ミリオン5thライブ 展望

kage

2018/06/01 (Fri)

さていよいよ明日明後日がミリオン5thライブ。
今回もいつものようにこの展望記事を書きたいと思います。


会場

今回の会場は「さいたまスーパーアリーナ」であり、
アイマス単独では初めて「M@STERS OF IDOL WORLD!!2014」で到達し、
シンデレラでは4thと5thで使用された会場ですが、ミリオン単独では初、
そしてもちろん過去最大のステージ
になります。

私個人としても「M@STERS OF IDOL WORLD!!2014」以来となるわけですが、
もはや当時の感覚はほとんど残っておらず、行ってみて「あぁこうだった」と
思い出せるか否か、というくらいの印象ではあります。

そんな私の肝心の座席は、両日ともにスタンド200レベル、となっていますが、
果たしてどのような見え方になるのでしょうか。

「M@STERS OF IDOL WORLD!!2014」ではあったセンターステージの可能性は低そうで、
かなり見づらいのではないか、と危惧していますが、果たして。


出演者

出演者について、改めて確認してみます。

一日目
山崎はるかさん
郁原ゆうさん
平山笑美さん
雨宮天さん
香里有佐さん
近藤唯さん
南早紀さん
渡部恵子さん
末柄里恵さん
原嶋あかりさん
伊藤美来さん
小笠原早紀さん
麻倉ももさん
高橋未奈美さん
戸田めぐみさん
阿部里果さん
村川梨衣さん
木戸衣吹さん
中村温姫さん

二日目
田所あずささん
Machicoさん
稲川英里さん
田村奈央さん
上田麗奈さん
大関英里さん
角元明日香さん
愛美さん
駒形友梨さん
種田梨沙さん
小岩井ことりさん
諏訪彩花さん
藤井ゆきよさん
野村香菜子さん
浜崎奈々さん
桐谷蝶々さん
夏川椎菜さん
山口立花子さん
渡部優衣さん


斉藤さんを除く38人が二日に分かれて、という大人数で、1日あたりの出演者19人は、
「サプライズゲスト()」を除けば過去最多になっています。

この人数でいかに楽曲を披露していくのか、というのが最大のポイントと言っても過言ではなく、
特にソロがどうなるのか、というのが焦点
にはなるでしょう。

また、もはやトラウマでしかない「サプライズゲスト()」は、そもそもこれほどの人数がいる以上、
出す余裕なんてあるはずがない、と思いたいですが、そこは無能、理解を超越した采配で、
想像を絶する惨状が繰り返される可能性もゼロではないのが恐ろしいところです。

そんな無能の采配を打ち消すほどのパフォーマンスを彼女達には魅せてほしいし、
それができる、それをこれまでの5年間で魅せてきてくれたと、そう思い、信じています。


物販

「元祖アイマスライブの無能」こと物販運営ですが、今回も早々にやらかしました。
本日の前日物販で、限定CDは昼には完売、各種グッズも、目ぼしいものから
早期に完売が続く、という有様で、ここ数回徐々に健全化しつつある、
と思っていたのですがその見積もりは甘かった、と痛感させてくれました。

恒例の「1会計につき1商品3点」という「転売屋御用達キャンペーン」を
今回も実施し、案の定リアルでもネットでも転売が溢れる、という有様
に。
会場付近で平然と転売が行われているさまも見て見ぬふり、という狂気の沙汰です。

果たして明日明後日のライブ当日、どんな惨劇を魅せてくれるのか、
むしろこれを「そういうエンタメ」として楽しんだほうが精神的衛生的には良さそうです。


新情報

ライブ本編ももちろんですが、やはりこの新情報も大事です。

ミリシタ関連で何かしらあるのはほぼ確実で、このライブで初披露が濃厚な
「エンジェル新ユニット曲」のイベント予告、というのは大本命でしょうが、
「THE@TER BOOST!」の続報、というのも固いと見ていいのではないか
と思います。

また、ミリシタの1周年も間近、ということで、その記念番組の配信予告であったり、
というのも十分可能性はあると思います。

それ以外、となると、ミリシタが順調のはずの今、「新作ゲーム」が
スマホゲーはもちろん、コンシューマとしても出る可能性は極めて低く、
あるとすればデレステでもあった「VR」でしょうが、それも高くはない
でしょう。

となるとやはり、ミリシタと並ぶような「次」の展開の軸として、
これまでずっと、何度も期待されてきた「アニメ化」を、と考えたくなるのは必然です。
過去最大のステージで、節目の5周年、ここでやらずにどこでやる、とも思えますが、
期待しすぎて外れるのも虚しいので、そこそこにしておいたほうが居かもしれませんが…。

それ以外だと、どこからともなく現れる「何とかコラボ」があるのは想定の範囲内で、
「テイルズコラボ」なんかだと、失笑(誤用)を禁じ得ないレベルでしかないと言えます。

手堅く、かつ期待できるものとしては「ハッチポッチBD」があり、
これこそここで出さずにどこでやる、というくらいで期待はしていいはず
です。
そしてそこで「台湾ライブを特典で」と出てくることを願うのも付け加えていいでしょう。

さらに、その台湾が「1st」だった海外ライブの「2nd」が、という可能性も十分あり
それでなくとも「メガトンボイス」のような大型のライブイベント、
もしくはいっそ「ハッチポッチ2」なんてものも出てくるかもしれません。
とは言え、流石に「6thライブ」はないとは思いますが、どうでしょうかね…。

現状はミリシタという絶対の軸があり、4th程に「ここで何も出さないはずがない」
という危機的状況とは全く異なっているとは思いますが、
節目の5th、更なる発展の柱になるような大型発表があることを期待したいところです。


BRAND NEW PERFORM@NCE!!!

「日本武道館」という一つの夢に到達し、新たなメンバーを増やし、
新たなステージへ活躍の場を移してから初めて開催されるミリオン周年ライブ。

日本武道館で開催された4thライブは、無能演出家による、サプライズを中心とした
自己満演出で泥を塗りたくられ、「ミリオン周年ライブ史上最低」と評価せざるを得ない、
それ程のものに貶められたと、そう私は思っていますが、
今回の5thも、その無能は健在、ということで不安は全く尽きないのに変わりはありません。

直近で言えば、初星宴舞こそその無能色が薄まったことで満足いくものになりましたが、
MRではまたも稚拙で燦々たるセトリを披露、と不安は全く消えていないのです。

ただ、無能による采配がどれほど悪くとも、その中でミリオンスターズは確かに輝きを
魅せてくれるはずで、そこをとにかく楽しむ、それが精神衛生的にも一番いいでしょう。

5年の物語と経験を積んだ大勢のメンバーと、そのメンバーに1年足らずで
追いつけ追い越せというポテンシャルを魅せる2人の新メンバー、
彼女たちのパフォーマンスは間違いなく過去最高のものになっているはず。

そのパフォーマンスの輝きを、煌めきを、この目に、この胸に焼き付けたい、
そう思い、願い、このステージを私も全力でプロデュースしたいと思っています。


とびらあけて さあ 行こうよ
私たちの Brand New Theater Live!



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック