初星宴舞 レポート 開幕前編

kage

2018/01/08 (Mon)

今回もいつものように詳細なレポートを書いていきます。
まずはライブ前の諸々について。


物販

今回は前日物販に参加できず1日目からの参加になりましたが、
目当てであった限定CDは2種類とも無事ゲットすることができました。
やっと需要と供給のバランスが見極められてきた、ととっていいのでしょうか。

一方で通常のグッズのほうは売り切れがやはり多数見られ、
まさかのショッピングバッグ売り切れという事態も発生しました。

まぁ正直それほど欲しいグッズがあったわけではないのですが、
せっかくなのでハム蔵やらうさちゃんやら、売り切れそうで売り切れてなかった
モノをいくつか購入しておきました。

2日目は1日目以上に売り切れペースは早かったようですが、
言うまでもなく、購入側からすれば売り切れなんてないに越したことはないわけで、
更なる改善、とりあえずアイマスライブ運営当人達以外誰でも思いつく、
転売屋との癒着まがいの商法をいい加減やめることから始めてほしい
ものです。


入場

昨年より始まった大型ライブでの本人確認ですが、今回はハッキリ言ってほとんど何も見ていない、
としか思えない捌き方となっており、意味があったとは到底思えないものとなっていました。
ライブによってはちゃんとやっている時もあり、宣言だけでも牽制にはなっているんでしょうが…。
前述の物販しかり、このチケットにおいても「連番」が未だに存在していることしかり、
実際には転売排除なんて全く考えていないけれども、時勢に合わせて仕方なく、
というアイマスの姿勢が浮き彫りになっているだけ
、といったほうがいいかもしれません。

まぁそんなザルの本人確認といつもザルの手荷物検査のおかげで入場はスムーズであり、
しかも入場開始時刻が両日ともに予定時刻より15分程度早い、ということもあり、
早々に会場内に入ることはできました。まぁ「ロビー入場」であり座席に入れたのは
定刻になってからですが、フラスタだの展示物を見る時間があったのは良いところでした。

さて肝心の座席ですが、1日目はやはり良席、前方下手側で、下手側なら演者の表情まで
くっきりはっきり見える
、という位置。一方で2日目は真逆、後方上手側で表情なんて
見えるわけもなく、しかし全体像は(頭とサイリウムの隙間からは)見える
、という位置でした。
まぁ両日トータルで見れば十分良い席だった、と言ってもいいでしょう。

そんな座席につけば後は開演を待つだけ、となるわけですが、会場に流れるBGMは、
フロンティアワークス系から今回欠場の雪歩のソロ連発、というライブ補完仕様。

その合間にモニターに流れるPVは、SSとミリシタがあったのは当然として、
SideMはありながらシンデレラはない、という謎采配を見せつけてくれるものでした。

そして定刻より10分程度前にそのモニターには雪歩が登場して軽く挨拶をしたのち、
「紅白応援V」のPVを流してP側の声出しをバッチリにさせてから開演
、という構成となり、
ハッチポッチで偶然か狙ってか出来た流れを明示化させる、というものとなっていました。


開演

そしていつものように提供クレジットからの社長登場、小鳥登場となりましたが、
いつも「765プロで"事務など"をしております」と自己紹介していた小鳥が、
「"事務員"をしております」という紹介に変わっており、10thを最後にステージに上がっていない
滝田さんの現状を踏まえているのかどうなのか…
と勘繰らせるところもありました。

まぁその辺は今考えても仕方ないのですが、ともかく、諸注意終了後、
新年らしい和風のイントロが会場には響き渡り、そしてステージには11の影が・・。
ということで開幕となりました。

ここからは両日でセットリストが異なるため、両日分別々に記事も書いていきます。
もちろんまずは1日目から。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック