アイドルマスター シャイニーカラーズ 発表!

kage

2018/02/07 (Wed)

本日、以前より告知されていた「ブラウザゲーム版アイドルマスター」、
「アイマス第七勢力」とされていた完全新シリーズ「シャイニーカラーズ」が
そのベールをついに脱ぎました
ので、早速書いてみたいと思います。
…しかし本当にアイマスは「シャイニー」が大好きですね、「ブランニュー」も…。


「アイドルマスター シャイニーカラーズ」とは

sc01.png



「HTML5」の仕様でブラウザ版ゲームとして今春リリース予定、とされていた
アイマスの新作であり、キャラデザインも一新、アイドルも声優オーディションを開催、
として「完全新シリーズ」であることも謳われてきたものとなります。

とは言え、KRや男性版のSideMはさておき、765、シンデレラ、ミリオン(と876)と展開し、
「女性アイドル」としては「ふつうの人間」の範疇ではあらゆるタイプを網羅しているとさえ
言えるくらいの状態になっていた以上、それこそ動物やら天使やら、モチーフ自体を
大きく変えたものを「アイドル」とするのでは、という予想もできるものでもありました。

しかし蓋を開けてみれば、想定をはるかにこえる「王道」のアイドル達が登場
ということでそのことにまず驚かされました。デザインが違うと言えば違う、とはいえ…。

また、「ブラウザゲーム」ということでパソコンが基本になるかと思いきや、
「スマホゲーム」
ということで、これは時勢に合わせたにせよ意外性もありましたし、
それでいてアーケード等を彷彿とさせる「プロデュースゲーム」的なゲームデザインである、
ということもインパクトとしては強いものでありました。

その意味で「目新しさ」は正直全くないけれども、
「正統派のアイマス新作」と呼べるものが登場した、と言えるのではないかと思います。


アイドル

ここからは各ポイントについて詳細に見ていきますが、まずは最大のポイントである
「アイドル」について。アイマスでは言うまでもなくこれが最重要です。

現時点では16人はいるとされ、そのうちの3人がまず発表されたわけです。

sc04.png

櫻木真乃(CV.関根瞳)
風野灯織(CV.近藤玲奈)
八宮めぐる(CV.峯田茉優)


舞台は「283(つばさ)プロ」、社長は「天井努」、事務員は「七草はづき」とされ、
その中でアイドル達はユニット単位を基本とする、というSideM仕様で、
上記3人は「イルミネーションスターズ」というユニットとなる
とのことです。

番組内でも「信号機」という表現を使っていたように、所謂「メイントリオ」になるはずで、
キャラのパーソナリティーもそれに合わせて…というか「まんま」すら思えるくらいです。

真乃は春香でも未来でもなく雪歩に近いのでは、というのはあるにせよ、
灯織は静香そのまま、めぐるは美希そのまま、にしか正直見えません。

もう少し差別化をなんとかしろよ、と思う反面、とっつきやすさがあるのは確かでしょう…
私としても、「王道」自体は好きですし、親しみやすさがあるのは確かですしね。

また、これもアイマスのキモ、「声優」ですが、やはり新人のようで、
その成長もまたタイトルの成長とともに見ることができるものになるのでしょう


この1ユニット3人以外に3ユニット13人?が「COMING SOON」とされていますが、
当然もっと増えていく可能性もあるでしょう。ただ、ゲームシステム的に、
何十人、何百人というのは現実的ではなさそう
に思えます。


ゲームシステム

そのゲームシステムですが、ジャンル名は「アイドル育成&ライブ対戦」とされ、
「プロデュースパート」と「ライブパート」を繰り返して行く形になるとのことです。

sc02.png

「プロデュースパート」には「レッスン」「お仕事」というものがあり、
「流行」なんて仕様もあるらしく、成長システムも「コーチング」に似たものもあり、
過去のアイマスの良いとこどりのプロデュースゲームのように見えます。

sc03.png

「ライブパート」は2Dモデルで行われるようで、少なくとも音ゲーではないようですが、
「オンライン対戦」となっているのがキモのようで審査員という懐かしい顔も見えます。
同期性などがどうなるのか、という点もありますが、
脳死音ゲーよりはやりがいがある可能性もあると思えます。

「事前登録報酬」として「フェザージュエル(ガシャX回分)」という案の定な
ロクでもないフレーズが早くも舞っています
が、基本無料ゲームである以上、
これを避けることはできないのでしょう…。ゲーム業界よ、どうしてこうなった…。

まぁいずれにせよゲームとしては脳死音ゲーよりは面白くなる要素はありそうで、
その意味では良い印象を受けるのは確かです。
まぁそもそもアイマスがゲームとして面白かった試しなどないのですが…。

しかしこんなゲームがスマホゲーとして出せるというのならば、
既にレッドオーシャンと化しており、しかも最も近い位置にデレステが聳え立っていた
スマホ音ゲーに正面から挑むという愚行を行ったミリシタを出すくらいなら、
ミリオンをこの仕様で出せよ
、というツッコミどころが際立って仕方ありません。
まぁ根本的に無能のバンナムにそんなことを言っても無駄なのでしょうが。


楽曲

楽曲担当はランティス、ということで、765はともかくシンデレラが渋滞しまくっているらしい
コロムビアでなく、という判断は妥当なのだろうとは思います。

そんなランティスが手掛ける今作のメインテーマ曲「Spread the Wings!!」は、
まさに王道アイマス楽曲、という感じで、この意味でも今作の王道さを感じます


イルミネーションスターズのユニット曲「ヒカリのdestination」もタイトルだけ発表されましたが、
ユニット曲はこれまでとは違う傾向らしく、どんな曲になるのか気になります。
しかし最近「なんとかのディスティネーション」って出たばかりのような…。

この楽曲はゲーム内でも使えるのでしょうし、当然CD発売、そしてライブ披露、
という流れはあるのだと思います。果たしてその日はいつで、その舞台はどこなのでしょうね。


今作に対する私のスタンス

sc05.png

ということでザッと今回発表された概要について確認しましたが、
とにもかくにも、これほどまでに王道なのか、ということが一番の驚きです。

この期に及んでどの層にこれを訴えかけるのか、というのが気になるところで、
「みんマス」と言われる層以外に、どこをターゲットにするのでしょうか…。

アーケードを彷彿とさせるシステムで古参にアピールし、
今更アイマスには入りにくい新規層に、完全新作という入り口を設けた、
ということはあるのでしょうが、しかしそうは言っても…。

まぁそれを気にすべきはバンナムであり、
私にとって最も重要なのは、言うまでもなく私個人のスタンスです。

第一印象としては、シンデレラのような嫌悪感も、ミリオンのような呆れ感も、
SideMのような異物感も、KRの他人事感もなく、最も近いのはDSの時に感じた、
「次はこれか」という期待感…でもないけれども、それに近い感情
です。

「王道」であるキャラデザインも好きか嫌いかで言えばもちろん好きですし、
ゲームシステムも音ゲーよりはよっぽど良く(今の時点では)見えます。
まぁこれが「アイマス」を冠していなければ興味も沸かなかったのは確かですが、
しかし実際に今それを冠しているのだから、そのたらればも無意味です。

現実問題として、765という存在が私の中に絶対的に存在し、
ミリオンがそれに追随する現状で、新たなものを受け入れる余裕が、
心理的に、というよりも物理的にあまりないのは確かで、
それこそスマホゲーの時間はミリシタでいっぱいいっぱいです。

更に言えば、ゲームだけでなくCDもライブも…という展開が確実にある中で、
どれだけついていける余地があるのか、という話にもなってくるのですが、
現時点ではそこはまず考えず、とりあえず触れてみはしようと思っています。

その中で、その先どうしていくか、は判断していけばいいでしょう。
どういうわけだかツイッターで公式アカウントをフォローしただけで
「事前登録完了」としてカウントされているらしいですしね…。

「空」「翼」をテーマとして掲げているように見える今作が、
私に新たな翼を授け、まだ見たこともない空へ飛び立たせてくれるのかもしれませんしね。

とにもかくにも、今作については、どういった頻度で新情報が出るかも不明ですが、
当ブログでも必要に応じて記事は書いていこうと思っています。

朝焼けは黄金色 THE IDOLM@STER 1巻

kage

2018/02/04 (Sun)

アイドルマスターゼロ



第一話
第二話
第三話 前編
第三話 後編
第四話
第五話
第六話


アニメ準拠版コミックに連なる新作で、若き日の小鳥や社長を描いた前日譚的作品。
「アイマス最大の謎」として半永久的に残るかと思われたこの過去物語を
公式で描く、という事の是非について議論の余地はあると思われますが、
それを含めて非常にインパクトの大きな作品であることは間違いありません。


第一話

アイドルの世界とは無縁の高校生である小鳥と、
この1話時点では名称が出ない、大型のアイドル事務所に努める若き日の高木順二朗、
のちの765プロ社長、二人の運命的な出会いが描かれるのがこの1話となっています。

更には高木と同僚の黒井(この時点では名称出ず)や、同じく後の876プロの社長である
石川らしき人物も登場、そして日高舞が電撃引退した後の時間軸であることも示されます。
この世界・時代におけるアイドル像についても、ですね。

小鳥と高木の出会いはもちろん、春香達が活躍している時代とは違う時代で、
一体何が起きていたのか、ということについて興味が惹かれる導入話
です。


第二話

高木が小鳥の母である音無琴美に深くかかわる人物であったこと、
そして琴美は既にこの世にいないこと、高木の私生活は満帆ではなさそうなことなど、
この世界の基盤がよりくっきり見えてくるのがこの二話

高木と小鳥、それぞれに思うところはあり…というところで物語が進んでいきます。


第三話 前編

黒井と高木のアイドルに対する思想の相違について描かれ、
そして二人の更なる過去が…という引きで後編へ。


第三話 後編

小鳥が高木らの会社を訪れ、そして高木と琴美の出会いの回想も描かれる、
ということで過去と現在についてより大きな動きが見て取れます。
そして高木と琴美の物語は、決して綺麗なものではなかった、ということも…。


第四話

アイドル時代の琴美を思い出し、そして琴美と小鳥を重ねて見る高木。
小鳥も母との思い出を思い返しますが、それをこっそりと聴いている黒井は…


第五話

バーで若き日の善澤記者と飲む高木。
そこで善澤はアイドル界を去って実家に戻っていた琴美を取材目的で訪れた、
という話を始めます。そしてそのとき琴美は妊娠をしていた、という話を…。

(元)アイドルが妊娠、というリアリティはアイマス世界においてはこれまでは描かれざる
側面だっただけにインパクトの強いもので(特に、語弊を恐れなければ「父親が不明」
という事態も含めて)、その分この物語の重みを生み出しているとも考えられます。


第六話

琴美をプロデュースしていたころを思い出す高木。
一方で小鳥は黒井のプロデュースするアイドルユニット「ブラックニードル」を観て
アイドルという存在により興味が湧くようになり…



小鳥と高木たちの出会いの物語だけでなく、さらにそれより過去の、琴美の物語も描く、
という構造で、春香達の物語とは全く異なる見せ方にもなっており、
漫画としての読み応えというか、読み心地というものも随分違った印象を受けます。

また、小鳥と琴美の物語、それぞれにおいてある意味ラストが見えおり、
そこに至る経緯がどういったものなのか、ということこそがキモである、
ということもその構造の違いを生み出していると言えるでしょう。

そしてその中で、これまで怪しい黒いオジサンでしかなかった高木の人間性が(顔とともに)
ハッキリ見えたり、現代における黒井との関係性、そして小鳥との関係性というものが
どのように生まれたのか、というものが見える、というのも興味深く思います。

正直この物語は永遠に描かないままで良かったと思いますが、
あくまでもアニメ準拠の物語とは言え、こうして公式で描かれた以上、
全てに通じる「アイドルマスターゼロ」としてのこの物語を受け止めるべき
なのでしょう。

そのことに複雑な思いはやはり持ちつつも、純粋にこの物語がどんなものになるのか、
ということは一つの漫画作品として気になり、次回も楽しみになります。

「アイドルマスター ステラステージ」 プレー雑感 その4

kage

2018/01/29 (Mon)

年始早々、初星宴舞からのミリオン4thBDの発売と、こちらの時間を中々割けませんでしたが、
それでも少しずつ進めていたので、ここで書き留めておきたいと思います。

プレー状況

現在のプレー状況は、14年目(のはず)の1月1週で、
プロデューサーランクは20のアイドルマスター、総獲得ファン数は約3410万人。

そしてアイドル達は以下のような状況です。

双海真美…Sランク Lv58
双海亜美…Sランク Lv59
天海春香…Sランク Lv58
萩原雪歩…Sランク Lv58
水瀬伊織…Sランク Lv58
高槻やよい…Sランク Lv58
四条貴音…Sランク Lv58
我那覇響…Sランク Lv59
星井美希…Sランク Lv58
三浦あずさ…Sランク Lv58
如月千早…Sランク Lv58
菊地真…Sランク Lv58
秋月律子…Sランク Lv58
詩花…Aランク Lv41


無事全員がステラステージを開催し、Sランクになった、というところですね。
そして詩花のサポートという名のプロデュースもできるようになったので、
765の合間を縫って少しずつ961主催ライブに挑む形で育てているところです。

その詩花の育成も当然ですが、765としても6大タイトルがまだまだ残っており、
「アイドルアルティメイト」「「アイドルアカデミー大賞」「スターオブフェスタ」は
制覇したものの、「SD」「IE」「アイドルランブル」はまだクリアできず
、となっています。
…それにしてもこの6大タイトル、予選等と本戦で出場するアイドルが違っていい、
というガバガバ具合は育成的には助かるのですが、いくらなんでも
ソロの「アイドルアルティメイト」において961の詩花と765で相互性があるのはいかんでしょ…

また、Sランクのライブもタイプ指定やトレンドならEXクリアできる状態なのに、
Cランクのライブでもメドレー等でスタンダードだとスコアが伸びずにEXクリアできない、
というのもやはり苦しいところです。スコアが伸びないのは仕様として当然としても、
このバランス感はいかがなものか、という感じ。コーチングの方針があると言えどもね…。
ステラステージ制覇のレジェンドアイドル13人揃えてCランクがEXクリアできない、
というのはいったい何がどうなっているのやら、という話でもありますし。
まぁその辺もガバガバ製作によるバランス調整ミスなんでしょうが、
特定楽曲のスコアミス程の明確なミスでないだけに修正も何もないのでしょう。

ともあれ、ここからのプレーとしては、地獄の特訓と6大タイトルへの挑戦の合間に
詩花の育成を、という形になっていきますが、トロフィー制覇はまだまだ遠く見えます。
20年目くらいに目途がついていれば…という感じでしょうかね。

ただ、ここまできてもPSのときほどの作業感を感じていないし、
明確に目標を立てて進めていけるのは、やはり前作より改善されていると思える点
で、
まだまだこのペースでプレーしていけそうなのは良いところです。


DLC第三弾



最初から発表されていた通りにDLCが次々とリリースされていますが、
やたらとミスが多く、何をやっているのやら、としか言いようのない有様です。

完全新曲も、最初の「Vertex Meister」は良かったのですが、「星彩ステッパー」と
「そしてぼくらは旅にでる」はイマイチインパクトが弱く感じてしまいました。

この3曲はPミ18で披露されるのでしょうし、そこでまた印象も変わるのかもですが…。

ともあれ、この3曲でカバーアイドルは13人全員が出たことになるわけで、
完全新曲はここで終わり、となってしまうのか、それとももう一回りするのか、
というのも気になるところです。第6弾まで予定はありますしね。

まぁPSでもこの枠は3曲だけだったので、あとは既存曲だけなのかもしれませんが、
DLCとしては追加シナリオ等の目玉が欲しいところでもあります。

とにもかくにも、まだまだプレーも続けていくことになりますし、
そのDLCもどうなるか、というところも残っているので、
今作の総括記事もこの段階ではまだ書かないでおきます。

MTG03 & MS05 イベント レポート 後編

kage

2018/01/28 (Sun)

たんけんぼうけん☆ハイホー隊
(稲川)

既存ソロ2曲よりも「キャラソンらしさ」を強く感じる今回のMSシリーズの中でも、
特にそれが顕著なものの一つがこの曲かと思います。

そんなこの曲は当然の元気やパワーをフルに感じられる、というものですが、
逆に言えばライブパフォーマンス的には難しいはずで、さぁどうなる…
と思っていたところで、その心配を吹き飛ばす、
パワフルなパフォーマンスを見事に展開してくれました。

トークパートでも煽っていたP側のコールも早くも完成度は高く、
ライブ初披露曲とは思えぬ雰囲気の熱いステージともなり、
ライブパートのトップバッターとして見事に駆け抜けてくれました



ふわりずむ
(桐谷)

続いては美也らしさ溢れるスローなペースの優しい一曲。
指先まで綺麗に映える桐谷さんのフリや、美しさの中に可愛らしさを
感じる歌声もあり、マイペースな美也の世界観を、この上なくしっかりと
魅せてくれる、素敵なステージだった
と思います。


はなしらべ
(郁原)

「イントロを聴いただけで泣いてしまった」と郁原さんが話したのも納得できる程の、
「和」をベースとした、名曲感溢れる美しい一曲。

壮大な曲調にエミリーの高く細めの歌声がどれだけ乗るのか、というところが
ポイントで、CDはCDとしての完成度を感じることもできましたが、
このステージでも生ならではの情感あふれる曲として受け止めることができました

しかしエミリーソロ曲で一番、MSシリーズでも(いまのところ)シリーズ屈指の名曲、
と個人的に思っているこの曲でなら、もっと凄いものが観られるはず、という期待も残り、
それがいつの日か見られることを期待してやまない、という気持ちにもなれました。


Angelic Parade♪
(Machico香里平山)

ミリシタから登場となるMTGシリーズのエンジェル曲。
ゲーム内ではとにかく可愛らしい振付が印象的な一曲でもありますが、
このライブでもそれをしっかりと再現し、3人の可愛らしさをしっかりと堪能できました。

とりわけ、香里さんの笑顔はこの上なく眩しく、その意味でも「エンジェル」を感じれましたし、
普段は荒んでいる私のメンタルもぴゅあぴゅあになることができました。


MC

ここで全員揃っての、一人ずつの最後の挨拶。
香里さんの「ユニット曲初めて」という話や、それに対する他のメンバーのリアクションが
印象的なものとはなりましたが、全体的にはさらりと流れ、最後の一曲へ。


Brand New Theater!
(Machico香里平山稲川郁原桐谷)

まだ初披露から1年も経っていないのに一体何回披露され、私も観たのか、
というくらいの定番曲感が出てきたこの一曲。

とは言えこのメンバーは今回限り、という事での楽しみ方も当然あります。
今回は香里さんと郁原さんで1パート、他4人でもう1パート、という2-4のバランスで
歌唱パートが分かれる、ということが印象的ではありましたが、
結局そんなことよりなにより曲自体が楽しく、最後の最後まで盛り上がり、
熱くなれる、というのが何より、というのをひしひしと感じることができました



閉幕

最後はいつものようにメンバーが一礼しての閉幕、となりましたが、
今回はいつも以上にその後の退場タイム、手を振る時間が長く、ステージに居続けた、
という感じがありました。年始最初のサービス、といったところなのか、
このメンバーがそういったタイプの人たちが多かったのかはわかりませんが…。

とにもかくにも、年始最初のミリオンのライブ、十分に楽しめました。
今年何回こうしたリリイベがあり、私も参加できるのかはわかりませんが、
当然可能な限り全部参加はしたいと思ってはいます。
そしてできる事ならこの会場ではない別のところで…ですね。

昨年大きな動きがあったミリオンでしたが、今年はどういった展開が待っているのか。
それもまたわかりませんが、スタートとしては良い形で切れたのは間違いないと思います。

MTG03 & MS05 イベント レポート 前編

kage

2018/01/27 (Sat)

本日はこちらのイベントの昼の部に参加してきたので、
いつもどおりそのレポートを書きたいと思います。


今年初のミリオンイベント

今年も早くも最初の一ヶ月が終わろうとしていますが、
そのタイミングで今回のリリースイベントが開催され、
これは今年初のミリオンのライブイベント、というものでもありました。

年始早々、初星宴舞というビッグイベントがあっただけに若干遅いとすら思いますが、
ずっと欠かさずリリースイベントが続いていることを評価すべきですね。

私としては前回、昨年末のMTG02&MS04のイベントは落選となってしまい、
TA02から続いていた連続参加もストップしてしまったのですが、
今回は見事に当選となり、年始最初のこのイベントに参加できたわけです。


入場

今回も物販に目ぼしいものはなく、何より異常な寒さが列島を襲う中で、
相変わらずの会場であった「関東近郊某所」の海風を受けたくない、
ということもあり入場開始より少し前くらいに到着したのですが、
幸いにも寒さはそれほど強烈ではなく、日差しは暖かいくらい、という天候で、
恐れていたほどの事態にはならなかったのは救いでした。

定刻より若干早めに入場が開始になったことも含め、スムーズに入場はでき、
肝心の番号的には半分よりやや後ろ、と相変わらずイマイチなものでしたが、
後方最上段で最前列、という番号なりに良い位置もとれました。

後は開演待ち、というところからの保坂さんが登場し、諸注意と
グッズ紹介、といういつもの流れを平常運転で行い、いざ開演を迎えます。


開演

ほぼ定刻通りに照明が暗転してからのアナウンスからのメンバー登場、といういつもの流れ。
今回のメンバーはMTG03よりMachicoさん、平山さん、香里さん、
MS05から郁原さん、稲川さん、桐谷さんの計6人という構成で、
司会はMachicoさんと郁原さんのW体制というものと発表もありました。

各々の挨拶のあと、年始最初の挨拶という事で、メンバー全員からの
「あけましておめでとうございます」にP側からの「わさんぼん」で返す
、という
挨拶も行われ、最初のコーナーに入っていきました。


収録エピソード

今回はMS02&03と同じ6人出演でしたが、昼夜で3曲ずつだった同イベントと異なり、
1ユニット曲&3ソロ曲の計4曲、ということもあってか、昼だけで全曲について話されました
「Angelic Parade♪」では先に収録した香里さんの歌をあえて選んで平山さんが聴いていた、
という話や、「たんけんぼうけん☆ハイホー隊」の歌詞はワード数がかなり多いが、
「ふわりずむ」や「はなしらべ」は少ない、といったような話が展開されました。


アウトオブシアターデイズ

続いてのコーナーはこちら。箱から「どこで」「何を」「誰が」の3種のお題が入った紙を引き、
「誰が」にあたった人が即興でセリフを言う、という定番のコーナー。

MS02&03のときと同様にトップバッターとなったのは香里さんでしたが、
「台湾で」「半分寝ながら」のお題に対して中国語を織り交ぜて対応、という見事な返しを
見せたことを筆頭に、各々がかなり綺麗にまとめてくる形
となりました。

そしてMS02&03のときは6人中3人が披露、だったのですが、
今回は6人全員が、となったのはライブパートの曲数が少ないからなのでしょうか…。


ライブパートへ

ということでライブパートへと突入していきます。
トップバッターは稲川さん、と宣言され、今回の曲中では当然これ、という曲を、
CDでの曲順を無視して展開してくれることを嬉しく思いつつ、スタートとなりました。

続きます。