PERFECT IDOL THE MOVIE

kage

2016/11/08 (Tue)

輝きの向こう側



01.M@STERPIECE -CLUB BOSSA NOVA Rearrange Mix- 歌:水瀬伊織星井美希三浦あずさ双海真美我那覇響
02.虹色ミラクル -JAZZ FUSION Rearrange Mix- 歌:萩原雪歩菊地真高槻やよい双海亜美四条貴音
03.ラムネ色 青春 -CROSSOVER Rearrange Mix- 歌:天海春香如月千早秋月律子
04.ドラマ「765PROアリーナライブ『輝きの向こう側へ!』アンコール」Part1
05.ドラマ「765PROアリーナライブ『輝きの向こう側へ!』アンコール」Part2
06.THE IDOLM@STER アンコール版 in アリーナ
(天海春香星井美希如月千早高槻やよい萩原雪歩菊地真双海亜美双海真美水瀬伊織三浦あずさ四条貴音我那覇響)
07.アンコールMC in アリーナ
08.虹色ミラクル アンコール版 in アリーナ
(天海春香星井美希如月千早高槻やよい萩原雪歩菊地真双海亜美双海真美水瀬伊織三浦あずさ四条貴音我那覇響)


劇場版BDの限定版の特典として封入され、「復活」となったPIシリーズ最終作CD。
これまでのような完全新曲こそないものの、劇場版で初披露された3曲の
アレンジバージョンを収録したほか、ドラマパート、さらにボーナストラックを収録、
という大ボリュームで、「輝きの向こう側」を追想させてくれます。


01.M@STERPIECE -CLUB BOSSA NOVA Rearrange Mix-
歌:水瀬伊織星井美希三浦あずさ双海真美我那覇響

劇場版の表題曲ともいえる「M@STERPIECE」のクラブボサノババージョン、ということで、
華やかさをオシャレさに変えて、歌い方も囁くように、緩やかに滑らかに、となっています。
歌詞にも大きな意味のある原曲ではありますが、その歌詞をより噛みしめるような
アレンジにもなっている
と言え、これはこれで非常に重みのある曲と感じられます。


02.虹色ミラクル -JAZZ FUSION Rearrange Mix-
歌:萩原雪歩菊地真高槻やよい双海亜美四条貴音

ジャズアレンジ、ということで、こちらはむしろ華やかさを増した感じのアレンジに。
「いつもの765プロ」を感じさせた原曲の疾走感とパワーは抑えつつも、
その確かなエネルギーは残し、よりフィナーレ感を増した一曲となっています。


03.ラムネ色 青春 -CROSSOVER Rearrange Mix-
歌:天海春香如月千早秋月律子

爽やかで賑やかな原曲を、煌びやかでスタイリッシュにアレンジ、となったのがこちら。
他2曲が5人ずつの構成の中、この曲のみ3人で、となっていて、一人一人の
歌声をより確かに聴くこともでき、劇場版内でそれぞれ立場の違った3人が、
それぞれで物語を走り抜けた、そんな物語性も感じられる曲
にも思えます。


04.ドラマ「765PROアリーナライブ『輝きの向こう側へ!』アンコール」 Part1

舞台は劇場版で描かれたアリーナライブが最終曲まで終わった時点での舞台裏。
765プロのメンバー達それぞれの、その充実感と達成感を描きつつ、
「いつもの765プロ」感も溢れるものともなっている短編です。


05.ドラマ「765PROアリーナライブ『輝きの向こう側へ!』アンコール」 Part2

一方こちらは舞台は同じながら、バックダンサー7人の側を描いたもの。
より疲労感はたっぷりながら、765同様に充実感と達成感も描いています。
そしてここから765メンバーたちとともに、アンコールへのステージへ、と続きます。


06.THE IDOLM@STER アンコール版 in アリーナ
(天海春香星井美希如月千早高槻やよい萩原雪歩菊地真双海亜美双海真美水瀬伊織三浦あずさ四条貴音我那覇響)

ドラマパートからそのまま続き、説明不要の代表曲「THE IDOLM@STER」をアリーナライブで
アンコールとして歌ったら…というアレンジとなっている一曲。
曲自体はオリジナルのものながら、音響はライブ仕様になり、観客のコールも入り、
そしてアイドル達も現実の声優ライブのように煽りをセリフとして入れたり、と
とにかく「ライブ感」がこれ以上ないくらい感じられるバージョン
となっています。


07.アンコールMC in アリーナ

アンコール1曲目を終えてのMCを描いたドラマパート。アンコールの最後の曲が決まっていない、
というのは現実の声優のライブではありえないはずですが、それはさておけば
再現度の非常に高いものとなっており、その「最後の曲」まで繋がっていきます。


08.虹色ミラクル アンコール版 in アリーナ
(天海春香星井美希如月千早高槻やよい萩原雪歩菊地真双海亜美双海真美水瀬伊織三浦あずさ四条貴音我那覇響)

「THE IDOLM@STER」同様に、曲そのものはオリジナルのまま、音響やコール、
煽りをアリーナでのライブ仕様にして…というアレンジになっています。
劇場版のエンディング曲を、このライブでも実は最後の最後に歌っていた、
というのは後付けにせよなんにせよ非常に美しい形であるのは確かで、
現実の声優ライブで感じられる「最後の一曲」感をダイレクトに感じられるものとなっています。


アレンジ3曲ももちろんそれぞれ楽しむことができるものとなっていますが、
やはりこのCDはアンコールパートが真骨頂、と感じられるもの。
劇場版を追想し、補完するのはもちろんの事、声優ライブをも彷彿とさせる構成で
「ライブアレンジ」とも呼べる仕様となった2曲は素晴らしく、聴きごたえは抜群です。
「劇場版BDの特典」という意味でもこれ以上のものはないとすら思え、
作品の完成度をより高めてくれる、そんな一枚となっています。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック