プロデューサーミーティング 1日目 速報

kage

2017/01/28 (Sat)

さて本日こちらのイベントに参加してきましたので、
これについてとりあえずはザックリと。

イベントの幕開けは、いつもの大型ライブ通り、協賛企業の紹介から、
社長と小鳥のシルエット登場からの挨拶と諸注意という流れ。

そこから最初に登場したのは、なんとプラチナスターズのジャージ姿の春香
というかつてない試みで、技術的にこれが所謂ARなのかなんなのか
私にはわかりませんが、「新しいイベントの姿」を見せる形になりました。

そしてそこから登場したのが「765PRO ALLSTARS」で、
披露されたオープニング曲は「チェリー」というまさかの展開

実際には「まさかの」という程ではなく、ライブ未披露だった現実あり、
待望論があった上での今回のアンケートだったわけで、その声が多かったのは
感じ取れていましたが、しかしまさか2位としてここで披露されるとは…。

出演メンバーの衣装はプラチナスターズのジャージ姿、ということで、
トークコーナー中ずっとこれでしたが、「チェリー」はこの衣装でも映えるので良いとして、
明日本当に「M@STERPIECE」が来てもこれなのか…
というのは気になるところ。
ガッチリ衣装こそ映える曲のはずですが、しかし流石にこれは変えないのか…?

そのオープニング曲の後はごく簡単な挨拶となり、
最初のコーナー「プロデューサーズボイス」に移り、ここでサプライズゲスト、
アニメP役の赤羽根さんがステージに登場
、となりました。

コーナー的には赤羽根さんが司会で、パンフレットのアンケートのごく一部について、
雑に出演者たちと見て語る、という内容で、終了次第赤羽根さんは一旦退場。

続いては朗読劇で、「765プロ大感謝祭」に向けて、アイドル達がPと合宿所で
色々と協議、という話だ
ったのですが、ゲームさながらの選択肢をモニターに映し、
「振られるサイリウム」と「振られないサイリウム」の数が謎の技術でカウントされ、
その選択肢が決まり、朗読劇の話が変わっていく、というものでした。
そしてこの朗読劇でまさかの秋月涼三瓶さんがサプライズゲストで登場、ということに。

劇自体は、最後はいつものように「これからもプロデュースをお願いします」的な
オチにはなったのですが…。後述しますが、具体的に何も展開がないのに、
それだけお願いされても…
という話になってしまっています。

そしてコーナーはアイドルのライブ映像、という名の事実上の休憩&衣装替え時間。
映像はプラチナスターズで、今回のイベントの新衣装をまとい、数曲が披露されました。

そしてそこからの三瓶さんがソロでステージに登場し…ライブコーナーに突入。
ということで、オープニング曲を含めたセットリストは以下の通り。

OP.チェリー(765PRO ALLSTARS)
01.Dazzling World(三瓶)
02.ザ・ライブ革命でSHOW!(765PRO ALLSTARS)
03.Miracle Night(中村釘宮平田下田)
04.僕たちのResistance(今井仁後長谷川沼倉)
05.アマテラス(浅倉若林たかはし)
06.紅白応援V(765PRO ALLSTARS)
07.Happy!(765PRO ALLSTARS)
08.THE IDOLM@STER(765PRO ALLSTARS・三瓶)


ということで、私が期待したもの、ではなくて予想したものがほぼドンピシャで、
サプライズゲストの存在と「紅白応援V」がガッツリライブコーナーに
組み込まれたことだけが違う点、という内容になりました。

もちろんこのボリュームに満足、ということはありませんが、納得はしています
なので問題はそこではなく、765プロの12人にソロ曲なんて存在しなかったのに、
なぜか「Dazzling World」をソロで披露した三瓶さんの存在
、ということになります。

赤羽根さんについては、司会としての役割が12人とは別に必要だった、
という意味で765万歩譲れば理解できなくはありませんが、
三瓶さんについては、朗読劇及びトークにおいて「やっぱり765プロは凄いや」要員としての
存在なら765兆歩譲って理解できたとしても、ライブコーナーに登場、は意味不明
です。

今更4thの埋め合わせのつもりなのか、SideMの宣伝なのか何なのか知りませんが、
今回のこの出演を決めた人間は二度とアイマスに関わるな、としか言いようがありません。

それはともかく、ライブコーナーが終わり、イベント自体も終わり、という形になりましたが、
最後の最後も、小鳥の挨拶と社長の挨拶になり、新情報についてはまさかの「何もなし」

「Fun to the new vision!!」とは、「これからの10年」とは何だったのか、という話で、
まさか「こんな感じのイベントを1年に1回か、それより低い頻度でやっていくからよろしくね」
というのが「これからの10年」だとでもいうのか
、ということになってしまいます。

もちろん、このイベントは2日目、明日もあり、アイマスの2dayイベントは2日目こそ重要、
というのはお決まりではあるのですが、しかしいくらなんでもこれでは…。


「765PRO ALLSTARS」の12人揃踏み、それは無事達成され、それはもちろん嬉しい話です。
トークコーナーの内容の妥当性や、ライブコーナーのボリュームも想定内です。
しかしサプライズゲストの存在や、新情報なし、という状況は、理解に苦しむとしか言えません。

7thのとき、あるいは9thでも感じられた、終演後の圧倒的な高揚感や充足感、多幸感。
それとは程遠いこの感情を、どこにどうぶつけろというのか。


もちろん、今回のイベントにおいて「嬉しくない」展開の可能性は想定していましたが、
それはあくまでも新情報、今後の展開の内容で、このイベント自体ではありませんでした。
「765PRO ALLSTARS」揃踏みの夢舞台が、まさかこんな気持ちで終わることになるとは、
見積もりが甘かったと言えばその通りですが、それにしたってあんまり
だと思います。

上述の通り、このイベントは明日もあり、明日こそが重要なのは必然です。
全く同じテーマのトークや朗読劇をやるのか、ライブもやはり同じなのか、そしてゲストは。
何より、新情報はあるのか、「new vision」はいったい何だというのか。

その全てが見える明日が終わった段階をもって、このイベント自体の総評は完成となりますが、
1日目終了の、今現在の気持ちとしては、非常にモヤモヤしたものを抱えた、それが現実です。

取り返しのつかない汚点が今日の時点でついたことで、100%素晴らしいイベントだった、
という評価はもうできませんが、その分を少しでも取返し、そして何より、未来につなげるための、
大きな一歩であったと、明日が終わったときには思わせてほしい。それを今はただ願うばかり
です。
関連記事

この記事へのコメント

kage

でも一番いらないのは赤羽根さんのトークですよね
あれ無くせば歌一回できますよね

Posted at 23:20:24 2017/01/28 by

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 00:16:44 2017/01/29 by

この記事へのコメント

kage

涼ちんに関しては2週間後に何があるかを考えてみると…?
と言うかミーティングは2日あるんだから詳細な情報は2日目でしょ。

見てる記事が悪いのか、妙に文句ばっかり目立つ気がする…もうちょっと落ち着いてみたほうが良いのでは。

Posted at 05:07:06 2017/01/29 by なし

この記事へのコメント

kage

今回の構成は12年越しの1stライブの再現かと思います。
要は原点に帰ったわけです。
私個人としては、昔の765が戻って来たんだ!という
高揚感と多幸感を得られましたけどね

Posted at 06:56:45 2017/01/29 by 新参おじいちゃん

この記事へのコメント

kage

アイマスはライブ中心ではなく、あの光景が本来の姿なのでは?
1stは朗読会が中心でしたからね。
7th,9thの高揚感、多幸感、つまりはライブだけをやれということですか?
もし、ライブだけを楽しみたいになら、ミリオンにでもいけばいいかと


Posted at 08:53:00 2017/01/29 by アイアイマン

この記事へのコメント

kage

三瓶さんの出演ですが、自分の周りでは喜ぶ人ばかりで、批判する人は1人もいませんでしたよ。

もちろん、多数が喜んでいたからといってそれが「正解」であるとは限りません。
しかし、「三瓶さんを出演させるべきか、否か」という問いには絶対の正解が存在するわけではなく、感覚の問題です。感覚の問題だからこそ、自分の
「今回のこの出演を決めた人間は二度とアイマスに関わるな」
という感覚が他の人とかけ離れているときには、自分の感覚の方が異常なのではないかと疑ってみるべきではないでしょうか。

もっとも、私の周りの人が偏っていただけかもしれないので、ここに他の方からどのようなコメントが寄せられるのか、楽しみにしています。

Posted at 14:30:13 2017/01/30 by 3年目のP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

1番目のコメントの方

いらないのはゲストの存在そのものですが、
それが無くなる事と歌の回数は関係ないと思います。

Posted at 21:19:33 2017/01/30 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: プロミと名うってるのに・・・

2番目のコメントの方

誰に対して言っている内容なのか理解できないのですが、
管理人のみコメントなので私に対してなんでしょうか?
私はそんなことわかり切っています。

Posted at 21:20:53 2017/01/30 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

なしさん

2週間後にSideMの2ndライブがあるからこそ、宣伝なんだと思いますが。
それに結局のところ2日目には何もありませんでしたね。

文句ばかりが目立つように思い、それが嫌なら無理に読まなくても結構ですよ。

Posted at 21:22:22 2017/01/30 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

新参おじいちゃんさん

私は1stライブには参加していませんが、
映像作品やレポート記事を見るに、きちんと未来への道筋は描かれていましたよね?
それがあるかないか、それが絶望的な違いだと思います。

Posted at 21:25:57 2017/01/30 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

アイアイマンさん

記事の中身をロクに読みもせずに
脊髄反射で的外れなコメントをするのは今後は控えてくださいね。

Posted at 21:26:45 2017/01/30 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

3年目のPさん

100人の人間がいれば100通りの感想があるのは当たり前で、
それがたとえ少数派だったとしても、「異常」と表現するのはそれこそ「異常」だと思いますよ。

そういう同調圧力がアイマスP内で蔓延っているのは由々しき問題だと
常々思っていますが、こればっかりはどうにもなりませんね。

あなたの周りの人、というのも同調圧力で「喜ぶ」というフリをしているだけかもしれませんし、
真意がわかりもしない他人の意見なんて何の意味もないので、
何か言いたいときは「あなたがどう思ったか」の意見くらいにとどめておいてくださいね。

Posted at 21:36:51 2017/01/30 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック