ミリオンライブ シアターデイズ 新情報発表&事前登録開始!

kage

2017/04/30 (Sun)

今回は本日のニコニコ超会議にて発表された、シアターデイズの新情報等について。
十中八九ここで来るはず、というところで見事に出してきてくれたわけですが、その中身は…。


新PV公開



OFAの春香と同じモーションで挨拶してくれたのは未来、ではなくて百合子、ということに
どれくらいの意味があるのかはわかりませんが、「集大成」であったOFAを模したことで、
このシアターデイズが「765プロの次の物語」であることを明示し、そしてOFAにおいて
「ここがホーム」と事務所と示したものを、今回はこのシアターで「ここがホーム」と示した、
ということ
でもあり、非常にわくわくさせてくれる導入になっています。

その導入も含め、OFAの舞台をそのまま事務所からシアターに移した、と思えるように
アイドル達が生き生きとシアター内で動き回る姿がしっかりと見て取れるようにもなっています。

その登場するアイドル達はグリマスのNカードの私服を皆着ている…かと思いきや
春香だけは別のものを着ているようで、つまりはASの13人は別の私服…なんでしょうか。

また、そのシアター内に「控え室」「ドレスアップルーム」「事務室」とありますが、
システム的にはここが大事になってきそうなポイントにも思えます。

そして唐突に現れる新事務員「青羽美咲」。正確には唐突でもなく4周年PVでも後姿は
見せていましたが、何にしてもこうした紹介は当然初、ということになった「新キャラ」です。
事務員というよりアイドル、というビジュアルで、若いというより幼いくらいですが、年齢は…
これで30代、とかいう可能性もゼロではないんでしょうが、そんな変化球もいらないとは思います。

この美咲にはすでに声優もついていて、安済知佳さん、という方とのことですが、
私は全く存じ上げませんが、全くの新人という事もなく、実績積み上げ中の若手の模様。
つまりは今のミリオン声優たちと同じ感じの状況のようで、
それも踏まえればライブ等への出演も今後は十分ある、というかほぼ確実な路線なのでしょう。
…ということは小鳥同様に曲が与えられる可能性もある、ということもありますね。

そして肝心のゲームとしては、「ふれあい」を4th時点で宣言していた通り、
「タッチコミュ」ができるようですが、部位ごとに反応が違う、とはならないんでしょうかね…

コミュのバリエーションがどれくらいあるのか、というかそもそもどういうゲームデザインなのか、
というのは見えてきませんが、「マンネリ化」はしてほしくないものです…どうせするでしょうが。

また、もう一つの重要なポイントで、ライブパートはやはり音ゲーだった、という事があります。
音ゲーというだけでもレッドオーシャンに飛び込む姿勢に不安しかないのに、
「そのまんまデレステ」は流石にどうなの、としか思えませんが…。
スマホ縦持ちの片手プレーができる、というのは利点なのかもしれませんが、
根本的に差別化できているわけでは全くありませんしね。

さらに、構成メンバーはどうも「5人固定」らしい、というのも気になるところです。
本来は4人曲である「Marionetteは眠らない」もオリジナルメンバー+海美で5人、
ニコ超で郁原さんがプレーした「Sentimental Venus」もオリジナル+可奈で5人。
同じくMachicoさんがプレーした、「恋のLesson初級編」もソロではなくて5人。
さらに縦持ちすら星梨花ソロに見えて左上の表示では5人、ということになっていて、
これが「スマホの限界」というものなのだと痛感させられます。
いやスマホで5人並べて踊らせているだけで凄いというのはわかりますし、
そもそも4人なんてものはPS4ですら実現できていないのが現実なのもわかりますが…。

それは残念なところにしても、肝心のキャラのモデルについては文句なしの出来に見えます。
私としては「完璧」に思えたセンシティブトゥーンには及ばないにしても、
個人的には好みではなかったPSのヴァリアブルトゥーンよりは魅力的に見えるモデルで、
これはスマホゲーとしては最高峰のレベル、といっても過言ではないでしょう。

何よりも大事なのは「アイドルの魅力」であるはずで、まずはビジュアルは押さえてくれた、
ということは非常に良かった点
だと、現時点でもハッキリ言う事ができます。

…とはいえ、「ゲーム性」ももちろん大事で、今回発表された事前登録キャンペーンで
「ミリオンジュエル」「最高レアリティSSR確定チケット」というフレーズが出てきており、
またしょうもないカードガチャで搾取するつもりなのか、というのは不安しかありません

「ふれあい」と「音ゲー」のバランス、そして課金要素のあり方
ここがポイントになるはずですが、これはもう配信自体を待つしかないのでしょう。
そう、今回事前登録も開始されたわけですしね。

ここでまた前述の「事前登録キャンペーン」についてですが、
「10万」「20万」「39万」「100万」でそれぞれ特典が増える、というものになっています。
「100万」という数字はもちろん「ミリオン」に掛けてなのは明白ですが、
これは現状の国内スマホゲーとしては現実的な数字でもないようで…
「39万」が現実的な目標、という事になっていると思えますが、果たして結果はいかに。

その「結果」がいつ出るかも不明、つまり配信日もいまだ不明の「2017年内」ですが、
ここまで出来ていればそう遠くはないはず…と思えます。

もちろん私も事前登録はしっかり済ませており「第二幕」の幕開けを待つばかりです。


朝焼けは黄金色

今回のニコニコ超会議では、ミリシタのほかにこちらについても発表がありました。
「ComixREX」でのアニメ版準拠コミック終了の際に告知されていた「朝焼けは黄金色」が
ついに正式発表、という形になったものですね。

実際にはREX本誌で発表はされていたとのことですが、
ここでも告知となり、「ありし日の小鳥」を描く物語になる、とされました。

小鳥の過去、というのはアイマス史上最大の謎、というかタブー的なトピックで、
永遠にボカしたままになるのでは、と思っていましたし、そう期待もしていましたが、
ここでそれをしっかりと明示することになってしまうようです。

もちろんアイマスは「全てパラレル」であり、これもアニメの世界線だけの話でしょうが、
しかしここはこういう風に公式に書いては欲しくなかった、というトピックになってしまいます。
もちろんまだ連載前で、どういう中身になるのかも不明ではありますが…。

765にとっても「最後の切り札」的なネタでもありましたし、だからこそそのカードを切った、
という状況自体も嬉しくもない
わけですが、これが現実、というのをまた突きつけられた格好です。
いやもちろん、「シアターデイズ」という未来があるのが示されたのはあるのですが、それでも…。

ということで、765ASの新情報はこれだけで、「MASTER PRIMAL」についても何もなし。
「夏場の大型ライブ」なんてものはもちろんなし、というのもまた現実として突きつけられました。


Brand New Theater!

今回のニコニコ超会議では「THREE STARS!!!」形式だったため、シンデレラの新情報も
ありましたが、VRのDLCのPV、その一瞬版、ということでは何も書くことはありません。
SideMも別にステージがあったようですが、特筆すべきことは何もなかったようです。

となるとあとむしろ書くことはイベント1日目にミリオンが出演した「超音楽祭」で、
山崎さん、阿部さん、桐谷さん、諏訪さん、渡部さんの5人が出演し、
「Brand New Theater!」を含む5曲を披露した、ということになるでしょう。

この曲がここで来ることは想定の範囲内でしたが、4th武道館ぶり、
未音源化の状態でどんな曲かもハッキリとは覚えていない、という状態からのこれ、
というのはやはり嬉しかったですし、メンバー5人の新鮮味というのも良かったと思います。

「ニコニコ」という空間はアイマスにとってはホームと言っても過言ではない空間でしょうが、
そうは言っても「ニコマス全盛期」なんてものは今は昔、という状況なわけで、
少しでもミリオンが対外的なアピールをして、「シアターデイズ」へつなげる事ができたはず、
ということについても良かった
、と言っていいでしょう。

「グリマス」という閉ざされた空間から飛び出し、次の新たなステージへ。
「スマホアプリゲー」は現代においては間口は極めて大きいメディアであり、
ここからミリオンが更なる成長を、ということを願い、期待して待っています。
関連記事

この記事へのコメント

kage

>ライブパートはやはり音ゲーだった
それを危惧するのもわかるが、CSの申し訳程度の操作要素よりは良かったと安堵しますがね
新たな層の獲得としては、ポチポチゲーよりもプレイ自体が楽しいと思えた方が良い

>そもそも4人なんてものはPS4ですら実現できていないのが現実
デレステでは曲によっては2,3,4,5人それぞれしか表示されない曲もあるので、それを利用すれば出来ると思われ

Posted at 22:53:03 2017/04/30 by ななし

この記事へのコメント

kage

躍らせるアイドルの人数は後々のアップデートで変更されるかもしれません。デレステにおいても初期から暫くは5人固定(もちろん原曲の人数に沿ったカメラワークですが)でしたが、後に映像のみ鑑賞できるMVモードに配慮したのか曲によっては2人・3人・4人と工夫が重ねられています。こちらも開発のノウハウが鍛えられ次第対応、といった形かも知れません

個人的に気になるのは映像面の容量でしょうか。デレステはアイドルのモデル総数約200名・ダンスは5人共通に対しミリシタはモデル総数50名・ダンスはバラバラに躍らせられるというのは、別ベクトルでそれぞれ非常に容量を喰う事でしょう(実際デレステはガッツリ喰います)
スペック次第では、MVによってスマホが激熱になる、といった危険な状態になりかねません。デレステとはどこまで似通ったゲーム性でスタートするのか気になるところですが、ちょっとした事でアドバイスできればと思います

Posted at 06:29:20 2017/05/01 by 端末課金勢

この記事へのコメント

kage

シンデレラPとしてひとつ
>>構成メンバーはどうも「5人固定」
おそらくですが、MVの人数は楽曲によって4人、2人、あるいはソロというように色々と用意されていると思われます。
もしくは、現在はできなくてもサービスが続くうちにそういった楽曲・モードが実装されるようになるのではないでしょうか?
現に、デレステでは最初は完全に5人固定映像でしたが、MVが進化するにつれて二人、三人、四人映像の楽曲も出てきましたので。
ただ、最初の時期に実装される楽曲はソロ曲でもユニット曲でも5人固定ってパターンはあるかもしれませんね。

Posted at 14:38:10 2017/05/01 by とあるデレP

この記事へのコメント

kage

お疲れ様です。
今回の発表、個人的に非常に残念でした。そもそもデレステでさえコンシューマのコミュに遠く及ばないお粗末なシナリオばかりなのに、ミリマスがアプリゲーで素晴らしくなれるのか…
アプリになるくらいだったら、SPやSFのようなメンバー分割でも良いからちゃんとしたプロデュースゲーを出してほしい。SPから入りましたが、私がアイマスに望んでいるのはガチャゲーでも音ゲーでもなくプロデュースゲーなのだと実感しました。
メンバーが増えるデレやMとの兼ね合いでコンシューマが難しいのは分かりますが、アイマスに求める方向性が食い違ってる以上もう引退するべきか…と悩むこの頃です。

Posted at 14:49:36 2017/05/01 by 引退寸前P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ななしさん

ポチポチゲーよりゲームとして楽しくなりそうなのは当たり前としても、
わざわざ音ゲーという市場に乗り込むことが適切かは相当疑わしい状況でしょう。
だからこその「ふれあい」での差別化何でしょうけども。

4人が技術的に可能ならばPV時点でそれを出すべきなはずです。
5人のほうが画面映えは確かにしますが、初期搭載が想定されるLTPユニット曲の大半は4人曲です。
後付けでできたとしてもそれがもうナンセンス、と私には思えます。

Posted at 23:35:20 2017/05/01 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

端末課金勢さん

技術的に人数が可変できるのならば…というのは前の方へのコメントの通りで、
無理に急いで配信するよりもそちらを搭載してからのほうが良いと私は思います。
「後で直せばいい」というそのセンスがアプリゲーに限らない、
オンラインゲームの悪いところで、興をそがれる要素だと感じます。

容量については当然食うでしょうし、
スマホのスペックがどこまで求められるのか、というのも気になるところですね。
…そんなことを気にしなければならないのがスマホゲー、というのもまた快くは思えないところです。

Posted at 23:42:08 2017/05/01 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

とあるデレPさん

人数可変性については前の方へのコメント通りです。
LTPの4人曲を5人で、というのは違和感しかないし、
技術的に可能なら最初からしてくれよ、という話です。

いっそ「まず5人固定」であとから4人対応するのならLTH曲をLTPより先に出す、
くらいのほうがマシに思えますが、PV等を見る限りではLTPが先なんでしょうしね。

Posted at 23:47:01 2017/05/01 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

引退寸前Pさん

ミリオンは人数が増えないからこそコンシューマが適切で、
私もプロデュースゲームを期待しましたが、残念ながら昨今の流行り通りにこうなりましたね。

「成長」し「トップアイドル」へ、というストーリーが観られそうにもない、
というのは確かに致命的な問題ではありますし、非常に苦しい部分です。

引退というのはご自身の判断次第でしかないと思いますが、
「自分の好きな展開」だけに触れ、肩ひじ張らずに楽しむ、
という付き合い方だってアイマスはできるものだと私は思っていますよ。

Posted at 23:52:00 2017/05/01 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

バンナムの本気を見た気がします。
コンシューマーについては人数的にミリオンでも難しいのではないでしょうか。

ニコ超見た感じではデレステよりもプロデュース関連が強そうで羨ましく思うと共に楽しみでもあります。
まだ色々と微調整中に思えますが、期待と共に事前登録して来ました。
ゆくゆくはミリシタの機能の一部でもデレステに輸入してくれればいいんですが難しいでしょうね。

Posted at 08:39:58 2017/05/02 by シンデレラからの新参p

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

シンデレラからの新参pさん

コンシューマーは確かに人数という重大な課題に対処しきれない問題がありますからね。

ミリシタとデレステの製作上の関係についてはどうなんでしょうね。
ミリシタが完全バンナム内製なのかもよくわかりませんし、
そうだとてもサイゲームスとの関係はどうなのか…とか。
まぁ音ゲー部分はぱっと見同じようにしか見えませんけども。

Posted at 01:06:09 2017/05/04 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

本文とは関係無いですが

記事数がこの記事で876ですね!

Posted at 00:48:27 2017/05/06 by kiyomaruP

この記事へのコメント

kage

Re: 本文とは関係無いですが

kiyomaruPさん

もうそんな数になったのですね。765は何の記事だったんだろう…という気もしますが、
1000に到達したら何か記念の企画でもやってもいいかもしれない、とも思います。

Posted at 22:15:44 2017/05/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

バンナムの音ゲー好き(sf,太鼓,デレステ,ミリシタ,Mステ,プラチナスターズ)にはうんざりしつつも、まぁ新要素に期待、ですかね。
どうあれ新ゲームというのは楽しみなものですし、765含めて50人の新ゲームとなればなおさら。

Posted at 00:16:14 2017/05/08 by ななし

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ななしさん

音ゲー意外にやることがないのか、というのは残念ですが、
アイドルゲームの時点で選択肢は限られますし、ステージシーンを魅せるなら尚更ですね。
まぁそれを打破する新しいものを大手ゲームメーカーとしてのバンナムに期待したいところでしたが、
そんな開発力も残念ながらないのでしょう…。

Posted at 00:05:29 2017/05/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

100万達成しましたね

事前登録が100万達成し最高特典のゲットとなりましたが、正直情けなくて泣けてきます
迷惑メールのアドレスで登録するだの、一般企業のメールアドレスで登録するだの、ゆりしーのアドレスで登録するだのそうまでして特典がほしいかと。

しかしまあ、百万歩譲ってそれはまだ良い。良くはないけど誰が登録したのかわからないから荒らしが愉快犯的に使ったのかも知れないですし、メールアドレスを外に公開してる以上そういうイタズラに使われる例はいくらでもあるでしょう。

何が一番情けないかって、そういう物も使って事前登録数を増やそうって意図が見え見えのミリシタ運営サイドが一番情けない。
メールアドレスを入力するだけで登録完了・登録者数が一人増えるなんて杜撰なシステムで事前登録募集して登録者数で特典なんて付けたら無作為に大量のメール入れられるなんて分かりきったことなのに。(普通は確認URLも挟みます)

自分たちが作ったサービスが、ミリオンの子たちが、正攻法で100万狙えると何故信じてあげられなかったのか。
こんな不正やモラルに欠ける行動で積み上がった数字を語って恥ずかしくないのかと。

サービス開始前からこんなことで正直不安になるばかりです
こんな運営な位ならミリマス全部畳んだ方がいいんじゃないかと思うくらい

Posted at 15:35:38 2017/05/19 by

この記事へのコメント

kage

Re: 100万達成しましたね

15番目のコメントの方

私も事前登録した際に「これでOKなの?」と思うくらいのあっさりとした、
というかガバガバな「アドレス送るだけ」にはびっくりしましたが、
まぁこんなシステムだからこその案の定の事態でしょうね。

ただ、残念ながらアイマス公式・バンナムにモラルや倫理を求めるのは間違いですし、
ファン層及びその周辺の人種にそれを求めるのも間違い、
というのがアイマスの周辺を取り巻く環境の現実です。

そんなことには一切期待せず、ゲームとして面白いか否か、
アイドルが魅力的に描かれるか否か、だけに焦点を絞ったほうが良いでしょう…。
まぁ、それすらどうなることやら疑わしいのもまた現実なんですけどね。

Posted at 22:47:05 2017/05/20 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック