2016年 アイマス10大ニュース 後編

kage

2016/12/28 (Wed)

さて後編は自由回答のご紹介、となりますが、ここでは誤字脱字等も修正せず、
改行修正&属性付与だけし、原文ママで紹介させていただきたいと思います。


「2016年のアイマスを漢字一字で表現すると」の理由

「進」
● シンデレラはツアーやVR、ミリオンは遂に武道館、琴葉役の種田さんが休業したり石原さんが退職しても突き進む事を選んだから(05年:CG/ML)
● 10thで一度集まった各コンテンツが、再びそれぞれの道へ進み始めた印象があるから(09年:765/ML)
● 新しいフィールドへ進んだから(VR、PS4)(11年:CG)
● AS、ミリオン、シンデレラ、SideM全てに大きな展開があったと思うから(12年:ML)
● ps4やvrに展開し、ゲームコンテンツとして先に進んでいる印象です。(13年:CG)
● 各コンテツ様々な道を進んで行くことになった年だと感じた(14年:765/CG)

「繋」
● 現在シンデレラガールズで876コラボ、 ゆくM@SくるM@SにはSideM初参加と 繋がりが増えてきたので。(06年:765/876/CG/ML/315)
● 765はPSでその長い歴史をまた1年繋ぎましたし、シンデレラはアニメの勢いを繋いでさらに盛り上がりを見せています。ミリオンは3rdツアーを37人全員で繋げたというのもありますし、憧れの武道館、あるいはさらにその先の展開へ繋げる1年だったかなと思います。SideMも全キャラに声優さんがついて曲も出ましたし、876もようやく動きを見せました。この様にどのコンテンツも前向きな展開が続いてはいますが、ここ数年では珍しく大きなニュースはなかったなとも思いますので「進」や「新」等より「繋」がふさわしいと思いました。(13年:765/CG/ML)
● 三瓶さんの続投やモバマスでの876コラボ(13年:876/CG)

「輝」
● シンデレラガールズの年だったのかと。 346曲の全曲に、「キラリ」「輝く」などの光る系歌詞が入っていたため、とても印象深い。(15年:765/CG/ML)

「新」
● 765PS発売→舞台はPS4へ シンデレラ4th→初地方公演、衣装が個別、サプライズゲストなど新しい試み ミリオン3rd→37人全員がステージに立った sideM→アイドル全員にボイスがついた(11年:CG)

「拡」
● 海外展開やコミックの数、イベントの多さに拡がりを感じる。 (11年:765/876/CG/ML)
● ミリオンツアー、シンデレラライブ大規模化、海外展開など、「拡大」したという印象を受けたから(15年:765/CG/ML)

「続」
● ミリオンの武道館公演だったり、三瓶さんの続投だったり、デレのツアー発表だったり、声がついていない子に続々と声が付いたりと次に続いていく1年だったように思う(10年:765/CG/ML/315)
● プラチナスターズ発売で765の活動がまだ続くんだなととりあえず安心したから(14年:765)
● プラチナスターズの発売によって765勢の展開が続いた。 三瓶さんの続投。(15年:765)

「展」
● 石原P退社、中居氏のCM、デレステ、様々な方向に新しく展開していっていった一年であった(11年:765/CG/ML)
● さまざまな新展開があったから(15年:CG/ML)
● 今年もシンデレラガールズを中心として、それぞれのコンテンツの周年ライブ等で安定した展開を見せたと思う。(15年:CG/ML)

「変」
● 変化と言う意味です。(14年:765/CG)

「越」
● 「これまで」を踏み台にするかのように次のステージへ行くぞという取り組みの数々(12年:CG)

「驚」
● 今年はなんといっても石原さんの退社に始まり、アイマス初の海外単独公演のお知らせやデレマスVRなど、色々な意味で驚きに満ちた1年であったと思うから。(10年:765/876/CG/ML/315)

「差」
● 765プロとそのほかで、いろいろな部分で差が大きかった。(10年:765/ML)
● シンデレラとその他の勢いの差を更に感じた、一年だったと思います 正確には、サイゲとバンナムの差なのかも知れないですが デレ4thでの個別衣装に代表される資金力、各ゲーム製作におけるやる気など(11年:765/CG/ML)

「次」
● プラチナがグラで予想を越してきたがゲーム面が残念だったためアイマス3での進化後が待たれる ので(10年:765/CG/ML)
● アイマス次世代である、シンデレラやミリオンの活躍も目覚ましく、また、10周年を超えたことで、アイマス全体が次のステージへと進んだように感じた。(15年:765)

「失」
● 765は周年ライブというメインイベントをやらずにミーティングのみ ミリオンライブで種田梨沙病休 シンデレラは強いて言えば漫画の急な連載終了(11年:765)
● 765の動きがなくなりつつあるから(12年:765)

「集」
● 来年のイベントもありますが、発表は今年だったので とにかくあらゆるアイドルが集いました。765AS勢揃いのプロミ・CP勢揃いのシンデレラ4th・ツアー全37名参加のミリオン3rd・涼を含め全アイドルにボイス付与されたsideM。DSまでも、モバマスのコラボイベントという形で3人がプロデュース可能に(来年以降も第二・第三弾予定との事)(15年:CG)

「滞」
● 765プロの展開が物足りなかったから(11年:765/ML)

「移」
● 元ディレ1石原さんの退任を筆頭に、これまでの流れから新しい流れへと変化するトピックが矢継ぎ早に発生したため。ただ、パラダイムシフトや飛躍ではなくあくまで現状からの変化に止まる感覚ですね。大きな動きとして現れてくるとすればむしろ来年でしょう。(12年:765/876/CG/ML/315)

「横」
● この年はラジオ関係で見ると、ミリオン以外の765、シンデレラ、sideMのコンテンツにおいて、赤の系譜・青の系譜で固定のパーソナリティが消滅した年になる。そして、シンデレラでは、中核メンバー以外に光を当てようと動いた年で、ミリオンでは全員が舞台に立ち、sideMでは全員に声が付いた。2013年の8thから2015年の10thまでが中核メンバーを縦に育てて縦に伸ばした中核メンバーを束にすることで、総合ライブやイベントで、全部のコンテンツを網羅してないユーザーでも把握し易い体制だった。だが、この年はそれを気にすることなく、中核メンバー以外の育成し、光を当て、横に伸ばす動きが多かった気がする。そして、KRという5つ目の継続的に動くコンテンツも生まれ、さらに横に広がった。それが理由。(13年:CG/315)

「化」
● 石原さんが辞め、今までとは違う変化を感じたから(07年:765/876/CG/315)

「灰」
● シンデレラの実力を見せつけられたから(14年:765/ML)

「楽」
● なんとなくですが、765、ミリ、デレ、315、876どれも別々の方向ではありますがいろいろ動いた気がしました。そういう動きが楽しかったです。(14年:CG/315)

「活」
● これからの未来での活動がたくさん発表されたため(16年:765/CG/ML/315)

「願」
● アイマスの(特にミリオンの)これからの飛躍を「願」いたいという願望です。 あと、ゲッサンの「君との明日を願うから」にも掛けて。 一応、「お願い!シンデレラ」にも掛かってるかな? (15年:CG/ML)

「帰」
● 9.18でのプロデューサー達の大騒ぎに嫌悪感を持って界隈から離れていた自分が、中居くんのCMがきっかけで帰って来てデレステ限定だが再開したこと(05年:CG)

「金」
● CDとかを積む行為を公式が露骨に推奨していたり、アイマスPSがソシャゲのガチャ仕様を採用したりと金を出させる事に必死なトコ(09年:765/876/ML/315)

「傾」
● 石原が居なくなって各アイマスコンテンツのパワーバランスが大きく傾いたから(08年:CG)

「継」
● 去年の10thを境にして"アイマス"というコンテンツの引き継ぎが綺麗に行われたと感じる一年でした。765を主導にライブやツアーを行ってたそれまでに変わり、今年は特にシンデレラがアニメやライブ、ゲームで盛り上げて行き、コンテンツを引き"継"いだと感じたため。(13年:765)

「交」
● 876メンバーがSideMやシンデレラに登場したり等、コンテンツ間の交わりが印象的だったことと、765組が盛り上がりにかける一方でシンデレラやSideMがさらに盛り上がりを見せていて、良くも悪くも世代交代の進みを感じたことが理由。(14年:765/CG/ML)

「広」
● アイマスワールドが順調に広がり始めたから(10年:765/CG/ML)

「始」
● 昨年は10thをひと区切りとした節目の年だったが、今年はまた新たに進み始める雰囲気があったと考えるから。(13年:765/876/CG/ML/315)

「時」
● 新規と言われたデレ・ミリも大体5年前。 10年以上かかわっていた石原さんの退職。 平田さんの第二児出産と産休組の復帰。 箱からPになった人たちも10年選手と、時間の流れの節目と感じたから。(05年:765/876)

「終」
● PSが作られて期待していた自分を殴りたくなるほど初代から進化どころかやりにくくなっているところは退化していてプロデュースする気を起こさせない作りはアイドルマスターとして最悪のプロデュースゲームになったのではないのだろうか。明確な目標もなく、ただただ終わらない合宿をやらされどこに終わりを見つければいいのか アイドルマスターの活動としてライブやラジオなどあげる人は「ゲーム」アイドルマスターというのを忘れているただの豚である。俺はそう思っている。アイマスは声優の名前を売るところではなくプロデュースしていくゲームであり、ライブはゲームに出てきた楽曲を生で聞くところである。豚がブヒブヒ言うところではない(07年:765)

「衰」
● 今年一年を振り返ったとき、765プロの衰退というものを感じずにはいられなかったため。(11年:765/ML)

「先」
● これからもアイマスは進んでいく(15年:315)

「騒」
● 石原さんの退職やシンデレラ4thで騒がしい人(厄介勢)が増えたと感じたから また、ニコニコ動画でZ会madやBE MY BABYなどが流行ったから(12年:765/876/CG/ML)

「転」
● ・765ASは2年ぶりの単独で、また、周年の文字が消え、仁後ちゃん、アッキー、若林神が復帰 ・シンデレラは4thライブにてアニメに一区切りをつけ次の展開へ ・ミリオンはゲッサンが終わり、また武道館ライブを控え アイマスのロゴが変わった ディレ1が辞めた などから様々なことが転換期に来ていると思ったから (12年:765/CG/ML)

「備」
● 765Pとしては昨年一昨年に比べて、穏やかな一年だった 来年以降の備えだと思って過ごしてきたから(12年:765/876/CG)

「別」
● 別々の展開をしていって、765の方は少し残念な1年でした。また一つアイマスラジオとお別れになりましたし。 また三瓶さんの続投により、876とは別の展開をスタートしたのもあります。自分はsideMには興味ありませんので、複雑な気持ちですね。(だからといって876の新展開があるとは思えませんけれど)(13年:765/876)

「歩」
● 私は2015年夏からの765pなので1年丸々とアイマスを追いかけていたのは初めてだったのですがやはり去年のシンデレラの躍進や10thライブなどに比べ見劣りするような結果となったと思います。(プラチナスターズもありましたが少々期待はずれでしたし…) なので今年は去年の突っ走ったというような印象とは真逆で「歩」として見ました。 まだまだ私は新米Pなのでわからないことだらけですがアイドルマスターというコンテンツが末長く続いていくためにはこういうゆっくり?するような年も必要かなぁと思いました。(15年:765/ML)

「躍」
● シンデレラガールズが過去のアイマスで誰も辿りつけなかった境地へとたどり着き、そして先へ進み続ける飛躍と躍進の年だったので(08年:765/CG/ML/315)

「旅」
● ミリオン3rdのツアーや他展開の複数会場ライブ、来年の台湾公演の発表などの展開、ミリオン3rdではガールズも各地の美味しいものについてMCで触れていたり、自身も3rdで人生で初めて行った場所なども多かった(11年:765/ML)


今年2016年のアイドルマスターについて、
ご意見やお考えがあれば自由にお書きください。


● 良くも悪くもの良くはデレ・ミリ、悪くは765のイメージ。 デレはデレステの好調具合やVR、ミリは3rdと武道館ライブの決定。 765は11thが無かったのとPSが少々残念な出来な点。 11thに関しては特に不満はないけれど、PSは決してクソゲーではないし最初からお披露目目的に近いコンセプトだったにしてもちょっと物足りない印象。 SideMは情報があまり入らないのでよくわからないですが、三瓶さん続投のニュースは876声優があまりアイマスとは関わらないので(責める気は毛頭ない)とても嬉しいニュースでした。(05年:765/876)
● ミリマスが閉じすぎててゲッサンくらいしか外からわからないのでアプリを作り直すなりして新生し取っつきやすくすべき(05年:CG)
● デレはアニメの一区切り、ミリはツアーを無事に成功させひとまず成功したと言えて良かった(05年:CG/ML)
● デレラジ、ミリラジ、315プロNightに 毎週色んな声優さんが出てくれるようになりました。 シンデレラ4th1日目は初参加の方メインでしたしミリオンは37人参加。 ゆくM@SくるM@Sの参加声優も意外な感じですし メインメンバーであるいわゆる信号機トリオ抜きのイベントも開催されるようになってきたのは大きな変化かと思いました。(06年:765/876/CG/ML/315)
● こんな無駄なゲームを作るくらいなら765プロを解体してくれても構わない。中村繪里子といい公式の傀儡としてみんなまとめてアイドルマスターって言ってればどんな作られかたでも最高というバカにはなりたくないから。(07年:765)
● 色んな方向にてそれぞれ頑張っていた印象 色んな可能性が見えた年でした。(07年:765/876/CG/315)
● ここまでシンデレラ一強の年になるとは思ってもいなかった サイゲームスの営業の上手さ、運気を逃さない周到さ、そして作品への愛は随一と言って良いのでは(08年:765/CG/ML/315)
● 増(08年:CG)
● 765シンデレラミリオンを無理にバランスさせようとしていた石原が居なくなったことで、売れるシンデレラの扱いが良くなってシンデレラPとしては嬉しかった。(08年:CG)
● ミリオンライブの年になると思っていたのに、今年もシンデレラガールズの年だったと思う。765の新作ゲームがあんな酷い出来になったのが本当に許せない。(09年:765/876/ML/315)
● プラチナスターズがとにかく残念。何であんなゲームになってしまったのか・・・。 とりあえず新技術であるグラフィックソフトを使いたいがために出したゲームのように思えて仕方ない。 音ゲーに寄せるしかなかったとは言えど、じゃあその半年前に出したマストソングスは何だったんだという話。 ゲームの開発はデレステみたいに外注にしてほしい。(09年:765/876/ML/315)
● プラチナスターズによる765の再出発がなにより印象的でした。 シンデレラは相変わらずの勢いでしたが、今年はミリオンとSideMが以前よりも目に見えて力をつけてきた印象です。 またシンデレラとDSのコラボでの愛絵理涼の登場など、876の再出発の年でもあったように思います。 2016年は来年なにか大きな盛り上がりを見せるのでは、と期待させてくれる年でした。(10年:315)
● シンデレラガールズで876プロとのコラボがあり、久しぶりにエリーや愛ちゃんに会えてとても嬉しいです。(10年:765/876/CG/315)
● 三瓶さんの続投&もふもふえん、しゅがは、森久保に声つけてくれてありがとう(10年:765/CG/ML/315)
● プラチナスターズが発売された割には765の展開が少なく残念に感じた(10年:765/ML)
● 765にあまり触れられない中で、ミリオンに触れる機会が多くなった一年でした。(10年:765/ML)
● ゲッサン345巻の発売と新曲、3rdのアイル、豪華な5巻特別版、マンガワンでの掲載開始とゲッサンが盛りだくさんの年だった(10年:765/ML)
● 765はプラチナスターズという拝金主義の駄作を出す凋落 CDも売れてない シンデレラは好調そのものだしミリオンは勢いは落ちていない もう765というコンテンツの寿命が近いのではないか(11年:765)
● 海外展開やコミックの数、イベントの多さに拡がりを感じる。 (11年:765/876/CG/ML)
● 合同ライブをやってほしかった(11年:765/876/CG/ML)
● 876に動きがあって嬉しかった(11年:765/876/ML)
● 765はPS発売という大きい動きはありましたが、決して評価は高くなく、不満が溜まる形になってしまったので、プロミで何が発表されるのかによって、今後の765の行方が大きく左右されそう ミリオンの1月~4月までに感じた勢いは、その後のゲーム改変により(個人的には)削がれた形になったので、4thでの再点火に期待 シンデレラに関しては、今年1年を見れば何も言うことはないと思うので、来年もこの勢いが続くかどうか(11年:765/CG/ML)
● ゲッサン漫画が最高だった ありがとう門司先生(11年:765/ML)
● ミリオンTAが思いの外よかった AS込みの第2弾もやってほしい(11年:765/ML)
● デレミリMのライブ・CD展開が多かっただけに765の展開の少なさが目立った プロミでの発表に期待(11年:765/ML)
● 名作だったゲッサンミリオンが終わって悲しい マオウミリオンに期待(11年:765/ML)
● 今年発売されたゲッサン3、4、5巻の内容が非常によく、特装版の新曲と765カバーも素晴らしかったです(11年:765/ML)
● 765、ミリオンの展開が欲しかった(11年:765/ML)
● 全体的にはデレステなど、引き続きシンデレラの展開力が高い一年と感じた。とはいえ、ミリオンもシアター組総出演の3rdツアー、最終日には新たなステージとして武道館ライブを発表するなど、今後を感じさせる。765ASは周年ライブがなくPミーティングも来年ということで他と比べると展開は非常におとなしい印象だった(11年:765/ML)
● 今年は大きなライブを行ったのがミリオンとシンデレラだけでライブ面は去年よりおとなしめな印象でした(ライブは素晴らしかった) ゲーム面では765PSが思ったよりも振るわなかった印象。とにかくデレステが話題をかっさらっていったイメージです。 偏見もあると思いますが2016年はシンデレラがアイマスを支えた印象が強いです。デレPとしては嬉しいのですが、コンテンツ間で差が生じてしまうのは少し寂しいと思いました。(11年:CG)
● ミリオンの年という印象を受けなかった 今年もシンデレラが話題だった気がする(11年:CG)
● シンデレラの年でした(11年:CG)
● コンテンツの成長と新規客層獲得を考えれば、今一番人気のあるシンデレラにリソース割くのは分かるし納得もできるが、765の放置っぷりには呆れすら感じる。(12年:765)
● デレステや声優個人の人気上昇などから新規のファン(あえてプロデューサーとは言わない)が増え、アイマス界隈の民度の低下に繋がってしまっていると感じる。 特にライブ、LVでこれまでアイマス界隈に無かったコールや声援をする人、それをネット上で擁護したり楽しんだりする人が増えた。 是非とも運営には対策を講じてもらいたい。(12年:765/876/CG/ML)
● 更に先は続くという期待と、先行きへの不安とが交互に襲ってきた1年でした。(12年:765/876/CG/ML/315)
● 765ASとシアター組の絡みが少なくてちょっと寂しい(12年:765/ML)
● 良かったこと、ん?と思ったこと、色々ありましたがそれらは「石原時代から変えよう、超えようとした結果」で説明がつくものが多かった印象(12年:CG)
● ミリオンのゲームがアップデートされてから大幅にアクティブが減り、今も減ったままなので上手く盛り上がって欲しい。特にやるソシャゲがなかった層が、デレステの登場でほとんどそっちに行った印象。(12年:ML)
● デレステが本格的に稼働し、アイマスを支える大きな柱の一本に成長し、すでにアイマスになくてはならない要素として確立してしまいました。もちろん嬉しいことですが765やミリオン、sideMももう一つ大きく出れる一石が欲しかったです。(13年:765)
● アイマスが広がることにも、何とも言えない寂しさのようなものを感じます。そういう展開は「自分のアイマス」とは違うものですし、結局765プロのほうは11周年ライブもラジオ新番組もなかったので。(13年:765/876)
● 僕はミリPなのでミリオンの話をしますが、まず一番大きな出来事としては3rdが楽しかったです。また全公演BD化も嬉しかったです。それと今年が繋ぎの年になるというのも正直去年の時点である程度は予想できた話なので、5月以降に目立った動きがなかったことに関しては個人的に何の心配も不満もないです。(13年:765/CG/ML)
● コンテンツごとの色や味付けがはっきりしてきたのではないかと。(13年:CG)
● 2016年もまたシンデレラの年だったと思う。デレステが大当たりし、ゴールドディスクに手が届き、2014年に総合ライブをしたSSAにて単独でライブをした。しかも、中核メンバー以外にも出番を分配し、横にも広げた。ミリオンやsideMにはまだ伸び代があると思うけど、このコンテンツをさらに越えてアイマスをさらに変革するにはハードルがずいぶんと高くなってしまったと思えた。(13年:CG/315)
● やはり11thと銘打ったライブが無いのは寂しい(14年:765)
● 今後の展開に期待(14年:765/CG)
● DSの登場人物達の再登場は公式からの救済と感じた。 ただ、プラチナスターズの出来はあまり良いものとは思えなかったので、AS達の今後の扱いがとても心配。(14年:765/ML)
● ここで言ってもなんですが、765プロとバンナムさんには頑張って欲しい。(14年:ML)
● シンデレラ大活躍した年だった (15年:315)
● 昨年からの新米Pですが765の13人勢が好きです。 しかし二次創作等、情報の多くはデレ…私自身も入り口はデレだったため不平を言うわけにもいきませんが、PSの発売があったにも関わらず…という気持ちは拭えません。(15年:765)
● 今年も波乱万丈。(15年:765/CG/ML)
● ミリオンと765は下半期がスカスカだった。シンデレラはデレステ発の新曲が続いたこともあり、昨年に続いて快調だったが、4thでアニメの貯金を使い果たした感がある。 765の周年ライブが途切れたことは、諸般の事情でやむを得ないが、象徴的だったかもしれない。(15年:765/CG/ML)
● アイドルマスターというコンテンツにおいて、シンデレラガールズが去年以上により飛躍して活躍した年に思えます コンテンツそのものの稼ぎ頭となり、ライブ・ゲーム共に進化と新たな可能性を見せ続けています(15年:CG)
● シンデレラガールズは、強みである声優の多さやデレステの本格的始動を生かし、ニコ生を中心に展開した印象がある。ミリオンはライブツアーで公演数が多かったため、Pとしてはコンテンツの前進を感じた。(15年:CG/ML)
● ミリオンもシンデレラも好きですが、 やはりシンデレラは強いなと感じることの多い年でした。 個人的にはミリオン推しなので、ミリオンのこれからに期待したい所です。(15年:CG/ML)
● sidemがついにゆくm@sで本家の人たちと共演するのが発表されて、ついにちゃんと認められて、ここからさらに315プロは躍進すると思います(16年:765/CG/ML/315)


来年2017年のアイドルマスターについて、
ご意見やお考えがあれば自由にお書きください。


● デレ・ミリ・SideMはやっていないので割愛。 765に関しては2.3年ごとに新作ゲーム(SPやSFではなく2やOFAのようなプロデュースが目的の完全新作)を出してくれれば特に言う事はないです。 リメイク(追加ストーリー)でブランド価値を下げた「TOP」やブランド価値の低下した中で謎のリメイクをはじめた「かまいたちの夜」みたいにはなってほしくないです。 ライブに関しては本音は765だけのライブを年2でやってほしいものの、年齢的な問題とスケジュールの問題もある為「(765オンリーで)やってほしい」と言うのはPの傲慢さなんじゃないかとも思います。 765に関しては単独ドームツアーよりも、年1でもどこかのライブハウスで細々とでもやってくれればうれしいです。(05年:765/876)
● 765プロサイドにはもっと頑張っていただきたい、アケマス時代のみんなはみんなAMCGにふさわしい獰猛さを持っていた、道なき道を行く事をシンデレラやシアター組たちばかりに任せてないでもっとアグレッシブビーストモードな感じで頑張ってほしいそういう意味で台湾公演は期待している(05年:CG)
● 色々な批評があっても気にせずガンガン突き進んでほしい。(05年:CG/ML)
● 上半期毎月ライブやってて凄い! 上半期集中してるのを考えると下半期に何かありそうな気も。 今年は無かったM@STERS OF IDOLWORLD、とか…。 KRとか台湾ライブとか海外展開も増えるんですかね。 あと種田梨沙さんの復帰を待っています。(06年:765/876/CG/ML/315)
● プロデューサーミーティングでミリオンやデレの発表があったらそれこそ765プロの終わりだと思っている どこまで延命させられるのか11stをやらなかった来年に期待せず見届けたい(07年:765)
● 今年は876を見る機会が増え、今後も更なる発展に期待しています。(07年:765/876/CG/315)
● 来年はシンデレラ、SideMの年になりそう(08年:765/CG/ML/315)
● プロミが終わった後にASがどうなるのかが一番の気がかり。 大きく展開しないにしても、ドラマCDくらいは作ってほしい。 あとプラチナスターズのDLCカタログはもうやめてほしい(09年:765/876/ML/315)
● ミリオンライブで良いニュースがあると良いかな?シンデレラが盛り上がるのも良いけど、やっぱ765プロが好きだし(09年:765/876/ML/315)
● 誤字脱字等の修正添削をちゃんと出来るようになってほしい。(09年:765/CG/ML/315)
● ミリオンライブのアニメ化に期待(09年:765/ML)
● 2016年の勢いの継続と更なる成長を望みます。(10年:315)
● 新しい動きがほしい(10年:765/876)
● 私は765とシンデレラガールズが好きなので、前述した876プロコラボのようなイベントがあればとても嬉しいです。色々な訳があって出来ないのでしょうけど、個人的にはもっと作品の垣根を越えてアイドル達がわちゃわちゃと楽しげにしているところがみたいですね。(10年:765/876/CG/315)
● 来年のプロデューサーミーティングで何かしらの動きがあるかもしれませんが、765の今後について、不安が大きい。。。(10年:765/ML)
● 台湾公演を通じて765とミリオンの関係がどうなっていくのか気になるところ(10年:765/ML)
● 765プロがなんだかんだで一番好きなのでアニメ放映時期とまでは行かないまでもかつての勢いを取り戻してほしい ミリオン台湾で初の合同を実現させるのは許せない 最初は日本でやってほしかった(11年:765)
● ミリオンの躍進に期待(11年:765/876/CG/ML)
● 1月のプロミから始まり、2月SIdeM、3月ミリオン、4月台湾、5月からはデレツアーと月刊アイマスライブが始まります 来年はどのグループの年になるのか、期待しながらプロデュース(課金)していきたいと思います(11年:765/CG/ML)
● 早くもミリオンにとって特別な意味を持つ舞台であり、一般的にも会場として非常に知名度の高い日本武道館でのライブが決定し、今後の展開などに期待したい。シンデレラは今後もデレステ新曲などで展開の余地はまだまだありそうでこちらも期待。765ASは何はともあれPミーティングで何を発表してくるか。(11年:765/ML)
● 765、ミリオンともにイベントがあるので、そこでの発表を期待したい(11年:765/ML)
● やはり武道館でのミリオンアニメ化&音ゲーアプリの発表を期待しています(11年:765/ML)
● プロミーで765の展開について知れたら良いと思う(11年:CG)
● ライブなどがたくさん各展開控えてるが、この勢いで1年走ってほしいです(11年:CG)
● 2017年は1月からライブラッシュなので忙しくなりそうな予感。ライブ面は2016年よりも活性化しそうですね。 2017年はミリオンで何か大きな発表があるのを期待したいですね(特にアニメ化)。ミリオンの規模を大きくするチャンスな年ではないかと個人的に思っています。(11年:CG)
● もはや765に未来は無いのか。(12年:765)
● 来年こそはミリオンライブがシンデレラに続いて有名になって欲しい。が、ミリオンはファンに声優目当ての人が多く、民度が元から低いと聞くのでさらに荒れてしまわないように運営に対策もしてもらいたい。(12年:765/876/CG/ML)
● 正直、夏以降についての不安ばかりです。ネガティブになれる材料はいくらでもある状況なので、小出しで良いから早く公式情報がほしいものです。(12年:765/876/CG/ML/315)
● また合同ライブやってほしい!ミリオンの音ゲー出してほいい(12年:765/CG/ML)
● ミリオンライブアニメ化期待 だけど焦らずじっくり良い作品を作って欲しい(12年:765/ML)
● シンデレラガールズとsideMが生き急いでいるようにも見えるので中長期的視点をもってほしい(楽しいんですけどね) (12年:CG)
● CDの売り上げだったり、ゲーム内のアクティブだったり落ち目な感じがするミリオンだけど武道館ライブで新たな展開や発表をして盛り返して欲しいと思う。(12年:ML)
● アイドルマスター3がほしいです。プラチナスターズも大変面白いゲームではありますが、どうしても本編のサイドストーリーというイメージが大きいゲームです。さらにアイドル達を成長させ、未来の物語を紡いでほしいです。(13年:765)
● まずはプロデューサーミーティングですね。 765プロの新しい動きを見せてくれたらいいなと思います。ラジオ番組なりゲームの新作なり(まだ早いですけれど)(13年:765/876)
● 来年は頭から立て続けにプロミ、SideM2nd、ミリ4th、ミリ台湾、デレ5thと毎月大きなイベントがあり、当然そこではその先の展開も示されると思うので怒涛の1年になるのではないかと今から楽しみで仕方がありません。特に僕はミリPなので1年待った甲斐があったと思えるような何かが待っていたらいいなと思ってます。(13年:765/CG/ML)
● コンテンツもユーザーも多様化してきたので、過去も大事にしつつ新しい展開に期待したいです。(13年:CG)
● おそらく、アイマスが大きく動くような発表になる年だと思う。ミリオンかsideMか、それともシンデレラか。動き出すのは2018年だろうと思うけど、2017年にデカいことが起こるとしたら、KRが震源地になると思ってる。もし、KRが大きく成功するなら、数年後のアイマスの取り得る選択肢は増えると思うけど、ハングルが読めないのもあってこれが成功するかいまいち分からない (13年:CG/315)
● 前のニコ生で坂上Pが4周年を大きくスタートさせると言っていたので4thでアニメ化などの展開が来る事を期待しています。 (13年:ML)
● 年明けのプロデューサーミーティングがいったいどんなものになるのか、それによって今後の方向性が見える気がします(14年:765)
● 今後の展開に期待させるような年だったので来年の動向に注目していく(14年:765/CG)
● 『アイドルマスター』や『アイドルマスター2』のようなプロデュース方式の765プロASが登場するゲームをしたい(14年:765/ML)
● 「765プロの未来はここにある」と10thから言ってはや1年強、未だにその言葉の意味/真意がイマイチ分からず……来年はもっといい年であるように。ブログの更新もいつもながらお疲れ様です。(14年:ML)
● 876プロの新展開があるのではないか  ミリオンライブの声優さんはかわいいけど、キャラを知らない人がキャラソンを買わないだろうし武道館で終了だと思う。  つらいけれど、広告撤去されると言うことはキャラはどうでもいいと言うことだろうし…。(15年:315)
● 上記では少々愚痴りましたが、ママさんガールズたちのお仕事&子育てのことも考えると、このくらいの展開でも良いのかなとも思います。 とりあえずアイステだけは終わらないで!! (15年:765)
● 昔の事をもう少し思い出して欲しいとか。 (15年:765/876/CG)
● 765は11thを開催してほしい。ミリオンは種田さんの復帰が成るかどうか。希望的観測だが、4thにシークレットで出演して、復帰を宣言してくれればと思う。シンデレラは来年もデレステが基盤になりそう。(15年:765/CG/ML)
● ミリオンのパフォーマンスには、シンデレラより勝るものがあると思っています。なので、もっともっとライブなどのミリオン独自のレベルの高いパフォーマンスを見ることができる機会を増やしてほしいです。(15年:765/CG/ML)
● 来年は1月から月休みなく何かのアイドルマスターのコンテンツのライブやイベントが続きます。 ということはアイドルマスターのこれまでからいって何か発表があるのは確かだと思います。 来年は変革の年になるのではなるでしょう しかしアイドルマスターというコンテンツが末長く続いて行きますように精一杯応援して行きたいと思います。(15年:765/ML)
● 全国ツアー、シンデレラ劇場アニメ化、デレステの更なるアプデ・新曲と既に大きな予定が控えており、来年も盛り上がり自体はシンデレラの年と思えます しかしプロミとミリオン4th、台湾での合同ライブが示す新たな765の姿も非常に気になります。発表次第では下半期のメインとなるかもしれません sideMも着々と経験を重ね、アイドル達を掘り下げるソロ曲CDのリリースが続きます。DSコラボの続報も楽しみです 来年のアイマスは今年以上に激動の1年になるかも?(15年:CG)
● 何より期待したいのはミリオンのアニメ化! 避けては通らない道とは思いますが、発表されるまでは安心できません。 まさかシンデレラを優先しているのでは・・・とか考えて不安にもなります。 デレもミリも(もちろん765や315も)、各コンテンツの良さがあり特色があるので、それぞれの路線で輝いていって欲しいです。(15年:CG/ML)
● 本家13人の扱いをこれからどうするのか、というビジョンをはっきりと示して欲しい。アイドルマスターを支えてきた人達が緩やかにフェードアウトというのでは、派生作品のPとして申し訳なく感じる。(15年:CG/ML)


非常に沢山のご意見をいただき、本当にありがとうございます。
私はもちろんすべてに目を通させていただきました。

内容についてザックリまとめると、16年は765の停滞についての不満や不安、
15年に引き続いてのシンデレラの好調についての声が多く、
17年はその765の行く末、ミリオンの可能性についての声が多く感じ取れました。

「ミリオンの年」になるのではと言われながらもそうはならずとなった2016年。
それを超えた2017年、765にとっての大一番のはずのPミーティングから幕開けですが、
果たしてどんな年になるのでしょうか…。

とにもかくにも、今回のアンケートにご協力いただいた皆様、
そしてご覧いただいた皆様、本当にありがとうございました。

当ブログの年内の記事はあと1~2回を予定しています。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック