2016年総括

kage

2016/12/30 (Fri)

さて今回が2016年最後の記事。今年も例年通り総括で締めたいと思います。


「アイマスタジアム」の2016年

当ブログ開設から3年半が経過し、4年目となった今年。
昨年に比べても更新頻度がやや落ちてしまった、というところはあるのですが、
これについては今年の「展望」記事で書いていた通りで、想定の範囲内です。

>なんですが、書くペースについてはもしかしたら少し変わることもあるかもしれません。
>それはもちろん、ペースアップという方向ではなく、ペースダウンという方向で。

記事更新を楽しみにしていただいてる方がいたとしたら申し訳ないですが、
これくらいでご勘弁を、というほかありません。


内容としては、3rdライブツアーのレポートから始まり、765アイドル個人の記事を完結させ、
ついに発売されたプラチナスターズの雑感を記事も書きつつ、
参加したイベントレポートを書いていって…という感じで、
とりあえずその時書けるものを書いていった、という感じになりました。
一方で音楽CDレビューは僅かにしか進まず…もう少しやりたかったところですが。

とはいうものの、そのCDレビューを除けば書くべきネタは概ね書ききることはできた
という状況なので、その時々のアイマスの状況に応じて記事を書く、
という状態に突入できたことは良かった、というかやっと「マイペース」に入れた、
という事で良かったのではないか
という風に思っています。

それを踏まえて来年はどうする、というのはまた来年の記事に。


「アイドルマスターの2016年」

アイドルマスターそのものについては、「10大ニュース」で語れてしまえている、
ということになりますが、「ミリオンの年」にはならず、昨年に引き続きシンデレラが好調、
765は停滞、というよりは衰退…
といったことがあげられるかと思います。
765については満を持してのはずだったプラチナスターズがあのザマで、「11thライブ」も無く、
アイマスタジオも終了し…と書き上げればそれはよりハッキリ見えてしまうのが現実です。

一方で別のトピックスとしては「10大ニュース」にもあった通り総合ディレクターの退職、
というものが非常に大きく、また誰も想像できなかった「第六勢力」である「KR」が始動、
ということもあり、かつてない展開が起きた1年だった、という事も言えるはずです。

「11年目」において「進」という字が「今年の一字」にあげられたように、
10周年の節目を超えてもなお間違いなくアイマスは進み続けているのは確かです。
ですが、その進み方はこれまでとは違うものとなりつつある、というのも確かでしょう。

もちろんこれまでだって試行錯誤、紆余曲折を経てきた、というのがアイマスの歴史では
あるのですが、より振れ幅が大きくなった、という表現ができる進み方です。

SideMにおいて役に三瓶さんを続投、といった過去の財産を再利用する、
という動きもありましたが、それよりやはり、これまでにない展開を、という方向での
動きが大きく目立つ一年
でもありましたしね。KRはもちろん、VRしかり、
ミリオン3rdの「全員出演」しかり。11thライブがなかった、という事もある意味では。

その方向性で進んだ先にあるのは果たして、というのは来年の話で、
それはまた来年の記事に書こうと思います。


総括の総括

ということで最後に総括の総括を。

「期待に及んだ年ではありませんでした。」とした10周年、2015年の次の年で会った今年。
ミリオン3rdライブツアーで華々しくスタートしたものの、そのミリオンはツアー終了後一時停止、
765は前述の通りのザマ、一方でシンデレラは昨年に続き好調、SideMも勢いを増し…
という状況となり、結局昨年同様、私としては満足いく年ではなかった、と断言できます
昨年末の期待、「PS4版アイマス」やミリオンアニメ化に見事に裏切られた形でもありますしね。

とは言えこの2016年という年は決して無益な一年でもなかったとは思います。
ミリオン3rdは間違いなく素晴らしかったですし、プラチナスターズだって、「次」への
踏み台になるのなら、という注釈付きですが、無駄打ちではなかったはずだからです。

そして何より、やはり今年もアイマスにより日々を充実させ、生き抜くことができた、
これが一番
だと思います。まぁそもそも「アイマスありき」の私の人生ではあるのですが。

ともあれ、そんな今年を踏まえてでは来年は…というのはやはり来年の記事に、となりますが、
来年もアイマスとともに生きる、それが大きな目標なのは確かです。


ということで、今年もこのブログを見てくださった全ての方、そしてアンケート等に
ご協力くださったプロデューサーさん、本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック