765プロの未来はどこにあるのか 後編

kage

2017/02/18 (Sat)

ミリオンライブの未来について

中編の記事にも書いてきた通り、ミリオンライブというタイトルの軸となってきたのは
ソシャゲであり、それに準ずる形でCDシリーズがあり、ライブがあり、となってきました。

その意味では、それ程ハッキリとは線引きされていなかった765に比べると
わかりやすい気もしますが、いかんせん「〇〇編」と分けたところで、
同じソシャゲの枠内にすぎず、だからこそ13人と37人の距離感の変動に違和感が
出ててしまう、という事にもつながってきてしまうと思われます。

そこをいかに解消するのか、という事の結論自体がそもそも出ていない、
という事がミリマガで明言されているからどうしようもないわけですが、
それはさておいて、メディア展開という意味での未来ならいくらでも夢想できます

「最有力」であるはずのアニメ化についてはまさに先日SideMに先んじられたことで、
4thでの発表の線はかなり薄くなったでしょうが、しかし将来的には確実でしょう。

また、「765の後輩」というのならば、コンシューマ、あるいはアーケードへ
という可能性も十分すぎるほどあり、そこに活路を見出すことはできるはずです。

もちろんアプリゲームという方向もありますが、「アイドルゲーム」としては
最もスタンダードな音ゲーというジャンルでデレステというハードルが立ちはだかる以上、
ここにまともにぶつけるのは正気の沙汰ではないのも確か。
その上で、それ以外のジャンルでよく言われるのは「プロダクション経営ゲーム」的なもので、
「プロデューサー」という立場的にはこちらのほうがより「らしい」
わけですが、
ビジュアル的なインパクトには欠けるのは必至で、これが正解かは見えません。

いずれにしても、こうした「スタンダードな方向性」こそが望ましい、と私は思いますが、
一方で、シンデレラが既に占拠している市場に真正面から臨む、というのが
ビジネス戦略的に正しいかというと、それもまた別の話になるのかも
しれません。

だからこそ、ミリオンの特徴、と最初から言われている声優ライブをより押し出し、
それこそ海外へ、というのが台湾1stという形で示されている
、ともとれるわけです。

あるいは、「不可侵」とされていた「実写化」も、KRという斜め下の方向から
突き破られたことで、舞台なりミュージカル的な展開ならありうる
とは考えられます。

いっそのこと本当に「劇場」でもぶち立てて、そこで毎週声優ライブをやる、
くらいの気概を見せてもそれはそれで間違っていると思えません


つまりは何が言いたいかというと、「何でもできる」わけです。現状においては
ソシャゲという狭い箱の中でアイドル達は実質飼い殺され、
その中から息継ぎするかのような形で声優ライブを展開するだけ、
とすら表現できる現状だからこそ、そこを打破さえできればなんだってできる。

「プロデューサーとアイドルの関係」こそがアイマス、と「アイマスフェブリ」では
されていましたが、その縛りすら解く、とミリマガで宣言された今なら、
どんなことだって出来る
と、そう夢想することはできます、夢想することは。


アイドルマスターの未来について

しかし話はそんなに簡単ではない、という現実こそ先日のSideM2ndで突きつけられました。
「最有力」であったアニメ化を先んじられる、という事態がまさにそれ、ですね。

バンナムがいくら大企業で、アイマス関連企業が多数あるとは言っても、
そのリソースは限られ、またそれと同時に、ファン側もまた客層は限られています。
つまりは、「シンデレラガールズ」が男性向け、「SideM」が女性向けとして立てば、
とりあえずは「二次元アイドルファン層」をカバーできる
、ということになるわけです。

もちろんそれで全てがカバーできるわけもないのですが、費用対効果を考えれば、
展開を絞り、目先の利益がよりハッキリしているほうをとる、というのは
金の亡者のバンナム、ではなくとも企業なら当たり前と言えば当たり前です。

「スタッフのアイマス愛」という薄ら寒い言葉を信じて、ニッチ層もカバーされるはず、
と妄信してもロクな結果にならない、というのはDSという展開が証明していますしね。

ではシンデレラに比べれば明らかに「ニッチ」側であるミリオンに未来はないのか、
アイマスの未来はシンデレラとSideMにあるのか、というと、それは誰にもわからないでしょう。

なぜなら、他の何者でもない「アイドルマスター」そのものが、誰も想像できない
未来を切り拓き、今に至っている、という現実こそがそこにあるから
です。
そしてその未来を切り拓いてきた中心こそが「765プロ」という事実もそこにあるからです。

常に逆境に立たされ、しかしそこに立ち向かい、駆け上がってきた765プロ。
その「未来」が託されたミリオンにもまた、それを成しえるポテンシャルはあるはずです。

また、「スタッフのアイマス愛」なんてものは全く信じられませんが、
言ってしまえばこれまで4年間「投資」してきたミリオンライブをいきなり捨てるほうが
正気の沙汰ではなく、ビジネス的な意味でも、これから花開かせるタイミング

とは考えることはできるわけで、その意味でも「現実的に」未来は見えます。
(もっともこれは実際の損益状況など把握していない上での予想にすぎませんが)

あるいは、幸いにも、他の誰でもない「765プロ」こそが、現実的な意味での
「アイマス」というコンテンツをブランドとして成立させ、それがミリオンの未来を
描くためのキャンバス自体を生み出し、維持している
、そうとれる現実もあるわけです。

「恵まれている」「ゴリ押し」と揶揄され、「逆差別」と言えるものを受けてきたとも言える
ミリオンライブですが、このミリオンこそが「765プロの未来」ならば、
その揶揄・言説自体が全く意味をなさない、滑稽な表現とも言える
でしょう。

プロデューサーミーティングで13人による765プロの未来を示さないのならば、
ミリオン4th、武道館という一つの夢の到達点で、37人、50人の次なる未来を示すはず。

その未来が明るいものになることを願い、そのために、自分のできる事を、
自分のできる範囲でプロデュースしていく、それがアイマスのプロデューサーのなすことだと、
私は思っていますし、765プロのプロデューサーとして、私はそうしていきます。

アイマスの未来は無限大で、765プロの未来も無限大ですが、
それを実際に紡ぐのは一人一人のプロデューサー達の意志
だと、そう思うからです。
関連記事

この記事へのコメント

kage

長くなります。

逆境という話では、矢面に立たされ、P側からも心ない言葉を投げかけられ、最高の1stで完全復活を示したJupiterがいます。
切り開いたという話では、独自の道を行き、駆けあがり過去アイマスにはなかった展開を多様に成し遂げてきたシンデレラガールズがいます。
765プロはその中心として、その展開を受けとめながら進んでいたと思います。
プロミでのサプライズゲストも私は765が踏み台にされた等とは思わず、10thしかり、すべての中心として世界観を繋げた行為だと思いました。

それではミリオンは無限の可能性をいかに振るうのか。ミリオン37人とPで成し遂げたと言えるドラマは果たしてあるのか。
そこが外部に分かるようなものが無いから「恵まれている」、と呼ばれていたんだと思います。
声が最初からついていて、シンデレラを差し置き765という繋がりで劇場版に登場したことなどコンテンツとしての「特急券」がありましたからね。
ただ私は声を付けるという行為で外部からの関心を引くやり方もあると思うので、それが逆に外部化する際の燃料の消失だったとも考えます。

恵まれているというのは外部の評価ですからね…現状全然恵まれてるわけじゃないのに。
ゲーム内容が複雑化したり、各アイドルのエピソード0も個々の掘り下げというにはあまりにも、な感じでしたし。
「今のミリオン」が「765プロの未来」とするのも結構ですが、今じゃちょっとモヤモヤしてしまうことが多すぎるので、おっしゃる通り花開いてほしいと思います。
まあ、これからは恵まれてるなんて言われなくなるでしょうし、それはとてもよかったと思います。いいこともありましたね。



ミリオンがニッチ層なのか、という疑問はありますがデレのメジャー具合と比較したらそうなるのかもしれませんね。
ただおっしゃる通りアニメ化は転がり込んでくるはずですし、そのための準備は為されてきているはずです。
1年目くらいはほぼ同期みたいな距離感だったのが、改変されていったのがその一つの動きだとも思います。
(私は50人が平等に、春香たちもまだまだ新鮮な気持ちでアイドルをやっていたあの時の距離感が好きでした
変に先輩というか、ベテラン感なんか必要なく、1人の少女からアイドルを駆けあがってるあの感じの方が今よりも好きでした…)


声優ライブは長所、強みと言われていますが、それは声優に興味ない層はミリオンの魅力の供給をどこで受けたらいいんだ、という話でもあります。
声優ライブを推していくという路線は私は…今の形では到底賛成はできません。

シンデレラの4th、SideMの2nd等を見て私が思ったのは、ミリオンは「ミリオンライブとしてのライブをしてるのか?」ということです。
演出、パフォーマンスのやり方において、ゲーム内容、各アイドルとの紐付けしようという意思はあるのか。
ミリオンライブそのものとの連動感、一体感を出せているのか? といった点です。

シンデレラはその演出、舞台装置を絡め、アイドルの個性に沿ったそれぞれのショーめいたストーリーを呈示していました。SWの際、NGそろい踏みする時の演出などもドラマを感じるものです。
お城というストーリー、それぞれのゲーム内の高レア時の個別衣装などといったたくさんの点でそのゲーム、アニメとの世界観の共有を感じました。
SideM2ndでもより色濃いユニット色、個性の際立たせ方がありました。F-LAGSの会場全体と一つになってのトリコロールライト、神速一魂の熱いコール、FRAMEの笑顔を守る姿勢を貫いてのトロッコでのファンサ…
歌詞やパフォーマンス、キャラとしてのセリフなど「ゲームに触れていればより感動できる。楽しい」部分がミリオンよりもずっと多いと思います。
アイドルの過去、現在の状況を知っている上での感動の強まりがあり、逆によく知らなくてもパフォーマンス・歌詞でアイドル自体の魅力を発信していて、アイドルへと還元する流れが強いんですね。

ミリオンはそこの、アイドル達へのフィードバックやゲーム内へのストーリーの連動感が薄い。
まぁ先の距離感の話など、ゲーム内の設定すら変更されたりしているのでしょうがないのかもしれませんが…
せめてソロ曲の際の画面には声優さんの名前だけではなく、アイドルの名前と画像を必ず出すといったことぐらいしてもいいのではないかと思うのです。アイドルそのものをもっと大切にし、アピールする要素を増やすべきだと思います。
声優だけが目当て、という人もミリオンのライブでは多いのでその層へのおもねりかもしれませんが…それじゃあミリオン自体が発展しないんじゃないの、と思うわけです。

765ASは10年続けたわけですし、プラットフォームもたくさんあってプロミの様なスタイルは正しいと思います。
ただミリオンはせっかくライブの評判が高いのですから、そこでもシンデレラやSideMのようにアイドルを好いてもらえるような紐付けをもっともっとするべきだと思えてなりません。
個性がさほど尖っているわけではないと言うなら、なおさらです。
例えば未来として「765プロの未来はここにある」という言葉を言わせるのは非常に劇的だと思いますし、そのような方針を伸ばして4thライブは行われてほしいですね。

ただミリオンが後回しにされたとしても、それは色々なめぐり合わせがあってのことだし、最終的な判断をしたのがバンナムだとしてもすべてが当初の計画どおり、思い通りになんていってないと思うんですよね。まぁそれは全ての企業に言えることでしょうが。
シンデレラの展開は上層部と開発部で意識が全然違っていて、ミリオンなんて企画段階では100人出せとの意見を石原さんが捌ききれないとして突っぱねたそうですし。
バンナムも一枚岩でもない。それをまとめたくくりで語ると抜け落ちる部分もあるでしょう。

最後に…自分のできる範囲でプロデュースするとのことでしたが、そのためにはもう少しミリオンにポジティブな印象を持たれるような記事を増やしたらいいかな、と思います。
魅力発信するために、良かったシーン、特筆すべき個性を紹介するような。熱意を持った意見に人は惹かれるものです。一介のミリオンPとしてのわがままですが…

Posted at 02:45:10 2017/02/19 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

1番目のコメントの方

ジュピター自身はそもそもそれほど叩かれていないでしょう。
というか憎める存在として出した、とさえ公式に言われているのだから、
それを前提に考えれば生易しすぎるくらいだと思います。
まぁSideMがいきなりサービスダウンしたことは逆境かもしれませんが…。

シンデレラはアイマスという765が築いたブランドの上で
やっているだけなので、大して何も切り拓いていないでしょう。

ミリオンが「恵まれている」とされるのはシンデレラと比較して、
だと思いますが、そもそもその比較がどうなの、という話なんですよね。
私自身、そのていで記事も書いているのであまり強く言えませんが、
そもそもそこに対立軸ができる事自体がおかしくはないのかと思えます。
765の延長としてのミリオン、と考えれば、ですね。

ミリオンのライブについては、リリースイベントの会場規模アップ、
というのが一つの方向性としてあったと思いますが、
それも限界にきているわけで、その独自性はあまりありませんね。

ただ、演出の小細工なしでオーソドックスな形で勝負することが悪いとは思わないし、
フィードバックしようにも、仰る通りゲーム自体がガタガタなんだからどうにも
ならないと思いますよ。3rd幕張のアイルなんかはコミック再現でうまい事できましたが…。

私としてはゲームやアイドルとの連動、というのはそれほど大事ではないと思いますが、
とにかくアイドル自身が輝くフィールドが必要だとは思います。
765だって実際連動はたいしてなかったわけですが、
アイドルが輝くフィールドはきちんとこれまでありましたしね。

ミリオンの記事については、そうですね。本当はアニメ化でも来たらその時に、
と考えていたものもいくつかありますが、4thでそれもなさそうなので、
4th後にどうあれ書けるものは書こうと思っています。

Posted at 23:08:27 2017/02/19 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

主にミリオンとシンデレラの対立軸についてです。
他の方への返答へ横からになり申し訳ありません。
>>ミリオンが「恵まれている」
>>シンデレラはアイマスという765が築いたブランドの上で
やっているだけなので、大して何も切り拓いていない


デレマスPの私から見たミリオンの恵まれている要素というのはやはり本家のお墨付き、
というところだと思います。765本流であるのだから恵まれているも何もない、というのはさておき。

シンデレラから遅れること1年半、ミリオンのソシャゲがPROJECT IM@Sのロゴ、A-1 Picturesの
書き下ろしを引っさげて登場したとき、デレマスPの私としてはデレマスはバンナムにとっては
名義を貸していただけのテストヘッドに過ぎなかったのだろうなと思わされました。

デレマスが765メンバーを切り捨てたのか、ミリオンという正当な後継ソシャゲを作ったから
デレマスからバンナムが引き上げさせたのか、という事に関してはそれぞれ見方があるかと思います。
私は後者の見方でした。ミリオンが始まった2013年以降、シンデレラで765のキャラが新規追加されることは
なくなりましたし、元から書き下ろしはごく僅かで既存絵の流用が多かったですしね。

シンデレラでは最初期から765アイドルがイベントの報酬になったことはありません。
招待報酬、無料配布、ガチャといった、売り上げや客寄せという役割は果たしていましたが
ゲーム内でシンデレラのキャラクターとの直接的な絡みも、間接的な絡みもほぼありません。
シンデレラというコンテンツの中身を構成し、ミリオンライブサービス開始後も牽引してきたのは
結局のところシンデレラのキャラクターです。

ソーシャルゲームというフィールドで間口を広げたのは(そもそもの展開の方向性の良し悪しは別としても)
シンデレラの功績だと思っています。もちろん、アイマスという冠がなければ有象無象に埋もれていたことも
間違いはないでしょうけれど。

私自身はミリオン自体に恨みがあるわけではありませんが、バンナムの展開の仕方が仇となり
やや確執的なものがあるのは否めません。

Posted at 02:04:47 2017/02/21 by デレP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

デレPさん

実際公式がどういう意図で、どういう戦略でシンデレラとミリオンを出したのか、
一応語られている部分もありますが、それが全てとは思えないですし、
考えるだけ無駄、という話になってしまうかと思います。

ただ一つ言えることは、どういう意図があれ、
あなたのように、少なからずのシンデレラPはミリオンに対して快くない感情を抱き、
そしてそれを元にシンデレラの支持を強めた、要するに金を落とし、
シンデレラの展開を広げるに至った、という流れがあっただろう、ということです。

それはバンナムも予期できなかったのだろう…と言いたいところですが、
冷静に考えればバンナムは二次元エンターテイメントコンテンツの雄ですし、
その消費者感情さえ計算のうちで、ミリオンを捨て駒に、
シンデレラの消費を促進させた、という戦略もあったのかもしれません。

まぁこれこそ妄想ですが、9.18だって意図的に炎上させた可能性も否定できませんし、
そのように我々一般人には想像もできないレベルでエンターテインメントをビジネスとして
展開・提供している、という事もありえない話ではない、と思えてしまいます。
ここまでシンデレラが上手くいっていると、余計にですね。

Posted at 21:13:36 2017/02/22 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

流石にそこまで計算しているのであれば天晴れですが…
色んな偶然や、人のつながりでここまできたとも言っていますしちょっと考えづらいかなとは思います。
まぁ長い目で見れば、どこの陣営も悪くなっては無いんですよね。765ASですら一旦停止のように見えますが未来への活躍の余地は全然断ってないですし。
確証がない以上、バンナムの手腕と評するのも間違いとは確かに言いきれないですね。

Jupiterはネガキャンじみた言説をしつこく書きこむ人いることも見てきましたし、木星好きだと言っただけで他のPから脅されたりしていた人もいたので、それを踏まえればぬる過ぎるとは言えない、エグいものだと私は感じてました
まぁそれは観測範囲の違いなのでしょうね。黒井社長はあんま叩かれてないみたいですが

バンナムというか開発陣はアイマスを「全部好き」でなく不満足なところや嫌いなところもあった方が発展し続けられるという哲学めいたものを持っているとは語られてましたね。
色んな冒険、既存の価値観を壊すような挑戦も少しずつ続けてきていていると感じます。枠をとっぱらおうとしているというか。

ミリオンは今までなんというか飢えたことが無かったから、恵まれているという評価を受けていたのでしょうね…。わかりやすい劇的な不幸が無かったことが逆に不幸だったと言うかなんというか。
今まで(内容はどうであれ)新CD、新ストーリーを提供し続けてきたわけですし。
現状のミリオンが「飢える」ことになるかは4th以後の発表以後にわかることなのでしょう。
結果次第であれば発奮する人もまた増えるのかな、と考えてそうした意味では希望を持っています。
琴葉のあの「一言」がどのような意味を持つのかも、(あるいはそこまで意味を持たないものなのか)4thを見ればあるいはわかるのかなと期待します。

アイドル生合戦という商標は果たしてミリオンのものなのか、というのも非常に気になっていますね

Posted at 01:03:44 2017/02/23 by SSAP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

SSAPさん

流石に今の765を悪くなっていない、というのは無理があるような…。

バンナムは元総合ディレクターも言っていた「『好き』になったり『嫌い』になったりして欲しい」を
常に実行している節はありますね。そのほうが話題性も保てるのは確かでしょうが、
文字通り炎上商法まがいのことを続けているとも言えますが…。

まぁミリオンについては全ては4th次第、でしょう。

Posted at 21:21:46 2017/02/24 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

いつもお返事ありがとうございます

1番目※の最後の意見に私も賛成します。以前の※にも書きましたが、ポジティブとネガティブが同じ程度並んでいると、ネガティブの方が印象に残ってしまいます。ミリオンのアイドルたちをアピールするポジティブな記事がもっとあればミリオン活性化の一助になるかと思います。
それにしてもバンナムは二次元エンターテインメントコンテンツの雄とはまさにその通りかと。最近バンナムが20年以上前に連載終了した某バトルマンガのゲーム化及びメディアミックス展開ですごい売上出しているのを知りました。色々問題のあるバンナムという企業ですが「売れるモノを作る」実力を持っているのは確かですね。

Posted at 22:47:09 2017/02/27 by アイマス知って早2年

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック