カテゴリ:ライブ の記事リスト(エントリー順)

初星宴舞 レポート 2日目 中編

kage

2018/01/13 (Sat)

07.虹のデスティネーション
(たかはし釘宮長谷川

1日目は終盤に披露されたこの曲がここで、ということで、
ソロだけでなくそもそものセトリ構成が大きく違う、ということを示してくれたのも良かったと
思いますし、当然パフォーマンスもより洗練され、楽しく可愛らしいステージを堪能できました


08.ブルウ・スタア
平田沼倉

ダンサブルコンビによるダンスナンバー、ではありますが、ライブパフォーマンスとしては
ダンスが激しい、というタイプではなく、緩やかで華のあるパフォーマンスであり、
この二人ならではのオトナっぽい世界観というものをしっかりと魅せてくれました



09.ゲンキトリッパー
仁後

前日のMCで「自分で曲を選べたので早い曲はすぐ消した」と言っていただけに
「まほろば」あたりが本命と思ってたのですが、だからこそこれが来た時の衝撃は…。

「プラ・ソニック・ラブ!」でやや感じたパフォーマンス力の問題は完全に杞憂で、
久々であっても慣れ親しんだこの曲なら、これだけの活力ありパワー漲るステージが
存分に展開できる、ということをしっかりと魅せつけてくれたこと、これが何より
で、
この時点で私の涙腺はもう完全に決壊寸前に追い込まれることになりました。


10.いっぱいいっぱい
若林

もう無理だった、という事しかできません。決壊寸前だったものが本当に決壊するには
あまりにもクリティカルすぎる曲で、ステージで、パフォーマンスで。

8thライブ、若林さんがステージを離れる前の最後のツアーで、
存分に魅せつけてくれたその姿を、ここでまた魅せてくれた。
あの頃と変わらぬ姿を、変わらぬ煽りを、変わらぬエネルギーを。

「いっぱいいっぱい欠乏症」なんて自覚はなかったけれども、実際それだった、
と言わざるを得ません。「神曲」、こんなチープな表現、普段は使いませんが、
ここだけは使えますし、それにふさわしいものはこれしかありませんでした



11.七彩ボタン
たかはし釘宮下田

前曲で良い意味でダウン寸前だったからこそ、若林さんがステージに残ったまま
竜宮小町が登場、という演出をダイレクトに食らうことはなかったのかもしれません。

最初は「4人でやるのか?」と思いましたが流石にそれは最初だけ、という形でもありましたが、
7thでも披露されなかったオリジナルの3人でのこの曲は、やはり見応えもあり、
美しく可愛らしく、素敵なステージを魅せてくれた
と思います。


12.ら♪ら♪ら♪ わんだぁらんど
中村今井仁後若林平田

開演前に会場内にぷちます曲が流れても、まさかやるまい…と油断していただけに
驚きの1曲となりました。曲自体の楽しさ、騒がしさ、ステージ上での小芝居も含めた
パフォーマンスもあり、涙も乾き、笑顔になれる時間をくれました


MC

ここでのトークコーナーは再び「新年の抱負」を残るメンバーで…ではなくて、
フルメンバーで「2017年を振り返る アイマスかるた」というものになりました。

モニターに映されたかるたに書かれたお題に合わせてトーク、ということで、
Pミーティングや台湾ライブの振り返りになりましたが、他にはどんなのがあったのやら、
ということはこういう時いつも気になってしまいます。

そして再びライブコーナーへ。


13.オーバーマスター
長谷川沼倉

竜宮小町からのぷちますの5人の時点で、プロジェクトフェアリーがあるのは確定で、
後はどこで披露されるかだけ、と思っていましたが、早くもここで、となりました。

この3人での披露はかの5th以来、ということで私としても初めてその勇姿を、
パフォーマンスをここで拝むことができたわけです。

「アイドルマスターを超える」という挑戦的なタイトルと曲調、そして歌詞の世界を、
ここにきて再び魅せつけてくれた、そのことに感無量
です。


14.迷走Mind
平田

正直「この後どうするんだよ」と思っていたら、その前曲の雰囲気を保ったまま
走り切れる、この曲が来たわけです。極めて高いレベルで安定したまま
披露されるのカッコよさ溢れる一曲に、ここで酔いしれることができました



15.追憶のサンドグラス
長谷川

「MA3コンプリート」を望んでいた身からすれば、正直ガッカリしたことは否定しません。
しかしこれとてLTPリリイベで披露されただけで、私は観れていませんでしたし、
美希のカッコよさ、力強さをこの曲も十二分に体現してくれるわけで、十分な一曲です。

そして何より、その曲を完全に歌いこなし、表現しきるそのパフォーマンス力の凄まじさ、
それをここで再び堪能できた、それだけでもう十分
でした。


16.Rebellion
沼倉

この流れならこの曲だろう、と想定したら案の定だった、というところもありますが、
そうは言ってもこのライブ定番、十八番にして必殺の一曲、盛り上がらないわけがありません。
完璧なダンス、完璧なボーカル、完璧なパフォーマンス、完璧なステージでした。


17.CRIMSON LOVERS
(中村今井

これもまたこの流れでの披露は想定内でしたが、しかし本当にライブでやれるのか、
という曲でもありました。しかし実際にこの極めて難儀なこの曲をライブパフォーマンスとして
見ごたえのあるものとして展開し、披露してくれたわけです。
長年アイマスを牽引してきた二人の新境地、見事なステージでした。


MC

ここでのトークコーナーは今度こそ再び「新年の抱負」を残るメンバーで。
釘宮さん司会進行という意外な人選もありつつ、全員分が紹介し終わったら
最後のブロックへと突入していきます。

次回がライブレポートのラストになります。

初星宴舞 レポート 2日目 前編

kage

2018/01/12 (Fri)

01.THE IDOLM@STER 初星-mix
中村今井仁後若林たかはし釘宮平田下田長谷川沼倉

オープニング曲は当然1日目と同じ、ではあったのですが、やはり見え方が違いましたし、
ステージ全体を見渡せる形で、ここから始まる伝説を待ち構える、ということができました。


MC

挨拶の流れも1日目と同様。長谷川さんへの雑な振り等もあったのち
「1日目とはセトリが違う」という事が改めて明言されて「この曲です!」とライブコーナーへ。


02.ステキハピネス
中村

待ちに待った、「天海春香」をこの上なく体現した一曲がついにここに来ました。
王道アイドルでありながら、ソロ持ち歌として本当にドンピシャの曲が長らくなかった中、
ついにOFAで物語とともに手に入れたこの曲こそ、春香の最強楽曲。

しかし9thでも10thでもそして今回の1日目でさえも披露されず…だからこそのここでの
初披露は格別でした。「幸せ」を会場に広げる、楽しく明るく、そして少し泣ける、
そんな最高の時間を最初に持ってこられたときから、私の涙腺はもうダメだったのかも
しれません。


03.フラワーガール


続いてはライブ定番曲ではありますが、しかし久々、という感じのこちらの曲。
貴音初のソロ持ち歌、という意味では衝撃もあった曲ですが、これはこれで
「アイドル四条貴音」らしさを表現し、そしてこのライブというステージにおいては
はらみーが好っき!」のコールが響く、可憐で美しく、そしての楽しい時間となりました。


04.放課後ジャンプ
下田

これはもう来ないはずがなかったわけですが、しかしやはり来れば嬉しさはひとしお。
真美が思う男子の視線から、という独特の歌詞を、亜美真美お得意の曲調で、
というこの曲。思春期の甘酸っぱさとハチャメチャさ、その両方をしっかりと
表現してくれる、魅惑のステージ
を楽しませてくれました。


05.全力アイドル
釘宮

一昔どころか二昔は前のアイドルソングを伊織が、というこの曲もここで登場。
コールも古臭さを感じさせますが、それが逆に良い、という曲でもあり、
そしてパフォーマンスでも、「全力アイドル水瀬伊織」、というものがしっかりと感じられました。


06.BRAVE STAR
(中村今井若林

予想通りでしたが、この曲は1日目に続いての披露、となりました。
しかし、だからこそより完成度は上がり、4人でより息の合った、それでいてそれぞれの
フリの違い、個性なども楽しめる、見応えのあるステージだった
と思います。


MC

2日目のトークコーナーでは1日目と同じことはやるまいな、と思っていたら
無事別のコーナー「アイドル賞コンテスト」なるものが開催されました。

事前にネットで募集され、パンフレットにも掲載された「(Pの)今年の抱負」を、
声優陣がアイドル達の気持ちになりきって、「天海春香賞」などを授与する、というもの。
見事受賞したP名も読まれ、会場にいる場合はそのリアクションも受けるなど、
投稿したPにとっては最後までドキドキワクワクというコーナーだったと思います。

ここで登壇した5人の分が終われば、再びライブコーナーへ。

初星宴舞 レポート 1日目 後編

kage

2018/01/11 (Thu)

17.Light Year Song
(仁後平田下田沼倉

MPBLUEのユニット曲であるこの曲。幻想的で美しいバラード系の曲であり、
その美しい世界を4人でのパフォーマンスとしてもしっかりと表現し、
最終ブロックの幕をしっとりと開いてくれました


18.隣に…
(たかはし

「ついに来た」、というべきでしょうか。7thでも10thでも封じられたこの曲。
9thで今井さんが披露はしましたが、オリジナルであるたかはしさんとしては5th以来、
ということで私としては初めて、彼女のこの楽曲を生で拝むことができました。

その驚異的な歌唱力は「あずさではない」とも思えもしますが、たかはしさんが
出せる声はあずさも出せる声であるわけで、彼女の魂の叫びが、祈りが、歌唱が、
このステージに表現されている
、と受け止めることもできます。

それを踏まえてのこの曲は、やはり圧倒的という他なく、他の言葉では表現できませんが、
この曲の特別さは、何よりもたかはしさん自身の涙に込められていたと、それは言えるでしょう。


19.チアリングレター
(平田)

前曲からの流れをしっかりと汲む、暖かく優しいこの曲がここに来ました。
その暖かさに包まれ、心が浄化される、そんな気分になれるステージだったと思います。


20.虹のデスティネーション
(たかはし釘宮長谷川

MPユニット曲の最後の一曲がここに挟まれることとなりました。
これまでにないタイプの曲が多かったMP曲の中では最もアイマス的王道曲ですが、
だからこそ逆に映える、ということもあり、今回はフルメンバー揃わず、となりましたが、
キュートでポップなパフォーマンスで魅了してくれました


21.Just be myself!!
(今井)

MA3の未披露曲達と並び、一体いつやるんだよ、と待ちわび続けたこの曲がついにきました。
重い過去を乗り越え、羽を広げた千早の曲なわけですが、全てを乗り越えてたどり着いた
このステージでやっと、ということもですが、やはりその高いパフォーマンス力が凄まじく、
その飛翔感と解放感をこの上なく体現し、「なりたい自分」を魅せつけてくれました


MC

ここで再びMCとなり、個人個人の挨拶も曲の振り返りも特にないままに
「最後の曲です」として次の曲へといくこととなりました。


22.Destiny
中村今井仁後若林たかはし釘宮平田下田長谷川沼倉

10th以来となったこの曲。一つの集大成としての曲であり、これまでの物語を全て込めて、
という重みもあり、今回のライブにおいても非常に映える曲
でした。
ただ一つ、やはりいつの日か13人で、という願いだけは続けて残る事にはなりました。


アンコール

ということで一旦はラストになりましたが、これで終わるわけもなくアンコールに突入。
しばらくしてモニターに社長が登場し、お待ちかねの新情報発表となりました。

そこで発表されたのは、もう何度目かもわからないテイルズコラボと、
新情報ですらない「朝焼けは黄金色」の単行本化、
そして想定の範囲内でしかない「SM01 Vertex Meister」の発売決定でした。

まぁもうそんなことはどうでもいい、という高揚感の中、
アンコールとして再び彼女たちがステージに舞い戻ります。


E1.自分REST@RT
中村今井仁後若林たかはし釘宮平田下田長谷川沼倉

「ライブ映え最強曲」で再びステージに舞い戻り、ボルテージは再びマックスに。
今回のライブの熱量をそのままここに集約してくれたようなステージでした。


MC

そしてここで最後の各々の挨拶、となりました。謎の立ち位置変更で最上手となった
釘宮さんから、そのまま下手にストレートに、中村さんも通過して最後仁後さんへ、という流れ。
「自分のことが大好き」という中村さんの流石のスピーチ力やPミ以上の若林さんの涙も含め、
この日の充実感と明日への期待、それを両方感じられる挨拶で締めてくれました。


E2.ToP!!!!!!!!!!!!!
中村今井仁後若林たかはし釘宮平田下田長谷川沼倉

最後の最後は、やらないはずがなかったこの曲での締めとなりました。
ここはまだ通過点、更なる頂点へ、という姿勢を示すかの如く一曲で、
この至高の時間に一つの区切りをつけてくれました



閉幕

最後はダンサーの挨拶、そして11人揃っての一礼で締め、となり、
モニターに社長が登場しての最後の挨拶からの一本締めでフィニッシュ、となりました。

数多の苦難を乗り越え、ついに見たいものが観られたという満足感、
そしてそれがまた明日もあるという高揚感も胸に、この上ない充実感をもって
私もこの日、この会場を後にすることができました。

二日目へ続きます。

初星宴舞 レポート 1日目 中編

kage

2018/01/10 (Wed)

11.addicted
()

MA3の「ふたつの月」は既に9thで披露済みで、さぁ何を持ってくる、と思っていたさんは、
未披露だったLTHのこの曲をここに持ってきてくれる、という最高の答えを出してくれました。

英語タイトルながらも和風の雰囲気も漂うこの曲はこのライブだからこそ映える
とも思えましたし、さんの高次元で安定したパフォーマンス力もあって、
目を奪われるとはまさにこのこと、という程に美しいステージだったと思います。


12.Day of the future
(長谷川)

正直な話、ハッチポッチでの挨拶で美希としては「絶好調なの」と言いながら、
残念ながらそうは見えなかったパフォーマンスに悪い意味でショックを受けていましたが、
しかしそのショックを良い意味に一気に揺り戻してくれるだけのものを、ここで魅せてくれました

美希の曲としては珍しく恋愛感の薄いこの曲の、その疾走感をダイレクトに体現し、
「帰ってきた大エース」をついに見せつけてくれた、このことにただただ感服です。


13.Next Life
(沼倉)

あの7thで衝撃を与えてくれたこの曲。9thではさんがまた別の衝撃を与えてくれましたが、
今度は沼倉さんが再び、更なる衝撃を、と言えるものをここで展開してくれました。
ダンサーとの息の合ったパフォーマンスは声優の域を超越し、全く息つく暇もない、
と思えるほどのステージを完成させ、その完璧さにただ打ち震えるほかありませんでした



14.edeN
(たかはし平田)

SS収録曲とは言えオリジナルメンバーでもないトリオでなぜこの曲を…という答えは
残りの2曲が終わった後になればわかる話ですが、それはさておき、
ボーカル力の高いトリオで「アイマスカッコイイ曲」の極みとも呼べるこの曲を
しっかりと魅せつけてくれた
、ということはそれだけでも価値のあるものでした。


15.Fate of the World
(中村今井長谷川)

ここでこれが来るとは全く思っていなかったし、オリジナルメンバーでやる可能性すら
想定はしていなかっただけに、「これがあったか」ということにまず衝撃がありました。

また、ステージ上では熱さを感じる本物の炎らしきものが舞い上がる、という演出もあり、
この曲の特別感を感じさせましたし、ありそうでなかったこの3人でのトリオ曲、
というものがついにここで観られた、という事もまた大きなことでしたが、何よりも、
その特別なステージを、パフォーマンスとしてもしっかりと魅せてくれた、それが一番でした。


16.合言葉はスタートアップ!
(仁後若林釘宮下田沼倉)

この曲こそ、いつの日かオリジナルメンバーで、と期待していましたが、
他曲との兼ね合いで今回は難しいだろう…とも思っていただけに、嬉しさも格別でした。

「レジェンドデイズ」というユニット名はこの5人に限りませんが、765ASにこの上なく相応しく、
そしてなんといっても歌詞の素晴らしさが群を抜く、という曲でもあり、
一つ一つのフレーズが胸に響き、「今までの全て」を思い出させてくれました


MC

ここでは全員そろってのトークコーナーで「おみくじタイム」となりました。
箱から「大吉~大凶」まで入ったくじを引く、というシンプルなものでしたが、
大凶を見事引いたのはWセンターの中村さんと長谷川さん、というオチをど真ん中で展開し、
さながら台本のごとき流れにもまた良い意味で「いつもの」を感じさせてくれました。


そして1日目ラスト、最終ブロックへ続きます。

初星宴舞 レポート 1日目 前編

kage

2018/01/09 (Tue)

01.THE IDOLM@STER 初星-mix
中村今井仁後若林たかはし釘宮平田下田長谷川沼倉

和風のイントロからそのままこの曲へ突入し、モニターに映されたタイトルは「初星-mix」。
まさかの新アレンジにはもちろんこと、アンコール定番曲を開幕に、ということも驚きは
ありましたが、だからこそ、この曲での開幕、ということは特別感もあり、
今回の公演への期待、というものも膨らますことができるものとなりました



MC

最初のMCはもちろん挨拶から。上手の若林さんからスタートとなり、センターの中村さん手前、
長谷川さんまで行ったら下手のさんから再びセンターへ、といういつもの流れに。
各々のライブへの意気込みと同時に「いつもの」空気感も存分に感じられました。


02.START!!
(中村)

「この曲です!」のいつもの口上から最初の曲へ、となり、さぁどうなる、と構えていたら
この曲だった、ということで、正直言って落胆をした、ということは全く否定できません。
もちろんタイトル通りにここにこの曲が来ることは不自然でも何でもないのですが、
しかし期待はこれではなかったわけで、しかも10thと全く同じ形で気落ちさせてくる、
というのは流石に…。

もちろん定番曲ゆえの安定感、安心感というものは感じさせてくれましたし、
トップバッターとしての中村さんの存在感はやはり素晴らしいものだとは思いました。


03.プラ・ソニック・ラブ!
(仁後

そう、前曲の落胆があったからこそ、この曲のイントロが掛かった瞬間に狂喜しそうになったし、
ボルテージが一瞬で頂点まで跳ね上がる事となりました。

OFA曲、MA3曲として世に出ながら、ちょうどそこから仁後さんがライブを離れ…となり
披露されてこなかったこの曲。やよいらしさをこの上なく詰め込んだ会心の一曲を、
ついにここで、となったのだからそれはもう嬉しさも計り知れないものでした。

パフォーマンスとしては、イヤモニトラブルなのか音響トラブルなのか、と思える部分も含め、
正直ややおぼつかない部分があったようにも見えましたが、何よりも久々のソロ曲で、
やよいの一所懸命さを、仁後さんが全力のパフォーマンスで魅せてくれた、そのことが
果てしなく大きく、心に、胸に響く素晴らしいステージだった
と思います。


04.私だって女の子
(若林)

続いても初披露のMA3曲で、やはりイントロ時点で卒倒しそうになりました。
パフォーマンスとしては、1番においてはイヤモニトラブルか何かで曲が掴めていないところもあり
ややハラハラしましたが、2番でしっかりと立て直してきてくれました。

久々のソロステージを、初披露となるこの曲で、という事自体が非常に困難だったはずですが、
それを見事にやってのけてくれたこと、それが何よりも大きな事
でした。


05.トリプルAngel
(下田

続いても…となってもはや私の意識はボロボロ、という状態に早くも追い込まれました。
亜美のハチャメチャさを、天才と称される下田さんが流石のパフォーマンスで表現し、
パヤパヤパー、としか言いようがない空間を堪能することができました


06.ロイヤルストレートフラッシュ
(釘宮

この曲が来ることは予想、というか期待していましたが、この流れで来るとは…。
これまでのハイテンションな曲の流れを、一気に伊織のセレブ感、オシャレ感を表現するこの曲で
書き換え、その独特の世界観をしっかりと魅せつけ、酔いしれさせてくれました



MC

怒涛の新曲ソロラッシュからMCに入りましたが、その新曲の感想も特になく、
6人のメンバーによる「新年の抱負を語ろう」というコーナーに突入しました。

毎年聞いてるような気しかしない沼倉さんの「車の免許が取りたい」を含め、
良い意味で「いつもの」を感じられたのは良かったです。


07.聖炎の女神
(若林

ライブパートに戻っての1曲目は最初のブロックとは全く雰囲気の異なるハード系の新曲。
貴音律子、という意外性のコンビながら、この二人のデュオ曲ならこういうタイプだろう、
という見事な落としどころとなっているMP新曲
なわけですが、そんな初披露のこの曲を、
激しく熱いパフォーマンスでしっかりと見せ、胸を熱くしてくれました。


08.LEMONADE
(中村たかはし平田)

浅倉さんが欠席な以上、この曲だけはやらないのだろう、とおもっていたらまさかの披露、
しかも雪歩のポジションには17歳トリオの春香で、という采配となりました。

甘く浮遊感のある独特の曲を、恐らくここだけとなるこの3人でのパフォーマンスで見られた、
という事は非常に良かった
と思います。


09.Funny Logic
(仁後下田

続いてもMP新曲で、RED、YELLOからのBLUE、という流れでのこの曲でした。
これまた独特の世界観の曲を、しっかりとこの二人で堪能させてくれました


10.BRAVE STAR
(中村今井若林

再びREDに戻っての4人ユニット曲。タイトルの勇ましさとはまた異なる、爽やかさ溢れる
ロックテイストの曲で、カッコよく、そして見ごたえのあるステージを展開してくれました



MC

ここでまたMCとなり、残る5人での「新年の抱負」のコーナー、となりました。
これまたいつもの、というのもありましたが、何よりも「次のやよいソロは、
ゆったりとした曲が良い」と「MASTER ARTSIT4」への意気込みのようなものを語ってくれた
仁後さんが何よりも印象的で、その言葉に強く胸を打たれました。


再びライブコーナーへ。続きます。