MILLION RADIO! SPECIAL PARTY 03 〜Dreaming! for the NEXT!〜 レポート 前編

kage

2016/11/21 (Mon)

昨日はこちらのイベントに昼夜公演ともに参加してきたので、
今回はそのレポートを書きたいと思います。


ライブチケット状況

まずはレポート本編に入る前に諸々の状況から。
今回のイベント前日、11/19には4thライブのCD先行の当落発表という
スケジュールだったのですが、見事に3公演ともゲットに成功しました。
言うまでもなくこれ以上はない結果であり、万々歳なわけです。

そのため、今回のこのミリラジ公録も意気揚々、となったわけですが、
それ以前に、ミリラジ公録自体への参加が私は今回が初、ということもありました。
これまでの01と02の箱は小さすぎて…でしたが、今回は一回り二回り大きくなり、
かなりゲットが楽になった、ということがあったからでもありますが。

ともあれダブルハッピー状態で、しかも天候にも恵まれ、
イベント参加自体が8月のC3以来とあって、かなりのテンションで臨むことができました。


開場

今回の会場は「川崎市教育文化会館 大ホール」ということで、
アイマスとして初かどうかはわかりませんが、私としては初の会場でした。
キャパ2000人、スタンダードな劇場型、ということで1stの中野サンプラザに
かなり近い形のステージであり、オールスタンディングのような厳しさもなく、
落ち着いて見られる良好な会場で、ネックは若干駅から遠めなことくらいでしょうか。

座席については、昼の部が1F下手側前方、夜の部が2F下手側前方
ということで階こそ違えど似たような位置だったのですが、ライブの楽曲的には
臨場感のある1Fで昼、バラード系を俯瞰できる2Fで夜、という意味では良かったと思います。

また、今回もいつも通り物販もあったわけですが、目ぼしいものもなかったのでスルー。
だからかどうかわかりませんが、売り切れもあまりしていなかったようで、
普段の大型ライブからこれくらい用意してくれよ…以外に言いようもない状況でした。
もっとも、最近はようやく事前販売を始めて対応力も少しは上がりましたが…。

ともあれ、イベント自体は昼の部は13:30開場、14:30開演、
夜の部は18:00開場、19:00開演、ということでどちらも早めに入場しました。

ということで、ここからは昼夜を同時に、並行する形でレポートを書いていきたいと思います。


開幕

一瞬豪華のように見えるものの安っぽさを感じて仕方がない電飾付きの舞台背景設備が
設置されたステージに最初に現れたのは「ぴょんころもち」ことメインパーソナリティーの
山崎さん、田所さん、麻倉さん。その3人が軽い挨拶からの流れで呼び込んだのゲストは、
昼の部は「まえのり」でも共演した「あかいなべ」の原嶋さん、稲川さん、渡部さん、
夜の部は「まえのり」では共演しなかった「ちくわとみなすわ」の山口さん、高橋さん、諏訪さん。

お揃いの制服風衣装をそれぞれの着こなしで、ということを披露したところで、
今回のイベントテーマは「学園祭」ということが発表され、最初の企画に。


美術部 企画展示

昼の部は原嶋さんが、夜の部は高橋さんが、それぞれ「部長」として司会進行役を務め、
その司会が2つボックスから「○○の」と「○○」というワードが書いてある紙を引き、
合わせてできた「○○の○○」を他の5人がイラストとして描く、という良くある企画。
ラジオ映え"する"企画でもありますね…。

ということでテーマは昼の部は「野球をするゾウさん」、夜の部は「空を飛ぶフェチ川さん」、
というものになり、夜の部には実際にステージ上にフェチ川こと中川さんが乱入する
ということもありつつ、それぞれがそれぞれの画力や個性を生かしたイラストを描き、
まずは掴みは上々、という感じの最初の企画になりました。


模擬店

続いては学園祭に欠かせない模擬店、ということで司会は昼の部は渡部さん、
夜の部は山口さんが担当し、アイマスお得意の「料理企画」が始まることに。

昼の部は桃子の好物である「ホットケーキ」を、夜の部は山口さんの好物である
「ちくわ」をメインにしてトッピングする、というものだったのですが、
誰もが予想できる通りにロクでもないモノができたりできなかったり、ということに…。

口をつけられず残されたものは「スタッフが美味しくいただきました」なら良いのですが、
お約束のそんなフレーズすら使われることなく、最後は撤去されていきました。


お笑い研究会

ここでは昼の部は昼の部は稲川さん、夜の部は諏訪さんが担当、でしたが実際には
ほとんど司会的な役割は必要なく、ゲストトリオとメインパーソナリティートリオによる
コントと漫才がそれぞれ披露される、というコーナーとなりました。

昼の部のゲストトリオは販売訪問をテーマに、夜の部のゲストトリオはクリスマスをテーマに、
そして「ぴょんころもち」の3人はLTPイベントでやっていたようなコントを昼夜ともに、
という感じで3rd大阪公演を彷彿とさせる企画で会場を沸かせました


ミスコン

「ミスミリラジ」こと麻倉さんが昼夜ともに司会となったこの企画。
昼夜ともに映像出演による特別ゲストからのコーナー紹介からのスタート、となったのですが、
そのゲストは昼の部は下田さんで、モノマネレパートリーの中からたかはしさんをチョイスして
演じた、かと思いきや夜の部は実際にたかはしさんがゲスト登場というコンボもかかりました。

ということでそんな二人からのテーマは、昼の部は「モノマネ」で「○○な亜美真美」を
「○○」をボックスから引いて…というもので、夜の部は同じくボックスからセリフを引いて、
それをセクシーに読み上げる、というものに。

モノマネは正直全員アレでしたが、セクシーは中々、と言えそうなメンバーもいたりいなかったり
という感じで、本当の意味で「ラジオ映え」しそうな企画ではあると思えました。


演劇部 演劇

ここでは田所さんが司会になって…ですがその役は特に意味をなさず、
6人による、「キャラが演劇している」という形式での朗読劇の企画でした。

昼の部は「桃太郎」を、夜の部は「シンデレラ」を、それぞれやったのですが、
当然のごとく素直なストーリーになるわけもなく、それぞれのキャラクターならではの
要素等をふんだんに取り入れつつ、という物語が演じられることになりました。

「キャラが演じている」という二重の演劇は素人目には非常に難しそうですが、
それをうまくこなしていて、「流石声優」ということが感じられて良い企画
でした。


ライブコーナーへ

最後は学園祭実行委員長こと山崎さんが司会、といいつつあまりすることもなく、
お待ちかねのライブコーナーへと突入することに。

昼夜ともに6人全員が一旦ステージ上からはけ、モニターには3rdの名古屋、
仙台、大阪公演のダイジェストPVから今回出演メンバー登場の部分だけが
抜粋されたものが流される、という形の休憩時間が挟まれることになりました。

ということでライブコーナーへと続きます。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック