シアターデイズ プレー雑感 その7

kage

2018/01/20 (Sat)

随分長い事書いていなかった気がしますし、
イベントとしても新展開がありましたのでまた書いておきます。


プレー状況

まずは現在の進捗について。
プロデューサーレベルは124、劇場ファン数は31万人オーバーのAランク敏腕プロデューサー
書いていなかった期間もサボっていたわけでは当然なく、
毎日ログインは当然として、イベントは5万位以内、基本的に2万位台が続いています。

親愛度は全員1000をとっくに超えていますが、所持カードによって偏りもあったので、
低いメンバーを上げる形で、その偏りの是正を少しずつ進めているところです。

ライブの攻略については、クリアは全曲、フルコンボはMM以外は全曲、
という状況は変わらず。MMのフルコンボはごく一部に留まるのが私の限界のようです。

そんな状態なので、つまりは基本的には何も変わらずプレーし続けているだけ…
ではあるのですが、以前とは決定的に変わったところもあって、
それは先日の初星宴舞で発表された「トップ!クローバー」衣装が有料購入できる、
というモノに対し、初めて課金をした
、ということになります。
まぁこれ1回ポッキリではありましたが、0と1は違いますしね。
その有償ジュエルから奈緒のSSRも出たのもあって良かったのではないかと思います。

この初課金は初星に対するご祝儀的な意味合いも多大にあったのは事実ですが、
こういった「課金に値する」ものが今後も出るのならば、そこには当然課金をしていきます。
ただ何が当たるかもわからないガチャは私からすればドブに捨てるのと変わらないですけどね。


THE@TER BOOST!

以前も何かの記事で触れたこちらですが、投票権配布期間は終わり、
投票期限自体も間もなく、という佳境を迎えています。

TAとほぼ同様のこの企画、私としては望ましいものとは思っていませんが、
まぁ話題性があるというのは確かですし、やりたいことの意義は理解はできますし、
投票を棄権、ということはしないつもりでいました。
しかし現時点ではまだ誰にも投票せず、「317票」が手元に丸々残っています

投票自体、既に決着がついていると言える役もあれば、大激戦中の部門もあるわけですが、
まさに三姉妹カフェの次女役で美奈子静香と全役中トップと言っていい争いを続ける今、
この317票をここに投じずどこに投じるのか…というのは一つの考え方として確かにあります。

しかし美奈子はTAでは勝利をおさめ、役割を得たという実績もあり、
一方で静香は役を得られなかった、という事実を鑑みれば、「平等主義」の私が
考えなしに美奈子に全票を投じる、という行為には出ない、ということにもなるわけです。
じゃあ静香に投票するかというと、そもそも普段から優遇されている静香を推す、
という行為もまた考え物で、その行動に簡単に出ることもありません。

だからこそまだ投票をしていないわけですが、この317票が勝敗をそのまま左右しかねない程の
激戦に、私がどのような判断を下すのか…というのはまた後日

…他の激戦区に手を出すこともあるかもしれないし、ないかもしれませんしね。



イベント プラチナスターシアター 昏き星、遠い月

先日の特番「ミリラジMIDNIGHT」で発表された新イベント。
まぁ新イベントと言っても形式は以前からの「プラチナスターシアター」と全く同じなんですが、
そうは言っても3タイプの完全新曲が終わり、さぁどうなるというところで、
またもタイプ別と思われる新ユニット展開と完全新曲、ということで新イベントとも言えます。

楽曲もホラー系のミュージカル調というこれまでにないタイプで非常に斬新でしたし、
「劇場」という舞台で別の魅せ方をする、というのは非常に良い形だと思いました。
…まぁ結局音ゲーをひたすらやり続けるだけの脳停止作業は良い形だとは全く思いませんが。

また、劇中設定では今回のこの企画自体をPが考えた、ということになっており、
これまでのユニットが社長から押し付けられるのがほとんどで、誰がプロデューサーなのやら、
というのに比べるとマシな気もしますが、結局プレイヤーとしてのPは何も決めてないわけで、
「Pが決めた」という設定はそれこそTBで出すべき話でここじゃないだろ、としか思えません。
まぁそんなことは些細な話なのも確かですが、この脳停止音ゲーの中で、
どれだけ「プロデュース感」を出せるのか、という事自体は大事な事ですからね。

イベントという意味では、LTH、すなわちグリマスでのPSL編のユニットについて、
ちょうど半分となる5つが開催され、しかも2ユニットずつの展開だったうちの一方を、
という形で展開し、5つがまだ残っている、という状態になっています。

一方LTPは初期実装曲もあるとはいえ、イベントとしてはリアルイベントで冷遇された
「Good-Sleep, Baby♡」だけ開催され、それ以外はまだ、というアンバランスさもあります。

これらを今後どのように展開していくのか、というのも気になるところですが、
それも踏まえ、未だに復帰しない琴葉をいつどのタイミングでどのように出すのか
というのもやはり気になってくるところです。

「Princess Be Ambitious!!」を逃した今、「灼熱少女」のリーダーとしてなのか、
「朝焼けのクレッシェンド」を引っ提げてのソロなのか、
はたまた「昏き星、遠い月」に続くプリンセス曲での登場なのか、
それともTBでの投票結果を受けてそのまま、なのか、それ以外なのか。

未だされていない5thライブの出演者発表との兼ね合いというのももしかしたら
あるのかも
しれませんが、いずれにしてもここは非常に重要なポイントでしょう。


まぁ何にしても、このミリシタというアプリは毎日、日常的に触れるモノでもあるわけなので、
良い意味での刺激と新鮮味を提供し続けていって欲しいとは思っています。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック