初星宴舞 レポート 1日目 後編

kage

2018/01/11 (Thu)

17.Light Year Song
(仁後平田下田沼倉

MPBLUEのユニット曲であるこの曲。幻想的で美しいバラード系の曲であり、
その美しい世界を4人でのパフォーマンスとしてもしっかりと表現し、
最終ブロックの幕をしっとりと開いてくれました


18.隣に…
(たかはし

「ついに来た」、というべきでしょうか。7thでも10thでも封じられたこの曲。
9thで今井さんが披露はしましたが、オリジナルであるたかはしさんとしては5th以来、
ということで私としては初めて、彼女のこの楽曲を生で拝むことができました。

その驚異的な歌唱力は「あずさではない」とも思えもしますが、たかはしさんが
出せる声はあずさも出せる声であるわけで、彼女の魂の叫びが、祈りが、歌唱が、
このステージに表現されている
、と受け止めることもできます。

それを踏まえてのこの曲は、やはり圧倒的という他なく、他の言葉では表現できませんが、
この曲の特別さは、何よりもたかはしさん自身の涙に込められていたと、それは言えるでしょう。


19.チアリングレター
(平田)

前曲からの流れをしっかりと汲む、暖かく優しいこの曲がここに来ました。
その暖かさに包まれ、心が浄化される、そんな気分になれるステージだったと思います。


20.虹のデスティネーション
(たかはし釘宮長谷川

MPユニット曲の最後の一曲がここに挟まれることとなりました。
これまでにないタイプの曲が多かったMP曲の中では最もアイマス的王道曲ですが、
だからこそ逆に映える、ということもあり、今回はフルメンバー揃わず、となりましたが、
キュートでポップなパフォーマンスで魅了してくれました


21.Just be myself!!
(今井)

MA3の未披露曲達と並び、一体いつやるんだよ、と待ちわび続けたこの曲がついにきました。
重い過去を乗り越え、羽を広げた千早の曲なわけですが、全てを乗り越えてたどり着いた
このステージでやっと、ということもですが、やはりその高いパフォーマンス力が凄まじく、
その飛翔感と解放感をこの上なく体現し、「なりたい自分」を魅せつけてくれました


MC

ここで再びMCとなり、個人個人の挨拶も曲の振り返りも特にないままに
「最後の曲です」として次の曲へといくこととなりました。


22.Destiny
中村今井仁後若林たかはし釘宮平田下田長谷川沼倉

10th以来となったこの曲。一つの集大成としての曲であり、これまでの物語を全て込めて、
という重みもあり、今回のライブにおいても非常に映える曲
でした。
ただ一つ、やはりいつの日か13人で、という願いだけは続けて残る事にはなりました。


アンコール

ということで一旦はラストになりましたが、これで終わるわけもなくアンコールに突入。
しばらくしてモニターに社長が登場し、お待ちかねの新情報発表となりました。

そこで発表されたのは、もう何度目かもわからないテイルズコラボと、
新情報ですらない「朝焼けは黄金色」の単行本化、
そして想定の範囲内でしかない「SM01 Vertex Meister」の発売決定でした。

まぁもうそんなことはどうでもいい、という高揚感の中、
アンコールとして再び彼女たちがステージに舞い戻ります。


E1.自分REST@RT
中村今井仁後若林たかはし釘宮平田下田長谷川沼倉

「ライブ映え最強曲」で再びステージに舞い戻り、ボルテージは再びマックスに。
今回のライブの熱量をそのままここに集約してくれたようなステージでした。


MC

そしてここで最後の各々の挨拶、となりました。謎の立ち位置変更で最上手となった
釘宮さんから、そのまま下手にストレートに、中村さんも通過して最後仁後さんへ、という流れ。
「自分のことが大好き」という中村さんの流石のスピーチ力やPミ以上の若林さんの涙も含め、
この日の充実感と明日への期待、それを両方感じられる挨拶で締めてくれました。


E2.ToP!!!!!!!!!!!!!
中村今井仁後若林たかはし釘宮平田下田長谷川沼倉

最後の最後は、やらないはずがなかったこの曲での締めとなりました。
ここはまだ通過点、更なる頂点へ、という姿勢を示すかの如く一曲で、
この至高の時間に一つの区切りをつけてくれました



閉幕

最後はダンサーの挨拶、そして11人揃っての一礼で締め、となり、
モニターに社長が登場しての最後の挨拶からの一本締めでフィニッシュ、となりました。

数多の苦難を乗り越え、ついに見たいものが観られたという満足感、
そしてそれがまた明日もあるという高揚感も胸に、この上ない充実感をもって
私もこの日、この会場を後にすることができました。

二日目へ続きます。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック