カテゴリ:ゲーム の記事リスト(エントリー順)

アイドルマスター シャイニーカラーズ 発表!

kage

2018/02/07 (Wed)

本日、以前より告知されていた「ブラウザゲーム版アイドルマスター」、
「アイマス第七勢力」とされていた完全新シリーズ「シャイニーカラーズ」が
そのベールをついに脱ぎました
ので、早速書いてみたいと思います。
…しかし本当にアイマスは「シャイニー」が大好きですね、「ブランニュー」も…。


「アイドルマスター シャイニーカラーズ」とは

sc01.png



「HTML5」の仕様でブラウザ版ゲームとして今春リリース予定、とされていた
アイマスの新作であり、キャラデザインも一新、アイドルも声優オーディションを開催、
として「完全新シリーズ」であることも謳われてきたものとなります。

とは言え、KRや男性版のSideMはさておき、765、シンデレラ、ミリオン(と876)と展開し、
「女性アイドル」としては「ふつうの人間」の範疇ではあらゆるタイプを網羅しているとさえ
言えるくらいの状態になっていた以上、それこそ動物やら天使やら、モチーフ自体を
大きく変えたものを「アイドル」とするのでは、という予想もできるものでもありました。

しかし蓋を開けてみれば、想定をはるかにこえる「王道」のアイドル達が登場
ということでそのことにまず驚かされました。デザインが違うと言えば違う、とはいえ…。

また、「ブラウザゲーム」ということでパソコンが基本になるかと思いきや、
「スマホゲーム」
ということで、これは時勢に合わせたにせよ意外性もありましたし、
それでいてアーケード等を彷彿とさせる「プロデュースゲーム」的なゲームデザインである、
ということもインパクトとしては強いものでありました。

その意味で「目新しさ」は正直全くないけれども、
「正統派のアイマス新作」と呼べるものが登場した、と言えるのではないかと思います。


アイドル

ここからは各ポイントについて詳細に見ていきますが、まずは最大のポイントである
「アイドル」について。アイマスでは言うまでもなくこれが最重要です。

現時点では16人はいるとされ、そのうちの3人がまず発表されたわけです。

sc04.png

櫻木真乃(CV.関根瞳)
風野灯織(CV.近藤玲奈)
八宮めぐる(CV.峯田茉優)


舞台は「283(つばさ)プロ」、社長は「天井努」、事務員は「七草はづき」とされ、
その中でアイドル達はユニット単位を基本とする、というSideM仕様で、
上記3人は「イルミネーションスターズ」というユニットとなる
とのことです。

番組内でも「信号機」という表現を使っていたように、所謂「メイントリオ」になるはずで、
キャラのパーソナリティーもそれに合わせて…というか「まんま」すら思えるくらいです。

真乃は春香でも未来でもなく雪歩に近いのでは、というのはあるにせよ、
灯織は静香そのまま、めぐるは美希そのまま、にしか正直見えません。

もう少し差別化をなんとかしろよ、と思う反面、とっつきやすさがあるのは確かでしょう…
私としても、「王道」自体は好きですし、親しみやすさがあるのは確かですしね。

また、これもアイマスのキモ、「声優」ですが、やはり新人のようで、
その成長もまたタイトルの成長とともに見ることができるものになるのでしょう


この1ユニット3人以外に3ユニット13人?が「COMING SOON」とされていますが、
当然もっと増えていく可能性もあるでしょう。ただ、ゲームシステム的に、
何十人、何百人というのは現実的ではなさそう
に思えます。


ゲームシステム

そのゲームシステムですが、ジャンル名は「アイドル育成&ライブ対戦」とされ、
「プロデュースパート」と「ライブパート」を繰り返して行く形になるとのことです。

sc02.png

「プロデュースパート」には「レッスン」「お仕事」というものがあり、
「流行」なんて仕様もあるらしく、成長システムも「コーチング」に似たものもあり、
過去のアイマスの良いとこどりのプロデュースゲームのように見えます。

sc03.png

「ライブパート」は2Dモデルで行われるようで、少なくとも音ゲーではないようですが、
「オンライン対戦」となっているのがキモのようで審査員という懐かしい顔も見えます。
同期性などがどうなるのか、という点もありますが、
脳死音ゲーよりはやりがいがある可能性もあると思えます。

「事前登録報酬」として「フェザージュエル(ガシャX回分)」という案の定な
ロクでもないフレーズが早くも舞っています
が、基本無料ゲームである以上、
これを避けることはできないのでしょう…。ゲーム業界よ、どうしてこうなった…。

まぁいずれにせよゲームとしては脳死音ゲーよりは面白くなる要素はありそうで、
その意味では良い印象を受けるのは確かです。
まぁそもそもアイマスがゲームとして面白かった試しなどないのですが…。

しかしこんなゲームがスマホゲーとして出せるというのならば、
既にレッドオーシャンと化しており、しかも最も近い位置にデレステが聳え立っていた
スマホ音ゲーに正面から挑むという愚行を行ったミリシタを出すくらいなら、
ミリオンをこの仕様で出せよ
、というツッコミどころが際立って仕方ありません。
まぁ根本的に無能のバンナムにそんなことを言っても無駄なのでしょうが。


楽曲

楽曲担当はランティス、ということで、765はともかくシンデレラが渋滞しまくっているらしい
コロムビアでなく、という判断は妥当なのだろうとは思います。

そんなランティスが手掛ける今作のメインテーマ曲「Spread the Wings!!」は、
まさに王道アイマス楽曲、という感じで、この意味でも今作の王道さを感じます


イルミネーションスターズのユニット曲「ヒカリのdestination」もタイトルだけ発表されましたが、
ユニット曲はこれまでとは違う傾向らしく、どんな曲になるのか気になります。
しかし最近「なんとかのディスティネーション」って出たばかりのような…。

この楽曲はゲーム内でも使えるのでしょうし、当然CD発売、そしてライブ披露、
という流れはあるのだと思います。果たしてその日はいつで、その舞台はどこなのでしょうね。


今作に対する私のスタンス

sc05.png

ということでザッと今回発表された概要について確認しましたが、
とにもかくにも、これほどまでに王道なのか、ということが一番の驚きです。

この期に及んでどの層にこれを訴えかけるのか、というのが気になるところで、
「みんマス」と言われる層以外に、どこをターゲットにするのでしょうか…。

アーケードを彷彿とさせるシステムで古参にアピールし、
今更アイマスには入りにくい新規層に、完全新作という入り口を設けた、
ということはあるのでしょうが、しかしそうは言っても…。

まぁそれを気にすべきはバンナムであり、
私にとって最も重要なのは、言うまでもなく私個人のスタンスです。

第一印象としては、シンデレラのような嫌悪感も、ミリオンのような呆れ感も、
SideMのような異物感も、KRの他人事感もなく、最も近いのはDSの時に感じた、
「次はこれか」という期待感…でもないけれども、それに近い感情
です。

「王道」であるキャラデザインも好きか嫌いかで言えばもちろん好きですし、
ゲームシステムも音ゲーよりはよっぽど良く(今の時点では)見えます。
まぁこれが「アイマス」を冠していなければ興味も沸かなかったのは確かですが、
しかし実際に今それを冠しているのだから、そのたらればも無意味です。

現実問題として、765という存在が私の中に絶対的に存在し、
ミリオンがそれに追随する現状で、新たなものを受け入れる余裕が、
心理的に、というよりも物理的にあまりないのは確かで、
それこそスマホゲーの時間はミリシタでいっぱいいっぱいです。

更に言えば、ゲームだけでなくCDもライブも…という展開が確実にある中で、
どれだけついていける余地があるのか、という話にもなってくるのですが、
現時点ではそこはまず考えず、とりあえず触れてみはしようと思っています。

その中で、その先どうしていくか、は判断していけばいいでしょう。
どういうわけだかツイッターで公式アカウントをフォローしただけで
「事前登録完了」としてカウントされているらしいですしね…。

「空」「翼」をテーマとして掲げているように見える今作が、
私に新たな翼を授け、まだ見たこともない空へ飛び立たせてくれるのかもしれませんしね。

とにもかくにも、今作については、どういった頻度で新情報が出るかも不明ですが、
当ブログでも必要に応じて記事は書いていこうと思っています。

「アイドルマスター ステラステージ」 プレー雑感 その4

kage

2018/01/29 (Mon)

年始早々、初星宴舞からのミリオン4thBDの発売と、こちらの時間を中々割けませんでしたが、
それでも少しずつ進めていたので、ここで書き留めておきたいと思います。

プレー状況

現在のプレー状況は、14年目(のはず)の1月1週で、
プロデューサーランクは20のアイドルマスター、総獲得ファン数は約3410万人。

そしてアイドル達は以下のような状況です。

双海真美…Sランク Lv58
双海亜美…Sランク Lv59
天海春香…Sランク Lv58
萩原雪歩…Sランク Lv58
水瀬伊織…Sランク Lv58
高槻やよい…Sランク Lv58
四条貴音…Sランク Lv58
我那覇響…Sランク Lv59
星井美希…Sランク Lv58
三浦あずさ…Sランク Lv58
如月千早…Sランク Lv58
菊地真…Sランク Lv58
秋月律子…Sランク Lv58
詩花…Aランク Lv41


無事全員がステラステージを開催し、Sランクになった、というところですね。
そして詩花のサポートという名のプロデュースもできるようになったので、
765の合間を縫って少しずつ961主催ライブに挑む形で育てているところです。

その詩花の育成も当然ですが、765としても6大タイトルがまだまだ残っており、
「アイドルアルティメイト」「「アイドルアカデミー大賞」「スターオブフェスタ」は
制覇したものの、「SD」「IE」「アイドルランブル」はまだクリアできず
、となっています。
…それにしてもこの6大タイトル、予選等と本戦で出場するアイドルが違っていい、
というガバガバ具合は育成的には助かるのですが、いくらなんでも
ソロの「アイドルアルティメイト」において961の詩花と765で相互性があるのはいかんでしょ…

また、Sランクのライブもタイプ指定やトレンドならEXクリアできる状態なのに、
Cランクのライブでもメドレー等でスタンダードだとスコアが伸びずにEXクリアできない、
というのもやはり苦しいところです。スコアが伸びないのは仕様として当然としても、
このバランス感はいかがなものか、という感じ。コーチングの方針があると言えどもね…。
ステラステージ制覇のレジェンドアイドル13人揃えてCランクがEXクリアできない、
というのはいったい何がどうなっているのやら、という話でもありますし。
まぁその辺もガバガバ製作によるバランス調整ミスなんでしょうが、
特定楽曲のスコアミス程の明確なミスでないだけに修正も何もないのでしょう。

ともあれ、ここからのプレーとしては、地獄の特訓と6大タイトルへの挑戦の合間に
詩花の育成を、という形になっていきますが、トロフィー制覇はまだまだ遠く見えます。
20年目くらいに目途がついていれば…という感じでしょうかね。

ただ、ここまできてもPSのときほどの作業感を感じていないし、
明確に目標を立てて進めていけるのは、やはり前作より改善されていると思える点
で、
まだまだこのペースでプレーしていけそうなのは良いところです。


DLC第三弾



最初から発表されていた通りにDLCが次々とリリースされていますが、
やたらとミスが多く、何をやっているのやら、としか言いようのない有様です。

完全新曲も、最初の「Vertex Meister」は良かったのですが、「星彩ステッパー」と
「そしてぼくらは旅にでる」はイマイチインパクトが弱く感じてしまいました。

この3曲はPミ18で披露されるのでしょうし、そこでまた印象も変わるのかもですが…。

ともあれ、この3曲でカバーアイドルは13人全員が出たことになるわけで、
完全新曲はここで終わり、となってしまうのか、それとももう一回りするのか、
というのも気になるところです。第6弾まで予定はありますしね。

まぁPSでもこの枠は3曲だけだったので、あとは既存曲だけなのかもしれませんが、
DLCとしては追加シナリオ等の目玉が欲しいところでもあります。

とにもかくにも、まだまだプレーも続けていくことになりますし、
そのDLCもどうなるか、というところも残っているので、
今作の総括記事もこの段階ではまだ書かないでおきます。

シアターデイズ プレー雑感 その7

kage

2018/01/20 (Sat)

随分長い事書いていなかった気がしますし、
イベントとしても新展開がありましたのでまた書いておきます。


プレー状況

まずは現在の進捗について。
プロデューサーレベルは124、劇場ファン数は31万人オーバーのAランク敏腕プロデューサー
書いていなかった期間もサボっていたわけでは当然なく、
毎日ログインは当然として、イベントは5万位以内、基本的に2万位台が続いています。

親愛度は全員1000をとっくに超えていますが、所持カードによって偏りもあったので、
低いメンバーを上げる形で、その偏りの是正を少しずつ進めているところです。

ライブの攻略については、クリアは全曲、フルコンボはMM以外は全曲、
という状況は変わらず。MMのフルコンボはごく一部に留まるのが私の限界のようです。

そんな状態なので、つまりは基本的には何も変わらずプレーし続けているだけ…
ではあるのですが、以前とは決定的に変わったところもあって、
それは先日の初星宴舞で発表された「トップ!クローバー」衣装が有料購入できる、
というモノに対し、初めて課金をした
、ということになります。
まぁこれ1回ポッキリではありましたが、0と1は違いますしね。
その有償ジュエルから奈緒のSSRも出たのもあって良かったのではないかと思います。

この初課金は初星に対するご祝儀的な意味合いも多大にあったのは事実ですが、
こういった「課金に値する」ものが今後も出るのならば、そこには当然課金をしていきます。
ただ何が当たるかもわからないガチャは私からすればドブに捨てるのと変わらないですけどね。


THE@TER BOOST!

以前も何かの記事で触れたこちらですが、投票権配布期間は終わり、
投票期限自体も間もなく、という佳境を迎えています。

TAとほぼ同様のこの企画、私としては望ましいものとは思っていませんが、
まぁ話題性があるというのは確かですし、やりたいことの意義は理解はできますし、
投票を棄権、ということはしないつもりでいました。
しかし現時点ではまだ誰にも投票せず、「317票」が手元に丸々残っています

投票自体、既に決着がついていると言える役もあれば、大激戦中の部門もあるわけですが、
まさに三姉妹カフェの次女役で美奈子静香と全役中トップと言っていい争いを続ける今、
この317票をここに投じずどこに投じるのか…というのは一つの考え方として確かにあります。

しかし美奈子はTAでは勝利をおさめ、役割を得たという実績もあり、
一方で静香は役を得られなかった、という事実を鑑みれば、「平等主義」の私が
考えなしに美奈子に全票を投じる、という行為には出ない、ということにもなるわけです。
じゃあ静香に投票するかというと、そもそも普段から優遇されている静香を推す、
という行為もまた考え物で、その行動に簡単に出ることもありません。

だからこそまだ投票をしていないわけですが、この317票が勝敗をそのまま左右しかねない程の
激戦に、私がどのような判断を下すのか…というのはまた後日

…他の激戦区に手を出すこともあるかもしれないし、ないかもしれませんしね。



イベント プラチナスターシアター 昏き星、遠い月

先日の特番「ミリラジMIDNIGHT」で発表された新イベント。
まぁ新イベントと言っても形式は以前からの「プラチナスターシアター」と全く同じなんですが、
そうは言っても3タイプの完全新曲が終わり、さぁどうなるというところで、
またもタイプ別と思われる新ユニット展開と完全新曲、ということで新イベントとも言えます。

楽曲もホラー系のミュージカル調というこれまでにないタイプで非常に斬新でしたし、
「劇場」という舞台で別の魅せ方をする、というのは非常に良い形だと思いました。
…まぁ結局音ゲーをひたすらやり続けるだけの脳停止作業は良い形だとは全く思いませんが。

また、劇中設定では今回のこの企画自体をPが考えた、ということになっており、
これまでのユニットが社長から押し付けられるのがほとんどで、誰がプロデューサーなのやら、
というのに比べるとマシな気もしますが、結局プレイヤーとしてのPは何も決めてないわけで、
「Pが決めた」という設定はそれこそTBで出すべき話でここじゃないだろ、としか思えません。
まぁそんなことは些細な話なのも確かですが、この脳停止音ゲーの中で、
どれだけ「プロデュース感」を出せるのか、という事自体は大事な事ですからね。

イベントという意味では、LTH、すなわちグリマスでのPSL編のユニットについて、
ちょうど半分となる5つが開催され、しかも2ユニットずつの展開だったうちの一方を、
という形で展開し、5つがまだ残っている、という状態になっています。

一方LTPは初期実装曲もあるとはいえ、イベントとしてはリアルイベントで冷遇された
「Good-Sleep, Baby♡」だけ開催され、それ以外はまだ、というアンバランスさもあります。

これらを今後どのように展開していくのか、というのも気になるところですが、
それも踏まえ、未だに復帰しない琴葉をいつどのタイミングでどのように出すのか
というのもやはり気になってくるところです。

「Princess Be Ambitious!!」を逃した今、「灼熱少女」のリーダーとしてなのか、
「朝焼けのクレッシェンド」を引っ提げてのソロなのか、
はたまた「昏き星、遠い月」に続くプリンセス曲での登場なのか、
それともTBでの投票結果を受けてそのまま、なのか、それ以外なのか。

未だされていない5thライブの出演者発表との兼ね合いというのももしかしたら
あるのかも
しれませんが、いずれにしてもここは非常に重要なポイントでしょう。


まぁ何にしても、このミリシタというアプリは毎日、日常的に触れるモノでもあるわけなので、
良い意味での刺激と新鮮味を提供し続けていって欲しいとは思っています。

「アイドルマスター ステラステージ」 プレー雑感 その3

kage

2018/01/03 (Wed)

さて年始早々ですが、週末のビッグイベント前に進捗を書き留めておこうと思います。


プレー状況

現在のプレー状況は、9年目(のはず)の9月1週で、
プロデューサーランクは20のアイドルマスター、総獲得ファン数は約1440万人。
…「アイドルマスター」の称号はファン人数765万人で手に入ったわけですが、
その時点では13人がBランクに上がったところに過ぎず、トップアイドルとされている
Aランクは皆無の状態
。これでこの称号をもらっていいんですかね…。

双海真美…Aランク Lv44
双海亜美…Aランク Lv44
天海春香…Aランク Lv44
萩原雪歩…Aランク Lv44
水瀬伊織…Aランク Lv44
高槻やよい…Aランク Lv44
四条貴音…Aランク Lv44
我那覇響…Aランク Lv44
星井美希…Aランク Lv44
三浦あずさ…Aランク Lv44
如月千早…Bランク Lv44
菊地真…Bランク Lv44
秋月律子…Bランク Lv44


現在は地獄の特訓と6大大会等の合間に全員をAランクに順に上げている、
という状態で、年内には全員Aに到達する見込みとなっています。
それが終了し、年末もしくは来年やっと詩花に挑戦、という状態になるわけですね。

6大大会も流石に予選レベルだとクリアできるようになっていますが、
決勝にはまだ及ばず、という状態です。レッスンを使えば行けそうなところもありましたが、
それよりも地力をつけて後で一気に、のほうがよさそうですしね。

特にトレンドさえ合わせられればかなりスコアは稼ぎやすくなってはいますが、
未だにない衣装がトレンドに来るとその月は勝負できず、となるのが苦しいところ。
まぁ完全に運要素なんでしょうが、これくらいの要素があったほうがゲームとしてはいい感じ

ただ、トレンドではないスタンダードで、メドレーやオールスターだとスコアが全く伸びず、
というのが辛いところで、これはコーチングでその辺りを抑えていないからでしょうが、
トレンドならSすらいけるのにスタンダードはCすら無理、というバランスはどうなんでしょうか…

コーチングと言えば、全員同じで進めていましたが、これではいつまで経っても
楽曲指定のライブに挑めない、ということで、おあつらえ向きに13曲散らばっているものを、
それぞれ13人、「持ち曲」と思しきものを別々に回収させ、その後他のメンバーのルートを
通って帳尻を合わせる
、という方向で進めています。これでも回収できていない衣装や
アクセもあるので、これもその後同じようにゲットしたほうが良さそうです。

このコーチングを含め、やりこみ要素はまだまだあるのは確かですが、
とりあえずの「ゴール」がもう目の前に見えてきているのも確か、という状況。

初星宴舞の前に一人でもステラステージに立たせることはできるでしょうか。

「アイドルマスター ステラステージ」 プレー雑感 その2

kage

2017/12/29 (Fri)

さて年末ではありますが、年始に早々からあまり書けなくなってしまうため、
ここでまた進捗等を書き残しておきたいと思います。


プレー状況

現在のプレー状況ですが、5年目(のはず)の6月1週です。
年数はどこにもカウントされていないのでもう怪しいラインですが…。
プロデューサーランクは12の中堅プロデューサー、総獲得ファン数は約240万人。

双海真美…Bランク Lv32
双海亜美…Cランク Lv32
天海春香…Cランク Lv31
萩原雪歩…Cランク Lv31
水瀬伊織…Cランク Lv31
高槻やよい…Cランク Lv32
四条貴音…Cランク Lv31
我那覇響…Cランク Lv31
星井美希…Cランク Lv31
三浦あずさ…Cランク Lv30
如月千早…Eランク Lv30

-----------------------------------------------
菊地真…Lv23
秋月律子…Lv22

上から順にプロデュースしていっており、11人までプロデュースしているところです。
かなりバランスも取れては来ていますが、中々調整も難しいところとなっています。

2年目から始まったスケジュールがかなり重要で、それこそ年の前半は
「地獄の特訓」をメインに組み立てるため、営業やらレッスンやらとライブをうまく繋げる、
ということがなかなかできない、という難しさがでてきています。
あっというまに疲労を溜め、しかも自然回復もしない、という仕様ですしね。

ただ、そこをどう調整するか、というところこそがゲームとしての醍醐味でもありますし、
私の「バランス優先プロデュース」が適度な難易度を生み出している
とも思っています。

また、私はコーチングでもバランスを優先し、(プロデュース可の)全アイドルを全く同じ状態に
横並びにしてから一歩ずつ進めていく、としているわけですが、
ここも本来はアイドルによってソロ型だったりデュオ型だったりトリオ型だったり
クインテット型だったりと役割分担をすることで、ゲーム性を生み出しているはずですしね。
まぁ結局OFAから続く「エンドレス」のおかげで何の制約もなく、緊張感も特にないのですが…。

私のこの進め方では現状6大大会もほぼノータッチとなってしまっているわけですが、
果たしてこれらにまともに挑めるのは何年目になる事やら…。
13人揃ってもコーチングの歩みも異常に遅くなってしまうわけですしね。

まぁいずれにせよシステム的な面ではPSよりは明らかに上、と評価していいでしょう。

また、シナリオ面に関しても、やよいの父親が社員になるなど、
これまでの作品で大きな課題となっていたものが早々にクリアされ、それを踏まえてどうする、
という話が多いのは評価すべき点
だと思っています。

もっとも、OFAではDLCシナリオまで空気と化していた玲音とは対照的に、
まるで自分が961Pにでもなったのかと錯覚するが如く凄まじい勢いで登場する詩花の存在は
いかがなものか
、と思えてしまうわけですが、まだここは最終的な評価は難しく…。

私のこのプロデュースペースで「最終的な評価」が下せるのがいつになるかは
わかりませんが、初星宴舞までにステラステージに立てるメンバーは現れるのでしょうか。


売上について

私自身の評価はさておき、数字にダイレクトに出るこの指標としては、
初週において前作PSの約1/3程度、という非常に厳しい数字が出たようです。

ただこれは言うまでもなく、「前作の評価が数字に出る」というゲーム業界の通例通りで、
PSの出来の悪さがここにモロに出てしまっている、ということになるでしょう。
アイマスお得意の応募券商法も、これまた酷い有様だったPミーティングのものではね…。

PSにせよPミーティングにせよ全てはバンナムの無能さによる失策だったわけで、
それをダイレクトに765に被せてきたのは腹立たしいというほかありません。
ここまで来るともはやわざとやっているのでは、とすら思えますからね。

果たしてこの先765をどうするつもりなのか、何ができるのか、という現実を改めて
突きつけられた、というか自ら突き刺さりに行った格好
ですが、
それは初星ではなくPミーティング2018になるのでしょうか。

何にしても、私の信念にブレがないことは確かです。