「アイドルマスター ステラステージ」 プレー雑感 その2

kage

2017/12/29 (Fri)

さて年末ではありますが、年始に早々からあまり書けなくなってしまうため、
ここでまた進捗等を書き残しておきたいと思います。


プレー状況

現在のプレー状況ですが、5年目(のはず)の6月1週です。
年数はどこにもカウントされていないのでもう怪しいラインですが…。
プロデューサーランクは12の中堅プロデューサー、総獲得ファン数は約240万人。

双海真美…Bランク Lv32
双海亜美…Cランク Lv32
天海春香…Cランク Lv31
萩原雪歩…Cランク Lv31
水瀬伊織…Cランク Lv31
高槻やよい…Cランク Lv32
四条貴音…Cランク Lv31
我那覇響…Cランク Lv31
星井美希…Cランク Lv31
三浦あずさ…Cランク Lv30
如月千早…Eランク Lv30

-----------------------------------------------
菊地真…Lv23
秋月律子…Lv22

上から順にプロデュースしていっており、11人までプロデュースしているところです。
かなりバランスも取れては来ていますが、中々調整も難しいところとなっています。

2年目から始まったスケジュールがかなり重要で、それこそ年の前半は
「地獄の特訓」をメインに組み立てるため、営業やらレッスンやらとライブをうまく繋げる、
ということがなかなかできない、という難しさがでてきています。
あっというまに疲労を溜め、しかも自然回復もしない、という仕様ですしね。

ただ、そこをどう調整するか、というところこそがゲームとしての醍醐味でもありますし、
私の「バランス優先プロデュース」が適度な難易度を生み出している
とも思っています。

また、私はコーチングでもバランスを優先し、(プロデュース可の)全アイドルを全く同じ状態に
横並びにしてから一歩ずつ進めていく、としているわけですが、
ここも本来はアイドルによってソロ型だったりデュオ型だったりトリオ型だったり
クインテット型だったりと役割分担をすることで、ゲーム性を生み出しているはずですしね。
まぁ結局OFAから続く「エンドレス」のおかげで何の制約もなく、緊張感も特にないのですが…。

私のこの進め方では現状6大大会もほぼノータッチとなってしまっているわけですが、
果たしてこれらにまともに挑めるのは何年目になる事やら…。
13人揃ってもコーチングの歩みも異常に遅くなってしまうわけですしね。

まぁいずれにせよシステム的な面ではPSよりは明らかに上、と評価していいでしょう。

また、シナリオ面に関しても、やよいの父親が社員になるなど、
これまでの作品で大きな課題となっていたものが早々にクリアされ、それを踏まえてどうする、
という話が多いのは評価すべき点
だと思っています。

もっとも、OFAではDLCシナリオまで空気と化していた玲音とは対照的に、
まるで自分が961Pにでもなったのかと錯覚するが如く凄まじい勢いで登場する詩花の存在は
いかがなものか
、と思えてしまうわけですが、まだここは最終的な評価は難しく…。

私のこのプロデュースペースで「最終的な評価」が下せるのがいつになるかは
わかりませんが、初星宴舞までにステラステージに立てるメンバーは現れるのでしょうか。


売上について

私自身の評価はさておき、数字にダイレクトに出るこの指標としては、
初週において前作PSの約1/3程度、という非常に厳しい数字が出たようです。

ただこれは言うまでもなく、「前作の評価が数字に出る」というゲーム業界の通例通りで、
PSの出来の悪さがここにモロに出てしまっている、ということになるでしょう。
アイマスお得意の応募券商法も、これまた酷い有様だったPミーティングのものではね…。

PSにせよPミーティングにせよ全てはバンナムの無能さによる失策だったわけで、
それをダイレクトに765に被せてきたのは腹立たしいというほかありません。
ここまで来るともはやわざとやっているのでは、とすら思えますからね。

果たしてこの先765をどうするつもりなのか、何ができるのか、という現実を改めて
突きつけられた、というか自ら突き刺さりに行った格好
ですが、
それは初星ではなくPミーティング2018になるのでしょうか。

何にしても、私の信念にブレがないことは確かです。


関連記事

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。
詩花に関しては今回は顔見せや紹介といった要素で出番を増やしているのかな、と考えています。
次回作にも登場させる、これからも765プロのライバルとして出すためのキャラといった作られ方をされてるように思えます。
ただ、それが少し出番が多いというのは私も感じました。
育成に関しては自分はOFAより楽しめており、これにコミュの量が伴っていればと感じています。
次回作、下がってしまった売上にめげずに出して貰えることを祈るばかりです…。

Posted at 17:27:36 2018/01/01 by 伊織P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

伊織Pさん

詩花は確かに使い捨てにするにはもったいない印象もありますね。
今後もライバルとして立ち塞がるようなキャラになるのでしょうか…。

まぁ仰る通り「今後」があるかどうかがそもそもの問題ですね。

Posted at 22:23:04 2018/01/02 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック