ミリオン3rdライブツアー仙台公演BD発売!

kage

2016/12/03 (Sat)

今回は先日発売された、ミリオン3rdツアーBD第二弾、仙台公演について。
こちらについて一通り見終えましたので、今回はこれについて少し書きたいと思います。




BD仕様

ライブの概要については今更感もありますが、念のため。
今回は3rdツアーの二公演目となる仙台公演であり、出演メンバーは10人。

開幕公演となった名古屋からはMachicoさんを除く9名が入れ替わり、
ということで大きく楽曲も雰囲気も変わった公演ではありました。

とはいうものの、セットリストのフォーマットなど基本的な構成については同じであり、
サプライズ的な要素としてはなかった、というのも確かです。

そしてそれは公演自体だけではなく、今回発売となったBDもそうで…ということで、
名古屋とフォーマットはそのまま、仙台公演が収録されたものとなっていました。


オーディオコメンタリー

そんな中でも気になるのはやはりオーディオコメンタリーですが、
以下の内訳になっておりました。

前半
夏川椎菜さん
麻倉ももさん
原嶋あかりさん
村川梨衣さん
渡部優衣さん

後半
伊藤美来さん
雨宮天さん
郁原ゆうさん
近藤唯さん
Machicoさん

後半はカバーコーナーから、そして前半後半の分かれ方はソロが前半か後半か、
という分け方になっており、これもまた名古屋と全く同じ、という構成です。

肝心なのはもちろん話の中身ですが、相変わらず食事の話が多い中、
後半パートはそれなりに充実していた感じもあったのですが、
前半パートはどうにも話が途切れ途切れになり過ぎだった感も。

「今回が初顔合わせでたどたどしく」なんて組み合わせでは当然ないはずで、
にもかかわらずこの回転力の悪さは一体…。

まぁこういう時は親しさや個人でのトーク力云々よりもバランス感が大事で、
そのバランス感がここではうまくいかなかった、と見るべきでしょうかね。


特典

フォーマットが同じ、ということは当然特典も同じ、ということで、
この仙台はLTD03イベントの模様が特典として収録されていました。

注目はやはり「アライブファクター」ではあると思いますが、
それと同時に今井さんのMCという名の激励のインパクトがより強く印象に残ります

今井さんの言葉を受け、実際には今年、この2016年が「ミリオンの年」になった、
とは残念ながらあまり言えるモノではなくなってしまったと言っていいと思いますが、
3rdツアーを無事完走し、そして4th武道館、その先へ、という道筋を作ることは
できているわけで、物語としては大きな前進ができたことは確かだと思います。

では来年、2017年こそが「ミリオンの年」にできるかというと…ですが、
まぁ「年」がどうこうではなくて、タイトルとして太く長く続くことこそが理想であり、
そこに向けての1年になれば
、というのが私の願いではあります。


大阪公演へ

ということで、BDのボリューム的にはやはり名古屋同様に「大ボリューム」では
なかったわけですが、次なる大阪こそは「大ボリューム」になるはずです。

2公演分を同時別売り、という販売方式になっており、
1日当たりの出演者も楽曲も多く、特別企画まで、という構成で、
この2day公演だけで2ndライブ相当程度のボリュームがある、ということになるわけですしね。

そんな中でオーディオコメンタリーをどう分割するのか、という事など、
これまで2公演とは異なる仕様になるのは必至であり、
そこの違い、という意味でも楽しめるものになるのではないかと思います。
1度に7人が、とかいう無茶な構成だけは避けてほしいものですが…。

大ボリュームかつ年末発売、ということで記事がどのタイミングで書けるかは
定かではありませんが、この大阪についても書く予定でいます。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック