ミリオンライブ プレー雑感 その17

kage

2017/06/27 (Tue)

先月末のニコ生の段階で「流石にもう秒読み段階でしょう」と予想しながら
約1ヶ月、結局まだミリシタは配信されていないわけですが、
その間にグリマスは大…ではないですが中型アップデートがされましたので、
今回はそれについて少し書いておきたいと思います。


プレー状況

今回もまずは私の基本データについて。レベルはちょうど500、
ファン数は3300万人近くの「パーフェクトプロデューサー」、
アルバムは1650を超えた
、という数字です。

デッキについては「ボーカル属性のAP重視」を維持していますが、
ボーカルに限らず、トレードで手に入れられる限りは全アイドルに対し
可能な限りまんべんなく、1枚ずつは高能力カードに差し替えていっている状況です。

ユニットについてはファン人数が全員最低でも47万人で、
810万人の美奈子を除いたトップの55万人との差は縮まってきています。

優先度としては上限が解放された親愛度の増加、となるため、
ファン人数のバランスを調整するのは中々難しいところですね。


中型アップデート

特に何の前触れもなく先日行われた中型アップデート。
劇場が空中庭園の「シアターオブバビロン」からなぜか恐竜をモチーフとした
「ジュラシックシアター」に進化した、というのが目を惹きますが、
これまで窮屈この上なかっただ所持カード数上限の大幅増加、
600から700まで異常に時間が掛かった新愛度上限が900まで一気に解放、
今更何の意味があるのか新営業エリア追加、ライブバトルも追加、
等々、抜本的な変更ではない、「正統派アップデート」がこの期に及んでなされました

「この期に及んで」とはもちろんミリシタ配信開始が目前(のはず)だから、ですが、
もはや「最後っ屁」的な、あるもの全部出しときました、というものと考えるべきでしょう。

常識的に考えればもはやアイマス公式はこのグリマスで稼ぐ事なんて考えていないはずで、
だからこそ前回の「大型アップデート」でアーカイブとしての意義を残した、という事に
潔さすら感じたわけですが、今回もその一環の「やり残しはなくす」くらいのものに思えるのです。

私自身も、ミリシタさえ配信が開始されれば、こちらに触れる機会も激減するはずですが、
親愛度くらいはまた全員カンストまではなんとかやろうかな、という気にはなっていますし、
そういった層から少しでも稼げれば儲けもの、くらいなのではないでしょうか



シアターデイズ

ということで、とにもかくにもミリシタはまだか、というのが現状なわけですが、
公式サイトの「Movie」で伏せ枠はもはやなくなり、動作OSも公開されたり、
公式ツイッターがアプリアイコンの予想アンケートを始めたりと、
今度こそ流石に秒読みのはず…
という状況でもあります。

こうした、一体いつ配信するのか、されてみないとわからない、
というアプリゲーのあり方自体は非常に気に食わず、
その意味でもミリオンの「次」がコンシューマでなかったのは残念なのですが、
まぁ今それをどうこう言っても仕方ありません。

低スペックスマホ用の「2Dモード」を申し訳程度にツイッターで発表したり、
なぜか未だに新声優をミリラジのゲストに呼んでいなかったり、
そもそもアイマス公式のホームページトップからミリシタ公式トップに行けず、
一月前のニコ生の配信ページへのリンクが大々的に残っている、
という良くも悪くも、でもなんでもなく悪い意味での「アイマスらしさ」を感じさせる
現状に不安を多大に感じる
わけですが、これまたそれをどうこう言っても仕方ありません。

グリマスという閉鎖空間からミリシタという輝きのステージへ、
それが確かに感じられさえすれば、それらの不安や不満を一蹴はできるのですからね。

だから問題はもちろん、こここそが真に「輝きのステージ」なのか否か、やはりそうなってきます。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック