765 MILLIONSTARS First Time in TAIWAN セットリスト予想

kage

2017/04/20 (Thu)

さていよいよ今週末に迫ってきた台湾ライブ。
まずはいつものようにセットリスト予想をしてみようと思います。

今回は2dayの2公演となっていますが、出演メンバーは全く同じ、ということで、
ここでの予想は1つだけ、ということにして考えてみました。


01.Thank you!(出演者全員)
02.Legend Girls!!(中村伊藤麻倉
03.ジャングル☆パーティー(下田稲川
04.素敵なキセキ(山崎
05.トキメキの音符になって(麻倉
06.恋のLesson初級編(Machico
07.PRETTY DREAMER(沼倉山崎渡部
08.Eternal Harmony(今井愛美末柄
09.ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン(渡部
10.BOUNCING♪ SMILE!(稲川
11.透明なプロローグ(伊藤
12.エスケープ(愛美渡部
13.秘密のメモリーズ(末柄
14.恋心マスカレード(野村
15.bitter sweet(末柄
16.流星群(愛美
17.Persona Voice(浅倉野村
18.深層マーメイド(沼倉Machico
19.Just be myself!!(今井
20.タイムマシンに飛び乗って!(下田
21.Impervious Resolution(浅倉
22.Marionetteは眠らない(Machico稲川
23.Blue Symphony(今井伊藤麻倉
24.addicted(
25.smily days(沼倉
26.キミがいて夢になる(中村
27.ハルカナミライ(中村山崎
28.ココロがかえる場所(浅倉下田野村
29.Dreaming!(出演者全員)
E1.THE IDOLM@STER(出演者全員)


ポイントはいくつかありますが、まず前提として公演時間が「2時間半~3時間」と
明言されている点
で、予定の時間破りに定評のあるアイマスライブとは言え、
海外公演のため、日本への飛行機の事を流石にきちんと考えているはずで、
実質「2時間半」で終わる構成になっているはず、ということがあります。

これはアイマスライブとしては全く長い時間ではなく、楽曲数としても
「25曲前後」が限界のはず
、という見込みにもなります…が、私は願望を込めて、
それを超える「30曲」の予想としておきました。

披露される曲自体ですが、まずオリジナルメンバーが揃うLTDのデュオ5曲は固い
というのがあります。というかこれを披露するための人選、とすら思えるところもあり、
これをやらずになにをやるのか、というくらいの話だと思えます。

そして問題はソロです。15人、つまり15曲が想定できますが、しかしこれをやると、
セットリストの過半数がソロになり、中々苦しい構成になる
わけです。
せっかく様々なユニット曲が披露できるチャンスにも関わらず、ですね。

なのでまさかの「ソロ曲なし」の可能性もあると思いますし、あるいはSSAのように
「両日でソロを披露するメンバーを分ける」のもあるかもしれませんし、
もしかしたら「短縮版」や「メドレー」で消化する可能性もあるかと思います。

まぁそんなことは私はして欲しくないし、それこそ765メンバーには、ほとんどライブ未披露の
「LTHソロ曲」を期待しているわけで、ここはちゃんとやって欲しいと思います。
「Just be myself!!」なんてここでやらずにどこでやるのか、というくらいに思えますし。

それ以外はユニット曲を可能な限りオリジナルメンバーに準拠して考えましたが、
これこそメドレー形式で披露、という可能性が高い気もしてきます。

しかしそれ以外にそもそもの話もあって、私はここでは「THE IDOLM@STER」しか
「コロムビア曲」を入れていませんが、実際にはもっとあるのでは
、ということです。

今回のライブ自体、「ミリオンライブ」名義でも良かったのに「765+ミリオン」としたこと、
物販でランティスのミリオンCDだけでなくコロムビアの765CDも発売されること、
コロムビアのラジオであるアイステにミリオン声優が次々とゲスト出演、
しかもこれまで前例がなかったにもかかわらず、という事まで考えれば、
普通にこれはありうることだと思えます。

ならば何をやるか、ですが、「READY!!」「GO MY WAY!!」あたりの手堅い曲はもちろん、
「M@STERPIECE」だってありえますし、「ステキハピネス」「インセインゲーム」等の
「ライブ未披露曲」がここで…という可能性だって十分ある
わけです。

私としてはここでは「ミリオン曲(ランティス曲)」を優先してくれよ
765でオリジナルメンバーでやってない曲をここではやるなよ、とすら思いますが、
果たして実際にはどのようなことになるでしょうか。

大型ライブとしては初の「765+ミリオン」という形式で、これまでにないメンバーで
ユニットが組める、というポイントをいかに生かすか、というのが最大の焦点
でしょう。

セットリストについては、直近のミリオン4thで多大に失望させてくれた「前科」があり、
正直今回も不安は大きいですが、このメンバーだからこそ、というものを
魅せてくれることを祈る、それ以外にできることはありません。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック