマシ」なんて評価が欲しくて作ったわけでもあるまいし、
もう少し何とかならなかったのか、いやなったはずだ、と残念極まりないものと思えます。

ただ、今作についていえば「PS4アイマス第一弾」であるとは明言されていて、
「センシティブトゥーン」がそうであったように、今作のモデルもまた、複数のタイトルに
使いまわされて…という可能性自体は十分にあるのではないかと思います。

しかしそれとて765自体が今後も存続していくことが前提であり、今作の出来栄えは、
その「存続」すら危うくさせかねない、それくらいにすら思えるのだから辛いところ
です。

765が停滞している間に勢いづいたシンデレラの爆発力は留まるところを知らず、
この状況で「765プロここにあり」を示すことが求められたはずなのにこれ、ですからね。

そんな今作、ゲーム自体の売り上げは「Pミーティング」の抽選権封入という裏技、
でもなんでもない「いつもの」売り方のおかげで悪いものではなかったようですが、
じゃあその後のDLCの売り上げはどうかと言うと…どうなんでしょうかね。

この辺りの状況がどれくらい「これからの10年」に向けて765プロがどう展開するのかに
影響してくるのかは定かではありませんが、少なくともプラスにはなりえないでしょう。


11年目、新ハード、新境地、新たな一歩。それらの期待をものの見事に裏切ってくれた
今作にはガッカリ、としか言いようがありませんが、それでも私は、765プロの13人、
彼女たちの物語である以上、これを全面的に否定はできないし、突き放すことはできません


願うことはただ、今作のこのザマを糧として、「次」の物語がまた描かれることです。
「輝きの向こう側」にあったものは、この「プラチナスターズ」という名前だけは立派な
ボロ箱ではなく、13人のアイドル達が真に輝く舞台であると、それを感じさせてくれる、
そんな未来が待っていることを期待するしかありませんし、そのためにも私は私が今できる範囲で、
彼女たちを輝かせる、プロデュースする、それしかない
のだと思います。
関連記事

この記事へのコメント

kage

総括お疲れ様でした。
時間を見つけてはちまちまプレイしていますが、同じような感想を持ちました。坂上・久夛良木両氏がニコ生で説明していた新規要素は必ずしも評価できるようなものではなかったと思います。ストーリーや新規楽曲には良いところもあったのですが、「新作」としてやるほどだったのかと思うとかなり疑問が残ります。

10周年をまた765からという坂上Pの言葉は嬉しかったのですが、「取り敢えず765の新作」感が否めません。石原がいない体制初
の作品ということもあったわけですから(退社前には色々関わっているのかもしれませんが)

コンテンツも大きくなり、ゲームに限らず色々な媒体からアクセスできるアイドルマスターですが、やっぱりアイドルプロデュースゲームを期待しているファンも多いと思います。バンナム的には765ASはOFAでやりきったつもりなのでしょうか?そうだとしても以前とは違って人やら金やら時間を割くことも不可能ではないのでは...?

思うところも多々ありますが好きなコンテンツなので頑張って欲しいですね
それと、バンナムさんは公式ホームページのEVENT欄以外をもう少し更新したり、見やすくできないのかなと思う今この頃です。
長文失礼しました


Posted at 15:09:32 2016/09/13 by 切符

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

切符さん

次の10年もまた765から、というのは私も嬉しかったですが、
結果がこの有様では…となってしまいますよね。

「アイドルプロデュースゲームが中心」であると良いとも私も思いますし、
OFAと無印の中間のようなバランスでうまくやれないものか…
とも思いますが、それを次回作に期待していいものなんでしょうかね…。

全てはPミーティングで、となるんでしょうが、不安もいっぱいです。

Posted at 22:30:31 2016/09/13 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

アイマスのゲームって最近評判良くないのが多いですね・・・
ミリオンも少しやって面白くないので切りましたし、PSも
Amazonとかでも評価が2.5とかかなり悪いですし。

Posted at 12:34:06 2016/10/02 by 笹史

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

笹史さん

元々アイマスのゲームは評価が高いものなんて基本的にはないような…。
最初からハードルが高く、ターゲットを絞っているアーケードや、
無難な作りのOFA、「アプリゲーにしては」のデレステは否定的な声も少ないですが、
「ゲームとして面白い」なんて評価はされてこなかったのがアイマスのゲームだと思います。

Posted at 23:27:30 2016/10/02 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

「アイマスのゲームはコミュ以外はクソ」という評価を目にしたことがありますが、さすがに言い過ぎにしても的は射てると思います。

PSはその頼みの綱?であるコミュがないこともあり、代わりとしてどのような要素を盛り込んでくるのか正直期待していました。ただ、ニコ生やゲーム雑誌の特集を見ても「うーん・・・」という内容ばかり。ターゲットに合わせてボタンをひたすら押す・営業でサイコロを転がすことばかりで、それの何が面白いのか分からず購入は諦めました。

ガッカリしましたし、PSの出来栄えにより本家の将来に対して悲観的になっている方も多いですが、逆に収穫もあったのかなと。

今回、元からゲーム性が面白くないということが(いい意味で)露呈した、ということでは収穫だったと思います。単にコミュが重要とは思ってほしくはないですが、いままでゲーム全体としての楽しさををカバーしていたものがコミュしかなかったのも事実ですし、もっと根本的なゲーム性をどうするのかもっと真剣に考えて欲しいものです。

ゲームが面白くないのに10年以上も人気を保つことができたんです。まだまだゲームとしての伸びしろが残っているので期待したい。
もちろん、それができなくて10年過ぎたという見方もできますし、開発側が今回の間違いをキチンと分析→反映できる能力があればの話ですが・・・

Posted at 01:42:45 2016/10/07 by チハヤP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

チハヤPさん

ゲームとしての面白さがないのに10年以上人気が保てた、というのは
確かにアイマスの特徴であり、伸びしろでもありますね。

今作の反省を踏まえて(本当に反省しているかがそもそも疑わしいですが)、
次作(があれば)もっとゲームとしての面白さを追求してくれると良いですね。

Posted at 22:27:09 2016/10/08 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック