カテゴリ:その他 の記事リスト(エントリー順)

当ブログに関するアンケート2016版 結果 中編

kage

2016/06/20 (Mon)

さて今回はアンケートの後編、自由回答以外の結果を見ていきます。


Q6.「アイマスタジアム」を閲覧し始めた概ねの時期を教えてください。

e14_6.jpg

最多は15年1~6月、という結果となりました。この時期はちょうどシンデレラのアニメが開始し、
私もそのレビューをしていた時期になりますね。続くのも同様の15年7~12月です。
「古参」とも言えそうな13年6~12月からの方はごく僅か、という結果にもなっていますが、
「覚えていない」と言う方も案外多いものなんだな、と思える結果でもありますね。


Q7.「アイマスタジアム」の閲覧状況について教えてください。

e14_7.jpg

「週1回より低い頻度」が最多で、次いで「週に1回程度」で、計7割を占めています
まぁ今の更新頻度からすればこうなるのも当然というか必然でしょうか。
「毎日」と答えている方の期待には応えられておらず…申し訳ないです。


Q8.「アイマスタジアム」のコメント欄についてどう思いますか。

e14_10.jpg

「今のままで良い」が最多であり、次いで「どちらでもいい・わからない」で、計9割
まぁこうなると今まで通りに、とするのが妥当でしょうし、そうしようと思います。


Q9.「アイマスタジアム」において、良かったと思う記事を【全て】教えてください。

e14_8.jpg

最多は「ライブレポート」で、ダントツの結果。これは書くのもそれなりに負荷もあるのですが、
これだけの支持をいただいているのなら、その甲斐はあると言えるもので、嬉しい限りです。
次いで「その他考察系(765)」、まぁ選択肢自体が曖昧ですが、
過去の出来事だったり、何かしらの765にアクションがあった際の記事、
ということで私自身は選択肢として設けたものになっています。

その次からは混戦ですが、「765劇場版レビュー」はそれなりに細かく書いた甲斐のあるもので、
「ライブ新情報」は参加する大型ライブ前には必ず書いているので、余計に嬉しく思えます。
「音楽CDレビュー」は意外な結果ですが、こう出ている以上は続きを書かないと…と思います。
「その他ゲーム情報」系はいずれも低いですが、そもそも設問が曖昧、ということもありますね…。


Q11.「アイマスタジアム」において、今後読んでみたいと思う記事を【全て】教えてください。

e14_9.jpg

こちらは今後の期待、ということで、ここでも「ライブレポート」が最多になっています。
これはライブに参加しない以上は書きようもないんですが、
参加したものについては今後もきちんと書いていきたいと思っています。

続くのは「アイマスの歴史」、「765プロ関連」となっています。
Q3の結果を見ると、割と新規の方も多いようですし、ここについて、
もっと重点的に今後書いていく、ということは検討してみようかと思います。

その次は「ライブ前情報」「その他ライブ関連」となっており、やはりライブ需要がありますね。
ここについてももう少し書きようがないか検討の余地はありそうです。

そして「音楽CD」がここでも続きますし、やはりこれの再開を…ですね。
さらに「シンデレラガールズ関連」「ミリオンライブ関連」「声優関連」が続いており、
この辺についても新規トピックスを中心に、よりうまく書いていければと思っています。


さて、ここまでは通常の設問パート。最後、後編は自由回答を見てみます。

当ブログに関するアンケート2016版 結果 前編

kage

2016/06/18 (Sat)

当ブログ開設三周年企画として取っておりました、
当ブログに関するアンケートの結果を今回はご報告させていただきたいと思います。

集計対象となるのは、6月12日22:00までにご回答いただいた83件になります。
ご回答くださったみなさま、本当にありがとうございました。
また、締め切り後も数件回答はいただきましたが、対象はここまでといたします。ご了承ください。

ではさっそく結果について、今回は回答者のプロフィールを見てみます。


Q1.あなたの年齢を教えてください。

e14_1.jpg

最多は20~24歳、次いで25~29歳と、まぁ妥当というか、現在のアイマスPの年齢層を
ほぼそのままトレースしたような感じと思われる結果なんじゃないかと思います。
ただライブ等での体感的には30代比率ももう少し高いような気もしますが…。
14歳以下や50歳以上の方は今回はいない、という結果にもなっています。


Q2.あなたの性別を教えてください。

e14_2.jpg

男性比率が圧倒的に高い、というのも当然と言えば当然の結果ですね。
男女比率もライブ体感的にはやはりこんな感じに思えます。


Q3.あなたはいつからアイドルマスターのプロデューサーになりましたか。
具体的な定義はないので、ご自身の判断でお答えください。


e14_3.jpg

11年からが最多、というのはいつも通りの結果ですが、次いで12年、そして05年、
というのが意外な結果
です。いつものアンケートだと09年も目立つ感じなんですが、
今回はそれほどでもなく…15年から、という方が多いのも特徴的ですね。


Q4.あなたがプロデュースしているアイドルの所属チームを【全て】お答え
ください。具体的な定義はないので、ご自身の判断でお答えください。


e14_4.jpg

ここで765が最多、というのは私のブログだからこそ、だと思いますが、
続くのがミリオン、ではなくてシンデレラとなっているのはアニメ化以降に見られている傾向
です。
そして315が876を超える、という結果も注目です。まぁアクティブなコンテンツのほうが
上、という結果自体は妥当だとも思いますが、時勢の変化も感じます。


そして、これは単独化してみた結果なので、いつも通り、
回答をパターン別にみてみると、以下の通りになります。

e14_5.jpg

765./CG/MLが最多、というのは恐らく今のアイマス全体でもそうなのだと思います。
それに次ぐのが765単独、というのは私のブログだからこそ、でしょうね。
315を含むので最多なのが765/CG/ML/315というパターン、というのも納得の結果です。
そしてそれと並ぶのがCG単独、という形で、意外にも思いますが、
以前からもこれは出ていた結果でもあります。一方MLの単独はいない…というのも。


次回はアンケート後半の、当ブログに関する意見的な設問の回答結果を見ていきます。

アイマスタジアム開設3周年! アンケート実施

kage

2016/06/01 (Wed)

本日2016年6月1日をもって、当ブログは開設3周年を迎える事ができました。
ここまで続けてこれたのは、ご覧いただいたり、ご協力いただいている皆様のおかげでもあります。
本当に、ありがとうございます。

「毎日更新」で始めたこのブログも、OFA発売を機にそれをやめ、
今年に入って更新頻度もやや落ちがちになってしまってはいますが、
自分でもよくここまで続けてこれたものだと思います。

それはもちろんアイマスというコンテンツ自体が話題に尽きない状況が、
10周年を超えてもなお続いている、という事があってこそでもあるわけですが、
一方でその中身は徐々に変わりつつあるのもまた事実だと思います。

この1年の大きな動きとしては、10thライブが西武ドームにて無事開催され、
シンデレラアニメ2期も終わり、ミリオンは3rdライブツアーを終え、
更にはKRというかつてない展開も生まれ、そして765の完全新作ゲーム、
プラチナスターズの発売も迫る…といったあたりになるかと思いますが、
その裏では総合ディレクターがバンナムを退職、という動きもありました。

それに伴って何がどうこう、という具体的なものは見えてはいませんが、
それ以前からの動きとして、765の展開が明らかに貧弱化している、
ということは私としては見過ごせない問題となっています。

もちろんプラチナスターズという大きな展開こそありますが、
まさかの「11thライブ」は無しがほぼ確定、ということや、
その他さまざまな展開が閉じていく、という流れは誰が見ても明らかな「失速」です。

11thライブの代わりかのごとく開催される「Pミーティング」で
そういった動きを含めての「今後」が語られるのではないかと思いますが、
果たしてどうなる事やら…と気が気でないのも現状です。

また、私は765と同時にミリオンもプロデュースしているわけですが、
「2014年が765の年、2015年はシンデレラの年、だったら2016年はミリオンの年」
になるかと思いきや、3rdツアーこそあれど、実質それだけで、
元々しょうもなかったソシャゲは更に改悪される、という始末。

もちろん4th武道館ライブという大きなイベントこそ予定されていますが、
それ以外はサッパリ、という状態は、「やりつくした」感があるからこその現状とも
言える765よりも、「まだまだできる」はずのミリオンとしては苦しいくらいです。


まぁそんなこんなの状況の中、765やミリオン以外の展開も大枠は捉えて
このブログを更新してきたわけですが、まだまだ残っている「CDレビュー」は
さておいて、他に書くべき「ストック」は実はあまりなくなってきています。
(もちろん「新展開」があればそれは書いていっているわけですが)

そんなことも含めまして、1周年以来、2年ぶりに、
このブログ「アイマスタジアム」についてのアンケートを取ってみようと思います。

もちろんこんなアンケートを取る以上、それを参考にして、
今後のブログ更新に活かす、ということをしていくつもりではありますし、
コメント欄の運用なども含めましてのご意見を、という形でいただければ幸いです。

また、今回も1周年同様、アンケート内では結果を非表示とさせていただき、
定量的なものだけ、集計して、後日このブログにて発表、としたいと思います。

自由回答についても1周年同様、全部取り上げるという事はせず、
一部抜粋して取り上げさせていただくような形になるかと思います。

ということで以下がアンケートページのURLになります。
締め切りや集計結果報告時期は未定ですが、6月中には、と思っています。

http://enq-maker.com/hlQAPjo

どうぞご協力のほどよろしくお願いいたします。

2016年展望

kage

2016/01/02 (Sat)

2016年、アイマス11周年目が始まりましたね。
今年もよろしくお願いします。

今年も例年通り、このブログ、そしてアイマスの2016年をどうするか、
どうなるか、ということについて書くこの記事から始めます。


「アイマスタジアム」の2016年

まずはなんと言っても「私にとっての765プロアイドル達」のシリーズをきちんと
完結させる
、ということがとりあえずの目標になります。とはいえ、「2015年のうちに」
という縛りも消滅した今、どんなペースで書けるかもわかりませんが…。

また、アイドルに関しては、「カップリング」という方向で書くこともできる
思っていて、前々から画策もしていますが、タイミングを逸しています…。
まぁこれについては着手できれば御の字、くらいに考えています。

シリーズモノとしてはCDレビューが大量に残っていますし、やはりこれを進める
ということは引き続きやっていきます。これについては昨年通り、
他に書くネタがないときに進める、といった感じになるとは思いますけどね。

また、漫画レビューというのもありますが、これは発売ペースに追いついているので、
今後は発売するごとにやっていく予定です。早速1冊年末に出ているのもありますね。

そして目の前に見えているものとしてあるミリオンライブ3rdライブツアーをはじめ、
ライブ・イベント系は参加次第レポートを、ということもこれまで通りにやる予定です。

その他はまぁ未定としか言いようもないんですが、
何かしらアイマスに大きな動きがあれば書いていく、というスタンスは変わりなく。
目下のところ、PS4版について、ということで何か書くことになるのは確かだと思います。

…という感じで、シンデレラアニメがないこと以外は基本的には昨年と変わりなく、
なんですが、書くペースについてはもしかしたら少し変わることもあるかもしれません
それはもちろん、ペースアップという方向ではなく、ペースダウンという方向で
これについてはまだ何とも、なんですが、まぁその可能性もある、という程度で。

とにもかくにも、記事のスタンスそのものは変わらずやっていく予定です。


「アイドルマスター」の2016年

「シンデレラの年」となり、私としては期待外れだった10周年目、2015年を経ての今年。
「ミリオンの年」になるのでは、とも言われていますが、その全貌は当然見えていません。
もちろん3rdツアー開幕、という大きなイベントが控えているのは事実ですけれども、
仮に千秋楽でアニメ化が発表されたとしても、アニメ化はどんなに早くても
16年秋クール(10月~)でしょうし、それで「ミリオンの年」と言えるのか…
ですしね。

肝心の765については、PS4版についての続報が1月末に予定されており、
11thも開催自体は確実だと信じたいところですが、いずれも「765単独」の保証はなく…
まぁわかっていることは、「冬ライブ」はもはや存在しない、ということだけでしょう。

もちろんそれ以外にも、シンデレラやSideMもあり、それも含めてどう展開してくのか、
というのは注目どころ。果たしてどんな世界をアイマスは魅せてくれるのでしょうか。


展望の総括

昨年と変わらず、765とミリオンを、という姿勢を今年も続けていく予定で、
そのスタンスであるのならば、昨年よりは満足できる一年になるのでは、
という事も期待出来はしますが、やはり不安も多々ある、というのは事実
です。

前述の通り、PS4版も11thも765単独かはわからず、ミリオンも3rdツアー以外が
見えているわけではありませんからね。ただ、全貌が見えない、ということは、
同時にそれが見えてくること自体に対する楽しみ、というものも生み出します。

何もかもがわかったってちっとも面白くないし、五里霧中、暗中模索で
10年やってきたのがアイマス、というのもまた事実
だとも思いますしね。

だからその意味で、この11年目、原点回帰的な気持ちも持ちつつ、
これまでの積み重ねももちろん大事にしつつ、プロデューサーとして
プロデュース業をやっていく、というのがいいのかな
、と思っています。

その先にどんな未来が待っているかわかりませんが、愛すべきアイドル達がいれば、
どんな道のりでも乗り越えていけると、そう信じ、この11年目を歩みだしたいと思います。

2015年総括

kage

2015/12/30 (Wed)

さて今回が2015年最後の記事。例年通り今年の総括をしたいと思います。


「アイマスタジアム」の2015年

当ブログは13年6月に開設し、現在ちょうど2年半、ということになるのですが、
開設当初から約1年続けた「毎日更新」でなくなっても、大きく間を空けることなく
やってこれた、という点では自分でも良くやれたものだと感じております


内容的には年間を通じてだとやはりシンデレラアニメについてが
主体になった感もありますし、反響も多くいただけたのも確かだと思います。

その「反響」の中には、正直「しょうもない」としか言えないものも少なからず
ありましたが、そういうしょうもない人間がアイマス周りにいる、という事実自体は
どうしようもないのも確か。だからそれをどう捌くか、というのがブロガーとしては
求められるスキルだと思いますし、そこはうまくやっていきたい
とは思います。

肝心の自分自身のシンデレラに対する考えは、記事の中で書いた通り、
変わった部分もあれば変わらない部分もある、ということで、
今後も「シンデレラP」としてやっていくことはない、というのが現時点での
スタンスなわけですが、まぁミリオンの前例をあげるまでもなく、
スタンスはいつだって変わる可能性はある
、ということも確かではあります。

また、ブログの内容としては、アンケートも複数やりましたが、
回答数の推移なんかを見るに、同時に複数をやるものではないな

というのが反省点です。答える方も、管理・集計する私も大変ですしね…。

また、企画としては、そのアンケートを使っての楽曲ランキング、というのもできましたし、
書く機会をうかがっていた「9.18」についてもやっと書くことが出来たのは何より。

そして765のアイドル個人個人について書いていく、というのも前々から
考えていましたが、ようやく着手できたのも良かった
と思います。
まぁ年内にはまるで終わらず、年越しにはなってしまいましたけどね…。

それ以外には、ブログ開設当初から続けていたCDレビューも少しは
進められましたが、本当に「少し」だけで、発売ペースにすら全く及ばず…。
いずれ追いつくことができる日は来るのでしょうか…。

また、ライブについても10thを筆頭に参加したものは一通り書けましたし、
これについては今後も続けていければなという風に思っています。

まぁ具体的に来年どうするか、ということについてはまた来年最初の記事に。


「アイドルマスター」の2015年

アイドルマスターそのものについては、「10大ニュース」で語れてしまえている、
ということもありますが、とにもかくにも今年はアイマスの、765の10周年ながら、
「シンデレラの年」と言い換えられる年であり、対する765の展開は貧弱そのもの
でした。

肝心要の10thライブが765単独ではなかった、ということに対する失望はどうやっても
拭えなかった
、というのを筆頭に、待ちに待ったMA3もトーク無し等で期待を下回り、
MUST SONGSもSHINY FESTAと比べても内容の充実度は劣る
、という体たらく。

実際のところ、9年目であった昨年2014年が、映画から始まり、ぷちます、OFA、9th等々、
過去最大級に充実した一年だっただけに相対的により厳しく感じた、ということも
あったとは思いますが、絶対的にも厳しい1年だったのも確か
だと思います。

何度もこのブログで書いている通り、10周年目は「通過点」と公式が明言している通りで、
「こんな一年もある」と捉えることもできなくはありません。ですが、スパっとした「世代交代」で
なくとも、徐々にシンデレラ/ミリオンにシフトしていく、というのを進めている、
というのを肌で実感できてしまったのも事実
で、やはりそれが面白くないのも確か。

声優陣の高齢化も含め、何もかもをこれまで通り進めることはできない、
ということは重々承知で、そもそも10年も同じキャラクターたちで引っ張る、という
構図自体美少女コンテンツでは稀有な状態、ということもわかっていますが、
それでもまだまだやれる余地はあるはずだと私は信じています。
それを「PS4版」で見せてくれる、ということに期待するのも含めて、ですね。

その765とは違い大躍進を果たしたシンデレラについては、前述の通りでも
あるんですが、アニメの出来はともかくとして、デレステの投入を含め、
流行に合わせてのメディアミックスのやり方は実に上手いもの
だと感じます。
それを踏まえて来年どう動くのか…というのは気になるところですね。

一方ミリオンについては、動きの弱い一年だったと感じます。
2ndライブこそありましたが、ゲーム内の「全国キャラバン編」は「プラチナスターライブ編」と
比べてもしょぼく、イベントとしても過去あったTGSや年末公録すらやらない、という始末。
とは言え、アニメPVが公開されたという事で近々のTVシリーズ化に具体性が生まれ、
さらには37人出演の3rdツアーが開幕、となるわけで、まさに来年が勝負どころ。
本当に2016年が「ミリオンの年」になるのか、注目ですね。

そしてSideMについては、私はほぼノータッチに近いのですが、1stライブの開催等、
着実に歩みを進めている、というのは確かだと思います。流れで言えば目下のところ、
全メンバーに声優がつく、というのが現実的に見えてくるライン
だとは思いますが、
その先にどんな展開があるのか、というのも気になるところ。
それこそ2016年がミリオンの年になったら、2017年はSideMの…となりそうですしね。

また、SideMに関しては10thに出演しないなど、現在女性側と明確に距離をとってはいますが、
これが今後どうなるか、というのもポイントでしょう。公式側も流石に冷静な判断をしてくるとは
思いますが、シンデレラだってそれをひっくり返した前例があるため、全く信用はできません。
女性と男性では全く違う、という事を公式だって当然理解しているとは思いますけどね…。
何にしても、私としてはあらゆる形での共演はNGと考えている、と改めて表明しておきます。

最後に、876について。昨年はSSAに戸松さんが出演、といったサプライズもありましたし、
今年もアニメ版準拠コミックにが登場、ミリオンのカードに876が登場、といった
細々とした動きはありましたが、大きくは動かず。がSideMで登場、という動きも含め、
876プロ単独としてはもはや現実的に期待できるものはありませんが、いつの日か何かあれば、
と願っておきます
。あのゼノグラシアが動いた、という前例も今年出来たわけですしね。

とにもかくに来年に期待を込めて、ということになりますが、それはまた来年の記事に。


総括の総括

ということで長々となりましたが、最後に総括の総括を。

アイマスの10周年、765の10周年は、端的に言えば私の期待に及んだ年ではありませんでした
ただ、シンデレラに対する考えも含め、プラスに捉えられるものもあったので、
その意味では良かったのかな、という風に考えるのが正解だとも思います。

そして、この2015年最初の記事、「2015年展望」で書いた以下の文章。

>この2015年を終えるとき、その時どんな心境で居られるのか、今は全くわかりません。
>願わくば、愛するアイドル達と、さらに先の未来を夢見て、これからも共に走っていきたい、
>そう思えていたいです。そのためにもこの2015年全力を尽くす、それがまずやるべきことです。

この気持ちを現在持てていること、これも確かで、その意味でも良き一年だったかなと
今年は今年で全力でプロデュース活動に取り組めた、というのも間違いないことで、
現時点でも、765に「PS4版」という期待を、ミリオンに3rdツアー、アニメ化という未来を
期待出来ていて、そこに共に走っていきたいと、思えているわけですからね。

その未来となる来年、具体的にどうするか、というのはまた来年の記事に、という事と
しますが、「アイマスは人生」の記事で書いた通り、来年もアイマスと生きたいと思っています。


今年もこのブログを見てくださった全ての方、そしてアンケート等にご協力くださった
プロデューサーさん、本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いします。