カテゴリ:ライバル の記事リスト(エントリー順)

ラブライブとアイドルマスター その2 中編

kage

2013/10/06 (Sun)

さて今回は「なぜラブライブの人気がここまで出たのか?」ということについて
みていきたいと思っています。もちろん、アイマスと比べる視点で、ですね。


「ハードル」の高いアイマス

周知の通りアイマスは今年で8年目。アーケードから始まり、家庭用、携帯機用、
アニメ、ソーシャルと様々な展開を見せてきたわけで、そこには確かな歴史があります

その歴史というのは当然武器になり、ここまで展開してきた様々なチャネルから新規ファンが
入ってきて、プロデューサーとなっていく、という形がとれてきたと思います。

しかしその「歴史」は諸刃です。長く続くコンテンツならどこにでも起こりうる
「古参/新参」という壁が生まれてしまう、この問題がアイマスにも発生するわけです。

もちろん古参が悪いとかそういうことではないですが、古参がアイマスにかけてきた
時間であり、金であり、そして愛というものは、傍から見れば当然「重く」見えるわけです。
この重みは、決して一朝一夕で追いつけるものではありません。たとえゲームを全てやっても、
CDを全部買っても、それだけでは追いつけないほどの歴史がそこには存在してしまう。

「アイマスは人生」のフレーズが示す通り、これまでの様々な展開に対し、プロデューサーは
ときに笑い、ときに泣き、ときに怒ってきました。こうしたリアルタイムでの歴史と言うのは
どう足掻いても後からは追い掛けようのないもので、どうにもならない壁にもなってしまう
のです。

そういった歴史を生きてきた古参を前に、新参は決して大きな顔をしたり、大きなことを言ったりは
できなくなる空気はどうしても発生してしまう。アニメ化から既に2年が経っているわけですが、
未だにアニメからのPが自身を「新参」と称するのはこれがあるからだと考えられます。

私としては、MAFの「社長訓示」を聴けばそんなくだらない垣根など全て取り払える
と思えるわけですが、それにしても「MAF」自体聴かなければいけないわけで、
それ自体がまた一種のハードルになってしまう、ということも起きてしまいますし、
現実的な感覚として、それだけで時間という壁は早々崩せるようなものでもないのもまた事実です。

この歴史がある故に生まれてしまった構造に怖じ気づき、どうしてもアイマスに入ってこれない、
高いハードルを感じてしまう、という人も決して少なくはない
と思います。

そしてそういう人を救う救済策が如く登場したのがラブライブではないか…と思うのです。


「ハードル」の低いラブライブ

ラブライブは「電撃G's magazine」を中心としたコンテンツで、2010年から始動しました。

1stシングルが初週僅か500枚程度しか売れなかったなど、散々なスタートだったようですが、
声優陣や楽曲のPV等を前面に押し出す姿勢などで徐々にファンを拡大。

そしてコンテンツ開始2年半の段階でアニメを放映し、その人気は爆発。
このタイミングでの初のベストアルバム発売などで、一気にファンをつかみました。

この早期のアニメ化というのは、コンテンツ開始時点で決定していたのかどうかは
知りませんが、タイミングとしてはベストとも言えるものだったと思われます。

「アニメ」というチャネルは現在の「ネットで動画を見る」という形が定着してからと
いうもの、それ以前の「深夜アニメ」にあったハードルがはっきりと、一気に下がり、
誰にでも触れやすい、非常に手軽なものとなったように思えます。

一方で「ゲーム」は、ソシャゲーを除けばきちんと金を払って購入せねばならず、
特に家庭用であれば、プレーすること自体にも多少のハードルが生まれてしまう。
アニメよりも能動的なチャネルであるが故、手軽さはどうしても落ちてしまうのです。

アイマスがあくまでも「ゲーム」を軸とし、それ自体にハードルがある中で、「アニメ」に
より重心を置いたラブライブは、もうそれだけで「ハードルが低い」
ものとなるわけです。

そして前述したように「タイミング」もまた絶妙で、この段階でアニメをきちんと見て、
ベストアルバムを聴いておけば(アイマスと同じ意味での)「新参」にはならない
という構造がきちんと出来あがったように見えるのです。

アイマスはアニメを見ただけではその全体像のごく一部しか触れたことにはなりません。
ベストアルバムだって、これから現在発売中のシリーズを全て買っても全くその厖大な
楽曲を網羅したとは言えない、というような状況になってしまっています。

一方で、ラブライブはアニメを見て、ベストアルバムを聴けばとりあえず「古参」に
ある程度は追いつける
、というようになっているように私には思えます。

もちろんラブライブにも他にたくさん展開があって、それらにどれだけ触れたか、というところに
ある程度ハードルのようなものはあるでしょうが、それでもアイマスほどではないはずです。


「二匹目のドジョウ」はいた

アイマスのプロデューサーになりたかったけどなれなかった人、あるいはアイマスの多様な
展開についていけなくなった人、タイミングさえ違えばアイマスのPになっていたはずの人、
そんな色んな人をラブライブは拾い上げることができた、だからここまでになったのだと思います。

もちろんこれにはラブライブというコンテンツ自体に魅力がなければ無理だった話で、
きちんと拾い上げるだけの力が存在した、ということが非常に大きくあるのは確かです。
しかし、やはり同じ「アイドル」を扱うコンテンツで、先発のアイマスに追いつくのは、
それだけでは難しかったはず。コンテンツの展開のうまさ、というのがそこにあったのでしょう。

「二匹目のドジョウ」という表現はラブライブというコンテンツ、そしてラブライバーに
失礼にあたるかもしれませんが、「アイマス」という「二次元アイドルコンテンツ」の
土壌がなければ、ここまでのスピードでここまで展開できなかった
、と私は思うのです。

また、プロデューサー兼ラブライバー、という人もたくさんいるはずですが、
その両方をしっかりと兼任するというのは簡単ではないでしょう。その結果どうしても相対的に
「軽い」ものになりがち
なはずで、前述したようなPの「重さ」には及ばないものになってしまう。
そういう姿勢が悪いということではないですが、このあたりについてはアイマスにおける
「プロデューサーとファンの違い」というナイーブな部分に抵触してきてしまうと思います。
この「P/ファン」の違いについてはいずれ別の機会にするとして、次はラブライブの魅力について。

ラブライブとアイドルマスター その2 前編

kage

2013/10/05 (Sat)

非常に長く続いてしまった8thライブツアーの話もようやく終わり、
ベスト第2弾の収録曲についての記事も無事書けたので、このまま通常営業に
戻ろうかとも思ったのですが、ここで他にも書いておいたほうがよいことがありました。

それがこの「ラブライブ」との比較のお話。
以前にも書いたことのあるこのテーマですが、今回のTGSでイベントステージを
観覧したこと等々あり、ちょっとまた書いてみたくなりました。

アイマスはともかく、ラブライブについての知識は乏しいので
間違い等あるかもしれませんが、ご容赦、あるいはご指摘いただければと思います。

今回はいくつかのテーマについて、この2つのコンテンツを量的なモノを中心に比較していきます。


「さいたまスーパーアリーナ」ライブ

今回、アイマスは8thライブで「さいたまスーパーアリーナ」でのライブを発表した
わけですが、ラブライブはここでのライブを先に発表していました。

実際のライブ自体は2週間しか間は空かないけですが、それでもアイマスからすれば
後発のコンテンツに「先を越された」ということになったわけです。

具体的なスケジュールの都合云々なんてのはもちろんわからないわけですが、
いずれにしてもラブライブは僅か3年という期間で、ここまで上り詰めたのは確かなわけです。

アイマスだってもちろんもっと早く出来たはずですが、少なくとも3年ではたどり着けなかった
大舞台。なぜこれほどまでに成長スピードが違うのか…とあたりは別途。


ベストアルバムの売り上げ

先日アイマスのベストアルバムシリーズ第一弾が発売されたわけですが、
初週の売り上げが14,117枚、2週目が3,984枚ということで、ここまでで
約18,000枚の売上、ということになっております。


THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+ GRE@TEST BEST! -THE IDOLM@STER HISTORY-THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+ GRE@TEST BEST! -THE IDOLM@STER HISTORY-
(2013/09/18)
765PRO ALLSTARS+

商品詳細を見る


一方のラブライブは4万枚とも5万枚とも言われる程とのこと。
もちろん発売2週のものと比べてもしかたないところではあるんですが、
今回のアイマスのベストが今後どんなにロングセラーを飛ばしてもここまで届くのは
相当難しく、ダブルスコアとなってもおかしくない差になったと言えるでしょう。


ラブライブ!  μ's Best Album Best Live! collection 【Blu-ray Disc付 通常盤】ラブライブ! μ's Best Album Best Live! collection 【Blu-ray Disc付 通常盤】
(2013/01/09)
μ's

商品詳細を見る


では、なぜこれほどまでの差がついたのか。
もちろんアイマスはこれが3度目のベストアルバム(シリーズ)であること、
これからもこのアルバムシリーズがあと3作続くこと、さらにはそもそもこのアルバムを
買っただけではアイマス楽曲を全く網羅できない
、ということがあげられます。

一方のラブライブは初のベストアルバムで、それまでの楽曲をほぼほぼ網羅。
「とりあえずこれ1枚あれば」、という感じで熟練のラブライバーはもちろん、
初心者に取ってこれ以上なく手に取りやすいものはない、という感じになっていると思います。

しかし、これらの理由だけでこれほどの差がつくものなのか…というところはまた別途。


アニメBDの売り上げ

一方でこのアニメBDの売上ではアイマスに軍配が上がっています

アイマスは1巻、ラブライブは7巻を除いた数ですが、
平均でアイマスは約29,000、ラブライブは約25,000、という数字になります。

アイマスはG4Uパックも含む数ですし、特典等で条件は必ずしも一緒ではありませんが、
多少の差がついているわけですね。ただあくまでも「多少」。絶対的な差ではありません。


アイドルマスター 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]アイドルマスター 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/10/27)
中村繪里子、長谷川明子 他

商品詳細を見る



ラブライブ! (Love Live! School Idol Project) 1 (初回限定版) [Blu-ray]ラブライブ! (Love Live! School Idol Project) 1 (初回限定版) [Blu-ray]
(2013/03/22)
新田恵海、南條愛乃 他

商品詳細を見る


ソーシャルゲーム ダウンロード数

モバグリ否定派の私がこれを取り上げるのも不本意ではあるんですが、
比較対象にはなると思うので、一応取り上げておきます。

アイマスは2つソシャゲーがあって、うち「シンデレラガールズ」は350万DLを突破、
と発表されています。一方で「ミリオンライブ」は正式な数字が未公表
「ミリオン」だけに100万DL突破となれば大々的に取り上げられるはずですが…。

ラブライブは「スクールアイドルフェスティバル」がユーザー数100万人を突破。
モバゲーやグリーに寄らないネイティブアプリとしては大健闘の数字だと思います。

この数字を見れば、アイマスの圧勝、となるのですが、当然そういうものではありません。
DLするだけなら無料なわけで、モバゲーという巨大なプラットフォーム上にある
モバマスが数字を稼ぎやすい
、ということは当然あると思います。
また、売上あってのことだとは思いますが、テレビCMを打ちまくっていたこともあるでしょう。

実際に大事なのはアクティブユーザー数なわけで、これはモバマスは10万~20万
されています。一方のスクフェスも10万オーバーという話もあり、その数字を信じるならば
実質的な差はDL数程絶対的では全くない、と言えるわけですね。


問題は「人気の差」ではなく…

ここまであげた数字からは、「絶対的な人気の差」というのは見えてきません
ただ一つ確実に言えるのは、「SSAライブ」の項目であげた成長スピードの差、というのが
はっきりあって、ラブライブの勢いが凄まじい、ということが言えるわけです。

ではなぜここまでラブライブは急伸したのか…というあたりは次回。

ラブライブとアイドルマスター ~後編~

kage

2013/06/27 (Thu)

アイドルコンテンツである以上、アイドル達の魅力はもちろん重要です。

アイマスについては言うに及びませんが、ラブライブのメンバーも、
非常に魅力的で、他の所謂「萌え系コンテンツ」と比べても一際輝いて見えます。


ラブライブ! (Love Live! School Idol Project) 1 (初回限定版) [Blu-ray]ラブライブ! (Love Live! School Idol Project) 1 (初回限定版) [Blu-ray]
(2013/03/22)
新田恵海、南條愛乃 他

商品詳細を見る


もはやアイマスに客観性は持てないので、純粋に比較はできませんが、
この点においては、はっきりとした差を見出すことはできません。

でも、だからこそ、差がつくのは、やっぱりになってしまう。
個人個人の魅力そのものに大きな差がなくとも、ここまで長く、濃い時間を
過ごしてきたという事。これに勝る「魅力」などどこにもないのです。

「一緒に来たし、一緒に行くんだ」なんてセリフを吐いた空気系主人公がいます。
彼は色々ネタキャラになってしまいましたが、このセリフは本当に心を打ちます。

アイマスとは一緒に来たし、一緒に行きます。


最後は、今後について。

アイマスは8thライブを控え、様々な憶測とともに、異常な緊張感が漂っている状況です。
一方でラブライブは3rdライブを大成功させ、輝かしい未来が開けて見えます。

この状況については、心底ラブライブが羨ましい、と思えてしまう。

来年、アイマスに先駆けて、「さいたまスーパーアリーナ」でのライブが開かれます。
単純な規模で言えば、「横浜アリーナ」より大きく、格上感すらあります。

「先を越された」という感も正直ありますが、正直これは仕方ない。
「先を~」というなら、他の3次アイドルにだって越されているわけです。
ラブライブのライブ映像を見たことがありますが、非常に3次アイドル的なものでした。
それがいい、悪い、ということではなく、こと「ライブ」に関して言えば、
そういうほうがより多くの客を集められる、ということなんだと思います。

本当かどうかはわかりませんが、ラブライブは最初から「歌って踊れる」声優を
集めたと聞きます。本職が歌手の人もいるそうですね。
そして中の人はかなり若い。コンテンツとしてもまだ3年ですし。
エネルギッシュさは3次アイドルに全く引けを取らないのだと思います。

一方でアイマスは、「ゲームにあてる声」ありきで選ばれたはずです。
失礼ながら、初期の中村さんを見れば、歌で選ばれていないことは確かでしょう。
それでも、少しずつ、切磋琢磨しながら、8年かけてここまでやってきた。

似てるようで、やっぱりこの2つのコンテンツには大きな違いがありますよね。
どっちが好きか、自分に合うか、という問題で、優劣なんてものは全くないわけです。
だから、ここで「先」「後」を比べても仕方ないんだと思います。
でも、やっぱり少し悔しいのは、なんでしょうね。



さて、ここまで色々書いてきましたが、ちょっと書こうと思った事と
ズレてしまいました。自分がいかにアイマスが好きか、ばっかりで、
あまり比較とかができなかったように思います。

ちょっと物足りなさがあるので、またそのうちに似たようなことを書くでしょう。
それはもしかしたら、アイマスの「次」が見えた後になるかもしれませんね。

ラブライブとアイドルマスター ~中編~

kage

2013/06/26 (Wed)

次はコンテンツの展開について。

最初に一言。はっきり言ってラブライブについてはよく知らないので、
とんちんかんなことを書くかもしれません。ご容赦ください。



ラブライブはコンテンツの大きな柱として、総選挙があります。
某3次アイドルグループと同じ感じだと思いますが、
要するにアイドル内で優劣をつける、競争システムですよね。

一方で、アイマスにはこれがありません。
9.18でMA2のCD売上云々が問題点の一つとなったように、
アイマスは仲間内での競争を極端に嫌っています。

「仲間だもんね!」「みんなといっしょに!」が掛け声となる
アイマスと、競争原理を持ち込んだラブライブ。
これの好き嫌いは当然人それぞれになると思います。

そして私が好きなのは、やっぱり「みんなといっしょに!」なんですよ。

5thライブのとき「フルメンバーじゃないから行かない」、と判断した
その考え方。今では、フルメンバーじゃなくともライブには行きたいし、行きますが、
コンテンツ全体を見るときは、みんな横並びで考えたいんです。


THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one !! Blu-ray BOX 《初回生産限定版》THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one !! Blu-ray BOX 《初回生産限定版》
(2011/03/16)
V.A.

商品詳細を見る


もちろん私も、13人の中で順位を多少なりつけることができます。
しかし、扱い方、つまりプロデュースの仕方はやっぱりみんな横並びなんです。
ここに差がうまくつけられない、これは元々の性格上の問題ですが、
これにアイマスは見事に合致したんだと思います。



そして「プロデュース」、と上でも書きましたが、
やっぱりこのあり方が決定的な差になるんだと思います。

ラブライブは「μ's」というスクールアイドルユニットが存在し、
ファンはファンとしてそれを応援する、3次アイドルと同じスタンスです。

一方で、アイマスはファン自身がアイドルグループを決定し、
プロデュースする、という「プロデューサー」システムが根幹にあります。

どっちが良いかと言えば、やっぱり私は、アイマスが良いんです。
私がラブライブのファン、ラブライバーになれるんなら、
多分以前にモーニング娘。かなんかのファンになっていたはずなんですよ。

でもそうはなりませんでした。なったのはアイマスのプロデューサーです。
「自分がアイドルを育てる」という絶対的な感覚、
これがやっぱり自分にとっては必要で、アイマスPになるのは必然だったんです。


続きます。

ラブライブとアイドルマスター ~前編~

kage

2013/06/25 (Tue)

今回はライバルコンテンツのお話。

アイマスは誕生以来様々なコンテンツと比較されてきましたが、
現在もっとも比較されているのは「ラブライブ!」でしょう。

「アイドル」をテーマにしていること、「中の人」を押しだしていること、
「ファンのみんなと一緒に」というスタンス、あたりが共通点としてあげられ、
主に外野から度々比較されています。

そのため私としても、これまで比較されてきたコンテンツのどれよりも
「気になる」コンテンツなのは確かで、少し注目して見てきました。


2005年開始のアイマスに対し、2010年開始のラブライブのほうが後発で、
そのとき私は既にアイマスにどっぷりでした。

その当時に何かの拍子にラブライブの1st曲PV「僕らのLIVE 君とのLIFE」を見たところ、
曲は中々に良いとは思ったのですが、アニメ絵のデザインがどうにも
感性に合わず、その後は全くPVを見ることはありませんでした。


僕らのLIVE 君とのLIFE(DVD付)僕らのLIVE 君とのLIFE(DVD付)
(2010/08/25)
ラブライブ!、μ’s 他

商品詳細を見る



しかし2013年1月に「ラブライブ!」はアニメ化。
それにより、私も再び注目するようになり、アニメを視聴し始めました。

ストーリーそのものは、王道と言える内容で、決して悪いものではないと感じました。
アニマスに関してはもはや客観的に見ることはできないので、
一概に比較することはできませんが、優劣はつけがたいのではないか、と思います。

唯一比較して差がつくのは、終盤のシリアス展開。
アイマスのシリアスはまだ納得がいったのですが、ラブライブのは不自然さが
目立つというか、最終話ははっきりと「おかしい」とすら思ってしまいました。

とはいえ、この2コンテンツを比較してみた場合、
本質的な問題はそこ(アニメのシナリオ)ではないと思います。


アニメにおいてあげられる最重要ポイントは、ライブシーンのクオリティ。
アイマスもライブシーンは中々のクオリティに仕上がっていたと思いますが、
ラブライブのそれは、その上をいくものだと感じました。

多分その差は、アイマスはシナリオ上の一パートに過ぎないものなのに対し、
ラブライブは完全にPVとして作り込んでいる、というところだと思います。

これはまぁ完全に主観です。アイマスももちろんしっかり作り込んでいるはず
なので、私にはそう見えた、というだけの話です。


しかし本当に重要な問題は、そこではありません。
以前にも述べていますが、ラブライブには、致命的な点があります。
それは、PVにおけるCG使用による違和感、はっきりいうと気持ち悪さです。
この表現が綺麗ではないのは承知ですが、自分はそう感じてしまうのです。

もちろん、だからといってラブライブというコンテンツの質を低く見るつもりは
ありません。むしろ、アイマスが自分にとってドンピシャ過ぎるのがすごいんです。

かなりストライクゾーンが狭い自分に対し、ど真ん中に来るアイマスCG。
「やっぱりアイマスさんはすごいや」となってしまう、
そのことをラブライブは再認識させてくれたのです。


続きます。