私にとってのミリオンスターズのアイドル達 Vocal編 中編

kage

2017/04/15 (Sat)

高山紗代子




CV:駒形友梨
年齢:17歳
身長:156cm
体重:42kg
誕生日:12/29
血液型:A型
スリーサイズ:82-55-80


第一印象

「真面目」「熱血」「メガネっ子」という属性のうち、「真面目」は良いとして、
「熱血」「メガネっ子」は私にとってはプラスに働かず…ということになるのが紗代子

その強さの裏返しの弱さが…というほどには強さが際立つキャラクター性ではなく、
弱さもしっかりと表面から見て取れる、ということは悪い事ではないと思います。

しかしそれが絶対的な魅力として感じられれるかというとそうではない、ということもあり、
評価としては非常に厳しい、というのが正直な印象となります。


現在の印象・今後の期待

改めて紗代子に対して特に思うのは、立ち位置のアンバランスさ、ということです。
「熱血」ではあれど全体を引っ張るほどのパワー感があるほどではなく、
「真面目」ではあれどそれで全体をまとめ上げるというほどでもない。
何十人ものメンバーの中でそれを成しえる事自体がそもそも簡単ではない、
というのも確かですが、そこに到底及ばないことで、どうしても印象としては弱くなり、
立ち位置自体も怪しくなる、となってしまっているように思えます。

しかし、その「パワー不足」「アンバランスさ」こそが魅力になりえる、とも思えます。
そうした「弱点」を抱えつつも、それを克服するなりカバーするなり、という物語性こそが、
「成長」の物語になりえるはずで、その物語を描く余地がある、ということなのですから。
だからこそ、そうした物語が描かれたとき、彼女の立ち位置はまた違って見える事でしょう。



田中琴葉



CV:種田梨沙
年齢:18歳
身長:157cm
体重:44kg
誕生日:10/5
血液型:A型
スリーサイズ:79-55-78


第一印象

春香未来とはまた違った意味での「正統派ヒロイン」たる属性を持ち、
それでいて「センター」ではない、という立ち位置は、まさに「理想の二次元ヒロイン」、
そういっても過言ではない程に、絶対的な魅力が私には感じられます。

「真面目な優等生」でありビジュアルも整い過ぎているその様は「ベタ」でしかありませんが、
その「ベタ」さこそが彼女の魅力で、それがそのままダイレクトに突き刺さってくるのです。

その代償、でもないでしょうが、ソロの持ち歌2曲には物足りなさを感じる、というのも確か。
しかし「灼熱少女」でリーダーを務めたように物語性にも恵まれ、
ミリオン37人の中でも確固たる「強さ」を感じさせてくれる存在となっています。


現在の印象・今後の期待

そんな「隙無し」の琴葉ですが、声優のアクシデント、という状況に見舞われることとなり、
「物語性」において致命的な穴が開くこととなりました。全員出演ではないTAの欠場はまだしも、
LTFの事実上の欠場はやはり痛かったし、今後も同様の事態が発生する可能性は十分です。

しかし、「こういう状況」だからこその物語性、というのも当然あるわけです。
シチュエーションは違えど、他のメンバーとは違う特殊なストーリーを背負うことでより魅力を
増した雪歩のように、この状況をプラスに変えるだけの余地は十分あるはずなのです。

もしかしたら今後、他の36人とは全く違う物語を描くことになる可能性もあるかもしれませんし、
それは現状では何とも言えません。しかしその物語自体が彼女の魅力として積み重なり、
他の誰にもないストーリーを描くのならば、彼女の絶対性はさらに揺るがなくなるはずです。
こうなった以上は、そうした形で彼女が更に輝く姿に期待するほかありません。



天空橋朋花




CV:小岩井ことり
年齢:15歳
身長:156cm
体重:41kg
誕生日:11/11
血液型:AB型
スリーサイズ:80-56-79


第一印象

「女王様キャラ」というのは決して好きなタイプではなく、それがアイデンティティの柱と
なっている朋花の印象というものは必然的に良くはないものになってしまいます。

とは言うものの、「趣味:ファンに喜んでもらうこと」とあるようなファンありきの姿勢や、
年齢相応の幼さも垣間見える事についてはプラスに働き、トータルで見れば
「良くはない」よりは「良い」に傾くだけの魅力は感じられる存在と言うことができます。

ビジュアル的にも、持ち歌的にも比較的恵まれ、良い意味でのインパクトを十分に
与えてくれるだけのものを持っている、ということもありますしね。


現在の印象・今後の期待

そんな朋花の最大のポイントは、その「女王様キャラ」がどこまで本音で、
どこまで「キャラ作り」なのか、というそのラインだと思えます。

このタイプのキャラは、「本音」ベースで「キャラ作り」をプラス、というオーソドックスな形で
あるならば私としては最も受け入れやすく、好意的に取りやすいものであるわけですが、
これについては現在は明示されていない、という事自体がポイントなわけです。

しかし、これが明らかにされないこと自体が彼女の魅力、とも言えるわけで、
その「見えそうで見えない」感が維持されるなら、それはそれで良い、と思えます。

何もかもがわかること、それこそが絶対的に「良い」わけではなく、一種のミステリアス性、
謎の部分を残してこその魅力、というのは確かにある、私はそう思っています。



箱崎星梨花




CV:麻倉もも
年齢:13歳
身長:146cm
体重:37kg
誕生日:2/20
血液型:O型
スリーサイズ:74-54-76

第一印象

「(世間知らずの)お嬢様」「素直な良い子」という属性を持ち、ビジュアルを含めてみると
やよい伊織のハイブリッド」として生み出されたキャラなんじゃないか思えるのが
この星梨花なわけなんですが、その二人の属性を兼ね備えているということは、
すなわち私にとっては印象としては良いキャラクターである、ということでもあります。

ただ、「ハイブリッド」に見えてしまうというキャラ設定自体の「あざとさ」まで
透けて見えてしまう辺りはマイナスに作用しますし、「推される」キャラであるという立ち位置も、
私にとってはマイナスになる、ということもあります。

「可愛い」という言葉を体現した一つの完成形、とも言える星梨花の造形なわけですが、
その完成度ゆえの物足りなさ、というのも感じられてしまうのです。


現在の印象・今後の期待

「推される」からこそとも言える一つの展開として、劇場版への出演があったわけですが、
そこでの星梨花は目立ちこそしないながら「できない組」の中でも「頑張り」の姿を見せ、
「努力する姿」というアイマスのアイドルとして見たい姿を魅せてくれもしたわけです。

そうした、「成長の物語」という要素が、あざといまでに可愛く完成されたキャラ造形に
うまくマッチするものが見えた時に、一皮むけた存在としての意義を感じられるようになる、
そうなるのではないかという事に多大に期待しています。
関連記事

この記事へのコメント

kage

朋花に対しての評価に対して一つ
キャラ作りかどうか不明瞭という点は魅力に対しマイナスという点は同意出来ます
しかしミリオンにおいて、特に美奈子のボイスドラマ等やガシャのイラスト・テキストで15歳という「幼さ」が描写されているという点を見逃すのは評価するにおいて見逃すべきではないところだとも思います

このような形態でしかキャラを描写できないというのがこのシアター組の一番の欠点だとも思いますが、このあたりを読み解くのも保険としてでもミリオンに歩み寄るのであれば触れるべきと私は思います

Posted at 13:11:51 2017/04/16 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

朋花の話なのか急に美奈子の話なのかよくわかりませんが、
朋花の年齢相応の「幼さ」なら認識はしていますよ。

ただ記事として、わかっていることならなんでもかんでも
書こうとしているわけではなくて、私にとって優先すべき内容を優先して書いている、
というものになりますし、それはこれから書く全てのアイドルに対しても
当然共通の書き方になってくるのでその点はご容赦ください。

Posted at 22:00:35 2017/04/16 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック