2016年 アイマス10大ニュース 前編

kage

2016/12/26 (Mon)

さて今年2016年ももう間もなく終了ということで、この一年を振り返る企画として、
毎年恒例としているアンケート企画である「アイマス10大ニュース」の結果を発表します。

今回は期限となる12/24の23:59までに128件のご回答が集まりました。
開始直後にアンケートサイトがダウンするトラブルもあり、
そこでご回答いただいた方には大変お手数おかけしました。
ご回答いただいた皆様、本当にありがとうございました。

では早速見ていきたいと思いますが、いつもの通り、私のブログならびに
ツイッターで告知しているアンケートですので、回答に偏りが出る
ことをご了承ください。

まずはアンケート回答者の属性から。


プロデューサー歴(いつからPになったか)

e15_1.jpg

11年が多いのはいつもの通り。12年が多いのもその通りですが、10年の多さは意外な感じ。
次いで15年ですが、デレアニやデレステの影響でしょうか。16年も僅かながらいる、
というのはアイマスの広がりをまだまだ感じられて良い傾向かと思います。


プロデュース対象

e15_2.jpg

765が最多なのはいつも通りですが、とうとう8割、どころか3/4を切る結果に。
毎回取るたびにその比率が下がり続けているような…。
次いでミリオンで、シンデレラを超えてはいますが、
昨年抜かされたのを逆転し返した、という流れになっています。
そこから差があって876と315ですが、315は増加傾向とは言えまだまだ、という感じ。

次いでプロデュース対象の組み合わせを単独化したのが以下の通り。

e15_3.jpg

765/MLが最多、ということでまさに私と同じ人たちが多いという結果ですが、
次いでCG単独が多い、という意外な結果に。その次に所謂「THREE STARS」で、
765単独がそれに続いて…ということになっています。
上位3パターンで過半数となっているのがポイントですかね。


さてここから今回のアンケートの本編に入りますが、
今回の集計方法も昨年までと同様に、複数回答の項目(問3)の回答を1ポイント、
単一回答(最も)の項目(問5)を5ポイント、とポイントに換算して、そのポイント合計での
ランキング、という形にします。また、複数回答と単一回答で重複した項目を回答した場合は、
6ポイントではなくて5ポイント
、として扱うことといたします。「最も」が5ポイントである
理由は、複数回答で「5つを目途に」としたところに準拠して、ということでご了承ください。
また、複数回答で極端に選択した数が多い回答については、一応除外いたします。


というわけで以上の条件から、10大ニュースなのでもちろん10位からのご紹介…
なのですが、早速10位が同ポイントで2件、というところからスタートです。


10位:声優 田中琴葉役の種田梨沙さん休業 35pt




9月に種田さんの所属事務所から発表されたこちらがランクインしました。
声優業自体の休業、ということで当然ミリオンにも影響は大きくあり、
「全員出演」を掲げた4th武道館ライブの欠場、それに伴うLTFシリーズやラジオまえのりの欠場
(の事実上の決定)、「普通の子」1位で選出されていたTA03も欠場、という事になりました。

アイマス史上ではかつてない事態であり、特に「37人」を強く推し、展開的にも
ここから勢いづく、というところだったミリオンにはかなり痛い状況なのも確かですが、
果たしてこの状態はいつまで続くのか、というのも気になるところです。

「4th武道館でサプライズ復帰」というのは出来過ぎにしても、
彼女が早いうちに健康を取り戻し帰ってきてくれるのが理想なのは言うまでもありませんが、
果たして…。
来年もこれに関するニュースがランクインする可能性は高そうですが、
それが「良い意味で」のランクインになることを望むばかりです。


10位:ライブ「765ミリオン1st in TAIWAN」開催決定 35pt



待ち望まれていた765とミリオンの合同大型ライブの開催がまさかの海外、台湾で、
ということが発表されたこともランクインを果たしました。

海外展開というのは前々から少しずつ行われていことではありますが、
しかしこの形でのライブが開催されることになるとは…ということでサプライズ感は抜群。

しかし状況はやはり厳しいようで、一般販売から始まったチケット販売では空席も残る状況。
ライブ自体の内容もそうですが、ライブビューイングの有無、「1st」は「2nd」に繋がるのか、
というのも気になるところで、「これからの10年」に直結するトピックのはず
でもあり、
色々な意味で注目すべきイベントであるのは間違いありません。


9位:アニメ「シンデレラガールズ劇場」放送決定 36pt



シンデレラ4thライブで発表されたこちらが9位にランクイン。
15年に放送されたテレビアニメシリーズの続編が期待されていたはずの状況で
斜め上の展開が飛び出した、という捉え方もできるとは思えますが、
「ぷちます」の前例をあげるまでもなく、1本にまとめず、多様な展開ができるのが
アイマスの強みであり魅力であるはずで、それを体現した一つの形なのではないか
とも思えます。


8位:ライブ「シンデレラ5th」開催決定 54pt



こちらもシンデレラに関する来年のトピックの発表について。
4thでSSAライブを成功させてからのシンデレラ初ツアー、ということで、
その開催エリアや会場、そしてメンバーが注目されますが、現時点では未発表。
どういう形であれ、来年のこのランキングにもランクインは必至でしょう。


7位:イベント「プロデューサーミーティング」開催決定 66pt



こちらも来年開催のライブ、というかイベントで、765プロのものになります。
まさかの「11thライブ」無し、というところからのこれ、には様々な意見があるのは当然ですが、
「765PRO ALLSTARS」の12人が大型イベントで揃い踏むのはかの7th以来、
ということもあり、765Pにとっては悲願のイベントであるのは間違いないでしょう。

「これからの10年」について語ると宣言も出されており、10年を超えるアイマス史においても
極めて重要なイベントになるのは間違いありません
が、果たしていかなる内容になるのでしょう。


6位:ライブ「ミリオン3rd」開催 68pt



こちらは今年開催されたミリオンのライブ。初のツアー、初の37人揃い踏み、
ということで注目度の高いライブでしたが、見事に完走し、
現時点でもその全公演のBD発売、というターンに入り、話題性は保っています。

経験豊富なメンバーがより多くの場数を踏み、初出場のメンバーは1公演きりばかり、
といった構成がベストだったかどうかはさておき、ここでようやく「全員」が、
というのはやはり非常に大きなポイントだったのは言うまでもなく、
ここから夢の武道館へ、という構成自体は見事なものだった
と思います。


トップ5に続きます。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック