シアターデイズ プレー雑感 その6

kage

2017/10/28 (Sat)

新イベントであるプラチナスターツアーが開催されるなど、
状況に大きく変動もありましたので、久々に書いておきます。


プレー状況

まずは現在の進捗について。
プロデューサーレベルは96、劇場ファン数は18万人オーバーのBランク中堅プロデューサー

親愛度は全員1000を超え、新たに手に入ったカードの育成をするだけ、
というところまで来ましたが、プロローグルージュはまだ5着足りていない状況です。

ライブの攻略については、クリアは全曲、フルコンボはMM以外は全曲、
MMは「ココロがかえる場所」と「ハミングバード」のみフルコンボ達成
、となっています。

こうなると、無理にMMのフルコンボを狙う、というよりは6MIX以下の回数達成での
報酬狙いでプレーしていくのが無難、という状況でもありますし、
現在のイベントでは実際そうすることになっています。


イベント プラチナスターツアー FairyTaleじゃいられない

その「現在のイベント」であるのが「プラチナスターツアー」。
これまで開催された「プラチナスターシアター」とは別形式のイベントであり、
先日の合同武道館でチラっと紹介された「FairyTaleじゃいられない」をテーマとしています。

大きな違いとしては、(指定された)通常楽曲やお仕事でもポイントがもらえる、
というところではあるんですが、仕様に明らかに問題があり、2MIXでせこせこアイテムを稼ぎ、
そのアイテムで高難度高倍率のイベント楽曲に挑む、というのがセオリーとして
確立してしまっている
、という状況に早くもなっています。

運営はこうなることをわからずにリリースしたのか、それともわかってリリースしたのか
定かではありませんが、どちらにせよ今後見直しはあってしかるべき仕様でしょう。

といいつつも、私の腕ではMMは安定して一発クリアできない、ということで、
2MIXでアイテムを貯めて6MIXで消化、という状況になっているのですが、
これでもなんとか5万位以内はキープできるはず、という状況です。

イベント自体、というか位置づけとしては、ミリシタでの3タイプのうち「フェアリー」を
ユニットとして、完全新曲を、という事自体はいい試みだと思うのですが、
実際歌唱担当しているメンバーが「いつもの(+新キャラ)」という状況は、
必ずしも良いものだとは言えない
と私は思っています。
静香志保はクレシェンドブルーでやったばっかりだよね?というのも含めて。

また、ポイントとしては、「プリンセス」ではなくて「フェアリー」からイベントが始まり、
次は恐らく「エンジェル」で、「プリンセス」はラストになるであろう、ということ。
この「プリンセス」に合わせて琴葉の復帰、という可能性が高そうに見えますが、果たして。

改めて、イベントとしては結局ライブをポチポチやるだけ、に変わりは全くないのですが、
少しでも戦略性というか、選曲や難度を「考える」余地が出ただけマシだと思いますし、
それをもっと突き詰めて、「同じことの繰り返し」にならないようにしてもらいたいものです。


その他諸々

先日の合同武道館で「自分REST@RT」の配信が発表され、実際に実装されましたが、
そのフォーマットとして「ショップ」からの楽曲購入というものも実装されました。

今回は期間限定無料、となりましたが、今後ここで「完全有料」となる楽曲が出るのか、
というところは一つポイント
になるでしょう。そしてさすがにそれが来るとなると、
これまで無課金でプレーしてきた私もそこは課金をしようかとは思っています。

その「課金」に関連して、「セレクションチケット」という自分で好きなカードを選べるチケットが
有償ガシャとの抱き合わせで販売、となりましたが、有償ゆえ私はこれに課金していません。

結局無償でも出るかもしれない、重複するかもしれないカードのために、
2500円なんて額は馬鹿馬鹿しい
にも程がありますしね。

説明文に「やや時期尚早」と書いているのは、運営に焦りがあることを明言しているに等しく、
思ったより集金できていない状況なのだろうとも思いますが、
だったら課金したいと思えるだけのものを出せよ、という話になってきます。
いやまぁ今回のセレクションチケットが私には響かなくとも、響くPも当然いるのでしょうけど。

リリース当初の悲劇的な運営状況よりは改善されているのは明らかだとは思いますが、
そうは言っても満足に至るかというとその域には達していないというのが現状のミリシタ。

今後はもっと改善され、ゲームとして面白い、あるいは課金したいとさえ思えるような、
そんなものになることを願っています。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック