シアターデイズ プレー雑感 その9

kage

2018/04/16 (Mon)

諸々の動きがありましたので久々になりましたが書いておきます。


プレー状況

まずはいつものように現在の進捗について。
プロデューサーレベルは148、劇場ファン数は45万弱のAランク敏腕プロデューサー

「トップ!クローバー」が4回に分かれて発売されたのに続き、
「ブレイビングフェアリアル」も発売、となったことでこれも購入し、
更に続くであろうエンジェル用、プリンセス用、そしてあるかはわかりませんがAS用の
衣装も購入する準備をしておかないといけない、という状態になっています。

まぁおかげでSSRも少しずつ増えてはいますが、フェアリーはとりあえず5人揃ったものの、
プリンセスは4人、エンジェルは3人、とまだまだユニットを埋める事すらできていません

SRこそ千早以外はなんとか揃いましたが、千早は未だにRを運用せねばならず、苦しいところ。
近い将来来るはずの「エターナルハーモニー」でゲットできれば良いのですが、果たして。

プレースタイル自体は変わらず、新入手のカードを鍛える以外はファン人数の少ないメンバーの
底上げを優先して、としていましたが、ここにきて新規ミッションが追加され、
「親愛度2500」が一つの目標となったので、これを現在34人しかクリアできていないので、
目標の50人まで残り16人、こちらを優先して進めるように切り替えていくところです。


13人ライブ

先日発表された「13人ライブ」がついに実装されたわけですが、私の機種では
動きはするものの、音ゲーモードだと正直あまりキレイにはいかず、MVとしてならなんとか、
という感じで、正直なところ微妙な感じになってしまっているところです。

とは言え、スマホで13人を衣装を変えてのリアルタイムレンダで、というのはやはり驚異的で、
「これほどのことができる」という技術力を示す指標としては確かだと思いますし、
更なる発展を、できれば機種によって左右されない方向性で見せてほしいと思います。

まぁ個人的にはそれよりも、カンストして溢れかえってしまっているマニーの消費先、
というもっと現実的で実際的な問題を早々に解決してほし
い、というのが強くありますが。


メインコミュ19話

こちらはが主役の「with me」という物語が展開されたわけですが、
前回18話の海美の物語を引き継いでちゃんとが主役だった、というのもそうですが、
楽曲がLTPではなくLTHの「ユニゾン☆ビート」だった、というのが衝撃でした。

これまでのソロは全員LTPだったから、というのが当然その衝撃の理由ですが、
曲調としては変化球の「Get My Shinin'」よりもストレートな「ユニゾン☆ビート」がここで、
というのは理解できますし、むしろ本来の楽曲リリースもこちらが先で良かったくらいの話
です。

こうなると、例えばエレナも「ファンタジスタ・カーニバル」かもしれませんし、
も「アニマル ステイション!」かもしれない、というのが出てきて可能性は広がります。
まぁ流石にLTHはあってもMSはないだろう、とは思いますが、2曲目のソロならありえるのかも
しれません。まぁソロ2曲目、つまり2周目は果たしていつになるのか、という話ですが…。


エイプリルフール

もはや今更でしかない話ですが、エイプリルフールには謎の釣りゲーが実装され、
「観ているだけ」というゲームですらない仕様にドン引きはさせられましたが、
まさかの小鳥モデル登場、そして「待ち受けプリンス」実装は良い意味でのサプライズで、
非常に良い企画として見せてくれた
と思います。

まさかの「待ち受けプリンス」実装となりましたが、765AS楽曲としては「CHANGE!!!!」
「GO MY WAY!!」「M@STERPIECE」あたりの「本命曲」あたりがまだまだ控えている状況です。
しかし今回のようなサプライズな楽曲もありうる、というのが示されたわけで、
「次」がどうなるのか、というのも気になるところです。

「ザ・ライブ革命でSHOW! 」はもはやサプライズではなく本命で、
「オーバーマスター」「団結2010」「ら♪ら♪ら♪わんだぁらんど」あたりがブッ混まれても
驚くべきではない
、と思っておいたほうがいいのかもしれません。
いずれにせよ、5thなりPミ18なり、あるいはそれ以外でどう投入してくるかも楽しみでもあります。


イベント諸々

そう、そのミリオン5thはCD先行の当落発表が先日あり、私は無事両日当選となりました。
「ここに行かずにどこに行く」という大一番が当たってホッとしましたが、
「悪い意味でのサプライズ」の蔓延する大型ライブで、丸一年前の悪夢とは違う、
心の底から満足できるモノが観られることをただ祈るばかりです。

そして同日発表となったMS08&MTG06のイベントは落選となってしまいましたが、
種田さん復帰、小岩井さん作詞作曲、桐谷さんのおめでたい話、という話題尽くしで
過酷な競争率になるのは明白だったので、ここは仕方なし、と割り切ります。

それがダメでも、ミリオンではありませんが、MRステージが先行で3人主演分、
そして一般で残り3人主演分を確保できた
、というのが非常に大きなところとなりました。
まぁ一般はあまりにも余裕で取れ過ぎた、というのもあり、単純な喜びだけでなく、
このキャパですら埋められないのか、というのはやはりショックなところもあります。
まぁそもそもどういうモノかわからないというのもありますし、価格含め、
誰もが絶対に行きたがるものではない、というのは確かにあるとは思いますが…。

まぁそれはさておき、4月から5月、そして6月へとアイマスイベントへの参加が
続けられるのは良い事ですし、その一つずつで全力でプロデュースしていくまでです。


関連記事

この記事へのコメント

kage

ミリ5th当選、おめでとうございます。
ライブの内容としてはやはりソロ三曲目が中心となるのでしょうか
私としては二日目に来るであろう昏き星、遠い月が楽しみなところです。
不安な点と言えば、サプライズもそうですが、公式がプロデューサーたちの望む展開を用意できているかという点です。
巷ではアニメ化を望む声などが聞こえてきますが、SSAという大きな箱の都合上、やはり望まれる発表もそれクラスの大きな発表を期待したいものですが…
シャニマスという新しいアイマスも始動する以上、コンテンツの今後を占う場と言っても過言では無いと思います。
まあ発表が全てというわけでは無いので、まずは演者さんたちの演技を楽しみたいと思います

Posted at 15:16:05 2018/04/17 by 伊織P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

伊織Pさん

ありがとうございます。

MSソロが中心になるとは思いますが、ソロがそれのみだとそれはそれでどうかと思いますし、
その辺りのバランスをどうとってくるか、がポイントになるでしょうね。

後は仰る通り、「次の展開」として何を発表するかも重要で、
大本命はもちろんアニメでしょうが、シャニマスとの兼ね合いもありますね…。

ライブ自体が満足いくものになれば、新情報が多少弱くても…というのは
初星で体感したばかりではありますが、果たしてどうなるのでしょうね。

Posted at 22:25:00 2018/04/18 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック