アイドルマスター ミリオンライブ! コミックアンソロジー VOL.3

kage

2016/11/05 (Sat)

全国キャラバン編コミカライズ



タコ焼きパーティー! 作:せるげい
エンジョイ!水族館 作:廾之
茜ちゃん元気です! 作:雨曇
ロッキン・クッキング 作:にりかわ
狙え!アイドルショッピング 作:
めぐみScream! 作:枡狐
亜利沙のおつかいレポート 作:直晴
オトナのジカン 作:タカダフミ子
ちゃーみんぐ! 作:ねこみんと
杏奈・ザ・プレイヤー 作:ロドニィ
おおきな優しさ 作:杜人
伊織とエミリーのわくわく怪奇ゾーン 作:御眼鏡
雪像チャレンジ! 作:こんがりぱすた
お好み焼きのおいしい食べ方 作:ちょぼた

ミリオンの公式アンソロジーコミック第3巻。
今回は全編に渡って、ゲーム内で展開された「全国キャラバン編」に基づいたメンバーと設定で、
という内容になっており、様々な作家による様々なタイプの物語を、
一つのテーマに沿った形で観ることができます。


タコ焼きパーティー! 作:せるげい

上方エリアを担当した8人がタイトル通りタコ焼きパーティーを…という話。
生きたタコ相手に頼りになりそうなやよい達が一時離脱し、残った亜利沙達が
苦闘する中、朋花がそのオーラで…という話で、朋花亜利沙の2人が主役として、
その個性がしっかりと描かれる物語
になっています。


エンジョイ!水族館 作:廾之

南エリアを担当した8人が水族館を訪れて…という話。未来星梨花の年少3人が
大騒ぎ、かと思いきや主役はまつりの2人。ゲームの後日談的な話として、
ともすれば百合百合しいまでの話が展開されます。


茜ちゃん元気です! 作:雨曇

タイトル通りが主役の、北東エリア8人の物語。
風邪をひいてしまったがそれを隠そうとするものの…という話。
何より最後の笑顔が実に美しくのギャップ的な魅力をこの上なく表現しています。


ロッキン・クッキング 作:にりかわ

西エリアの8人の、というか美也ジュリアの2人による、ボケとツッコミが展開される、
4コマ形式の話
。タイトル通り料理をしようとする2人ですが、ジュリアは中々うまくできず…
という流れから、綺麗なオチへとつながるシンプルな構成となっています。


狙え!アイドルショッピング 作:

首都エリアを担当した10人が、3チームに分かれてショッピングモールでちょうど3万円分の
買い物をする、というバラエティ番組の企画の練習に挑むという話。
司会を静香に、残りの9人で3人ずつに、と分かれますが、チーム分けの時点で結果が
見えているような…
という事で案の定ですが、それぞれの個性が光る話でもあります。


めぐみScream! 作:枡狐

中央エリア担当の8人、というかタイトル通り恵美が主役の話。
琴葉が事務所の冷蔵庫に入れていたアイスを、からかうためにわざと食べたものの、
それが実は中央エリアの限定品で…というところからことめぐが展開しそうですが、
それ程にはならず
に、けれども綺麗にオチがつく形の構成の物語となっています。


亜利沙のおつかいレポート 作:直晴

タイトル通り亜利沙が、事務所のお使いを頼まれた桃子の模様をストーキング
レポートする、という話ですが、亜利沙のしっかりした姿も見られる話にもなっています。


オトナのジカン 作:タカダフミ子

タイトル通り、このみ莉緒あずさのオトナトリオによるサービスショットありの話。
まぁサービスショットと言っても…で、3人の「ダメなオトナ」っぷりが描かれています。


ちゃーみんぐ! 作:ねこみんと

貴音に憧れる瑞希そそのかされてアドバイスを受けて、貴音の妹役を
演じられるように挑む、という話。タイトル通り、瑞希のチャーミングさが光る話です。


杏奈・ザ・プレイヤー 作:ロドニィ

タイトル通り杏奈が主役の、かと思きやそうでもない、首都圏エリア10人の話。
シュールとも言える独特の世界観で10人の姿が描かれています。


おおきな優しさ 作:杜人

風花が水着の、可憐がCMの仕事をそれぞれ受けることになり…という話。
風花の大人の魅力が観られる話でもありますが、オチは案の定


伊織とエミリーのわくわく怪奇ゾーン 作:御眼鏡

タイトル通り、伊織エミリーのホラーギャグモノ。オチは案の定…なのでむしろ
話中の春香の芸人力がより光る話にも思えてきます。
しかしそれはともかく、目次ではエミリーが「メアリー」なる表記をされているのは
何のギャグなのか。これも幽霊の仕業、というにはオチになっていない誤植です。


雪像チャレンジ! 作:こんがりぱすた

北東エリア担当の8人が雪像での村おこしのオファーを受けて…という話。
それぞれの個性があらわれた雪像を作られる中、志保可奈とともにギャグ要員を担います
最後はもちろん綺麗にまとまる、というオチに。


お好み焼きのおいしい食べ方 作:ちょぼた

西エリアのメンバーだった美也がお好み焼きにハマり、自身でも作ってみるものの…という話。
ギャグ要素はほとんどなく、ほのぼのと可愛らしい、実に綺麗な物語となっています。


CDシリーズであるLTDや、3rdライブツアーと連動しての企画かと思いきや、
メンバーがまるで違うなど、実質ほとんど意味をなしていなかった全国キャラバン編。
今回それを多少なり再利用できた、というだけでもこのアンソロジーには価値があるでしょう。

どうしても動かしやすいキャラが目立つなど、扱いのバランスなどは考え物ではありますが、
ミリオンのメンバーをしっかりと生かし、ゲーム内のネタなどもしっかりと反映させ、
ということで、アンソロジーコミックとしては非常に完成度が高いのではないかと思います。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック