プロデューサーミーティング2017BD 発売!

kage

2017/11/24 (Fri)

「発売!」からは数日経ちましたが、こちらを見終わりましたので、
これについて簡単にですが書いておきたいと思います。


BD仕様



イベント自体の概要について、今更ですが少しだけおさらいしておきます。

2017年1月28日29日に東京体育館にて開催されたイベントである
「THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017 765PRO ALLSTARS
-Fun to the new vision!!-」は、「765PRO ALLSTARS」のタイトルが示す通り、
765プロASの12人が7thライブ以来となるステージでの揃い踏みを果たし、
10thライブを最後に周年ライブという展開を塞がれた765の新境地を
「Fun to the new vision!!」というタイトル通り示すイベント…になるはず
のものでした。

実際に12人は揃い踏みを果たし、歌だけではないイベントを、
新技術も取り入れて実現した、という事は確かなのですが、
せっかくの12人揃い踏みに水を差す存在でしかなかったシークレットゲストや、
両日で変わり映えの全くしない企画、そして新展開という意味での「new vision」を
何一つ見せなかった、ということもあり、失望も非常に大きなもの
となりました。

その後、このイベント以前から発表されていたミリオンとの台湾ライブを経て、
日本武道館でも合同ライブを実施、ゲームも完全新作ステラステージの発売を発表、
更には最後の挨拶で今井さんが願った「歌だけのライブ」を丸一年後に
「初星宴舞」という形で実現させる…と「次の展開」は確実に打ち出されてはいるわけで、
その失望の多くは拭い去れる状況となっており、だからこそ、今回のこのBDも、
ある意味落ちついて、安心して観られる、という状態にもなっています。

そんな今回のBD、イベント形式も考慮してかオーディオコメンタリーはなく、
その意味での面白みは欠けますが、新情報(ですらないもの)の発表シーン以外は基本的に
フル収録、ということにはなっていて、純粋にイベントを観直す、ということはできる形
です。
まぁ元々両日ほぼ同じ内容、ということでその意味での面白みもないのですけれども。

また、その両日合わせた「パーフェクトボックス」には「みんな一緒に打ち上げ旅行!
in GUNMA」というバラエティ番組的特典映像が収録されており、
765AS12人の群馬旅行の様子が観られる、というものとなっております。


感想

そんな今回のBDについての感想、というのも端的にまとめるのは難しいですが、
やはり12人揃ってのライブシーンは圧巻で、オープニング曲であった
「チェリー」「団結2010」にはじまり、「ザ・ライブ革命でSHOW!」「紅白応援V」
「Happy!」そして「THE IDOLM@STER」は特に見応え十分、となりました。
まぁこれでも「一人足りない」、そして最後の曲に関しては「一人余計」とは
どうしても思ってしまう
のですけれどもね。

そのライブパートを押しのけて印象的なものを上げるのならば、
イベント当日にも感じた通り、やはり二日目の最後の挨拶
でしょう。

11年、12年という長い歳月、そこから生まれた物語があってこそのこれであり、
「アイマスは人生」を誰よりも彼女たち自身が体現しているとさえ思えるほどのものが
ここに集約されている、ともとれる、大きく重いシーンだったと思います。

それとうって変わっての雰囲気である打ち上げの特典映像ではありますが、
これも基本的にはお笑い路線ながら、「このメンバーだからこそ」の空気感で、
他の何にも代えがたいものとして受け止めることもできました。

全編通して改めて思う事は、やはり私にとってのホームは「ここ」であるということです。
20周年でも30周年でも40周年でも、彼女たちが「ここ」にいる限りは、
私もまた「ここ」に居続けようと、そう再確認する良い機会となりました。


13年目へ

ということでこの、あまりにも思うところが多すぎた「プロデューサーミーティング2017」も
思い出の一つとしてパッケージングもされて残すことができた、ということは
自分にとっても大きな一歩になったように思えます。

その一歩を踏み出した先にステラステージがあり、初星宴舞があり、
そして「プロデューサーミーティング2018」もある、という状況ですが、
極限状態にも近かった「2017」程の悲壮感はなく、この13年目へ挑めそうなのは何よりです。

もちろんステラステージに対する期待は正直まるで膨らまず、
初星宴舞も不安が募り、そしてPミーティング2018のときにはまた先行きが不透明に
なっている可能性も十分、とも思えますが、それを今考えても仕方ない。

これから先の物語も、一歩一歩確実にプロデュースしていくことで、
それが次なる物語を生み出し、そして未来へとつながっていくと、そう信じています。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック