THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL 03

kage

2017/01/17 (Tue)

愛 LIKE 765プロ



01.生っすか第三部OPトーク
02.愛 LIKE ハンバーガー(M@STER VERSION)  歌:秋月律子高槻やよい
03.やよいチャレンジのコーナー
04.らびゅらびゅ 歌:高槻やよい
05.Brand New Wave Upper Ground 歌:秋月律子
06.スペシャルゲスト呼び込み
07.YELL~エール~ 歌:プロデューサー
08.プロデューサーチャレンジのコーナー
09.明日があるさ(ジョージアで行きましょう編) 歌:プロデューサー
10.会いたい気持 歌:秋月律子
11.トイレの神様 歌:高槻やよい
12.律子チャレンジのコーナー
13.初恋 ~三章 幸せの紅葉~ 歌:秋月律子高槻やよい
14.閑話休題
15.愛LIKEハンバーガー(M@STER VERSION) オリジナル・カラオケ

生っすかサンデー特別版の第三部、という設定の当CDを担当するのは
アニメでは竜宮小町のプロデューサーを務めた律子やよい
そして765プロのプロデューサー、という変則トリオです。

律子はともかく、というか本来は普通に出てしかるべきなので良いのですが、
まさかPまで登場し、しかも歌うとは…なのですが、バラエティのノリで押し切ります


01.生っすか第三部OPトーク

オープニングの挨拶は律子の司会捌きとやよいの元気を感じさせるものに。
これまでの3人より少ない2人だけではありますが、パワーは全く劣らず、というトーク展開。
また、ここでスペシャルゲストの存在にも触れられ、これまでとの違いも匂わせます。


02.愛 LIKE ハンバーガー(M@STER VERSION)
歌:秋月律子高槻やよい

アメリカンな雰囲気でハイテンションの、タイトル通りハンバーガーをテーマとした楽曲。
コミックソング的なそれ、といえばその通りですが、ハイテンポで駆け抜ける流れは
聴いていて心地よく、これまでにないアイマス楽曲の広がり、というのを存分に感じられます



03.やよいチャレンジのコーナー

いつもは年長のメンバーに丁寧語で話すやよい律子に対してタメ語で話す…というチャレンジ。
タメ語、というか姉から妹へ、となりこれはこれでやよいらしさを感じさせます。
しかし最後に別のチャレンジが…となりますが、ここもうまく切り抜けてくれます。


04.らびゅらびゅ
歌:高槻やよい

中華風な雰囲気を漂わせる、緩く幼さも感じさせる恋の曲。
そのノリはやよいには非常に合っており、等身大の姿を感じさせてくれる一曲です。


05.Brand New Wave Upper Ground
歌:秋月律子

果てしない解放感を感じさせるスケールの曲調に、身近で背伸びをしない歌詞。
律子がその絶妙な世界観を表現し、さながら持ち歌がごとき会心のカバーとなっています。


06.スペシャルゲスト呼び込み

やよいも知らないスペシャルゲストの呼び込み、となりますが、つまりはPの登場です。
そして登場からいきなり歌いながら、という無茶なチャレンジとなり…。


07.YELL~エール~
歌:プロデューサー

前のパートの無茶ぶりとは全く無関係に落ち着いたバラード系の応援ソングをPが披露。
「プロデューサー」という立場からは「エール」という言葉と、その歌詞の世界は非常に
合っており
、Pが歌う事自体の是非はさておき、選曲としてはこれ以上はないと思います。


08.プロデューサーチャレンジのコーナー

普段は立たないステージに立つことになり緊張しっぱなしながらも、興奮すると
熱く語り始めるオタク性質のP
に対し、質問コーナーが開始。しかしそこでも案の定…
となりますが、それでもチャレンジ成功には至らず、2曲目のカバー曲にPも挑みます。


09.明日があるさ(ジョージアで行きましょう編)
歌:プロデューサー

サラリーマンの悲哀をコミカルに歌いつつも前向きに、という曲であり、
アイドル達には歌わせられない、Pだからこそ、という選曲でもあります。


10.会いたい気持
歌:秋月律子

非常に優しく穏やかなバラード系恋愛曲。ストレートな恋愛曲、というのも
律子には合っており、非常に美しいカバー曲として完成されていると感じます。


11.トイレの神様
歌:高槻やよい

物語性の非常に強い歌詞の曲で、その物語がやよいに合っているかはさておき、
緩やかな曲調の中でメッセージを伝える、という意味ではやよいならではの曲とも思えます。


12.律子チャレンジのコーナー

プロデューサーチャレンジは無事成功し、退場、かと思いきや…思わぬ展開に。
とんでもない方向からの律子チャレンジだった、というオチとなります。


13.初恋 ~三章 幸せの紅葉~
歌:秋月律子高槻やよい

タイトル通り「幸せ」を感じさせる、暖かくアップテンポな曲調と歌詞になっており、
これまでの二章とは全く別のタイプの曲。しかしその底抜けの高揚感が、
シリーズはまだ続く、という意味ではむしろハラハラさせる
、という構造にもなっています。


14.閑話休題

Pがステージに立っているためか、舞台裏には小鳥が登場。を相手にしっかり
フリをしていたら、案の定…という流れに。それにしてもやる気満々の小鳥で、
最後の最後まで期待を高めるような展開にもなっています。


Pがトークや歌に登場、というのはこれまでのシリーズにはない形であり、
この生っすかならでは、というか03ならでは、というオリジナリティになっています。

その登場自体の妥当性は論じる余地はあるとは思いますが、
それを最も自然にさせることができたのはこのCDだからこそ、ともいえるでしょう。

楽曲的にはオリジナルの「愛 LIKE ハンバーガー」こそコミカル系ながらも、
カバー曲は落ち着いた暖かみのある曲も多く、元気と安らぎをもらえる一枚となっています。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック