初星宴舞 レポート 2日目 前編

kage

2018/01/12 (Fri)

01.THE IDOLM@STER 初星-mix
中村今井仁後若林たかはし釘宮平田下田長谷川沼倉

オープニング曲は当然1日目と同じ、ではあったのですが、やはり見え方が違いましたし、
ステージ全体を見渡せる形で、ここから始まる伝説を待ち構える、ということができました。


MC

挨拶の流れも1日目と同様。長谷川さんへの雑な振り等もあったのち
「1日目とはセトリが違う」という事が改めて明言されて「この曲です!」とライブコーナーへ。


02.ステキハピネス
中村

待ちに待った、「天海春香」をこの上なく体現した一曲がついにここに来ました。
王道アイドルでありながら、ソロ持ち歌として本当にドンピシャの曲が長らくなかった中、
ついにOFAで物語とともに手に入れたこの曲こそ、春香の最強楽曲。

しかし9thでも10thでもそして今回の1日目でさえも披露されず…だからこそのここでの
初披露は格別でした。「幸せ」を会場に広げる、楽しく明るく、そして少し泣ける、
そんな最高の時間を最初に持ってこられたときから、私の涙腺はもうダメだったのかも
しれません。


03.フラワーガール


続いてはライブ定番曲ではありますが、しかし久々、という感じのこちらの曲。
貴音初のソロ持ち歌、という意味では衝撃もあった曲ですが、これはこれで
「アイドル四条貴音」らしさを表現し、そしてこのライブというステージにおいては
はらみーが好っき!」のコールが響く、可憐で美しく、そしての楽しい時間となりました。


04.放課後ジャンプ
下田

これはもう来ないはずがなかったわけですが、しかしやはり来れば嬉しさはひとしお。
真美が思う男子の視線から、という独特の歌詞を、亜美真美お得意の曲調で、
というこの曲。思春期の甘酸っぱさとハチャメチャさ、その両方をしっかりと
表現してくれる、魅惑のステージ
を楽しませてくれました。


05.全力アイドル
釘宮

一昔どころか二昔は前のアイドルソングを伊織が、というこの曲もここで登場。
コールも古臭さを感じさせますが、それが逆に良い、という曲でもあり、
そしてパフォーマンスでも、「全力アイドル水瀬伊織」、というものがしっかりと感じられました。


06.BRAVE STAR
(中村今井若林

予想通りでしたが、この曲は1日目に続いての披露、となりました。
しかし、だからこそより完成度は上がり、4人でより息の合った、それでいてそれぞれの
フリの違い、個性なども楽しめる、見応えのあるステージだった
と思います。


MC

2日目のトークコーナーでは1日目と同じことはやるまいな、と思っていたら
無事別のコーナー「アイドル賞コンテスト」なるものが開催されました。

事前にネットで募集され、パンフレットにも掲載された「(Pの)今年の抱負」を、
声優陣がアイドル達の気持ちになりきって、「天海春香賞」などを授与する、というもの。
見事受賞したP名も読まれ、会場にいる場合はそのリアクションも受けるなど、
投稿したPにとっては最後までドキドキワクワクというコーナーだったと思います。

ここで登壇した5人の分が終われば、再びライブコーナーへ。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック